title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『その後の慶子ちゃん パート3 新妻編』 概要

sonogokcnd01sonogokcnd02
©1986 CHAMPION SOFT
その後の慶子ちゃん パート3 新妻編 (チャンピオンソフト)

・1986年**月**日? PC-8801用 FD版
・1986年**月**日? FM-7用 3.5インチFD版 5インチFD版

80年代中頃の作品で、『慶子ちゃんの秘密』のヒロイン慶子ちゃんのその後を描いたCG集の三作目。

おそらく『パート1』『パート2』と同時期にリリースされているが、絵のタッチが異なり、CGの数も9枚と多めである。

内容はシンプルな背景をバックに、半裸もしくは全裸の女の子が挑発的なポーズを取るシーンが中心で、他者との絡みはない。一部の画像では簡素ながら女性器がそのまま描写されていた。

個人的な印象として、新妻らしさを感じられるのは和服の一枚のみで、後は作品のテーマや慶子ちゃんに繋がる手がかりがない。実態は裏要素が売りのチープなCG集だったものが、JASTの『天使たちの午後 番外編』に倣った形で、ヒット作のネームバリューを借りたのかもしれない。

※2018/11/15 追記
隠し要素として、6枚目のCGが用意されていたようです。

調査担当

『その後の慶子ちゃん パート2 OL編』 概要

sonogokcol01sonogokcol02
©1986 CHAMPION SOFT
※画像の一部を加工してあります
 その後の慶子ちゃん パート2 OL編 (チャンピオンソフト)

 ・1986年**月**日? PC-8801用 FD版
 ・1986年**月**日? FM-7用 3.5インチFD版 5インチFD版

80年代中頃のCG集で、『その後の慶子ちゃん』シリーズの二作目。同時に『パート1 看護婦編』、『パート3 新妻編』がリリースされている。

慶子ちゃんの秘密』の後、もしも慶子ちゃんがOLになったら…?という設定になっている。

内容はCG5枚で、半裸、もしくは全裸の女性がベッドで無防備なポーズを取ったり、フェラチオをしたり、女性同士で絡み合ったりといったシーンが収められている。簡素なタッチながらすべてに女性器の無修正描写が含まれていた。

チャンピオンソフトの粗製濫造時代を象徴する作品である。

※2018/11/15 追記
隠し要素として、6枚目のCGが用意されていたようです。
 
調査担当

『その後の慶子ちゃん パート1 看護婦編』 概要

sonogokck01 sonogokck02
©1986 CHAMPIONSOFT
 その後の慶子ちゃん パート1 看護婦編 (チャンピオンソフト)

・1986年**月**日? PC-8801用 FD版?
・1986年**月**日? FM-7用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、看護婦をテーマにしたCG集。『慶子ちゃんの秘密』(1984)の続編。

『慶子ちゃんの秘密』では年下の主人公を優しくリードしてくれる女子大生だった慶子ちゃんが、その後看護婦になったら…?という設定になっている。

デジタルコンテンツにはテキストが一切なく、5枚のCGを鑑賞していくのみである。CGはナース服の女性達の自慰や、男性と絡み合う姿が収められている。一部に露骨な無修正画像を含んでいた。

同時期に発売された続編として『パート2 OL編』、『パート3 新妻編』がある。販売形態は通販のみで、定価は3000円だったようだ。

設定とは裏腹に、女性達の髪の色や髪形が5枚ともバラバラで、すべて慶子ちゃんなのかどうかも判然としない。推測だが看護婦をテーマにしたCGが先にあり、タイトルが後から来たのかもしれない。

※2018/11/15 追記
隠し要素として、6枚目のCGが用意されていたようです。

 
調査担当

『ちょっと名探偵』 概要

ちょっと名探偵 サンプル ちょっと名探偵 サンプル
ちょっと名探偵 サンプル ちょっと名探偵 サンプル
©1988 CHAMPION SOFT
ちょっと名探偵 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルトゲームです。

・1988年08月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2/MSX2+用 FD版

80年代後半の作品で、17歳の女子高生コンビを主役にした探偵物アドベンチャー。

主人公「美砂」は探偵を父にもつ女の子。2年前に難事件を解決した事がきっかけで、ややこしい事件は父親を差し置き、美砂に直接依頼が舞い込むようになっていた。あるひき逃げ事件での父親の冤罪を証明して欲しい、という依頼人の切実な頼みを断り切れなかった美砂は、相棒の香奈子と共に、目撃者の証言を集めるところから捜査を始める。

