title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『下級生』 概要

kakyusei00kakyusei09
kakyusei03kakyusei08
©1996 ELF
下級生 (エルフ)

・1996年06月07日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1997年04月25日 セガサターン版 (18歳以上推奨) 【Amazon】【駿河屋
・1998年06月26日 Windows95/98用 CD-ROM版 (ボイス付きリニューアル) 【駿河屋
・2000年06月23日 Macintosh用 CD-ROM版 【駿河屋
・2008年07月25日 ダウンロード販売 『オリジナル復刻版』 【DMM
・2015年02月26日 ダウンロード販売 『1&2コンプリートパック』 【DMM


90年代中頃の作品で、学園を舞台にクラスメートや下級生など、様々な女の子を口説いていくアダルトアドベンチャー。恋愛シミュレーションと呼ばれることもある。『同級生』『同級生2』の流れを汲む作品で、この年を代表する大ヒット作となった。

(あらすじ) 主人公「けんたろう(名前変更可)」は喧嘩が強く、女好きで有名な卯月学園の3年生。部活もなく、進路も成り行き任せな彼は、土日を使って同級生や下級生、担任の教師、バイト先の同僚、花屋の店員など様々な女の子に声をかけ、仲良くなる隙を窺っていく。1年後の春、果たして彼はどんな未来を迎えるのか…?

ゲームシステムは前シリーズの流れを汲む、スケジュール管理型のADVである。スクロールする2Dマップ上を、自キャラを操作して歩き回り、教室、テニスコート、花屋、喫茶店、家などに通い、出会った女の子と会話を重ねることで好感度を上げ、イベントを進展させていく仕組みである。

行動毎に時間が経過するタイプで、重要イベントの発生に厳しい条件があるため、自力攻略はセーブ・ロードを繰り返しつつ、自分なりのスケジュール表を作っていくことになる。行き先もヒロインの数も多く、期間は長大なため、難易度の高いやり込みゲームとなっている。

『同級生2』と大きく異なるのは、好感度上げに様々な手段がある点や、デートの行き先を好きに選べる点など、恋愛SLG的なパラメータ育成要素が目立つところである。また、出没パターンが毎週変わらないヒロインが多い点からは、ヒロインを「探す」ゲームだった同級生に対して、ヒロインの元に「通う」ゲームといえる。

更に、ゲーム内日数の長さと、操作が土日しか行えない点も特徴である。数週間から数ヶ月をかけてヒロインの好感度を上げると、土曜日にデートに誘い、日曜日に一緒に出かけられるようになる。更に数週間かけてデートを繰り返すと、別れ際に路上で抱擁、キスをしても嫌がられなくなる。やがて、デート後にセックスに誘うとOKが出る瞬間が訪れ、3回4回とデートを重ねることでセックスに慣れていき、最終的に積極的に奉仕してくれるところまで描かれる。一人一発が普通だった当時の恋愛物の中では珍しい。

ヒロインは清楚な同級生、はすっぱな同級生、おっとりした巫女、クールな美術部員、高飛車なお嬢様、主人公を盲目的に慕う後輩、ツンケンした後輩、子供っぽい後輩、親身な担任教師、花屋の店員、魚屋の跡取り娘、バイト先の同僚、謎の宇宙人の13人である。

ストーリーは、当初はヒロイン達に適当にあしらわれていた軟派な主人公が、頻繁に言葉を交わす内に、暴漢に襲われる場面に居合わせたり、失恋後の支えになったりで、重要イベントを境に恋愛対象になる流れである。マルチエンディングだが、複数ヒロインの同時攻略が可能で、デート中に他のヒロインと出くわす気まずい展開、ヒロインの強烈な嫉妬、浮気帰りを待つけなげなシーンなど、一部に後ろめたい恋愛描写を含んでいる。

続編に『下級生2』(2004年)があり、ソーシャルゲーム『同級生~Another World~』(2016年)に本作のヒロイン達も登場している。派生作品に小説版、OVA版があり、OVAを再編集してTV放送されたこともあった。後に完全オリジナルのTVアニメが放送されている。

