title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『聖少女戦隊レイカーズⅡ』 概要

lakers2_00lakers2_02
lakers2_05lakers2_03
©1994 APPLE PIE
聖少女戦隊レイカーズⅡ (アップルパイ)

・1994年12月18日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1996年10月18日 Windows95用 CD-ROM 『聖少女戦隊レイカーズⅠ・Ⅱ for Win』に収録

90年代中頃の作品で、変身ヒーローの主人公と変身ヒロイン達の活躍を描いたシミュレーションRPG。『聖少女戦隊レイカーズ』の続編。

前作で宇宙からの侵略者ガドラム帝国を退け、再び平和な日常を送っている筈のレイカーズだったが、鷲ノ羽学園に正義の少年「洸」の姿は無かった。彼は半年もの間、レイカーズの面々に何も告げず、行方をくらましていたのだ。そこへ、レイカークリスタルを狙う新たな敵、宇宙犯罪組織ギルドールの魔の手が迫る。変身能力を失ったレイカーズの前に颯爽と現れたのは…?

システムはADV風のストーリーパートとシミュレーションRPGの組み合わせである。ストーリーパートは分岐のない一本道で、コマンドもセックスシーンのみとなっている。各章の会話の中で戦闘に突入し、SLGパートで1~2つのMAPの敵を殲滅すれば、シナリオが進行して次の章へ移る仕組みである。

戦闘部分のシステムは前作とほぼ同じで、クォータービュー、固定配置、レベルアップありの戦術級SLGである。攻撃がなかなか当たらないのも同じで、敵の向きや高低差などを利用して命中率を高め、数に勝る敵に背後を取られないよう工夫する点が戦術要素となっている。違いはそれぞれ体の各部の4種類のパーツを変更できる点で、それに応じて回復技、長射程の技、広範囲の技などを選べる仕様となった。

シナリオは使命感に燃える変身ヒーローの主人公が、親しい少女達を戦いに巻き込むまいと奔走するものの、敵の罠にはまったり、強敵と出会う中でヒロイン達に助けられ、最後はチームワークで敵を撃退するのが基本的な流れである。変身ヒロイン物に分類される作品だが、熱血、悲壮感、メカといった男の子向けの要素が多く、ナレーションにも特撮ヒーロー物の影響が強く感じられる。

アダルトシーンは各章に1、2箇所で、5人のヒロイン達の他、敵の女幹部にも用意されている。レイカーズの中心「玲子」と主人公は前作で恋人同士となったため、他のヒロインとは妄想上のセックスだったり、あるいはライバルの男キャラに口説き落とされたりといった描写になったが、中には主人公が敵の誘惑に負けたり、玲子との仲違いで捨て鉢になり、激情に身を任せて他の子と…といった場面もあった。

続編として『聖少女戦隊レイカーズⅢ』(1997)が続いている。

個人的な印象として、シナリオは相変わらず超展開の連続で、非ギャグストーリーにしては説得力が頼りない。ツッコミ所は満載なので、ネタとしては楽しめた。シミュレーションRPGとしても操作性やゲーム性が改善されたとは言えず、残念な印象である。全画面表示となり、ビジュアルは大きく向上している。


調査担当

『ドラゴンナイト4』 概要

dragonknight4_00.png dragonknight4_04.png
dragonknight4_07.png dragonknight4_01.png
©1994 ELF
ドラゴンナイト4 (エルフ)

・1994年02月25日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1996年12月27日 スーパーファミコン版 (全年齢)
・1997年02月07日 PlayStation版 (全年齢)
・1997年03月28日 PC-FX版
・2007年06月29日 Windows用 DVD-ROM版
・2017年06月16日 ダウンロード販売開始 【DMM

90年代序盤の作品で、中世ファンタジー風の世界を舞台にしたシミュレーションRPG。『ドラゴンナイト』シリーズの4作目。

主人公「カケル」は前作で世界を救った英雄「ヤマト・タケル」の息子で、スケベで腕白な少年である。ある日、父の代理として冒険の旅に出されたカケルは、黒い霧が人々を襲い、石に変えてしまう異変を相棒のセイルと共に目撃する。西からは黒い霧、東からはドラゴンナイトを名乗る男「ルシフォン」の悪の軍勢が迫る中、カケルは謎の剣士「エト」の采配で寄せ集め部隊の一隊長となり、ルシフォン軍に占拠された街を解放していく。

システムはシリーズの過去作品と全く異なり、戦術級のシミュレーションRPGと、見下ろし型の2Dマップで街中を散策するRPG風のADVパートの組み合わせである。

SLGパートはターン制で、マップは小さめである。レベルアップやステータスアップアイテムはあるが、クラスチェンジや装備品はなく、育成はシンプルである。狭くなっている地形や、魔法・弓兵ユニットの長射程、騎馬ユニットの機動性などを駆使して、制限ターン以内に敵の全滅を目指していく。死んだユニットは生き返らず、主要キャラが死ぬと即ゲームオーバー、制限ターンは短いので難易度は高めである。