システムは昔ながらのコマンド入力式だが、ファンクションキーのF1~F10に頻度高い動詞/名詞の呼び出しが割り当てられており、その内容も自由に編集できるという変わった仕様になっていた。キー操作で2、3回前に使用したコマンドもそのまま呼び出せるなど、操作の煩わしさに対する配慮を見せている。

シナリオは二人組の女の子が、とぼけたやり取りを繰り広げつつ、目撃者を探して事故現場付近で聞き込みをしたり、関係者の家を訪ねていく流れで、分岐のない一本道のストーリーである。謎の解明も登場人物まかせで、ゲーム性は様々なコマンドを試し、ストーリーを進展させるフラグを探っていく点となっていた。

情景描写を左右二つに分け、普段は一方を遠景、一方を近景といった風に使い分けている他、クライマックスでは、別々の場所にいる美砂と香奈子を同時に描くことで、緊迫感の演出に用いられているのが特徴的である。

コマンド選択式のADVが主流になっていた中、コマンド入力式の余地を残したことでゲームの自由度、難解さを確保する狙いがあったようだが、操作に習熟する程のボリュームがなく、必要な単語の種類がファンクションキーに比べて多いため、コマンド編集は蛇足気味で、直接入力の方が早く感じる。アダルト要素はなく、謎自体もえらく地味で、テキスト量やビジュアル枚数は多いものの、個人的には印象の薄い作品である。

調査担当

『LOVE CHASER』 概要

LOVE CHASER サンプル LOVE CHASER サンプル
LOVE CHASER サンプル LOVE CHASER サンプル
©1987 CHAMPION SOFT
LOVE CHASER (チャンピオンソフト)

・1987年09月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、私立探偵を主人公に誘拐事件の謎に挑むアダルトアドベンチャー。

財閥の娘「加藤和子」は、父親の決めた政略結婚に反発し、自らの狂言誘拐を企てた。ところが、事件はいつの間にか本物の誘拐にすり替わっており、和子はどこかへ連れ去られてしまう。和子の父親から娘の身柄と、身代金代わりのダイヤの奪還を依頼された新米探偵の主人公は、和子の囚われた広大な屋敷に入り込み、プレイヤーのアドバイスを受けつつ、密かに探索を始める。

システムは移動先に自由がないタイプのADVである。操作は『ラブリーGAL』と共通していて、「しらべる」「とる」といった動詞を一覧から選び、「ほんだな」「かぎ」といった対象物を一文字一文字打ち込んでいく、選択式と入力式のハイブリッドとなっていた。

冒頭で絵合わせパズルゲームがあり、その成績に応じて獲得した体力パラメータを消費しつつ、体力が尽きる前にクリアを目指す、制約つきの探索ゲームである。一本道の展開に沿って一部屋一部屋探索していき、引き出しやタンスの中を漁ったり、住人の女の子の機嫌を取ったり、武器で脅したりしながら攻略に繋がるアイテムや情報を入手していく。

主人公の人格がプレイヤーから完全に独立しているため、雰囲気が独特である。プレイヤーは新米の彼にアドバイスを送る天の声であり、主人公はコマンドに対して、「ソレヤ!」「お兄さんたのんまっせ」などと関西弁で返しながら賑やかに進行するのが印象的である。

アダルト要素は控えめで、女の子は6人ほど登場するものの、まともなセックスパートは一箇所で、ほとんどは脱がせて終了となった。

個人的な印象として、難易度はかなり高いが、当時のアダルトADVの中では飲み込みやすい筋書きがあり、ゲーム性や展開に工夫があって楽しめる作品である。

調査担当

『ラブリーGAL』 概要

ラブリーGAL サンプル ラブリーGAL サンプル
ラブリーGAL サンプル ラブリーGAL サンプル
©1987 CHAMPION SOFT
ラブリーGAL (チャンピオンソフト)

・1987年08月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、現代風の街中と遠い宇宙にある星を舞台に、様々なタイプの女の子に悪戯していくファンタジックなアドベンチャー。

謎の老人から「3つの秘宝を手に入れれば世界はお前のもの」という予言を受けた主人公は、道端でお金を拾ったり、路上駐車の車からアイテムをくすねたり、行く先々で女の子を押し倒しながら、秘宝に関する情報を集めていく。ついに3つの秘宝が集まった時、主人公は地球から遠く離れた不思議な星に立っていた…。

ポップレモン』『幻夢の城』の流れを汲むADVだが、コマンドは「ハナス」「ミル」といった動詞部分がファンクションキーに割り当てられた選択式、「オンナノコ」「ハリガミ」といった名詞部分は一文字一文字を打ち込んでいくコマンド入力式の新システムとなっている。

