title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『STEAM HEART'S』 概要

steamhearts00.png steamhearts05.png
steamhearts04.png steamhearts03.png
©1994 GIGA
STEAM HEART'S (戯画)

・1994年03月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版 
・1996年03月22日 PCエンジン用 CD-ROM版
・1998年09月23日 セガサターン版

90年代中頃の作品で、ストーリー仕立てのアダルトシューティングゲーム。『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』に続く戯画の二作目。『スチームハーツ』とカナ表記されることもある。

エンブリオと呼ばれる人型の人工生命体の暮らす惑星、ウェスティナ。この星はクァン型浸透性ウィルスにより危機を迎えていた。惑星の管理をつかさどる7人の女性型エンブリオ、「主管理有機ユニット」がこのウィルスに感染し、暴走して平和が乱されたのだ。惑星のシステムにとって規格外の者たち、「アウトロー」のファラとブロゥは、この星を救うため、主管理有機ユニットの操るマシンを撃破し、彼女らに自分達の先天的な抗体をセックス(?)を通じて移植していく。

ゲームは縦スクロールのシューティングゲームで、敵からのアイテムドロップでメインウェポン、サブウェポンを選択、強化をしていく一般的な作りである。自機の当たり判定は大きく、敵の弾は速くて数は少なめである。残機のようなものはなく、ダメージを受けるとエネルギーゲージが減っていく仕様となっていた。二人同時プレイも可能である。

デフォルトでの難度は高めだが、設定で難易度を3段階から選ぶことができ、ゲームスピードも調整できる上、コンテニューも無制限なので、エンディングの鑑賞はさほど困難ではない。

ストーリーはSF風の設定で、パッケージには導入部分を描いたコミック冊子が付属した。男女二人の主人公が中ボスにあたる女の子達と賑やかに会話しながら進行し、各ステージの最後で巨大兵器を撃破、ビジュアルシーンへと移行、敵の女の子と交わることで「治療」を行い、新たな情報を入手していく流れである。

アダルト要素はゲームメインの作品には珍しく、セックスシーンが丁寧に描かれている。ただし、作中ではセックスとは明言されていない。享楽的でサドっけのあるファラ(女性型)と、真面目で誠実なブロゥ(男性型)のいずれかが相手をすることになるが、ファラにも男根らしきものが生えているため、どちらも挿入からのぶっかけCGが基本である。一部に激しく動くアニメーションも導入されている他、『V.G.』から受け継ぐ透過メッセージウィンドウも目を引く。

家庭用ゲーム機に18歳以上推奨として移植された際は、ボイスが入った代わりに直接的なセックス描写が無くなり、下腹部に抗体を注射するという間接的な表現となったようだ。シューティング自体もPC98版とは異なる点が多いようである。

個人的な感想として、シューティングゲームとして驚くほどよく出来ており、一般ゲームと比べるとさすがに遜色があるが、かなり遊べる印象である。メカ類やビジュアルシーンも凝っていて、全体的に高級感がある。難点は世界観が分かりづらい点、ビジュアルのタッチにやや癖がある辺りか。また、想像だが当時としてはPCスペックの要求が高めだったかもしれない。

調査担当

『STAR SHIP RENDEZVOUS』 概要

STAR SHIP RENDEZVOUS サンプル STAR SHIP RENDEZVOUS サンプル
STAR SHIP RENDEZVOUS サンプル STAR SHIP RENDEZVOUS サンプル
©1988 ScapTrust
STAR SHIP RENDEZVOUS (ScapTrust)

・1988年04月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/MSX2+用 FD版
・1989年**月**日 X68000用 FD版

80年代後半の作品で、広大な宇宙船内を舞台にしたSF物のアクションゲーム。

人類が宇宙に進出した遥かな未来。SH(スペースホール)と呼ばれる謎の空間は、人々を惹きつけ、数多くの宇宙船が探査に向かったが、誰一人戻ってくる者はなく、いつしかSH付近は航行禁止区域となっていた。そうして歳月が流れたある時、禁止区域から未知の宇宙船が出現する。誰もが接触に及び腰になる中、勇敢にも単独で宇宙船に乗り込む者が現れて…?

構成は1面ごとにアクションパートとスペシャルステージと呼ばれるボス戦に分かれていて、全4面である。

前半は見下ろし型のアクションゲームで、画面は操作に合わせて上下左右にスクロールしていく。主人公は飛び道具を使って「GARDER」と呼ばれるロボット達を停止させ、バイブや犬、精力剤、淫乱薬といったスペシャルステージ用のアダルトグッズを回収していく。ステージの最奥にたどり着き、女性の姿をしたボスキャラを捕捉すればスペシャルステージである。

スペシャルステージはカーソルで女体上の弱点となりそうな部位を指定し、指や舌などのアイコン型コマンドを駆使して、相手のレスポンスを高めていくセックスアクションとなっていた。1人につきCGは4段階ほどである。自身のスタミナが切れるとゲームオーバーで、前半部分でアダルトグッズを集めるほど攻略は有利になった。陰部はモザイク的な修正が入っているが、覆いきれず半分見えてしまっている。(当時はPCゲームの取り締まり事例がなく、各社が独自の裁量で規制していた)

