title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『アリスたちの午後 vol.2』 概要

アリスたちの午後 vol.2アリスたちの午後 vol.2
アリスたちの午後 vol.2アリスたちの午後 vol.2
©1989 SYSTEM HOUSE OH!
アリスたちの午後 vol.2 (システムハウスOH!)

・1989年11月**日 PC-8801用 FD版
・1989年11月**日 PC-9801用 5インチFD版

80年代末の作品で、エキスポ会場を舞台に雑誌記者が一流企業の女の子達を口説き落としていくナンパRPG。単品で動作するが、マップなど多くのデータを同時期に発売された『アリスたちの午後 vol.1』から流用している。

199X年、日本国内の一部上場企業ばかりを集めたリクルートEXPOが開催された。求人週刊誌「OH!」の取材記者である主人公は、編集長の指示で会場内の各パビリオンを巡り、コンパニオンを口説いてヌード写真を撮影していくことに。果たしてあなたはすべての女の子を口説き落とし、女編集長の祝福を受けることができるだろうか?

ゲームシステムは『vol.1』と全く同じであり、マップも左右を反転させただけで、女の子(敵)の配置、アイテムの落ちている場所、ストーリー展開まで共通している。参加企業の名前や女の子のCGが異なるだけなので、続編というより同じゲームの別仕様といった印象である。

調査担当

『アリスたちの午後 vol.1』 概要

アリスたちの午後 vol.1 アリスたちの午後 vol.1
アリスたちの午後 vol.1 アリスたちの午後 vol.1
©1989 SYSTEM HOUSE OH!
アリスたちの午後 vol.1 (システムハウスOH!)

・1989年11月**日 PC-8801用 FD版
・1989年11月**日 PC-9801用 5インチFD版

80年代末期の作品で、一流企業の集まるエキスポ会場を舞台に、各ブースの女の子達を口説き落としていくRPG。

199X年、日本国内の一部上場企業ばかりを集めたリクルートEXPOが開催された。求人週刊誌「OH!」の取材記者である主人公は、編集長の指示で会場内の各パビリオンを巡り、コンパニオンを口説いてヌード写真を撮影していくことに。果たして彼はすべての女の子と出会う事ができるだろうか・・・?

システムは1人パーティ、装備品なしの素朴なRPGで、表示パラメータはレベル、お金、気力(HPにあたる)の三つである。2D俯瞰型のマップ上を歩き回り、通行人と会話したり、道端で物を拾ったり、各建物で女の子をナンパ(戦闘)し、戦果をプレスセンターでお金に代え、レストランやアイテムで回復しながら、行動範囲を広げる重要アイテムを入手していく。

女の子(敵)の配置は固定で、ほとんどの場合は建物の入口で戦闘となる。気力が0になる前に口説き(攻撃)で倒せれば、女の子のCGが脱衣バージョンに切り替わるようになっていた。原画は漫画家の内山亜紀氏が担当している。参加企業の名前は、例えば「大味の素」「AIUU保険」といった具合に実在の大手企業の名前をもじったものになっていた。

また、攻略には関係ないが、オマケ要素として実写アダルト動画が音声付きで作中に登場する。磁気メディアの時代なので画質はひどく粗っぽく、時間もほんの僅かだが、アダルトPCゲームの中で実写の動画が登場したのはおそらく初だろう。(アーケードゲームでは『THE野球拳』シリーズのようにLDを利用した実写ゲームが既に珍しくない。)

同時期に『アリスたちの午後 vol.2』が発売されている。

個人的な印象としては、ボリュームは多いがビジュアルのクオリティはパッとしない。敵が固定配置で、倒せるのも一回限りなため育成要素がなく、RPGとしてのゲーム性も低い。『東京女子高制服を脱いだ図鑑』のようなCG集にゲーム性を付与した印象で、着想はユニークだったものの、全体的に洗練さに欠ける印象である。

調査担当

『内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 魔剣士KUMIKO』 概要

usvskumiko01.png usvskumiko02.png
usvskumiko53.png usvskumiko75.png
©1988 SYSTEM HOUSE OH!
内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 魔剣士KUMIKO (システムハウスOH!)