ADV要素の街中パートは物語の進展、新たな仲間の獲得、アダルトシーン、セーブポイント、パワーアップアイテムの獲得など、様々な役割を受け持っている。獲得した仲間によってその後の演出が異なり、特に女の子が隊長のユニットを選んだ場合はアダルトシーンが増える点が特徴的である。

シナリオは好奇心旺盛、陽気でヤンチャな主人公カケルが、旅の中でHな体験をしたり、幼馴染と喧嘩したり、失恋して次第に成長していくストーリーである。冒険は複数の大陸にまたがり、個性的な人々との出会いや、孤島への漂着、ドラゴンとの邂逅などを経て壮大なスケールで展開していく。顔を隠したモテモテの剣士、エトの存在が物語のキーになっていて、ヒロインの半分はエトが口説き落としてしまい、主人公は影からそれを目撃するという珍しい演出になっている。

アダルト要素は敵が捕虜を陵辱しているパターン、主人公を付けまわす悪ガキ「ライナス」が味方にイタズラしているパターン、主人公が女の子から誘われるパターン、味方同士のセックスを目撃するパターンなど様々である。カケルの場合は『同級生』と同じくアイコンクリック方式で、カーソル操作で女体の弱点を順序良く責めていくことで進展する。

続編はないが、全年齢化して家庭用ゲーム機に移植された他、アダルトOVA版、コミック版、小説版など派生作品が幅広く展開している。

個人的な印象として、SLGとしてテンポや操作性が良く、やり込み性もそれなりに充実しており、何より同時期の他社作品と比べてボリューム感が桁違いである。かなりの長編だが、CGはハイクオリティーで豊富、ストーリーも凝っていて飽きさせない。黄金期を迎えたエルフが王者の貫禄をみせつけた作品だった。

調査担当

『聖少女戦隊レイカーズ』 概要

lakers01.png lakers09.png
lakers39.png lakers41.png
©1993 APPLE PIE
聖少女戦隊レイカーズ (アップルパイ)

・1993年12月25日 DOS/V用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1996年10月18日 Windows95用 CD-ROM 『聖少女戦隊レイカーズⅠ・Ⅱ for Win』に収録

90年代序盤の作品で、5人の変身ヒロイン達を率いて宇宙からの侵略者に立ち向かうシミュレーションRPG。『聖少女戦隊レイカーズ』シリーズの一作目。

鷲ノ羽学園に通う男子学生「洸」は、ブラード星の王太子「アラン・ブラード」の思念体と出会い、洸がブラード星人の血を引いている事、そして宇宙支配を目論む「ガドラム帝国」が超エネルギー体「レイカークリスタル」を狙い、地球を侵略しようとしている事を知らされる。学園がガドラムに襲撃され、洸の親しい5人の少女に危機が迫った時、5人の姿に変化が起こった。彼女たちこそ、伝説のクリスタルの守護者「レイカーズ」だったのだ。洸はレイカーズを率いて、悪の帝国から送り込まれた女幹部や怪物達と対決していく。

システムはシミュレーションRPGの戦闘パートと、ADV風のストーリーパートの組み合わせである。テレビアニメ風にサブタイトルで章分けけされていて、全部で5章あり、それぞれ2~3つのMAPを突破することで次の章へ移る。ストーリーパートは選択肢やコマンド類はなく、一本道である。

戦闘パートはクォータービューで、レイカーズを操作してMAP内の敵を殲滅できればクリアである。レベルアップはあるが、クラスチェンジや装備品、アイテム類はない。すべての攻撃にMP消費があり、5種類の技を状況に合わせて使い分けていく。攻撃がなかなか当たらないのが大きな特徴で、高低差や敵の向いている方向などを利用し、命中率が少しでも上がるよう工夫する点が戦術要素となっていた。攻撃を受けると経験値が貯まる点も風変わりである。

シナリオは、5つの章が5人のヒロインそれぞれの当番回にあたる。基本的には学園モノの日常風景の中で、ヒロインと主人公が親交を深め、敵の襲撃と前後してセックスに至る流れである。クラスメイトで現役アイドル、そしてレイカーズの中心である「玲子」と主人公は相思相愛の間柄だが、真面目で好青年風の主人公が、請われれば初対面でも味方でも、あっさりセックスに応じてしまうのが印象的である。

