title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ワルキューレ・ロマンツェ [少女騎士物語]』概要

walkureromanze01walkureromanze04
walkureromanze06
walkureromanze09

©2011 Ricotta
ワルキューレ・ロマンツェ [少女騎士物語] (Ricotta)

・2011年10月28日 Windows用 DVD-ROM 初回版
・2011年11月18日 Windows用 DVD-ROM 通常版 
・2013年10月04日 ダウンロード販売開始 【DMM

10年代序盤の作品で、馬上槍競技「ジョスト」をテーマにした学園恋愛アドベンチャー。『プリンセスラバー』に続くRicottaの二作目。

舞台はヨーロッパ風の王国にある現代の学園。日本から留学してきた主人公「貴弘」は、馬上槍競技「ジョスト」の選手として将来を期待されていたが、ある試合中の事故がきっかけで夢破れ、ベグライター(騎士補佐)志望の学生として満たされない毎日を送っていた。そんなある日、親しい友人の「美桜」が、あらぬ誤解から騎士として決闘を申し込まれ、全くの素人でありながらジョストで試合をすることになってしまう。貴弘はベグライターとして彼女に一から教えていくが、美桜のセンスの無さは傍目に見ても明らか。果たして貴弘は、美桜の希望を叶えてあげることができるだろうか…?

システムは選択肢分岐型のADVで、4人の少女騎士達の中から自分がパートナーとして補佐する相手を一人選び、練習や試合を通して仲を深めていく流れである。選択肢は序盤に集中しており、極めて少ない。

シナリオはジョストを中心としたスポーツ青春ストーリーで、爽やかなサクセス展開を特徴としている。一方で濃厚なアダルト描写にも比重が置かれており、特に失禁、アナル責めの描写が多い他、バキューム顔やアヘ顔、妊婦プレイなどの痴態も含まれており、清楚で上品なヒロイン達と、やや下品で濃厚なエロ描写とのギャップがもう一方の見せ場となっている。

ファンディスクに『ワルキューレロマンツェ More&More』があり、スピンアウトとして『ワルキューレロマンツェ Re:tell』『ワルキューレロマンツェ Re:tell II』が続いている。派生作品にはTVアニメ(2013)、ドラマCD、コミック、小説版などがある。初回版には店舗毎に様々な特典が付属した他、お守り、扇子、ネクタイ、タイピン、立体マウスパッド、抱き枕カバー、ベッドシーツ、デスクマットなど非常に多数の関連商品がある。


『ワルキューレ・ロマンツェ』 オフィシャルホームページ
http://www.ricotta-soft.jp/products/walkure/

 
調査担当

『美少女ベースボール学園』 概要

美少女ベースボール学園 美少女ベースボール学園
美少女ベースボール学園 美少女ベースボール学園
©1989 PASOKET
美少女ベースボール学園 (パソケット)

・1989年10月**日 PC-8801用 FD版

80年代末期の同人作品で、野球をテーマにした脱衣ゲーム。

プレイヤーは打者となり、美少女ピッチャーの投げる球を予測していく。コースを9種類の中から選び、ストレート、カーブ、シュートの中から球種を選択、100km/h、120km/h、140km/hの中から速度を選ぶと、「ピッチャーフライ」「ツーベースヒット」といった具合に結果が反映されていく。

回は一回表の攻撃のみで、3アウトになるとゲームーオーバーである。得点が1点、3点、5点・・・と入る毎に投手の女の子が一枚ずつ衣服を脱いでいき、15点を超えると全裸となって次のステージである。女の子は1人しかいないが、ステージ毎にポーズが違うので、合計3種類×7枚のCGが用意されていた。

コマンドの選択肢は9×3×3パターンと膨大だが、アウトになる確率は低いので難易度は見た目ほどではない。結果は完全にランダムなので、コースや球種を真剣に悩む必要はなく、適当に選んでも運次第でクリアできる野球拳のようなシステムになっていた。言葉遊びだが、野球を題材にしたお座敷の遊戯「野球拳」をモチーフにした野球と全く関係ないPCゲームの古典「野球拳」の流れを汲む、野球をテーマにした、ただの脱衣ゲームということになる。

調査担当

『これが噂の!ゴリンピック』 概要

これが噂の!ゴリンピック サンプル これが噂の!ゴリンピック サンプル
これが噂の!ゴリンピック サンプル これが噂の!ゴリンピック サンプル
©1988 Fairytale
これが噂の!ゴリンピック (フェアリーテール)

・1988年08月08日 PC-8801用 FD版
・1988年08月08日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、世界的なスポーツ大会をモチーフにしたアクションゲーム。