個人的な印象としては、CGの枚数、難易度、プレイ時間、アダルト要素、全て重量級の大作で、気軽に楽しめる雰囲気ではなく、根気よくじっくりと取り組む必要がある。一人狙いの純愛プレイも可能だが、その場合は暇すぎて退屈である。この作品の醍醐味はやはり、純情な女の子を相手に三股も四股もかけ、女になっていく変化を楽しみ、スリリングな日常と罪悪感を味わっていく、女たらしシミュレーションといえるだろう。


調査担当

『同窓会 ~Yesterday Once More~』 概要

dosokai00dosokai01
dosokai06dosokai07
©1996 FAIRYTALE/F&C co.,ltd.

同窓会 ~Yesterday Once More~
 (フェアリーテール)

・1996年09月12日 Windows3.1/ 95用 CD-ROM 【Amazon】【駿河屋
・1999年04月29日 セガサターン 『フレンズ ~青春の輝き~』 初回版 【駿河屋
・1999年04月29日 セガサターン 『フレンズ ~青春の輝き~』 通常版 【駿河屋
・2000年10月06日 Windows用 CD-ROM 『メモリアルパッケージ』(音声付きリニューアル)
・2004年09月30日 PS2用 『フレンズ ~青春の輝き~』 通常版 【Amazon】【駿河屋
・2005年11月23日 PS2用 『フレンズ ~青春の輝き~』 廉価版 【Amazon】【駿河屋
・2008年12月29日 DL版 『メモリアルパッケージ』 【DMM】【DL.Getchu】【DLsite】【Gyutto


90年代中頃の作品で、夏の高原リゾートを舞台に、13人の男女の恋模様を描くアダルトアドベンチャー。老舗フェアリーテールの55作目。

(あらすじ) 主人公「達也(名前変更可)」は平凡で誰にでも優しい大学生。中学テニス部の同窓会として、6泊7日のバカンスにやってきた達也は、中学の頃に憧れていた相手「瑞穂」との再会を楽しみにしていた。そんな達也に、親友の「洋介」は瑞穂を狙うことを堂々と宣言する。一方、洋介と高校時代に付き合っていた「みどり」は洋介に未練タラタラ、モデルとして活躍する「真琴」は中学時代に達也が好きだったという噂で…?

ゲームシステムは、当時流行のスケジュール管理型ADVである。7月30日から8月3日までの6日間、マップ上のペンション、遊園地、カフェ、教会、牧場などを巡回し、出会った人物との会話イベントを進めていく。人物の出没する場所と日時は決まっているので、自力攻略は細かくメモを取り、セーブ・ロードを繰り返しながら、自分なりのスケジュール表を作っていくことになる。前半の行動で後半に発生する重要イベントが絞られるため、どのルートも展開は似ているものの、複数の同時攻略は不可能である。

会話シーンでの操作は、マウスカーソルによるコマンド進行である。カーソルを人物の口に合わせてクリックすれば「話す」、それ以外なら「見る」「触る」といった感じで、セックスシーンの一部でも活躍している。また、選択肢も頻繁に登場し、質問に対して相手の気を引く回答を選んでいく。

ストーリーは、主人公が気になる女の子と会話を重ねる内に、その子が抱える悩み、片思い、辛い過去などが明らかになり、主人公が支えることで恋が芽生え、女の子の方から大胆な行動にでるのが基本的な流れである。

一方、主人公以外の4人の男子大生も、熱烈にアタックをかけている相手がいたり、密かに慕われていたりと、それぞれの恋愛模様が描かれる。それにより、主人公が選んだ相手を除くヒロイン達は、他の男と恋に落ち、仲の良さを見せつける場面まで描かれるのが独特である。(イチャイチャまででセックスシーンはない)

メインヒロインは病弱で清楚な同級生、ボーイッシュでツンケンした幼馴染、元カレへの未練が断ち切れない眼鏡っ子、粗野な口調と裏腹に根は親切な不良娘、中学時代は地味だったモデル、恋に突っ走る元気な後輩の6人で、他にもペンションの管理人、土産物屋の娘に個別ルートがある。

