title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『恋姫 〜Mystic Princess〜』 概要

koiimemp00koiimemp01
koiimemp09koiimemp02
©1995 SILKY'S
恋姫 〜Mystic Princess〜 (シルキーズ)

・1995年05月26日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 DOS/V用 3.5インチFD版

90年代中頃の作品で、のどかな田舎を舞台に幼馴染の少女達との邂逅を描くアダルトアドベンチャー。

主人公「小十郎(名前変更可)」はスケベでお調子者、優柔不断な学生である。夏休みを利用し、十数年ぶりに故郷の田舎に帰ってきた小十郎は、美しい4人の女の子と出会い、知り合いになろうと積極的に声をかけていくが、どうも様子がおかしい。どうやら彼女たちは小十郎のことをよく知っているようだが、小十郎にはそんな記憶が一切ないのだ。しかも全員が小十郎に恋焦がれており、やがてそれぞれのやり方で誘惑のアプローチをかけてくる。小十郎は疑問を抱えつつ、彼女たちの切実な思いに応えていく。

システムは移動先に自由があるタイプのADVで、操作はコマンド探索と選択肢の混合型である。普段は「見る」「話す」「移動」などのコマンドを総当りすることで場面が進展し、要所では選択肢によりヒロインを抱くか、未遂に終わるかに分かれていく。一見すると、ラスト付近でセックス済みのヒロイン一人を選択して個別エンド、という当時のADVの一般的な作りだが、難しい条件を整えることで隠されたルートが開け、物語の核心に迫っていくという、奥行きのある作りとなっていた。エンディングはグッド、バッド合わせて14種類である。

シナリオはドジで調子のいい性格の主人公が、温泉で背中を流してもらったり、怪我の介抱をしてもらったり、意識不明の相手にイタズラしたりしながらドキドキな体験を重ね、やがて男女の仲へ発展していく流れである。ヒロイン同士の対抗心、嫉妬が顕著なのが特徴的で、主人公はボコボコにされたり、泣かれたり、脅迫されたりしながら、頑なに優柔不断を貫くコミカルな作風となっていた。

和風感が強調されているのも特徴的で、テキストは縦書き、セーブ・ロード番号やエンディング番号も漢数字と徹底している。また、相手のメッセージが吹き出しのように小ウィンドウで表示される点も変わっている。

Hシーンは一人当たり2箇所で、アダルト要素にはさほど比重はない。ヒロインは乱暴で素直になりきれない巫女、主人公を兄と慕うロリっ子、家庭的な商店主、おしとやかで病弱な女の子の4名である。

後にWindowsに移植された際は、ブランドは母体のエルフに変更になり、『恋姫 K・O・I・H・I・M・E』として原画レベルでフルリメイクされた。派生作品にOVA版がある他、90年代のアダルトゲーム出身作品としては珍しく、『CR恋姫』としてパチンコ台が稼動している。

個人的な印象として、ここまで季節感と和風を前面に出した作品は、当時としては珍しいのではないか。2段階のクライマックスで奥行きとドラマ性をもたせた所も印象的だった。難点としては、ビジュアルのタッチやクオリティが安定しないのが気になる。主人公の軽惚な言動も好みが分かれそうだ。


調査担当

『愛姉妹 ~二人の果実~』 概要

aishimai00aishimai08
aishimai05aishimai12
©1994 Silky's
愛姉妹 ~二人の果実~ (シルキーズ)

・1994年09月30日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版
・****年**月**日 DOS/V用 3.5インチFD版
・1995年11月17日 Window3.1用 CD-ROM版 (CGリニューアル)
・2000年05月26日 Window用 CD-ROM版
・2007年06月01日 ダウンロード販売開始 【DMM

90年代中頃の作品で、卑劣な主人公が美人姉妹を陥れていくアダルトアドベンチャー。

主人公「丈人」は悪名高い不動産会社「野川産業」の社長の一人息子。ある日、事務所に小遣いをたかりにきていた丈人は、父親の車と接触事故を起こした女性ドライバーとの示談を任された。彼女を篭絡できれば仕事を手伝わせてやる、という条件に勇んだ丈人は、当の人妻「幸絵」を騙して借用書を作り、脅迫して体を開かせることに成功する。丈人の謀略はそれで終わらず、幸絵の二人の娘、同じ学園に通う美人姉妹に狙いを定めて…?