4年に1度だけ開催され、女の子達が様々なスポーツで技とお色気を競い合う「ゴリンピック」。そのチケットは当日券しかないため、競技をみるためには急いでパビリオン(競技場)にたどり着き、列に並ばなければならない、という筋書きである。

システムはランナーを操作し、縦長の巨大な迷路になった通路を試行錯誤しながら進んでいくスクロールアクションである。制限時間内に競技場に辿り着ければステージクリアとなり、競技をする女の子のCGが観賞できる。ステージは「卓球」「ハードル」「新体操」「レスリング」「マラソン」「バレーボール」「柔道」「水泳」「リンボー」の9種目で、それぞれの競技につきCGが2枚用意されていた。

CGは実在のスポーツをネタにしたチラリや、過激な衣装によるポロリなどが中心で、アダルト要素は控えめである。

この年はアジアで2回目のオリンピック開催となるソウルオリンピックの年で、他にもスポーツ少女を扱ったゲームがあり、クイズゲームの問題でも題材によく取り上げられていて、オリンピックの注目度が高かった事が窺える。

調査担当

『あっぷる・くらぶ データ集 第四巻 スポーツギャル編+あこがれの女子校生編』 概要

あっぷる・くらぶ データ集 第四巻 スポーツギャル編+あこがれの女子校生編 あっぷる・くらぶ データ集 第四巻 スポーツギャル編+あこがれの女子校生編
あっぷる・くらぶ データ集 第四巻 スポーツギャル編+あこがれの女子校生編 あっぷる・くらぶ データ集 第四巻 スポーツギャル編+あこがれの女子校生編
©1988 Fairytale
あっぷる・くらぶ データ集 第四巻 スポーツギャル編+あこがれの女子校生編 (フェアリーテール)

・1988年11月09日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1988年11月09日 PC-8801用 FD版

脱衣テーブルゲーム『あっぷる・くらぶ』シリーズの拡張データ集の四巻。同時に一巻から五巻までリリースされている。ゲーム本体の内容は『あっぷる・くらぶ1』が女の子3人(CPU)と4人同時対戦とのトランプの七並べで、『2』は1対1のポンジャン風である。

本作品ではスポーツをする女の子、制服姿の女の子をテーマに、作画のタッチの違う2種類のディスクに合計6人分のCGを収録している。


調査担当

『ときめきスポーツギャルⅢ』 概要

ときめきスポーツギャルⅢ サンプル ときめきスポーツギャルⅢ サンプル
ときめきスポーツギャルⅢ サンプル ときめきスポーツギャルⅢ サンプル
©1988 ADULT INN
ときめきスポーツギャルⅢ (アダルティン)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、スポーツと女の子をテーマにした脱衣クイズゲームの第三弾。

』『』と全く同じ形式で、スポーツをする女の子のCGを一枚観賞した後、そのスポーツに関する問題が出題され、正解すれば脱衣シーンが表示される流れである。種目は卓球、アイスホッケー、ウィンドサーフィン、ローラースケート、登山、フェンシング、薙刀の7種類となっている。

クイズはそのスポーツに関する豆知識、雑学を紹介した後、それとはまったく別の問題が出題される独特の語り口で、問題の難易度は各スポーツの経験者なら知っている辺りの難易度だった。脱衣CGはスポーツと全く関係なくなり、黒い背景をバックに着替えや自慰の様子を描いたものとなっており、口パク、まばたき等、部分的なアニメーションが施されている。

後にアクションパズルゲーム『ときめきCHERRY BOX』で本作のCGが流用されている。

調査担当

『ときめきスポーツギャルⅡ』 概要

ときめきスポーツギャルⅡ サンプル ときめきスポーツギャルⅡ サンプル
ときめきスポーツギャルⅡ サンプル ときめきスポーツギャルⅡ サンプル
©1988 ADULT INN
ときめきスポーツギャルⅡ (アダルティン)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、様々なスポーツをテーマにしたクイズ形式の脱衣CG集の第二弾。

システムは1作目とほぼ同じで、最初にスポーツをプレー中の女の子のCGが表示され、次にそのスポーツに関するクイズ問題となり、正解すればその女の子の脱衣CGが一枚拝める作りである。スポーツの種類はロードレース(自転車)、ハードル、ヨット、アーチェリー、ゴルフ、水上スキー、ハンググライダー、カーレースの9種目と規模は半減している。

クイズはその競技に関する豆知識を紹介した後、それとは全く関係ない3択クイズが1問出題される形式になっている。そのスポーツの起源や用語に関する内容が多く、難易度は高めである。脱衣CGは主にシャワーシーンなどで、まばたきのアニメーションが施されていた。

