title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ツーショットDiary』 概要

twoshotdiary00.png twoshotdiary03.png
twoshotdiary02.png twoshotdiary01.png
©1994 Mink
ツーショットDiary (ミンク)

・1994年04月21日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年11月01日 Windows95用 CD-ROM 『ツーショットDiary95

90年代中頃の作品で、穴埋めクイズ形式のアダルトストーリー集。『WONPARAウォーズ』、『Gokko』シリーズに続くミンクの5作目。

オムニバスの12個のショートストーリーで構成されていて、それぞれ登場人物が異なる。冒頭で伏せられたカードの中からヒロインを一人選び、鑑賞していく。

ヒロインが自ら、過去のHな体験談を、刺激的な単語や表現を使って読者に語っていく文体となっている。途中の所々が穴埋め問題になっていて、前後の文脈などから意味の通る文章を作っていく。例えば「内股を私の     が流れるのを感じました」という文章では、与えられた候補の中から「エッチな雫」を選べば正解である。また、途中で必ず一箇所に分岐があり、穴埋めの結果でAパターン、Bパターンと呼ばれる別のプレイとCGが楽しめるようになっていた。

どんなに不正解を続けてもゲームオーバーになることがないのが特徴的で、分岐点だけ押さえれば、後は適当に答えてもストーリーは最後まで鑑賞できる。頑張って全問正解した場合は、回想モードでの再生が可能になり、穴埋めのない純粋なショートストーリーとして鑑賞できる仕組みになっていた。

ヒロインは家庭教師や主婦、学生、看護婦、OLなどの様々で、筋書きもバラエティに富んでいる。全体的に襲われるケースが多く、犯されているうちに理性がとび、激しく乱れてしまう結末が多い。男はほぼ全員がケダモノ、卑劣漢として登場するため甘いラブロマンスはなく、サディスティックでハードなエロスが特徴的である。一部に剃毛、飲尿、緊縛、ムチ、ロウソク責めなどアブノーマルな表現を含んでいた。

全画面表示と透過メッセージウィンドウを生かし、画面一杯に描かれた濃い目で迫力あるビジュアルが印象的である。CGの枚数が多く、ボリューム感は高めである。当時の流行で音声の一部が出力できたが、音質は割れて不明瞭だった。

続編として『ツーショットDiary2 memory1/4』『ツーショットDiary2 memory1/4』『ツーショットDiary2 memory3/4』『ツーショットDiary2 memory4/4』が続いている。

穴埋め問題を使ったアダルトゲームは『口説き方教えます』(1986年)の頃からあるが、さほど一般化しなかった。個人的な印象として、本作もゲーム性は今ひとつだったものの、アダルト重視の作品では読み飛ばされがちなテキストにスポットをあて、エッチな単語を自然と意識させて興奮を促す仕組みで、試みとしては面白い。

調査担当

『Charm』 概要

charm00.jpg charm05.jpg
charm03.jpg charm01.jpg
©1992 ACID PLAN
Charm (ACID PLAN)

・1993年10月10日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

90年代序盤の作品で、女の子のちょっぴりHな体験を描くオムニバスのショートストーリー集。タイトルはフランス語読みの「シャルム」で、『Charm -シャルム-』と表記される場合もある。

シナリオは胸の大きさに悩む女の子を描いた『私のなやみ・・・・』、女子校内の奔放な実態を紹介する『女子校ってこんなとこ!!』、オタクな女の子がコスプレにはまるまでの道のりを描いた『コスプレってやめられない』、水泳部を舞台に切ない同性愛を描く『あの子はプールの妖精』、アイドル活動の裏側を暴露する『ドキドキシネマ体験』の5本を収録している。

システムはコマンドや選択肢の一切ない純粋なデジタルノベルで、好きな順に鑑賞できる。

主人公はすべて「英理子」で、髪型なども共通することが多い。しかし設定が異なるので、それぞれ別世界の英理子という印象である。英理子がプレイヤーに語りかけるモノローグ風の文体が特徴的で、悩み事や恥ずかしい失敗談、女同士の際どい体験などを赤裸々に語っていく。アダルト要素は主に英理子の露出と自慰シーンで、一部に女同士の絡みがあるものの、軽い接触に終わることが多く、全体的にエロさは控えめである。

続編として『Charm2 ~虹色の風~』(1994年)が続いている。

調査担当

『VIPER-V8』 概要

viperv8_01.png viperv8_10.png
viperv8_26.png viperv8_59.png
©1993 SOGNA
VIPER-V8 (ソニア)

