title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『AmbivalenZ ~二律背反~』 概要

ambivalenz00.png ambivalenz01.png
ambivalenz02.png ambivalenz03.png
©1994 ALICESOFT
AmbivalenZ ~二律背反~ (アリスソフト)

・1994年04月28日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1994年04月28日 X68000用 FD版
・1994年06月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 Windows3.1用? CD-ROM版
・****年**月**日 Windows3.1/95用? CD-ROM版
・****年**月**日 Windows95/98用? CD-ROM版

90年代中頃の作品で、現代日本を舞台にしたダークファンタジー系のアダルトアドベンチャー。

数百年前、王国に仕える騎士だった主人公は、最愛の姫「シィア」を守りきれず、目の前で邪神の生贄として惨殺された上、自身はドラゴンの呪いを受けて不老の体になってしまう。それ以来、彼は邪神「ディアドラ」に復讐を果たすため、ドゥエンディと呼ばれる闇の怪物たちを狩り続けていた。そして現代の日本。今は「修羅」と名乗っている主人公は、相棒の剣の精霊「草薙」、占い師の老婆「笙姫」、怪しい神父の「有馬」らと協力し、街で起こる怪奇事件に関わっていく。その最中、シィアの生き写しの少女「花梨」に出会ったことから、凍てついてた修羅の内面は少しずつ変化をみせはじめた…。

システムはコマンド型のADVである。情報やアイテムを求めて街中を巡回する通常のADV、建物内(ダンジョン)のマップ上をカーソル移動で探索していくモード、敵とのコマンドバトルなど、複数の形式が組み合わされている。シナリオの流れや雰囲気はRPG風だが、主人公にパラメータはなく、敵の出現場所は固定である。

戦闘は「呪術」「斬る」「防御」などのコマンドの組み合わせで、順番を数回間違えるとゲームオーバーを迎えるため、慎重さが必要である。

ストーリーは妖艶な邪神ディアドラが、主人公を弄ぶために次々と刺客を繰り出し、主人公が周囲の協力を得てこれを撃破していくのが基本の展開である。男性型の敵(ドゥエンディ)は異形な姿をしていて、剣で斬ることで殺すことができるのに対し、女性型は人に近い姿をしていて、男性型よりも強く、男の精液でなければ殺せない。このため、女性型が各章のボス的な存在にあたり、主人公が犯すことで新たな章へ進む流れとなっていた。

作風は当時のアリスソフトには珍しく、重くシリアスな雰囲気で、主人公はハードボイルドな性格である。また、グロテスクな敵キャラ達やスプラッターな残酷描写も印象的である。

アダルト要素は味方の協力者との術式や、撃破した女性型の敵を殺す手段として登場する。こちらもコマンド進行となっていて、前戯などの手順をある程度踏まないとフィニッシュできない仕組みになっていた。

個人的な印象として、緊迫感のある展開と悲劇的なロマンスに比重を置いた作品で、ボリューム感もあり、そこそこ読ませる展開である。モンスター達のデザインの奇抜さ、CGの詳細さも光っていて、本作のもう一つの見所といえるかもしれない。難点はマップ上での操作が扱いづらい点で、ゲーム性は物足りず、アダルト要素も今ひとつである。

調査担当

『ぷろすちゅーでんとG』 概要

prostudentg002.png prostudentg033.png
prostudentg011 prostudentg014.png
©1993 ALICESOFT
ぷろすちゅーでんとG (アリスソフト)

・1993年05月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1993年06月15日 X68000用 FD版
・1993年08月07日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 FM-TOWNS/Win3.1/PC-9801兼用 CD-ROM版

90年代序盤の作品で、西遊記をモチーフに4人の男女が珍道中を繰り広げるギャグタッチのアダルトアドベンチャー。

20世紀の終わり頃、日本では大きな教育革命が起こり、学歴社会がエスカレートして火種となっていた。学生として落ちこぼれた者は、「はみだし者」として社会的に抹殺されてしまうのだ。絶対学歴主義を推し進める「大日本総合教育本部」と、不良達を束ねる巨大組織「暗黒鳳凰団」は、血で血で洗う抗争を繰り広げていた。そんな中、沖縄の学校で素行の悪さから放逐されかかっていた主人公「猿藤悟郎」は、卒業証書を見返りに、特別な任務を帯びた教師「三蔵法子」を護衛することになり、似たような境遇の「ちょこ」「沙織」と共に、4人で東京を目指し旅立つのだった…。

システムはコマンド型で、行き先に自由があるタイプのADVである。所々に戦闘シーンがあり、複数の攻撃方法や補助技、回復コマンドをやり繰りして相手の体力を削っていくコマンドバトルとなっている。ただし、戦略の必要な本格的なゲーム要素ではなく、あくまでシナリオの延長上といった感じで、展開の流れを掴めば勝てるケースが多い。

