title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『STEAM HEART'S』 概要

steamhearts00.png steamhearts05.png
steamhearts04.png steamhearts03.png
©1994 GIGA
STEAM HEART'S (戯画)

・1994年03月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版 
・1996年03月22日 PCエンジン用 CD-ROM版
・1998年09月23日 セガサターン版

90年代中頃の作品で、ストーリー仕立てのアダルトシューティングゲーム。『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』に続く戯画の二作目。『スチームハーツ』とカナ表記されることもある。

エンブリオと呼ばれる人型の人工生命体の暮らす惑星、ウェスティナ。この星はクァン型浸透性ウィルスにより危機を迎えていた。惑星の管理をつかさどる7人の女性型エンブリオ、「主管理有機ユニット」がこのウィルスに感染し、暴走して平和が乱されたのだ。惑星のシステムにとって規格外の者たち、「アウトロー」のファラとブロゥは、この星を救うため、主管理有機ユニットの操るマシンを撃破し、彼女らに自分達の先天的な抗体をセックス(?)を通じて移植していく。

ゲームは縦スクロールのシューティングゲームで、敵からのアイテムドロップでメインウェポン、サブウェポンを選択、強化をしていく一般的な作りである。自機の当たり判定は大きく、敵の弾は速くて数は少なめである。残機のようなものはなく、ダメージを受けるとエネルギーゲージが減っていく仕様となっていた。二人同時プレイも可能である。

デフォルトでの難度は高めだが、設定で難易度を3段階から選ぶことができ、ゲームスピードも調整できる上、コンテニューも無制限なので、エンディングの鑑賞はさほど困難ではない。

ストーリーはSF風の設定で、パッケージには導入部分を描いたコミック冊子が付属した。男女二人の主人公が中ボスにあたる女の子達と賑やかに会話しながら進行し、各ステージの最後で巨大兵器を撃破、ビジュアルシーンへと移行、敵の女の子と交わることで「治療」を行い、新たな情報を入手していく流れである。

アダルト要素はゲームメインの作品には珍しく、セックスシーンが丁寧に描かれている。ただし、作中ではセックスとは明言されていない。享楽的でサドっけのあるファラ(女性型)と、真面目で誠実なブロゥ(男性型)のいずれかが相手をすることになるが、ファラにも男根らしきものが生えているため、どちらも挿入からのぶっかけCGが基本である。一部に激しく動くアニメーションも導入されている他、『V.G.』から受け継ぐ透過メッセージウィンドウも目を引く。

家庭用ゲーム機に18歳以上推奨として移植された際は、ボイスが入った代わりに直接的なセックス描写が無くなり、下腹部に抗体を注射するという間接的な表現となったようだ。シューティング自体もPC98版とは異なる点が多いようである。

個人的な感想として、シューティングゲームとして驚くほどよく出来ており、一般ゲームと比べるとさすがに遜色があるが、かなり遊べる印象である。メカ類やビジュアルシーンも凝っていて、全体的に高級感がある。難点は世界観が分かりづらい点、ビジュアルのタッチにやや癖がある辺りか。また、想像だが当時としてはPCスペックの要求が高めだったかもしれない。

調査担当

『聖子ちゃんSOS』 概要

聖子ちゃんSOS サンプル 聖子ちゃんSOS サンプル
聖子ちゃんSOS サンプル 聖子ちゃんSOS サンプル
©1983 COSMIC SOFT
聖子ちゃんSOS (COSMIC SOFT)

・1983年**月**日 PC-8801用 ロムカセット版 
・1983年**月**日 FM-7用 ロムカセット版

パソコンゲーム黎明期の脱衣シューティングゲーム。

ロボットの支配する王国で今まさに洗脳されようとしている少女を、プレイヤーが単身救助に向かうストーリーである。

システムは後のFPSのように自分視点のシューティングで、照準を操作してテレポートしてくるロボットを一体ずつ撃破していくシンプルな作りとなっている。全5面で、ステージクリアする度に少女が一枚ずつ服を脱いでいき、最終的に全裸となった。

タイトルは吾妻ひでおの漫画『ななこSOS』と、当時人気絶頂だったアイドル歌手『松田聖子』にあやかったものと思われる。

シンプル過ぎてゲーム性はほとんどないが、シューティングを扱ったアダルトゲームとしては『お~い!かぐや姫』(1983年11月)と共に最初期のものと考えられる。ただし、詳しい発売時期は不明である。

続編に『聖子ちゃんパート2』があるが、こちらはシューティングではなく、スカートめくりをゲーム化した内容だったようだ。

調査担当

『おーい!かぐや姫』 概要

おーい!かぐや姫 サンプル おーい!かぐや姫 サンプル
おーい!かぐや姫 サンプル おーい!かぐや姫 サンプル
©1983 PONYINC.
おーい!かぐや姫 (ポニーキャニオン(PONYCA))

・1983年11月**日 FM-7/8用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、古典『竹取物語』を題材にした脱衣シューティングゲーム。

シナリオは怪しい鳥が飛び交う竹薮の中で、かぐや姫の入った光る竹を見つけ出し、情事を楽しむという筋書きとなっている。

ゲームは男性器(?)型の自機を操作する、固定画面の縦シューティングゲームで、攻撃目標は敵キャラではなく、竹の節間(節と節の間の滑らかな部分)である。鳥のフンを避けながら照準を上下左右に動かし、未攻撃の節間を狙い撃っていく。当たりの節間を引けばステージクリアで、ご褒美CGが表示される。自機にはダメージ数や弾数にあたる精力のパラメータがあり、使いきってしまうとゲームオーバーとなった。

ご褒美CGはかぐや姫一枚きりで、ステージクリアする毎に一枚、また一枚と薄着になっていくが、何重にも重ね着した十二単姿なので変化に乏しい。最終面をクリアすることで、かぐや姫の裸体を拝む事が出来る。ゲーム内の日付によっては姫が妊娠し、お腹の大きな裸体が表示されるバッドエンド(?)も用意されていたようだ。

難易度が極端に高いのが特徴で、特にすぐ弾切れゲームオーバーになる割に、ステージが進んでも残弾回復が用意されていない、コンテニュー不可など理不尽な設定が目立ち、内部データを弄らない限り、天文学的な確率の運が必要に思える。

個人的な印象としては、ゲーム性でもビジュアル面でも酷いクオリティである。『聖子ちゃんSOS』(1983年)と共に「アダルトシューティング」という、妙なジャンルを切り開いた先駆者だった。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03