一本道のシナリオでマップ等はなく、道なりに進んで女の子に出会い、プレゼントやお世辞、合言葉、購入、愛撫、暴力、脅迫など様々な方法で新しい情報やアイテムを引き出し、次の女の子へ進む流れである。倫理感に乏しくマイペースな主人公と、脈絡のない展開、緩くシュールな世界観が印象的である。

最大の特徴は前2作と同様、難易度が異様に高いことで、フラグとなるキーワードはヒントが乏しく、時に突飛で、プレイヤーが類推するのを拒絶するかのようである。また、わずかなミスが後々ゲームオーバーに繋がり、自動セーブで詰んでしまうシビアな作りとなっていた。

80年代初頭~中頃のゲームは容量の制約から、内容の乏しさを高難易度で補う面があったが、このシリーズはボリューム的に大作なだけに異質で、攻略の難しさが際立っている。操作性ではコマンド選択式のアドベンチャーが主流になりつつある中、動詞部分を選択制にした事で配慮を見せているが、慣れるまで結構かかり、かえってややこしくなってしまった徒花的な印象である。

調査担当

『幻夢の城』 概要

幻夢の城 サンプル 幻夢の城 サンプル
幻夢の城 サンプル 幻夢の城 サンプル
©1987 ChampionSoft
幻夢の城 (チャンピオンソフト)

・1987年04月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 FM-7用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、現代風の街中とファンタジックな城を舞台に、出会った女の子達へ悪戯していくアダルトアドベンチャー。メーカーによるジャンル呼称は『ロリベンチャー』である。

とある少女から相談を受けた主人公は、行方不明になった少女の姉を、一枚の写真を頼りに探しに行く事になった。道端でお金やアイテムを拾い、公園で遊ぶ少女を縛りあげ、電話で知り合った女の子と遊んだりしている内に、写真の女の子は「幻夢の城」に閉じ込められている事が判明する。果たして主人公はロリコンの野望を遂げ、無事に写真の女の子を救出することができるだろうか?

システムは『ポップレモン』(1986)とほぼ同じで、移動先に自由のないコマンド入力式である。「オンナノコ」と入力すると「話す」等の動詞は勝手に補ってくれるので、入力は一単語で済み、操作は効率化されている。ただし、コマンド選択型が一般化しつつある時期なので、既に時代遅れだった印象は否めない。

重要情報やアイテムの隠し方に理不尽さ、陰険さが目立ち、例えば「何もありませんでした」というメッセージが出た場所であっても執拗に調べる必要があったり、ノーヒントで背景の屋根の上や草むらなど、脈絡のない場所を調べる必要があったりと、非常に難易度が高く、それらのフラグが30以上あるので、自力攻略は絶望的な印象である。

ストーリーは、主人公が欲望のままにブラブラする内に、何となく何とかなってしまうという、エロありきでシュールな展開である。アダルト描写はソフトで無修正画像はなく、Hシーンも挿入はなく、「ムネ」「オシリ」などのコマンドで相手をイかせるまでとなっていた。10歳の子供をひん剥いて恐喝するシーンもあるが、露出は下着までで、さすがに行為には至っていない。

ボリューム感が高く、後世から見るとツッコミ所が満載なので、ネタとしては楽しめるゲームである。ただし、コマンドはカナ入力のみなので慣れが必要か。

調査担当

『Little Vampire』 概要

Little Vampire サンプル Little Vampire サンプル
Little Vampire サンプル Little Vampire サンプル
©1988 Championsoft
Little Vampire (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルト一般ゲームです。

・1988年05月**日 PC-8801用 FD版
・1988年05月**日 PC-9801用 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版
・2003年04月11日 配布フリー化宣言

80年代後半の作品で、現代の日本から異世界に迷い込んでしまった高校生カップルの冒険を描いたファンタジー風のアドベンチャー。『Little PRINCESS』(1987)の続編にあたる。

前作でドラキュラを倒し、無事に恋人の美樹ちゃんを助け出した主人公健太郎だったが、元の世界に戻るための方法が分からずにいた。二人はさっそく近くの町に立ち寄り、手がかりになりそうな情報を求めて住人達の望みを叶えていく。一方、主を失った魔物たちは「リトルプリンセス」と呼ばれる存在を捜し、邪悪な企みを巡らせていた・・・。

システムは前作のコマンド入力式から、「移動」「話す」「考える」等のコマンド選択式になり、操作性が向上している。戦闘やアダルト要素はなく、フラグとなるアイテムや情報を集めることで展開していく一本道の純粋なアドベンチャーになっている。