ストーリーは強面でスケベ、おバカな主人公が、18歳の教師に一目惚れし、彼女の愛を獲得するために奮闘するギャグタッチの冒険譚である。中国の古典『西遊記』が土台になっているが、名前に影響を残すのみで、例えば金斗雲が巨大ロボだったり、芭蕉扇が空中戦艦だったりと、パロディに重点が置かれている。特撮やアニメ、漫画などのネタも多い。メインヒロインは先生だが、他の仲間三人にも個別のエンディングが用意されていた。

アダルトシーンは主に、敵の刺客の女の子を撃退した際、尋問の手段として起こる。もちろん仲間のヒロイン達にも一箇所ずつあり、他にショップなどで入手できるエロ漫画、アダルトビデオがCG付きショートストーリーとして鑑賞できるなど、アダルト要素は充実している。局部の修正はモザイク、ぼかしから選べる仕様だが、この頃の同社の特徴として修正をはずせる裏技が存在し、元画像は詳細に描かれた無修正となっていた。

続編はないが、後に世界観を一新する形で『ぷろすちゅ★でんとGood』(1999)としてリメイクされ、ロボット物の戦略シミュレーションに生まれ変わっている。

設定から会話までおバカなギャグで埋め尽くされた作品で、ギャグで大きく好みが分かれるだろう。個人的には古いギャグ漫画を読まされているようで、クリアまでには精神的な忍耐を要した。一般的にはマニアックなパロディを評価する声が高いようだ。女の子の絵のタッチも好みの分かれる所だが、背景美術やメカの詳細さには目をみはるものがある。テキストを使ってアスキーアート風に状況説明する演出も変わっている。


調査担当

『電撃ナース』 概要

dgnurse01.png dgnurse19.png
dgnurse37.png dgnurse31.png
©1992 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
電撃ナース (カクテルソフト)

・1992年09月22日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版

90年代序盤の作品で、「ナース」をテーマにした変身ヒロイン物のアダルトアドベンチャー。FM-TOWNS版では当時としては珍しく、主題歌をボイス付きで収録していた。

主人公「電波たんち」は、大学病院に勤める軽薄で女好きな若手医師である。院長の「秋葉原博士」の助手として犯罪組織「黒十字団」と戦うための武器の開発を手伝わされていた彼は、黒十字団の暗殺者として送り込まれたナース「稲妻きらら」と出会う。自らの出生の秘密を聞かされ、一方的に利用されていた事を知ったきららは、母を探すために組織を抜けることを決意。その超電撃体質を生かし、変身ヒロイン「電撃ナース」としてたんちと共に悪と対決していく。

システムは行き先にほとんど自由がないタイプの探索アドベンチャーと、コマンドバトルの組み合わせである。「LOOK」「TALK」といった5種類のコマンドを巡回するだけでサクサクと進行するので、アドベンチャーパートの難易度は易しい。戦闘はスペック的に劣勢で始まるため、各種の薬品を使って自己を強化したり、時間を稼いでチャージ技を放ったりと、多少の戦略が必要な仕様となっていた。

ストーリーは徹底したギャグ路線で、武器も敵の刺客もナース絡みであり、パロディも多用したコミカルな作風である。病院や女子校、海辺、F1サーキット等を舞台に、主人公たんちとナースきららが黒十字団の計画に巻き込まれ、電撃ナースに変身して野望を阻止していく。

TVアニメ風の演出が盛り込まれているのが特徴的で、OPはテーマ曲と歌詞が流れる中、電撃ナースがアニメーションで走る凝ったものになっていた。他にも各エピソードがサブタイトル付きで話数区切りになっていたり、変身シーンが毎回アニメーションで流れたりと、TVの連続作品を強く意識させる作りとなっている。

アダルト要素は控えめで、直接的なセックスシーンはほとんどなく、裸がやたらと出てくるのみである。

続編として『電撃ナース2 ~モアセクシー~』(1994)が続いている。また、本作の人気サブキャラクター「クロコ」が後にフィギュア化されている。

当時流行していたバトルヒロイン物で、主題歌付きのOPを取り入れたアダルトゲームとしては最古かもしれない。ちなみにPC-98版のOPには音声が付いていないが、パッケージには主題歌CDが付属していた。個人的な印象として、地味な攻防が延々と続くコマンドバトルには面白味を感じなかったが、おバカなストーリーはそこそこ楽しめた。

調査担当

『マーシャルエイジ』 概要

martialage06.png martialage11.png
martialage18.png martialage62.png
©1992 Tenshindo
マーシャルエイジ (天津堂)

・1992年03月27日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1992年**月**日 X68000用 FD版
・1997年12月19日 Windows95用 CD-ROM版
・2007年10月31日 コアマガジン『遊べる!! 美少女ゲームクロニクル《PC98編》』に収録

90年代序盤の作品で、女子校を舞台に異種格闘技戦を繰り広げるアダルトアドベンチャー。主に流通を手がけていたソフパルの傘下、『天津堂』のデビュー作である。

主人公「雅人」はスケベで軽薄な若者。魁道流という武術の次期宗主として期待されていたが、現宗主の父親に反発して家出した所を、謎の女性にスカウトされ、男子禁制の孤島にあるお嬢様学校、「優愛女子総合学園」の特別生徒となる。学園では生徒会長の絶大な権力を巡り、各クラブ活動が暴力抗争で壮絶な潰し合いをしていた。これを止めさせるのが雅人の任務だが、女を殴れない性格の為、戦いの中で気脈のツボを突いて女体をコントロールし、セックステクニックで各クラブの代表を降していく。