操作はコマンドと選択肢の混合型である。基本的に移動先に自由があるタイプで、教室や体育準備室、美術準備室、屋上などを巡り、姉妹のどちらかを見つけ、「話す」「見る」といったコマンドでシナリオを進展させていく。しかし行き先の数は少なく、コマンドも簡素で探索には比重がない。

システムはむしろ同社の『河原崎家の一族』のような選択肢分岐型に近く、その日は姉妹のどちらをターゲットにするか、優しく接するか否か、といった選択肢により複雑に分岐し、その経路により11種類のエンディングを迎える仕組みとなっていた。

シナリオは悪党風の主人公が、父親が帰るまでの5日間を期限に、父親の秘書の由美と協力し、脅迫とセックステクニックで姉妹を手なずけ、従順になるまで調教していく流れである。エンディングは主人公が失敗して鉄格子の中に入るパターン、完全に堕ちたヒロイン達に客を取らせるパターン、ヒロイン達に気に入られて家族として受け入れられるパターンなど様々である。

アダルトシーンは全部で27つもあり、シナリオが短い割にかなり比重が高い。2、3度のプレイで全部見るのは不可能で、セーブ、ロードを繰り返してのやりこみ要素となっていた。セックス描写は主人公による煽り、罵り、鬼畜ゼリフが特徴的だが、ヒロイン達の物理的な抵抗はなく、順応も早い。一部に薬物の使用、緊縛、(男1人女複数での)3P、4Pの表現を含んでいた。

Windowsに移植された際はCGが一新され、ブランドも母体のエルフに変更された。派生作品にOVA版実写AV版、DVD-PG版などがある。続編として『愛姉妹・蕾 …汚してください』(2004)、『愛姉妹 〜どっちにするの!!〜』(2006)、『愛姉妹IV 悔しくて気持ち良かったなんて言えない』(2014)が続き、初代から20年を数える長寿シリーズとなった。

個人的な印象として、主人公が知的で陰険な性格なのが特に目を引く部分である。女性を手篭めにする主人公像はアダルトゲームの黎明期から存在したが、80年代は陵辱系でも知性に乏しく、陽気で行き当たりばったりな性格が普通で、作風もコミカルなのものが多かった。罪のない女性達を巧妙な罠にはめ、弄んでいくタイプのシリアスな作風はこの頃から現れ始め、00年代序盤にかけて流行していく。


調査担当

『野々村病院の人々』 概要

nonomura01.png nonomura06.png
nonomura02.png nonomura05.png
©1994 Silky's
野々村病院の人々 (シルキーズ)

・1994年06月30日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 DOS/V用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 Windows3.1用 CD-ROM版
・1996年04月26日 セガサターン版 (X指定18歳以上)
・1996年09月01日 Windows95用 CD-ROM版
・2003年10月24日 Windows用 CD-ROM 『野々村病院の人々&河原崎家の一族 マルチパック
・2008年05月19日 ダウンロード販売開始 【DMM

90年代中頃の作品で、破天荒な探偵が病院内で起こった殺人事件の謎に迫る、ミステリー物のアダルトアドベンチャー。

主人公「海原 琢麻呂」は自称天才の私立探偵。たびたび珍事件を引き起こし、週刊誌を賑わせる有名人である。バイク事故で足を骨折した海原は、たまたま入院した野々村病院で、妖艶な院長夫人から事件の捜査を依頼される。一週間前に起こった院長「野々村 作治」の死亡が、自殺ではなく他殺だったことを証明して欲しいというのだ。興味を引かれた海原は、知人の雑誌記者の力を借りつつ、院内の人々の隠す秘密に迫っていく…。