・1988年11月31日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、少女が夢の中の冒険に巻き込まれるファンタジックなアドベンチャー。『媚少女NORIKO』『堕天使KYOUKO』と合わせて3部作となっており、シリーズを通して漫画家の内山亜紀氏が原画を担当している。ヒロインの音声を多数収録している点が売りとなっていた。

主人公「クミコ」は生きたドジョウを使ったオナニーが大好きな少女。その日も自室でオナニーを始めたクミコは、いつもと違う感覚におそわれ、気がつくと鎧姿で見知らぬ廃墟に立っていた・・・。

システムは選択肢分岐型で、2~3択の中から選択肢を絞っていく流れである。大筋では一本道だが、選択肢ごとに演出が微妙に異なるため、すべてのCGや展開を見るには多少の繰り返しプレイが必要な仕組みになっていた。

シナリオはオナニーが趣味の少女が不思議な世界に迷い込み、裸に近い衣装で怪物と対決していく展開となっていた。アクションシーンや異種姦を含み、アダルトシーンの比重は高めである。

ヒロインの声を収録しているのがセールスポイントとなっていて、簡単なセリフや喘ぎ声は進行に合わせて自動的に再生される仕様になっていた。もちろん後の時代に比べると音質が悪く、割れてくぐもった声だが、この時期に外部機器なしでボイス入りを目指したアダルト作品は他に見当たらない。まばたきや指先の動きなど、部分的なアニメーションも多数施されている。

ストーリーの短さとゲーム性の無さがネックだが、内山流の少女のアブノーマルさが味になっていて、ボイスと合わせて異色の存在である。好みに合えば実用性は高かったかもしれない。

調査担当

『内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 堕天使KYOUKO』 概要

堕天使KYOUKO サンプル 堕天使KYOUKO サンプル
堕天使KYOUKO サンプル 堕天使KYOUKO サンプル
©1988 SYSTEM HOUSE OH!
内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 堕天使KYOUKO (システムハウスOH!)

・1988年11月31日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、少女同士の絡みをテーマにしたアドベンチャー。漫画家の内山亜紀氏が原画を担当しており、当時としては珍しい音声付きのアダルトゲームだった。シリーズは全3作で、『媚少女NORIKO』『魔剣士KUMIKO』が同時に発売されている。

シナリオはPart1とPart2に分かれており、登場人物が異なる。システムは両方とも選択肢分岐型のアドベンチャーである。

Part1は幼い少女「ミナコ」が、エスパー堕天使「キョウコ」によってHな治療を施されてしまうという内容となっていた。ゲームオーバーはなく、選択肢毎に演出やCGが異なる仕組みである。

Part2は「死亡遊戯 紙芝居編」というサブタイトルが付けられており、「キョウコ」と名乗る二人の少女がベッドで絡み合いつつ、お互いに秘密の過去を打ち明けていく流れである。こちらはゲームオーバーがあるが、回避は簡単である。

簡単なセリフや喘ぎ声のみだが、進行に合わせて自動的に音声が再生されるのが大きな特徴である。音割れが酷く聞き取りづらいものの、当時のサウンドカードとFD二枚組の容量を考えると限界に迫っていたと思われる。他に、まばたきや指、舌先の動きなど部分的なアニメーションが多数施されていた。

作風は実用性重視で、ゲーム性はオマケ程度、ボリュームは少なく、前編後編合わせても30分程度でほとんどのCGを確認できそうだ。登場人物は内山亜紀氏の作風そのままで、世界観もそれなりにあったようだが、個人的な印象として、テキスト面が貧弱で設定や展開がよく掴めないのが残念だった。

調査担当

『内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO』 概要

内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO サンプル 内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO サンプル
内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO サンプル 内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO サンプル
©1988 SYSTEM HOUSE OH!
内山亜紀のSEXY VOICE SERIES 媚少女NORIKO (システムハウスOH!)