システムはコマンド型で、移動先にあまり自由がないタイプのADVである。教室などの学園施設を道なりに巡り、会話で敵の居場所や弱点を聞き出し、対決していく流れとなっていた。選択によっては敵の順番が多少前後するが、エンディングは共通の一本道である。サクサクとした進行感で難易度は低い。

戦闘シーンはコマンドバトルで、相手の体力を削った後、10箇所の気脈のツボから相手の痛めている場所、もしくは弱点を突くことができれば勝利となり、そのままセックスシーンへなだれこむ。体力回復や強化技があるが、戦略性はほぼ「気脈の弱点を見つける事ができるか」にかかっており、ゲーム性は低い。

シナリオは武術の達人である主人公が、ソフトボール、弓道、生物化学、演劇、軽音、新体操、テニスといった部活の代表と格闘し、ツボをついて発情させ、セックスの中で屈服させていき、さらなる情報を聞き出すのが基本パターンである。最初は軽い気持ちだったものの、女の子との交流の中で使命感に目覚め、能力も成長していく少年誌風の展開となっていた。

アダルト要素は多めで、大きめのビジュアルシーンが多数用意され、テキストも当時としては豊富で細かい描写があり、かなり力が入っている。肌の色が独特で、ピンク色を基調に細かくグラデーションさせ、濃厚な質感を表現しているのが目を引く。ボンデージや焦らし、言わせプレイが多く、僅かにソフトSM的な雰囲気がある他、ぶっかけCGも当時は珍しい。『沙織事件』の後だが修正は甘く、設定年齢は低い。

続編に『マーシャルエイジ2』がある。

アダルトゲームで「肌の塗り」がクローズアップされ始める契機となった作品で、丁寧な仕上がりは天津堂の伝統となり、後に「天津堂塗り」と呼ばれ、原画のレベルの高さもあって大人気となった。

調査担当

『THE 4TH UNIT 第4のユニット』 概要

THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル
THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル
©1988 DATA WEST
THE 4TH UNIT 第4のユニット (DATA WEST)
【注意】非アダルトゲームです。

・1987年**月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・1987年**月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版
・1987年**月**日 MSX2用 FD版
・1987年**月**日 X1turbo用 FD版
・1987年**月**日 X68000用 FD版
・1989年**月**日 FM TOWN用 CD-ROM版 『LINKAGE THE 4TH UNIT 1・2 TOWNS』にてリメイク

80年代中頃の作品で、現代風の街中を舞台に、生体兵器として肉体改造された少女達が活躍するSFファンタジー『第4のユニット』シリーズの1作目。

某年11月17日、東京都練馬区上空で輸送機が墜落する事故が起こった。たまたま現場近くにいた学生「優介」は、全裸で倒れていた少女を発見し、自宅に連れ帰って介抱する。目が覚めた少女は、自分に関する一切の記憶を失っていた。航空機事故に何かのヒントがあると考えた少女は、自力で記憶を取り戻す決心を固め、事故に詳しい新聞記者に接触するが、街は何者かの攻撃を受けて混乱状態となり・・・?

システムはかなり特殊なコマンド選択式で、テンキーのうちの横移動(4,6)によってマップ上のポイントや人物の顔、背景CGの気になるポイントなどに現れるターゲット枠を選び、テンキーの縦移動(8,2)によって「しらべる」「とる」などのコマンドを選択していく仕組みである。例えば、森に移動する時は、ターゲット枠を横に順送りしてマップ上の「もり」に合わせ、縦のカーソルで動詞の「いく」を組み合わせる必要がある。

基本的なシナリオの流れは、少女「ブロンウィン」が学校や街中を歩いて関係者に会い、情報やアイテムを入手していく探索物のADVである。しかし、シリアスなバトル物の展開を含んでいるのが特徴で、戦闘パラメータの育成要素はないものの、RPG風のコマンドバトルが数箇所用意されていた。

アダルト要素はなく、露出も控えめだが、主要な登場人物達が女の子ばかりなため、美少女ゲームに分類されるのが一般的である。

続編が『THE 4TH UNIT 2 第4のユニット2』『DUAL TARGETS THE 4th UNIT ACT.3』とシリーズ化し、特に6作目の『MERRYGOROUND THE 4TH UNIT SERIES』(1990年)は当時最先端のCD-ROMに声優によるフルボイス、大規模なアニメーションの導入で話題作となった。

操作は後のGUIのように、直感的な操作を目指す試みだったと思われるが、実際はかなり慣れが必要で、マウスが一般的になる以前のため、カーソルを合わせたいポイントに送るまで手間がかかり、決して操作性に優れるとはいえない。シナリオは短く、目立つ点はないものの、特撮ヒーロー物の1話目のように、続編の作りやすい世界観になっているのが印象的である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03