ゲームシステムは『河原崎家の一族』 (1993)の流れを汲んだ選択肢型である。複雑に分岐と合流を繰り返すのが特徴で、例えば「屋上を調べる」「看護婦から事情を聞く」といった移動先の選択、「院長が注射したのはシアン化合物だ」「濃硫酸だ」といったクイズ形式の推理、「(ヒロインの)身体をいただいてしまう」「そんな事をしている場合ではない」といった行動の分岐など、数多くの選択肢が出現し、辿った経路により10種類以上のエンディングを迎える。

エンディングのほとんどはバッドエンドで、中にはヒロインが陵辱されるシーンや、主人公が妖婦に犯されながら死んでいくパターンなど、特殊なアダルト描写を含む場合があった。バッドエンド後には登場人物の一人が登場し、舞台裏のヒントコーナーとして、バッドエンドを迎えた理由をほのめかしてくれる仕組みになっていた。このため、分岐は膨大で複雑だが、難易度は控えめである。

シナリオは主人公が看護婦や入院患者、院長夫人に探りを入れ、病院内施設の探索の中で手がかりを見つけていく流れである。プロローグやタイトルイメージは『河原崎家の一族』と同じくおどろおどろしいが、とぼけた言動を繰り返す主人公のおかげで日常風景はコミカルである。ヒロインは看護婦達とライバルの探偵の計3人で、ラスト付近でそれぞれとのグッドエンドに分岐する仕様となっていた。

アダルト要素は1ヒロインに1箇所ずつ和姦シーンがある他は、上記の陵辱シーン、過去の回想などが少し描かれるのみで、比重は控えめである。

派生商品にアダルトOVA版実写AV版、DVD-PG版、小説版などがある。家庭用ゲーム機では性描写が薄められたものの、X指定(成人向)として発売された。また、『エルフオールスターズ脱衣雀 2』(2001)に本作のヒロイン達が登場している。

個人的な印象として、ストーリー自体は非常に短いが、数多くの分岐のおかげで毎回違った展開を楽しめる仕組みで、難易度も推理要素も適度にあって楽しい。Ctrlキーの長押しで選択肢までスキップできる操作性も親切である。また、バッドエンド後のヒントコーナーは画期的で、後世でも難易度の高いADVでは見かける仕様である。自信は無いがひょっとしたら元祖かもしれない。

調査担当

『河原崎家の一族』 概要

khzkiz00.png khzkiz01.png
khzkiz05.png khzkiz04.png
©1993 SILKY'S
河原崎家の一族 (シルキーズ)

・1993年12月22日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1994年12月25日 DOS/V用 FD版
・1995年12月18日 Windows3.1/MacOS用 CD-ROM版
・1997年10月01日 Windows95用 CD-ROM 256色版
・2003年10月24日 Windows用 CD-ROM 『野々村病院の人々&河原崎家の一族 マルチパック
・2007年04月19日 ダウンロード販売開始 【DMM

90年代序盤の作品で、平凡な主人公が豪邸に暮らす人々の狂気に巻き込まれていく館モノのアダルトアドベンチャー。

大学生の「六郎」は、高額な報酬につられ、夏休みの一ヶ月間を大富豪「河原崎家」の使用人として過ごすことになった。屋敷に住むのは人使いの荒い夫人、高慢な長女、明るく奔放な次女、極端に無口な長男、狡猾そうな運転手、二人の美しいメイド、そして姿を見せない屋敷の主人…。彼らの奇妙な行動に振り回され、垣間見える狂態に好奇心をくすぐられる内、六郎は河原崎家に隠された秘密に共犯として巻き込まれていく。

システムは選択肢のみのADVである。複雑に分岐・合流を繰り返すマルチシナリオが特徴的で、例えば「免許を持っている」「持っていない」という選択肢により長女を迎えに行くか、長男の部屋を掃除するか、といった展開に分岐し、それぞれ別のアダルトCGを鑑賞した後、夜には合流する。