・1993年09月10日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD 『VIPER V8 turbo
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『VIPER V8 turbo RS
・1996年07月12日 Windows95用 CD-ROM版
・2002年09月27日 Windows95/98用 CD-ROM 『VIPER Classic
・2002年09月27日 Windows95/98用 CD-ROM 『VIPER COLLECTION BOX 』に収録
・2006年06月16日 ダウンロード販売開始 【DL.Getchu】【DMM】【Gyutto】【DLsite】【アキバイン

90年代序盤の作品で、アダルトシーンにアニメーションを数多く取り入れたアドベンチャー『VIPER』シリーズの第二弾。

ストーリーはオムニバス形式で、勇者風の主人公が魔物に拉致された女冒険者を救いに行く『DAMONS NIGHT』、キャンプに訪れていた4人の女の子が、アイスホッケーのマスクをした男達に次々襲われる『18日の禁曜日』、宇宙戦争の最中、異星人の捕虜になった女パイロットが愛の営みをレクチャーする『ALIEN WAR』の三本を収録している。

システムは一応、選択肢やコマンドを備えたADVの形式を取っており、バッドエンドを迎えることもあるが、数回やればクリア出来る程度で、ゲーム性はほとんどない。目玉となるのは派手に動くセックスシーンの多さで、各話に5~10カット用意されており、当時としては他に例のない質と量を誇った。

仕様の違いによってタイトルが微妙に異なり、X68000版は追加シーンありの『V8 turbo』、FM-TOWNS版は音声付の『V8 turbo RS』で、PC-9801版に音声などを追加する拡張キットは『V8 RS』、フルリメイク作品は『-V8- R』となっている。また、続編やOVA版など派生作品も数多く存在する。

ゲーム性を大胆に省いた分、アダルトアニメに近いものになってしまった一方で、ビデオにないメリットして、会話を進めない限りアニメーションがリピート再生されるという実用面、序盤の導入部分は静止画とテキストで済ませられるという制作側の利点が考えられる。難点としては、当時のユーザーに要求されたPCのスペックが高めだったようだ。

調査担当

『VIPER-V6』 概要

viperv601.png viperv609.png
viperv623.png viperv631.png
©1993 SOGNA All rights reserved
VIPER-V6 (ソニア)

・1993年06月25日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD 『VIPER V6 turbo
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『VIPER V6 turbo RS
・1996年05月24日 Windows95用 CD-ROM版
・2002年09月27日 Windows95/98用 CD-ROM 『VIPER Classic
・2002年09月27日 Windows95/98用 CD-ROM 『VIPER COLLECTION BOX 』に収録
・2005年10月24日 ダウンロード販売開始 【DL.Getchu】【DMM】【Gyutto】【DLsite

90年代序盤の作品で、アニメーションを積極的に取り入れたオムニバス形式のアダルトアドベンチャー。『VIPER』シリーズの第1作目にあたり、以後10年にわたって数多くの続編が作られた。

独立した3本のストーリーで構成されており、プレイする順番は自由である。

『アフタヌーン』は、TV番組内の「20才に見えないコンテスト」の結果に納得のいかない女の子が、生放送中に優勝者に襲いかかり、レズプレイ勝負に発展する話。『悪魔が来たりて…』は、周囲に馬鹿にされてばかりの小川君が、復讐しようと悪魔を呼び出すものの、悪魔の色香に惑わされてHなお願いをしてしまう話。『ダブルインパクト』は、芸能プロダクションと政治家の癒着について調査を依頼された女探偵二人組が、潜入調査に失敗して陵辱されてしまう話となっている。

形式はADVだが、『悪魔が来たりて…』以外はコマンドがなく、読み物に近い。『悪魔が来たりて…』も、例えば「口でしてもらう」「胸でしてもらう」「もっと速くしてもらう」「まだやる」といった具合に、コマンドがアニメーションの再生メニューのような役割になっていて、ゲーム性は一切ない。

話の序盤は静止画がほとんどだが、アダルトシーンでは非常に多くのアニメーションが取り入れられており、当時のPC98用ゲームとしては異例の大きな画面による、大きく滑らかな動きが話題となった。

続編、派生作品、OVA版など関連作品が膨大な数にのぼる他、本作だけでも仕様の違いによって様々なタイトルが存在する。X68000版は追加シーンありの『V6 turbo』、FM-TOWNS版は音声付の『V6 turbo RS』で、V10の購入者特典のPC-9801向け拡張キットは『V6 turbo'(ターボダッシュ)』、PC-9801版に音声などを追加する『V6 RS』、フルリメイク作品は『-V6- R』となっている。