・1988年11月31日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、美少女と陵辱をテーマにしたアダルトアドベンチャー。長いタイトルはロリコンブームで人気を博した漫画家の内山亜紀氏が原画を務め、当時のゲームには珍しく外部装置なしで音声出力できたことに由来する。全三部作で、同時に『魔剣士KUMIKO』『堕天使KYOUKO』が発売された。

シナリオはPart1とPart2に分かれており、主人公の名前は共にノリコだが、髪の色などが異なり、同一人物かは不明である。

Part1は強力な超能力を持った少女「ノリコ」が、突然セクサロイド(ロボット)に襲われるシーンから始まる選択肢型のアドベンチャーである。ゲームオーバー等はなく、エンディングも共通で、分岐は途中のCGと演出が異なる仕組みとなっていた。

Part2は「幼児体験編・電脳紙芝居」というサブタイトルがついており、「パパ」から夜な夜な悪戯をされるノリコの独白風で、選択肢のない簡素なストーリーである。

FD2枚組の容量にも関わらず、外部装置なしでの音声出力に対応しており、簡単なセリフや喘ぎ声が進行に合わせて自動で再生されるシステムが目玉となっていた。後世からみると音割れが酷く、無線を介して聞いているような声だが当時としては斬新な仕様だった。

シナリオのボリュームに乏しく、ゲーム性は全く無いが、喘ぎ声の音声出力は試みとして面白く、大きな可能性にチャレンジしたといえるだろう。JAST独自の規格「ジャストサウンド」を利用した音声ありのアダルトゲームの例は80年代中頃からあったが、ボイスが一般的になるのはサウンドカードが高性能化し、CD-ROMドライブが普及する90年代後半からである。内山流の一見かよわい少女が秘めた女の怖さ、したたかさといった結末も他のゲームにない作家性で印象的である。

調査担当

『SEXY ORANGE』 概要

SEXY ORANGE サンプル SEXY ORANGE サンプル
SEXY ORANGE サンプル SEXY ORANGE サンプル
©1987 システムハウスOH!
SEXY ORANGE (システムハウスOH!)

・1987年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の実写写真を使った「ビニ本」風のアダルトCG集。

ゲーム性はなく、ヌードグラビア風の実写CGが11枚収録されていた。モデル女性の名前はクレジットされず、写真はバストと下着をつけた股間のアップが中心である。下着が半透明でアンダーヘアがうっすらと確認できるのが大きな特徴である。

80年代は「ヘアヌード」が非合法として取締りの対象となっており、芸術性のある洋画では見逃されるケースがあったようだが、陰毛が意図的に写りこんでいる出版物はしばしば摘発を受けていた。また、そうした規制のギリギリを狙った際どいグラビアも「ビニ本」と呼ばれ流行していたようだ。

ヘアヌードが黙認の形で解禁状態になり、ブームを巻き起こすのは91年頃からである。

調査担当

『東京女子高制服を脱いだ図鑑 PartⅠ』 概要

東京女子高制服を脱いだ図鑑 PartⅠ サンプル 東京女子高制服を脱いだ図鑑 PartⅠ サンプル
東京女子高制服を脱いだ図鑑 PartⅠ サンプル 東京女子高制服を脱いだ図鑑 PartⅠ サンプル
©1988 システムハウスOH!
東京女子高制服を脱いだ図鑑 PARTⅠ (システムハウスOH!)

・1988年01月**日 PC-8801用 FD版
・1988年01月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 X1/turbo用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、実在の学校の制服姿をモデルにしたCG集シリーズの一作目。

内容は女の子のCGを観賞していく「図鑑モード」、ペイントツールでユーザー自らCGを作成していく「エディットモード」、外部ソフト(別売り)のデータ形式に変換する「変換モード」の三種類である。

本作品の図鑑モードでは渋谷区、新宿・文京区、豊島区、北区、板橋区、東京東部地区にある46校を収録しており、同じく東京都内の別地区をテーマにした『PARTⅡ』『PARTⅢ』も同時に発売されている。

CGは一つの学校につき一枚で、真っ白な背景をバックに上半身は制服姿、靴と靴下は着用の上、ノーパンで股間丸出しなのが基本形である。無修正だが局部は何も描かれないか、簡素な縦すじ一本で表現されていた。原画は“ロリコンブーム”で一世風靡した漫画家の内山亜紀氏が担当していて、丸い顔立ちと未成熟の体つき、長い手足、挑発的で悩ましげなポーズの組み合わせが印象的である。

同時期で同じテーマの作品にファアリーテールの『東京女子高生セーラー服入門』シリーズがある。

普通のアダルトCG集にはないデータ集的な性格が特徴的で、自作できるコレクションブック、あるいは現在でいうMOD風のユーザー参加型ソフトを目指していたのかもしれない。タイトルの元ネタは85年から毎年改訂され、制服ブームを起こした『東京女子高制服図鑑』という出版物だったようだ。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03