title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『Virtua Call2』 概要

virtuacall2_00virtuacall2_02
virtuacall2_03virtuacall2_04
©1995 FAIRYTALE/F&C co.,ltd.
Virtua Call2 (フェアリーテール)

・1995年12月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 PC-9821用 CD-ROM版
・1996年10月25日 Windows3.1/95用 CD-ROM版
・2004年09月24日 Windows用 DVD-ROM 『バーチャコールクロニクル』に収録
・2010年08月24日 ダウンロード販売開始(クロニクル版) 【DMM】【Gyutto】【DL.Getchu】【DLsite
 
 90年代中頃の作品で、テレビ電話とVR機器を駆使して女性を口説き落としていくアダルトアドベンチャー。『バーチャコール』シリーズの二作目。

VHG(バーチャルヘッドギア)と呼ばれる、相手の声や映像だけでなく、触覚も伝えることのできるコミュニケーション機器が、家庭の電話回線で利用できるようになった近未来。学生の主人公(名前は任意)は、高価なVHGを買ってしまったものの、通話する相手がおらず持て余していた。そこへ隣家の中学生「エミリ」が現れ、近々引っ越してしまうことを告げる。主人公の孤独を心配するエミリは、彼女の引っ越しの日までに恋人を作ることを約束させ、VHG用のRAMカード「バーチャコール」を手渡した。主人公はエミリとの約束を果たすため、バーチャコールで知り合った女の子を次から次に口説き、恋人の選択肢を増やしていく。

システムはほぼ一本道だった前作と異なり、ヒロイン個別エンドが用意されている等、多少の自由度を備えた作りとなった。パーティラインと呼ばれる、3人の女の子と同時に会話するフェイズがあるのも特徴である。操作は選択肢型で、3択の中から相手の好みの回答を推測していく点はそのままである。

基点は自宅のVHGの操作画面で、任意の電話番号を打ち込むことにより物語が展開していく。

シナリオの流れは、最初にバーチャコールに電話し、オペレーターに紹介された面々とパーティラインで会話している内に、3人の女の子の1人に気に入られ、2人っきりの会話に移行、口説いてデートの約束を取り付け、デートで本番行為に至り、電話番号を入手し、後日VHGを使ったテレフォンセックス、といった形が普通である。デートより先にテレフォンセックスがあったり、相手から電話が掛かってきたり、バーチャコール以外の経路で知り合う女の子も居たりで、攻略手順は女の子により様々である。

女の子は古風な武道家の娘、病弱な少女、アイドルの卵、亜宇宙航路のスチュワーデス、奔放なアジア系外国人など10人である。電話中やデート中に機嫌を損ねて逃がしてしまうことが多く、前作のようなやり直しもないため、細かいメモを取りつつ、セーブ・ロードを繰り返していく難易度の高い仕様だったようだ。一通りの女性を口説いた辺りで終了となり、本番とテレフォンセックスまで至った相手を選べば個別エンドを迎える。

続編に『バーチャコール3』(1997)があり、そのセガサターン移植版である『バーチャコールS』(1998)では本作品のヒロインの一部が流用されている。関連商品はOVA版など。

個人的には、前作と比べると自由度が広がり、ストーリーに奥行きができて、ありきたりなナンパ物から一気にトレンドの恋愛物に近づいた印象である。一方で難易度も段違いで、会話のやり取りの中で回答の成否を見分けるのが難しく、軽い気持ちでかかると痛い目をみることになる。人気は高かったようで、最初のPC-9801版は95年末の発売だったにも関わらず、96年の年間ヒットチャートで10位にランクインする健闘をみせている。(Windows版などは合算 ’96/1/1~’96/12/3集計 電撃姫Vol.1)


調査担当

『雀ボーグすずめ』 概要

雀ボーグすずめ 雀ボーグすずめ
雀ボーグすずめ 雀ボーグすずめ
©1990 PONYTALE SOFT
雀ボーグすずめ (ポニーテールソフト)

・1990年02月**日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 PC8801用 FD版

90年代初頭の作品で、ストーリー仕立ての脱衣麻雀。

メインとなる「ファイティング麻雀」は、生き別れの祖父「中(チュン)」により、腕をサイボーグに改造されてしまった主人公「すずめ」が、悪の秘密結社「大黒堂」を倒すため、街中に潜んでいる7人の刺客と対決していく、といった筋書きである。刺客はすべて女の子で、衣装は学生服、バニーガール、チャイナドレスなど様々である。