辿った経路により、4日目に20種類近い結末を迎えるマルチエンドとなっていた。そのほとんどはバッドエンドで、ハッピーエンドを迎える僅かな経路や、未回収のシーンを見つけ出す点がゲーム要素である。一周あたりのボリューム感は少ないが、分岐が非常に複雑なため奥行きがあり、難易度は高い。

シナリオは終始シリアスな雰囲気で、主人公は常識人ながら暗め、選択肢によっては陰湿でサディスティックな性格にもなるのが特徴的である。前半は屋敷の使用人としてこき使われる中、奇妙な仕事をさせられたり、屋敷内で繰り広げられる痴態を目撃したり、ルートによっては住人から誘われてセックスをこなしていく。後半は住人達の罠にはまった主人公が、ピンチをくぐり抜けて意中のヒロインと逃亡するまでのサイコホラー風の展開である。

アダルト要素は多めで、同じシチュエーションでも複数のパターンとCGがある凝った作りになっている。強姦、剃毛、緊縛、放尿、三角木馬などアブノーマルな描写が多いが、ハッピーエンドのルートでは幸せなセックスシーンも用意されていた。

続編として『河原崎家の一族2』(2003年)が続いた他、派生商品にアダルトOVA実写アダルトビデオ、DVD-PG版、小説版、サントラ、原画+攻略本などがある。

操作がコマンド無し、選択肢のみでマルチシナリオを備えたアダルトゲームは『シンデレラペルデュー』(1986年)の頃からあり、特に全流通のゲームでは伝統的だったが、80年代は一般的にならなかった。この作品や『奈緒美 〜美少女たちの館〜』(1993年)の辺りから広く流行し始め、次第に主流になっていったようだ。一般ゲームだが、『弟切草』(1992年)のようなサウンドノベルのヒットも大きかったかもしれない。

調査担当

『48夜物語』 概要

48nightst02.png 48nightst09.png
48nightst08.png 48nightst05.png
©1992 SILKY'S
48夜物語 (シルキーズ)

・1992年08月21日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版

90年代序盤の作品で、江戸時代から伝わるセックス体位、「四十八手」をテーマにしたアダルトゲーム。エルフの社内ブランド『シルキーズ』のデビュー作である。

特にストーリーはなく、プレイヤーは4つの画面をそれぞれ12個に分割しているパネルの中から、任意の箇所をめくっていく。この画面の背景にはご褒美のHCGが隠れており、次第に露出していく最終目標である。

パネルには計48人の女の子が割り当てられていて、配られた4枚のカードの中から、確率4分の1で当たりを引くことができれば会話シーンへと移行する。

女の子には「こたつがかり」「松葉くずし」「ひよどり越え」といった四十八手の体位の中で好きな体位が1つ設定されているので、会話シーンで「性格」「趣味」「好きな男性」といった質問を投げかけ、返事の中からヒントを探していく。正解できればセックスシーンへと移行するが、質問には回数制限があり、ヒントは抽象的で難易度は非常に高い。

セックスシーンはCG一枚で、最初に女の子から体位の解説があり、マウスカーソルを使って女の子の体を探索し、絶頂に導いていく。女の子はバスガイド、ツッパリ、保母さん、お祭り好き、新婦など様々なタイプで、原画のタッチもバラバラである。経験豊富な場合が普通で、全体的に痴女っぽい台詞になっている他、一部の変人レベルの奇妙なヒロイン達が印象的である。

個人的な印象として、実用性の疑わしい珍妙な体位の数々を鑑賞できるソフトで、HCGは豊富である。ただ、冒頭の確率4分の1といい、四十八手の推理といい、運頼みの要素が引っかかり、セックスパートも単調でモチベーションの維持が難しく、アイデアを生かしきれなかった印象である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03