アダルトシーンはヒロイン一人当たり1~2シーンで、敵の女幹部との間にも用意されている他、味方が戦闘で撃破された際は脱衣CGが表示される仕様となっていた。

続編として『聖少女戦隊レイカーズII』(1996)、『聖少女戦隊レイカーズIII』(1997)が続いている。派生作品にOVA版、小説版などがある。

当時流行した変身ヒロイン物で、シリーズ化やOVA化もあり、知名度は比較的高いようだ。個人的な印象としては、操作性やテンポが悪く、シミュレーションRPGとしては当時の中でもパッとしない。ストーリーは強引で駆け足な超展開の連続で、見ようによっては面白いかもしれない。ビジュアル面では極端に細いウエスト、強調された乳房が印象的である。

調査担当

『妖獣戦記 -A.D.2048-』 概要

yoju2048_00.jpg yoju2048_04.jpg
yoju2048_01.jpg yoju2048_03.jpg
©1993 D.O.
妖獣戦記 -A.D.2048- (D.O.)

・1993年09月17日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 PC-9801用 CD-ROM版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年03月14日 Windows95用 CD-ROM版
・2006年02月24日 Windows用 CD-ROM 『妖獣戦記A.D.2048 -真・説・序・章-』(リメイク)
・2008年09月19日 ダウンロード版『真・説・序・章』 【DLsite】【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM

90年代序盤の作品で、近未来を舞台に異形のモンスターを退治していくシミュレーションRPG。『妖獣戦記』シリーズの一作目。

「The Third」と呼ばれる核戦争で荒廃した世界。流出した生物兵器と残留放射能から生まれた新生物「妖獣」は、人間の女性を母体に繁殖し、人類を追い詰めていた。城塞都市ソフィアポリスは、これに対抗するため特殊警察「A.S.S.P.」を組織し、高い戦闘力を持った女性型の人工生命体、「バイオソルジャー」を配備する。心理学者の主人公(男)は、なぜかASSPの戦闘隊長に抜擢され、バイオソルジャー達を指揮して、重要施設を占拠している妖獣を駆逐し、次第に彼女達の信頼を得ていく。

システムはシミュレーションRPGである。レベルアップはあるが、クラスチェンジや装備品の変更、回復アイテムのない簡素な仕様となっている。ステージ毎に8人の女性の中から6人を選び、マップ内の妖獣の全滅を目指していく。ステージは病院、空港、女子校の3つで、それぞれ3面あるので、合計9つのマップを攻略すればクリアとなる。Mac OS風のウィンドウとスクロールバーを使ったマップ表示が印象的である。

味方は数で圧倒的に劣る上、全ての敵がスタート時から味方に向かって殺到してくるのが特徴で、ボヤボヤしていると包囲されてしまうため、狭い地形や壁役、射程の長さを上手く活用できるかが戦術要素となっていた。

アダルト要素は、「祖体」と呼ばれる強めの妖獣に攻撃を仕掛けた際に起こり、触手に犯される一般人のCGが1体につき2枚表示される。各マップに祖体は2~3体いるので、陵辱CGは合計42枚と、かなりのボリュームである。それぞれ詳細なタッチの全画面表示で、一枚一枚に触手や舌先が妖しく蠢く部分的なアニメーションが施されていた。また、戦闘で隊員のレベルを3つ上げれば、幕間に休暇を一緒に過ごす個別イベントが発生し、デートとセックスのシーンがそれぞれ一枚表示される和姦要素も備えていた。

続編として『続・妖獣戦記 ~砂塵の黙示録~』(1993年)、『妖獣戦記2 -黎明の戦士たち-』(1995年)が続き、00年代になって『妖獣戦記A.D.2048 -真・説・序・章-』(2006年)としてリメイクされている。『妖獣戦記カスタム』(1994年)に本作品のCGが流用されているが、こちらはSLGなしの安価な神経衰弱ゲームだったようだ。派生作品に小説版がある。

妖獣クラブ』(1990年)の流れを汲むタイトルで、淫獣ファンからもSLG好きにも人気が高かった作品である。個人的な印象として、SLGとしてシンプルながらよく出来ており、触手嫌いの当調査員も夢中で遊んでしまった。それだけにストーリーの短さが残念。目玉となる陵辱CGの力の入れようを考えるとやむなしか。

調査担当

『DALK』 概要

dalk001.png dalk018.png
dalk017.png dalk013.png
©1992 AliceSoft
DALK (アリスソフト)

・1992年12月21日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年12月18日 Windows95用 CD-ROM 『ALICEの館4・5・6』に収録

90年代序盤の作品で、ダンジョンを舞台に女の子達が主人公を護衛していく、一風変わったシミュレーションRPG。

中世ファンタジー風の世界。旅の修行僧「セイル」は、壺に封じられた恋愛神「マーティス」に出会い、ある冒険を依頼される。敵対する女神「ミラ」を封印しなければ、世界の均衡が崩れてしまうというのだ。やむなく引き受けたセイルだったが、マーティスから受け取ったゴッドバイヴの影響により、集まったパーティメンバーは女の子ばかり14人。それも大半が戦闘経験のない普通の娘。さらに、セイルは自力でレベルアップできず、女の子をHでイかせることで経験値を分けてもらう必要があり…?

