title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ウェディングラプソディー』 概要

ウェディングラプソディーウェディングラプソディー
ウェディングラプソディーウェディングラプソディー
©1989 QueenSoft
ウェディングラプソディー (クイーンソフト)

・1989年06月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代末頃の作品で、学校を舞台に男子学生が3人の花嫁候補の女の子と出会い、口説き落としていく探索系のアドベンチャー。クイーンソフトの2作目である。

主人公「誠」は、大川財閥の跡取り息子。17才の誕生日を迎えた彼は、大川家に伝わる儀式として、コンピューターの割り出した理想の結婚相手、3人の女学生を口説き落とすことになった。親公認で女遊びができることに魅力を感じた誠は、身分を隠して普通の転校生となり、女の子達と仲良くなる隙を窺っていく。

ゲームシステムは、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。「教室」「体育館」といった学校内の施設を中心に繰り返し巡り、コマンドを繰り返す事で、新たなアイテムや情報を入手していく一本道の構造となっていた。難易度は高いが、進展に合わせてコマンドが細かく増減するのが特徴的で、正解への誘導も多く、テンポ、操作性は良好である。

シナリオの前半は、軟派な主人公がターゲットの女の子を尾行したり、周辺人物に聞き込みをしたり、プライバシーを暴いたりしている内に、女の子と接近するチャンスを掴んでいく流れとなっている。後半はやや雰囲気が変わり、誘拐事件が絡んだサスペンス調の展開である。

ヒロインは、厳格な家庭で育った正統派の美少女、百合でツンケンした性格の後輩、男女交際禁止の校則廃止を目論む生徒会長の3人となっていた。セックスシーンは1人あたりCG3、4枚で、部分的なアニメーションが多用されており、前作『PURE』よりはるかに充実をみせている。局部は無修正だが扱いは小さく、簡単な縦筋一本で表現されていた。

ビジュアルが質、量ともに非常に充実しており、PC-8801版のCGが最大8色だったのに対して、同時期に発売されたPC-9801版では最大16色で作り分けてあるという、ビジュアルへのこだわりが感じられる作品である。

後に主流となる、学園を舞台にした恋愛ゲームだが、目的(セックス)の為なら手段を選ばない主人公が印象的である。基本的には女の子のピンチを救い、惚れさせていく普通の主人公像だが、時には金の力でターゲットの家族を買収したり、女教師の弱みを握って脅迫したり、ヒロインを縛りあげてレイプしたり、といったモラルに欠ける一面を見せている。結果的にすべてのヒロインが主人公にベタ惚れ状態となるが、主人公の結婚相手は不明のまま終わっており、後の恋愛ゲームとは趣を異にする、80年代らしい作風といえるだろう。

調査担当

『PURE』 概要

PURE クイーンソフト PURE クイーンソフト
PURE クイーンソフト PURE クイーンソフト
©1989 Queen Soft
PURE (クイーンソフト)

・1989年05月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版

80年代末の作品で、学校を舞台に軟派な男子生徒が4人の女の子達を攻略していく、ナンパ系のアダルトアドベンチャー。クイーンソフトのデビュー作である。

主人公「田所 信」は、転校を一ヶ月後に控えたある日、奇妙な脅迫状を受け取る。差出人には片想いの女の子がおり、その子が入学時から信に惹かれていてなびかないため、信が引っ越す前日にレイプするというのだ。助ける為には期限までにその女の子を特定し、前日の夜に一緒に過ごさなければならない。候補に挙がったのは4人の美人達。信は友人達の助けを借りて、女の子達と仲良くなる隙を窺っていく。

システムはコマンド選択型である。行き先は「華道部」「体育館」「テニス部」といった学校内の施設6箇所で、それぞれを繰り返し巡回し、コマンド総当りで重要アイテムや新たな情報を引き出していく流れとなっていた。

シナリオは二枚目風で女泣かせな主人公が、女の子を一人一人口説き落としてベッドインし、事後に人違いが判明するのが基本パターンの一本道である。女の子はパソコン好きな華道部員、生徒会の書記、テニス部員、バレー部のマネージャーなどで、いずれも人当たりの良い清楚な印象となっている。

ビジュアルのレベルが非常に高く、PC-9801版では640×400ドット、16色で描かれた丁寧な仕上がりになっている。Hシーンはテキストでのセックス描写がなく、1人あたり2枚のCGが淡々と表示されるだけだが、一方で局部の修正は甘く、色の置換だけなので形状は丸分かりである。

続編として『PURE 2』が続いている。

個人的には、やはりビジュアルのクオリティが印象的で、同期の作品の中でも一際目立つ存在だが、展開の粗さや掛け合いの寒さが足を引っ張っていると感じた。また、コマンドの種類が多い割に応答パターンの作りこみが浅く、操作性の悪さも手伝って冗長さを感じさせるのが残念である。

シナリオ面では主人公の目的が男女交際にないため、恋愛ADVとまでは言えないが、80年代末の段階で恋愛ADVの一歩手前、「プレ恋愛ADV」と呼べそうな所まで来ていたのが確認できる。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03