同時期に第三弾となる『ときめきスポーツギャルⅢ』も発売されている。

前作と比べると道具類のいい加減な描写が目立ち、脱衣CGもスポーツと関係ない場面がほとんどで、テーマへのこだわりが薄れた印象である。

調査担当

『ときめきスポーツギャル』 概要

ときめきスポーツギャル サンプル ときめきスポーツギャル サンプル
ときめきスポーツギャル サンプル ときめきスポーツギャル サンプル
©1988 ADULT INN
ときめきスポーツギャル (アダルティン)

・1988年04月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、スポーツ少女をテーマにした脱衣クイズゲームの第一弾。アダルティンは後の人気ブランド『D.O.(ディーオー)』の前身である。

システムはまずスポーツ競技中の女の子のCGが大きく表示され、次にクイズ問題を含むテキスト画面になる。正解なら同じ女の子が自慰にふける姿などを描いたCGが一枚表示され、次の女の子へ進む仕組みである。不正解の場合もペナルティはなく、次の女の子へ淡々と移っていく。

スポーツの種類はテニス、サッカー、ソフトボール、バスケットなどのメジャースポーツから、新体操、乗馬、飛び込みなど競技人口の少ないものまで様々な20種目となっていた。

テキスト部分はそれぞれの競技に関するミニ知識や、多少こじつけ気味の雑学紹介が半分以上を占めていて、クイズ問題はオマケのように添えられているのが特徴的である。クイズは3択問題で、競技経験がなければ知らないような一般常識以上の難易度になっていた。

続編として『ときめきスポーツギャルⅡ』『ときめきスポーツギャルⅢ』が続いている他、パズルアクションゲーム『ときめきCHERRY BOX』(1990)に本作のCGが流用されている。

本格クイズゲームというよりはCG集寄りで、クイズ部分はスパイス的な印象である。CG集として見た場合クオリティは高めで、ボリュームは平均的なものだった。

調査担当

『レッスルエンジェルス』 概要

wrestleangels05.png wrestleangels13.png
wrestleangels26.png wrestleangels39.png
©1992 GREAT
レッスルエンジェルス (GREAT)

・1992年02月15日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1995年08月25日 PC-9801用 3.5インチFD 『レッスルエンジェルスV1』(全年齢)

「女子プロレス」をテーマにしたカードバトルシリーズの一作目。一般向け(非アダルト)に分類される作品だが、ソフ倫の設立前の規制が曖昧な時代で、敗北した選手には脱衣CGが用意されていた。

「マイティ祐希子」を始めとする、若手の新鋭レスラー5人組は、新日本女子プロレスのトップとして、国内王者の座に甘んじる「パンサー理沙子」に反旗を翻した。彼女達の目標は、世界ヘビー級王者の証「アテナ・クラウン」ただ一つ。行く手に立ちはだかる強敵達をなぎ倒し、戦いの舞台は世界へと広がっていく。

システムの目玉は投げ技、極め技、打撃技、飛び技の4種の中から、選手の適正に合わせて手札を選択していくカードバトルゲームで、手札ごとに難易度に応じたプロレス技を指定することが出来、フォール技や関節技ギブアップ、ターンパスや体力自然回復と組み合わせて、高いゲーム性を備えていた。

メインシナリオは団体戦やタッグマッチ、ソロリーグ戦と様々な試合形式で、8人の若手選手の中から冒頭で5人、その中から試合に出るメンバーを選んでいく流れである。選手には試合毎にボーナスポイントが与えられ、ステータスに振り分けたり、新技を覚えたりと、お気に入りキャラの育成要素も備えていた。また、試合後にはプレイヤーの勝ち負けに関わらず、負けたチームの代表1人の脱衣CG一枚が表示されるアダルト要素を含んでいた。

人気シリーズとなった本作は、『レッスルエンジェルス3』(1993年)で脱衣無し、経営シミュレーションを取り入れた、非アダルトのバトルゲームへと方向転換し、SFC、PCエンジン、PS2などの家庭用ゲーム機版、iモード用アプリなどへ幅広く展開している。一方、正式な18禁指定のアダルトゲームとしては、4作目の『レッスルエンジェルスSPECIAL』(1994年)が最初で最後となった。

関連商品はドラマCD、コミック、小説版などがある他、本作の登場人物達が野球などに挑戦するPCゲーム『DOKIDOKIぷりてぃリーグ』のシリーズが存在する。

格闘技を扱った「脱衣物」として見た場合、本作以前に『バトルスキンパニック』(1989)があり、カードバトルなのも共通しているが、"負ければ脱ぐ"という脱衣麻雀式の構造は本作からで、アクション格闘ゲーム『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』(1993)などに受け継がれている。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03