システムは特殊なシミュレーションRPGである。レベルアップ、クラスチェンジ、装備品がある点は普通だが、メンバーにクラス(職業)の縛りがなく、育成の自由度が高いのが特徴的となっている。クラスはファイター、アーチャー、ナイト、マジックユーザー、吟遊詩人などがあり、回復役の主人公を守りながら、マップ内の敵の全滅を目指していく。

ダンジョンの階層(マップ)の選択にもある程度自由があり、順番や探索回数は好きに選べる。マップの全体を確認できないのが大きな特徴で、偵察を出したり、時には分岐で戦力を分けながら慎重に進む必要があるなど、ダンジョンの探索が戦略の大きな比重を占めている。メインストーリーは地下数十階で完結するが、オマケとして高難度の地下迷宮が1000面までプレイすることが出来るとされ、やり込み要素となっていた。

ヒロインはパーティメンバーの14人で、一度の戦闘に8人を選んで連れて行くことになる。Hシーンは真面目で奥手な主人公が、ヒロインの稼いだ経験値を譲ってもらう際に起こり、一人あたりCGの違う2パターンが用意されていた。他にゲーム目標である多体神ミラの内の一人を捕らえた際などに発生する。女性の局部はモザイク状の修正だが、裏技ではずせる仕様になっていて、元画像は陰毛まで描かれた露骨な無修正である。

おまけゲームなども付いたヒントディスクが同時に通信販売され、続編として『DALK外伝』(2002)が続いている。また、その形態は『かえるにょ・ぱにょ〜ん』(1997)など一連の『にょ』シリーズに発展した。

個人的な印象として、敵が弱い味方を優先して狙ってこない点や、死んだメンバーも蘇生できる点、撤退しても経験が損なわれないなど、高難易度の多かった同世代のシミュレーションRPGと比べてかなり易しい。難点としては、マップの広大さやレベルアップのテンポの遅さが仇となり、ストーリー性にも乏しく、面が進むほど作業的で冗長に感じるのが残念である。アリスソフトらしい風変わりで実験的な作品といえよう。

調査担当

『幻燐の姫将軍』 概要

genrinh00genrinh06genrinh03genrinh05genrinh02genrinh04genrinh01
©2001 Eushully
幻燐の姫将軍 (エウシュリー)

・2001年04月27日 Windows用 CD-ROM版
・2003年10月31日 Windows用 CD-ROM 廉価版
・2008年11月07日 DL販売開始 【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【DLsite】【アキバイン

エウシュリーの3作目で、魔族と人の争いを描いたファンタジー風のシミュレーションRPG。高難易度とやり込み要素で多くのファンを獲得した。

魔族と人のハーフである主人公「リウイ」は、幼少時に母を殺された恨みから、人間に対する恨みを募らせながら成人した。そんな中、父であり魔族達のリーダーだった「魔神グラザ」が人間の勇者によって倒されてしまう。好機と捉えたリウイは、主流派を離れ、少数の部下達を率いて人間達への反撃を開始する。しかし、人間達を陵辱する内に人としての葛藤が生じ、その内面は少しずつ変化していく。

システムは2D俯瞰型のマップで仲間のユニットを一人一人操作し、規定ターン内でのミッションをこなしていくシミュレーションRPGである。壁役や回復係、遠距離支援など多彩なユニットが用意されており、条件が整えばクラスチェンジできるなど戦略要素を備えていた。

マップの制覇率に応じて生じる"支配力"を使い、増援の仲間を呼び出せる点が特徴的で、ユニットは非常に死に易く、復活もないため、ロードを繰り返しながらの細かく慎重な戦術が求められる。

戦闘中にシナリオ分岐があるのも特徴的で、例えば隠し部屋に隠れているヒロインを捕らえる、ピンチに陥っているヒロインを助けない、といった行動により、場合によってならず者達による陵辱シーンになったり、主人公による籠絡セックスになるなど、展開が異なっていく。その結果によって最終的にマルチエンディングを迎えるという、2周目を想定したやり込み要素を備えていた。

続編に『幻燐の姫将軍2』(2003)があり、後に同社の『戦女神』シリーズと世界観が合流して『戦女神VERITA』(2010)に本作の主要キャラが登場している。

任天堂の『ファイヤーエンブレム』シリーズを彷彿とさせる作りで、難易度は高いが、セーブポイントからの試行錯誤でピンチを切り抜けられるよう丁寧に作りこまれており、ゲームバランスの悪さを感じさせないのがポイントである。シナリオは短めとなったものの、次回作を予感させる含みが持たせてあり、シミュレーションRPGとしての完成度は高い。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03