sotsugyou01.png sotsugyou12.png
sotsugyou15.png sotsugyou25.png
©1992 JHV, HEADROOM
卒業 〜Graduation〜 (ジャパンホームビデオ)
【注意】非アダルト全年齢向け作品です。

・1992年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1993年**月**日 X68000用 FD版
・1993年07月30日 PCエンジン用 CD-ROM版
・1993年10月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1994年04月**日 Macintosh用 CD-ROM版
・1994年12月09日 3DO用 『卒業FINAL
・1997年09月25日 セガサターン用 『卒業S
・1999年12月16日 ワンダースワン用 『卒業 for WonderSwan
・2004年07月23日 Windows用 CD-ROM 『卒業リバイバルプロジェクト記念パッケージ』に収録

90年代序盤の作品で、高校教師が5人の女子生徒達を卒業に導く育成シュミレーション。当初から全年齢向けの一般作品である。

主人公(名前は任意)は清華女子高の新任教師。受け持つことになった3年B組には、学年で最も問題のある5人の生徒がいた。高慢なお嬢様「高城」、反抗的で粗野な「荒井」、子供っぽく気分屋の「志村」、スポーツ一辺倒の「加藤」、身体の弱い優等生「中本」。果たして主人公は、危うげな彼女達を正しく導き、無事に卒業させることが出来るだろうか…?

システムは高校3年生の4月から2月まで、5人の生徒達のスケジュールを管理していく育成ゲームである。生徒達にはそれぞれ体力、品位、魅力、基礎、語学といった10種類のパラメータがある。行動予定表は自動で埋まっていくが、週の前半、後半毎に1人を選んで内容を変更し、弱点を補ったり、特技を伸ばしたり、ステータス異常を予防していく。休日には主人公を鍛錬したり、プレゼントで人気を取ったり、補習や面談、生活指導で生徒を矯正することができた。

3月を迎えた時点で判定が下り、一流大学、短大、専門学校、留年、結婚、就職、アイドル、フリーター等のそれぞれの進路が描かれ、教師としての評価が下り、エンディングとなる。決まったゲーム目標がないのが特徴的で、全員一流大学を目指したり、それぞれの特技を生かしたり、主人公との結婚を狙ったりと、遊び方は自由である。

当時のPCゲームには珍しく、女の子のセリフの一部は音声出力されており、ポーズの変化はアニメーションで描かれるなど、かなり意欲的な作品である。

続編に『卒業II』(1994年)、『卒業III』(1998年)、『卒業 〜Next Graduation〜』(2005年)、『卒業 〜2nd Generation〜』(2006年)がある他、本作品を実写化した『卒業R』、男子生徒を育成する『卒業M』、後日談となる『結婚 ~Marriage〜』、アイドルを育成する『誕生 〜Debut〜』など、派生作品が非常に多い。

個人的な印象としては、ステータスは上げにくく下がり易く、ステ異常も多いので5人全員に目を配らなければならず、非常に忙しい。そのため取っ付きにくい面があるが、一周あたりのプレイ時間が短いので、何度もトライできる手軽さが魅力である。タイトルの雰囲気や竹井正樹氏の原画は、エルフの大ヒット作『同級生』(1992年)の姉妹作品を思わせるが、発売はこちらが先で、両者に繋がりはない。アダルトゲームの発展にも思わぬ形で貢献したかもしれない。

調査担当