セックスシーンは1人1箇所で、アダルト要素に比重はない。前戯としてマウスカーソルを使い、女体を丹念に探索する必要がある。

本作品にボイスはないが、2000年に『同窓会メモリアルパッケージ』としてリニューアルされた際、フルボイスとなった。続編として『同窓会again』(2001年)、『同窓会refrain』(2001年)が続いている。家庭用ゲーム機に移植される際は全年齢化し、『フレンズ ~青春の輝き~』と改題された。関連商品はOVA版(R15)、デジタル原画集など。

個人的な印象としては、ビジュアルのクオリティが同世代では傑出していて、特に原画のデッサン力が目を引く。ヒットしたのはここに負う所が大きいだろう。また、タイトルはエルフの大ヒット作への便乗ながら、内容では独特の雰囲気のある作品で、お洒落なペンションを舞台に男女11人の恋が交錯する様子は、まるでトレンディドラマのようである。

難点は時刻が分からない点、セーブ・ロードを多用することになるにも関わらず、ロードがタイトル画面からしかできない点など、操作面で不便を感じるところか。お気に入りのヒロインが他の男と結ばれてしまう周回のほろ苦さも、人によっては激しい抵抗を感じそうだ。


公式HP
http://fandc.co.jp/catalog/pc/659


調査担当

『ジオスレイブ ~哀奴達の肖像~』 概要

geoslave00geoslave01
geoslave02geoslave06
©1996 Sorcière
ジオスレイブ ~哀奴達の肖像~ (ソルシエール)

・1996年11月15日 PC-9801用 3.5インチFD版

90年代中頃の作品で、奴隷の少女達を鍛え上げ、剣闘試合の世界で成り上がっていく育成シミュレーションゲーム。『ペルソナ ~淫虐の仮面~』に続くソルシエールの二作目。

舞台は中世風の街。この街には、スレイブ・タクティクスと呼ばれる奴隷同士の剣技試合があり、賭けの対象として人々の娯楽となっていた。主人公「アッシュ」は、奴隷試合の元締めとして巨利を得ていた父親に反発し、家を飛び出した。彼は奴隷制度そのものを無くす為、奴隷として売り物にされている少女達を「仲間」として集め、厳しい訓練を課して一流の戦士に仕上げ、奴隷試合で勝ち抜いていく。

ゲームシステムは、育成SLGとカードバトル風の戦闘の組み合わせである。100日間の間、所有する少女の元に毎日通い、「ランニング」「素振り」「ウェイトリフト」といった訓練でパラメータを伸ばしたり、会話で親密度を上げたり、酒場や建設現場で働かせて金銭を得たり、休ませたりしていく。

10日毎に闘技場で一対一の試合が行われ、「斬」「突」「避」といった、ランダムに配られる手札を使って勝負していく。カードの組合せによって大技を繰り出すことができるため、多少の劣勢でも逆転できる戦略要素をもっている。

また、新しい奴隷を入手したり、個別のグッドエンドを迎えるために、訓練後に街に繰り出し、人々との会話イベントをくまなく進展させなければならない。イベントの発生期間が短く、頻度は高いため、フラグを取り逃がし易く、自力攻略にはマメさが必要となる。自分なりのスケジュール表を作っていく、スケジュール管理型ゲームの一面を持っているといえる。

シナリオは、若い正義感に溢れた主人公が、自ら奴隷を苦しめていることに葛藤しつつ、奴隷達と徐々に信頼関係を築き、闘技場で成り上がっていくと同時に、街の不穏な噂や父親の過去に関する謎に迫っていく展開となっている。

ヒロインは、翼を折られた有翼人種の少女、試合で勝ち取った褐色の美人、奴隷市場で買い取った和風のお姫様、主人公を慕い、自ら志願して仲間となった修道女の4人である。

アダルト要素は1人あたり4箇所あり、会話イベントと訓練を進めることで開放されていく。マジックアイテムの力により、ヒロインの悲惨な過去を覗いてしまう第一段階、ヒロインが媚薬の後遺症に苦しみ、主人公がペッティングで落ち着かせる第二段階、ヒロインに懇願され、本番行為にいたる第三段階、個別エンド確定後、幸せなセックスにいたる第四段階となっている。他に、闘技場での試合相手が女性だった場合にもHシーンが起こる。