アダルトゲームにアニメーションを取り入れた例としては、例えばアーケードの脱衣麻雀では80年代終盤から普通になっていた。PCゲームでも『マカダム ~二人愛戯~』(1985年)の頃からあるにはあり、くだってこの時代ではまばたき、指、舌先の動きなど、部分的な単純動作の繰り返しが流行していて、魔法少女の変身シーンなども盛んに動いている。しかし、当時の動画はPCスペックへの依存度の高さや、主流のPC98シリーズのメディアの低容量に苦しめられていたため、本作品の大きな動きとクオリティは驚きをもって迎えられたようだ。

PCの性能向上と技術的な工夫により登場した「アニメーションアダルトゲーム」は、その視覚的な長所から人気ジャンルに躍り出たが、制作会社はコストの膨張や開発期間の長期化に苦しむことになり、時代を席巻するほどの勢いをもつことはなかった。

調査担当

『大図書館の羊飼い Dreaming Sheep』 概要

dtkhjkds00dtkhjkds06
dtkhjkds04
dtkhjkds02
dtkhjkds03

©2014 AUGUST
大図書館の羊飼い Dreaming Sheep (オーガスト)

・2014年03月28日 Windows用 DVD-ROM プレミアムパック スタンダードパック
・2015年01月09日 ダウンロード販売開始 【DMM

10年代中盤の作品で、『大図書館の羊飼い』(2013)の後日談などを描いたショートストーリー集。

メインコンテンツは本編で図書部のメンバーの一人と結ばれた後、小さなトラブルを経て気持ちを確かめ合っていくエピソードが中心で、他にサブヒロインだった3名との後日談、悪役だった副生徒会長の「多岐川葵」と結ばれるシナリオ、誰とも結ばれなかったENDの後、ヒロイン達が主人公「筧」の恋人の座をめぐって牽制しあう夏休みのイベントを収録している。

また、APPENDIXとしてギャグタッチのミニエピソード、メインヒロイン達と特殊なシチュエーションで繰り広げるHイベント、白崎つぐみの妹「さより」との妄想Hシーンなどを収録している他、一般向けだったファンディスク『大図書館の羊飼い 放課後しっぽデイズ』(2014)のヒロイン二人にもアダルトシーンが用意されている。

Hシーンは一人当たり1~2つだが、人数が多いので合計17つになり、比重はそれなりに高い。自宅のベランダや生徒会室、ラジオの収録ブース、ビーチなどでの人目をはばかりながらのHや、スクール水着、和服、ウェディングドレスなどの特殊な衣装でのプレイなど、シチュエーションは全体的に変化球気味である。

店舗ごとに様々な初回特典が付属した他、OP&ED曲を収録したマキシシングルが同時にリリースされている。

本編の雰囲気をそのままに、甘々な恋人関係の続きを楽しめる作品で、サブヒロインやファン待望の脇役達にもスポットライトが当てられており、堅実で隙のない内容といえるだろう。


『大図書館の羊飼い Dreaming Sheep』 Web Site
http://august-soft.com/daito_ds/index.html





調査担当

『あぶない女性心理学入門』 概要

あぶない女性心理学入門 サンプル あぶない女性心理学入門 サンプル
あぶない女性心理学入門 サンプル あぶない女性心理学入門 サンプル
©1987 F&C
あぶない女性心理学入門 (フェアリーテール)

・1987年06月**日 PC-8801用 FD版
・1987年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版

80年代中頃の作品で、色々な形のセックス模様を描いたオムニバス形式のショートストーリー集。

冒頭でタイトルを1つを選び、テキスト付きのグラフィックを観賞していく流れで、それぞれ作画のタッチもテーマも異なる独立シナリオである。

制服姿の女の子が近所の男性に陵辱される様子を描いた『隣のお兄ちゃん』、スクール水着姿の幽霊が暗く落ち込んでいる少年を元気付ける『天国のミミちゃん』、グァムの木彫り人形が突然巨大化し、その巨根で女の子に襲いかかる『ビック・マグナム』、OLやナースの裏の顔を描いた『ファイブトリップ』の4つで構成されている。

個人的な印象として、読みきりの成人コミックのストーリーを短縮したようなイメージで、CG集として見た場合のボリュームは平均以上だが、さほどストーリー性はない。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03