対応ハード毎に仕様が異なり、特にX68000版ではスペシャルステージに女性の実写写真を使った事で強烈なインパクトがあった。また、PC-88版ではサウンドボード2と呼ばれる当時最新鋭の音源機器に対応しており、高揚感をかきたてるBGMが人気で、ゲームの出来と無関係に音楽面での評価が高いのが特徴である。

前半のアクションパートは、画面スクロールがぎこちない等の難点が目立ち、スペシャルステージもキーの配置に慣れが必要で、操作性は良くない。パワーアップ用のアイテムも一応用意されているものの、ゲーム性も全体的に単調で、発想はユニークだったが、アクションゲームとしては洗練さに欠ける印象である。

調査担当

『ガルフォース 創世の序曲』 概要

ガルフォース サンプル ガルフォース サンプル
ガルフォース サンプル ガルフォース サンプル
©1986 SVO/MOVIC,ARTMIC ©SCAPTRUST
ガルフォース 創世の序曲 (ScapTrust)
【注意】非アダルト作品です。

・1987年03月**日 PC-8801用 FD版
・1987年12月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 X1turbo用 FD版

80年代中頃の作品で、同名のOVAシリーズの1作目をゲーム化したSFアドベンチャー。

金属製の骨格に宿る液状の知的生命体「パラノイド」と、人型で女性の姿をした「ソルノイド」の二つの種族は、宇宙空間で果てしない戦争を続けていた。ソルノイドの戦闘員「ラビィ」は、巡洋艦スターリーフの6人の仲間と共に新天地「惑星カオス」を目指していたが、不審な事故とパラノイド軍の攻撃で艦は傷つき、艦長のエルザまでが謎の言葉を残して倒れてしまう。果たして彼女はラビィに何を伝えようとしたのか・・・。

コマンド選択型のアドベンチャーで、宇宙船内などを舞台に仲間達との会話や機器類の修理、敵との戦闘などを右枠のコマンドで切り抜けていく流れである。ミス一つが死亡に直結するシビアな作りだが、フラグが分かり易いので理不尽さはなく、ゲーム性は適度な印象である。

キャラデザインはアニメ版と共通だが、シナリオは原作の小説版に沿っている部分もあり、展開が細部で異なっている。7人の女の子達が過酷な戦いを生き抜いていく様を、主人公ラビィの視点で描いたシリアスなSF物で、アニメ版のシナリオ人気は高めである。

アダルト要素は濡れ場的なサービスシーンが一箇所存在するが、未遂で終わっており、肌の露出は全体的に控えめである。濡れ場がカットされた代わりに、トップレスやシャワーシーンがやたらと出てくるアニメ版とは対照的である。

シリーズ物としてアクションゲーム『ガルフォース 虹のかなたに…』、RPG『ガルフォース 怒涛のカオス』の発売が予定され、情報誌にも紹介記事や広告が掲載されたが、開発元のScapTrustの倒産で立ち消えになっている。ファミコンディスクシステムやMSX2用に『ガルフォース カオスの攻防』があるが、こちらは縦スクロールのシューティングでメーカーも異なり、本作品とは関連が薄い。

当時アニメからゲーム化した作品全般にいえることだが、伏線や細かい説明が大胆に省かれてしまっており、ゲーム単品で情景やストーリーを把握するのは難しい。要するに展開が唐突でせっかちな印象である。CGのボリュームやクオリティは非常に高く、ゲーム性も悪くないが、やはりアニメ観賞後に楽しむべきゲームというハンデを負っているように思える。

調査担当

『くりいむレモン ~STAR TRAP~』 概要

くりいむレモン ~STAR TRAP~ サンプル くりいむレモン ~STAR TRAP~ サンプル
くりいむレモン ~STAR TRAP~ サンプル くりいむレモン ~STAR TRAP~ サンプル
©1987 JAST
くりいむレモン ~STAR TRAP~ (JAST)

・1986年12月**日 FM-7用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1987年07月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 MSX用 カートリッジROM版

80年代中頃の作品で、アダルトOVAシリーズ『くりいむレモン』の第10作をゲーム化したSF風のアドベンチャー。

地球連邦艦隊所属の『ラン』と『カナタ』は、ESP能力をもつ息のあった女の子コンビ。ある日、女の子ばかりをさらいながら地球に接近する、謎の植物惑星への出撃を命じられた二人は、任務を面倒に感じて脱走をはかるが・・・?