当時流行の、陵辱要素も備えた育成SLGである。個人的には、ビジュアルのレベルが高く、育成の自由度が高く、ゲーム性に光るものを感じるものの、あと一歩の所でツメが甘い印象である。例えば、パラメータの多くが効果を実感し辛く、大半は無視できてしまう点、街の散策が単調で手間のかかる点、シリアスな作品なため、設定の緩さや倫理の綻びが目立ってしまう点などで、潜在力はあるものの、色々と惜しい作品である。


調査担当

『卒業 〜Graduation〜』 概要

sotsugyou01.png sotsugyou12.png
sotsugyou15.png sotsugyou25.png
©1992 JHV, HEADROOM
卒業 〜Graduation〜 (ジャパンホームビデオ)
【注意】非アダルト全年齢向け作品です。

・1992年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1993年**月**日 X68000用 FD版
・1993年07月30日 PCエンジン用 CD-ROM版
・1993年10月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1994年04月**日 Macintosh用 CD-ROM版
・1994年12月09日 3DO用 『卒業FINAL
・1997年09月25日 セガサターン用 『卒業S
・1999年12月16日 ワンダースワン用 『卒業 for WonderSwan
・2004年07月23日 Windows用 CD-ROM 『卒業リバイバルプロジェクト記念パッケージ』に収録

90年代序盤の作品で、高校教師が5人の女子生徒達を卒業に導く育成シュミレーション。当初から全年齢向けの一般作品である。

主人公(名前は任意)は清華女子高の新任教師。受け持つことになった3年B組には、学年で最も問題のある5人の生徒がいた。高慢なお嬢様「高城」、反抗的で粗野な「荒井」、子供っぽく気分屋の「志村」、スポーツ一辺倒の「加藤」、身体の弱い優等生「中本」。果たして主人公は、危うげな彼女達を正しく導き、無事に卒業させることが出来るだろうか…?

システムは高校3年生の4月から2月まで、5人の生徒達のスケジュールを管理していく育成ゲームである。生徒達にはそれぞれ体力、品位、魅力、基礎、語学といった10種類のパラメータがある。行動予定表は自動で埋まっていくが、週の前半、後半毎に1人を選んで内容を変更し、弱点を補ったり、特技を伸ばしたり、ステータス異常を予防していく。休日には主人公を鍛錬したり、プレゼントで人気を取ったり、補習や面談、生活指導で生徒を矯正することができた。

3月を迎えた時点で判定が下り、一流大学、短大、専門学校、留年、結婚、就職、アイドル、フリーター等のそれぞれの進路が描かれ、教師としての評価が下り、エンディングとなる。決まったゲーム目標がないのが特徴的で、全員一流大学を目指したり、それぞれの特技を生かしたり、主人公との結婚を狙ったりと、遊び方は自由である。

当時のPCゲームには珍しく、女の子のセリフの一部は音声出力されており、ポーズの変化はアニメーションで描かれるなど、かなり意欲的な作品である。

続編に『卒業II』(1994年)、『卒業III』(1998年)、『卒業 〜Next Graduation〜』(2005年)、『卒業 〜2nd Generation〜』(2006年)がある他、本作品を実写化した『卒業R』、男子生徒を育成する『卒業M』、後日談となる『結婚 ~Marriage〜』、アイドルを育成する『誕生 〜Debut〜』など、派生作品が非常に多い。

個人的な印象としては、ステータスは上げにくく下がり易く、ステ異常も多いので5人全員に目を配らなければならず、非常に忙しい。そのため取っ付きにくい面があるが、一周あたりのプレイ時間が短いので、何度もトライできる手軽さが魅力である。タイトルの雰囲気や竹井正樹氏の原画は、エルフの大ヒット作『同級生』(1992年)の姉妹作品を思わせるが、発売はこちらが先で、両者に繋がりはない。アダルトゲームの発展にも思わぬ形で貢献したかもしれない。