マップ上のキャラを操作して攻略場所を選び、刺客を倒すことで行ける場所を増やしていく流れで、ゲームを有利にするアイテムが購入できるショップも存在する。

麻雀は二人打ちで、相手より先に3回あがる、もしくは相手の点数を0にすればクリアである。敵も味方も「積み込み」による補助が標準となっていて、手牌は最初からある程度揃っている。主人公の場合は、腕がアイテムのソケットの役目を持っており、勝負前に「ピンフパーツ」「タンヤオパーツ」といった物の中から好きな物を選ぶことにより、あらかじめ役の狙いを定められる。点数の高い役ほどパワーの消費が激しく、戦略要素となっている。フリテンや役なしでもあがれてしまうが、その場合は「チョンボ」として負けになってしまうシビアな面もあった。

主人公も含めて1回あがられる毎に女の子の衣装が薄くなり、最終的に全裸に近い格好になるが、肝心な部分は手で隠している場合が多く、アダルト描写はソフトである。

オマケとしてひたすら麻雀を楽しむ「フリー麻雀」、ブランドのデビュー作『ポッキー』(1989)のキャラクター達が登場するポンジャン風の脱衣ゲーム「ポッキー麻雀」も収録している。

個人的な印象として、操作やシステムに慣れが必要だったりと、色々と難点があるものの、コンティニューがあるため気楽に楽しむ事ができ、スピーディで緊張感もある仕上がりとなっている。PC-88が主流だった時代の末期にあたり、200ライン最大8色の限界に迫った美麗なビジュアルを誇った。

調査担当

『THE 4TH UNIT 第4のユニット』 概要

THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル
THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル THE 4TH UNIT 第4のユニット サンプル
©1988 DATA WEST
THE 4TH UNIT 第4のユニット (DATA WEST)
【注意】非アダルトゲームです。

・1987年**月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・1987年**月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版
・1987年**月**日 MSX2用 FD版
・1987年**月**日 X1turbo用 FD版
・1987年**月**日 X68000用 FD版
・1989年**月**日 FM TOWN用 CD-ROM版 『LINKAGE THE 4TH UNIT 1・2 TOWNS』にてリメイク

80年代中頃の作品で、現代風の街中を舞台に、生体兵器として肉体改造された少女達が活躍するSFファンタジー『第4のユニット』シリーズの1作目。

某年11月17日、東京都練馬区上空で輸送機が墜落する事故が起こった。たまたま現場近くにいた学生「優介」は、全裸で倒れていた少女を発見し、自宅に連れ帰って介抱する。目が覚めた少女は、自分に関する一切の記憶を失っていた。航空機事故に何かのヒントがあると考えた少女は、自力で記憶を取り戻す決心を固め、事故に詳しい新聞記者に接触するが、街は何者かの攻撃を受けて混乱状態となり・・・?

システムはかなり特殊なコマンド選択式で、テンキーのうちの横移動(4,6)によってマップ上のポイントや人物の顔、背景CGの気になるポイントなどに現れるターゲット枠を選び、テンキーの縦移動(8,2)によって「しらべる」「とる」などのコマンドを選択していく仕組みである。例えば、森に移動する時は、ターゲット枠を横に順送りしてマップ上の「もり」に合わせ、縦のカーソルで動詞の「いく」を組み合わせる必要がある。

基本的なシナリオの流れは、少女「ブロンウィン」が学校や街中を歩いて関係者に会い、情報やアイテムを入手していく探索物のADVである。しかし、シリアスなバトル物の展開を含んでいるのが特徴で、戦闘パラメータの育成要素はないものの、RPG風のコマンドバトルが数箇所用意されていた。

アダルト要素はなく、露出も控えめだが、主要な登場人物達が女の子ばかりなため、美少女ゲームに分類されるのが一般的である。

続編が『THE 4TH UNIT 2 第4のユニット2』『DUAL TARGETS THE 4th UNIT ACT.3』とシリーズ化し、特に6作目の『MERRYGOROUND THE 4TH UNIT SERIES』(1990年)は当時最先端のCD-ROMに声優によるフルボイス、大規模なアニメーションの導入で話題作となった。

操作は後のGUIのように、直感的な操作を目指す試みだったと思われるが、実際はかなり慣れが必要で、マウスが一般的になる以前のため、カーソルを合わせたいポイントに送るまで手間がかかり、決して操作性に優れるとはいえない。シナリオは短く、目立つ点はないものの、特撮ヒーロー物の1話目のように、続編の作りやすい世界観になっているのが印象的である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03