操作は同社の『天使たちの午後』と似ている。頻度の高いコマンドは画面右側で選択できるが、「らん つくる りょうり」のように一覧にない単語を交えて文章を組み立てないといけないので、選択コマンドはショートカットのようなもので、実質はコマンド入力式である。

シナリオはほぼアニメ版のままで、いい加減な二人組のエスパーがドタバタを繰り広げる、コミカルな冒険ストーリーとなっている。一本道の展開だが多少遊びがあり、わき道としておまけのレズプレイが何箇所か用意されていた。

当時のJAST作品には珍しく、陰部にはモザイク風の修正が入っているが、秘密のコマンドで除去できる隠し要素が仕込まれていた。(当時はソフ倫などの審査団体がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

CGの枚数は多いもののテキストが貧弱で、展開がかなり粗っぽい印象である。アニメを先に見ておかないと流れがよく掴めないかもしれない。OVA『くりいむレモン』シリーズは当時大ヒットしていた一話完結型の作品群で、この後にも『黒猫館』など数作品がゲーム化された他、本作もPC-98時代に『スタートラップ』(1996/スターダスト)として、アニメ制作会社が自ら完全リメイク作品を手がけている。

調査担当

『エリカ』 概要

erika01erika04
erika22erika27
©1986 JAST
エリカ (JAST)

・1986年07月**日 FM-7用 テープ版 3.5インチFD 5インチFD
・1986年07月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 X1用 FD版 カセット版
・****年**月**日 MSX用 カートリッジROM版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版

80年代中頃の作品で、宇宙を舞台にしたSFアドベンチャー。

1999年、主人公は不時着した戦闘機のコクピットの中で目を覚ますが、自分が誰かも思い出せない。しかし周囲を探索し、同じく不時着した敵の女パイロットを犯すうちに、少しずつ記憶が蘇ってくる。彼は地球征服を企む組織、ブラックシャドウと戦う情報部員だったのだ。敵の宇宙船で潜入調査をしている相棒のエージェント「エリカ」に接触するため、主人公は早速行動を開始する。

システムは日本語によるコマンド入力式で、「おとこ なぐる」「おんな おかす」といった具合に、ローマ字入力で一文字ずつ打ち込み、場面転換のフラグを探っていく流れである。テキストは漢字、ひら仮名混じりになっているため、とても読みやすい。移動先にあまり自由はなく、所々で方角を指定しての移動はあるが、座標の概念はないためマッピングは不要である。

シナリオは情報部員の主人公が、銃で敵を倒したり、物々交換をしながら敵のアジトの奥深くを目指していく、SFアクション映画風の展開である。コマンドを間違うと即バッドエンドになる事が多く、難易度は高めである。

天使たちの午後』(1985年)と操作やゲーム性は共通していて、ストーリーの唐突さ、行き当たりばったりな展開もよく似ている。シナリオは極めて短いが、背景やメカ類のビジュアルのクオリティ、人体描写の確かさが印象的である。高額のプレミアソフトになっているのは稀少性に加え、初代『天使たちの午後』と女の子のタッチが同じためだろうか。

調査担当

『コズミックソルジャー』 概要

cosmic soldier サンプル cosmic soldier サンプル
1715403528 0800235891
©1985 KOGADO STUDIO
コズミックソルジャー (工画堂スタジオ)

・1985年10月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 FD版
・****年**月**日 X1用 FD版
・****年**月**日 FM-77用 3.5インチFD版
・2002年10月01日 ダウンロード販売開始 【ProjectEGG

国産RPG黎明期の作品で、スペースファンタジー風の3Dダンジョン探索ゲーム。仲間システムやアンドロイドによるサポートなど、数々の新奇なアイデアが盛り込まれたボリューム感の高い大作で、工画堂の知名度を飛躍的に高めた。

シナリオは、帝国軍に囚われた仲間のサイコ能力者を救うため、解放同盟の兵士である主人公が仲間を集め、ジャングルや敵基地を踏破して、重要アイテムを集めていく流れとなっている。鎧姿がガンダムやマクロスのパロディだったり、アイテム名が「ヒップエレキバン」だったり、敵の言葉が関西弁だったりと、作風は全体的にコミカルな印象である。

ゲームシステムは、3D視点の階層式ダンジョンを探索していく古典的なRPGで、紙に手描きでマッピングしていく必要がある。

風変りなのは、敵を瀕死に追い込めば、交渉次第で仲間にすることが出来る点で、最大5人PT、ダメージは最も新参の仲間が一手に引き受ける。死んだら蘇らないので、新人は盾役として使い捨てていくことになる。さらに、武器・防具などの装備は仲間ごとに個別だが、攻撃の威力は全員の合計値、レベルアップのEXPも全員で共通という、後のRPGと比べると妙な仕様となっている。

また、ダンジョンは無限ループに落とし穴、立体交差(画面上での見た目は平坦)などを駆使した凝った設計になっていて、ゲームバランスも含めて難易度は高めである。

もう一つ特徴的なのが、画面左に大きく描かれた、露出の高い女性型アンドロイドである。探索の中で得た専用パーツによって、「治療機能」「シールド機能」などの戦闘補助オプションを覚えていく仕様となっており、条件が調えば「防御力を攻撃力に転換する機能」として、主人公とのセックスも可能となっていた。

アダルト要素は、その際に脱衣状態と嬌声が一瞬拝める程度で、あくまで一般ゲームとしてのオマケだった。工画堂はこの作品以前に『Emmy』や『ウォーターワーカー』『メイズパニック』といった脱衣要素のある小作品を手がけていた。一般ゲームとアダルトゲームとの境界が曖昧だった時代を感じさせてくれる作品である。

続編に『サイキックウォー』(1988年)がある。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03