調査担当

『プリンセスメーカー』 概要

princessmaker01.png princessmaker08.png
princessmaker31.png princessmaker20.png
©1991 GAINAX Co.,Ltd.
プリンセスメーカー (ガイナックス)

・1991年05月24日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1991年12月13日 DOS/V用 3.5インチFD版
・1992年05月31日 MSX2/2+/turbo用 FD版
・1995年01月03日 PCエンジン用 CD-ROM 『プリンセスメーカー1
・1997年01月31日 X68000用 FD版
・2002年12月06日 Windows用 CD-ROM 『プリンセスメーカークラシック
・2004年08月06日 Windows用 CD-ROM クラシック廉価版
・2003年01月31日 iアプリ版 配信開始
・2003年03月06日 Windows用 CD-ROM 『リファイン版
・2004年04月28日 PlayStation 2用 通常版
・2005年10月20日 PlayStation 2用 廉価版
・2007年03月03日 Windows用 DVD-ROM 『メモリアルボックス
・2007年09月28日 Windows用 DVD-ROM 『メモリアルボックス with 公式ガイドブック

90年代序盤の作品で、一人娘の育成をテーマにしたシミュレーションゲーム。「育成SLG」というジャンルを開拓し、以後のゲームに大きな影響を与えた。

中世ファンタジー風の世界。魔王の軍勢から王国を救った勇者である主人公(名前は任意)は、人々に歓喜をもって迎えられるが、自身の栄達を望まず、戦災孤児となった子供の育成を国王に申し出る。数日後、1人の少女が主人公の屋敷に引き取られた。真っ白な状態で様々な可能性を秘めた10才の女の子。果たして彼女はどんな人生を歩むのか…。

1人の女の子を、10才の4月から18才の3月までスケジュール管理していく育成ゲームである。女の子の顔は変えられないが、名前や生年月日、血液型などは任意で、衣装も立ち絵1つにつき4種類パターンがあり、好きな時に変更できる。

「体力」「気品」「色気」「知識」「疲労」など16項目の基本パラメータ、身長・体重といったプロポーション要素があり、有料の各種授業や、「木こり」「酒場」「メイド」といったアルバイト、RPG風の2Dフィールド探索をこなして変動させ、理想の状態に近づけていく。ミスコンや武闘会で優勝したり、試験に合格して資格が取れれば「評価」が上がり、将来は明るいものになっていく。

18才の春に最も高いパラメータや「評価」により判定され、「農家の妻」「近衛隊長」「魔導師」「詐欺師」「娼婦」「尼僧」といった30種類ものエンディングを迎える。高評価の「プリンセス」「女王」を目指すのが一般的な目標だが、特定のエンディングを目指したり、スケジュールの効率化を極めたりと、やり込み要素があるのが特徴的である。

シリーズが家庭用ゲーム機に定着した関係で一般ゲームに分類される作品だが、当初のPC-98版の頃は非アダルト、アダルトの境界が曖昧だったこともあり、トップレスの敵キャラが登場したり、娘を娼婦として働かせることができたり、裏技として娘の全裸CGが10才から18才まで全ての立ち絵に用意されていたりと、アダルトな描写が所々に見られる。

続編として『プリンセスメーカー2』(1993)、『プリンセスメーカー ゆめみる妖精』(1997)、『プリンセスメーカーQ』(2001)、『プリンセスメーカー4』(2005)、『プリンセスメーカー5』(2007)が続いている他、復刻版や派生作品、スクリーンセーバーやサントラなど関連グッズも多い。

個人的には、突発イベントやストーリー性に乏しい点を除くと、後の育成SLGと骨格はさほど変わらないのが印象的である。同ジャンルは全年齢向け美少女ゲームの定番の1つとなった他、調教モノなどのアダルトゲームの派生も生んでいる。また、憶測だが「スケジュール管理」をゲーム性にする手法はエルフのヒット作にも間接的に影響したかもしれない。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03