ボリューム感が高く、ゲームオーバーは多く、アイテムの隠し場所は意地悪で、時にはノーヒントのままタイミングを見て「捨てる」コマンドが要求されたりと、難易度は非常に高いものになっていた。

シナリオはシリアスな割に、主人公達がのんびりした性格で、登場人物達もどこかトボけた雰囲気をもっており、悲壮感を感じさせない独特のコメディタッチなのが特徴である。主人公には「健太郎」という名前が与えられ、後の闘神都市シリーズやランスシリーズで定番キャラとなる天才占い師「アーシー」が初登場している。

恋人を助けるシンプルなストーリーだった前作に比べると、世界観に厚みがあり、エロなしの本格ADVとなっているのが印象的である。物語はここで一応ハッピーエンドを迎えているが、その後の『戦国ランス』(2006年)での様子を見るに、二人の冒険はまだまだ続いているようである。

調査担当

『LEMONADE 創刊号』 概要

LEMONADE 創刊号 サンプル LEMONADE 創刊号 サンプル
LEMONADE 創刊号 サンプル LEMONADE 創刊号 サンプル
©1986 CHAMPIONSOFT
LEMONADE 創刊号 (チャンピオンソフト)

・1986年12月25日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1986年12月25日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、コミック誌とフロッピーディスクがセットになったマガジンタイプのアダルト作品の第一弾。

ZETA』がアイドル情報誌風のノンアダルト、『OMEGA』が社会人向けのアダルト誌だったのに対して、最後に登場したこのシリーズはアニメチックな女の子達の登場する軽めの成人誌を志向している。

誌面は13本のコミックを収録した200ページの雑誌になっている。ディスクの方の内容は一本丸ごと『さらわれた美樹ちゃん』というタイトルのフィールド探索型ADVである。

(あらすじ)恋人の美樹ちゃんをドラキュラにさらわれた主人公は、夢中になって後を追う内に、女の子達の点在する不思議な世界に迷い込んでしまった。道端に落ちているアイテムを収集し、困っている女の子を助け、立ちふさがる女の子の望みを叶えていく中、美樹ちゃんは怪しい洋館に囚われている事が判明する。果たして主人公は数々の罠を乗り越え、無事に美樹ちゃんを救いだすことができるだろうか・・・?

システムはコマンド入力式で、「キル キ」「ハナス オンナノコ」といった具合に、一文字一文字入力していく。LIFEのゲージが右側に表示されており、コマンドごとに消費していくので、無駄のない行動が要求される高い難易度になっていた。サイコロのような乱数勝負でLIFEを削りあう戦闘モードも導入されている。

ゲームは翌年にMSX2用ソフト『Little PRINCESS』としてリメイクされ、続編『Little Vampire』が続き、合わせて美樹ちゃんシリーズと呼ばれた。さらに主人公“健太郎”と“美樹ちゃん”のコンビはアリスソフトの『鬼畜王ランス』(1996年)や『戦国ランス』(2006年)にも登場し、設定は融合してランスシリーズの重要な世界観の一部となっている。

このLEMONADE創刊号に収録された段階では、美樹ちゃんの髪の色が青く、主人公に名前がなく、魔王ガイが単なるドラキュラとして登場するなど、世界観が固まっていない事が確認できる。なお、アリスソフト躍進の立役者になったTADA氏が入社する前だが、ハニワは置物兼、性具として登場する。

一方の『LEMONADE』シリーズは『創刊2号』で刊行がストップしている。

調査担当

『OMEGA 第3号』 概要

OMEGA 第3号 サンプル OMEGA 第3号 サンプル
OMEGA 第3号 サンプル OMEGA 第3号 サンプル
©1987 CHAMPIONSOFT
OMEGA 第3号 (チャンピオンソフト)

・1987年**月**日 FM-7/77用 5インチFD 3.5インチFD
・1987年**月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、紙媒体の誌面とフロッピーディスクがセットになったアダルト作品の第三弾。

誌面は成人向け情報誌風で、OLなどの大人っぽい女性を扱うことで、同社の他の作品との差別化が図られている。

ディスクの内容は、2択のドアを選んでいく事でHなCGが見られる簡素なアドベンチャー『エロスの館 ご案内』、背景をヒントに女の子の職業を当てる『受付嬢にアタック』、実在する史跡を舞台にした探索ADV『大阪城アドベンチャー』の三本を収録したミニゲーム集となっている。

定価は4000円前後の低価格設定で、ゲームとしての完成度は低く、チャンピオンソフト粗製濫造の時代を象徴するかのような一本である。アニメ風のデフォルメ化された美少女がアダルトゲームの主流になりつつある中、大人っぽい刊行物と電子メディアのセットという発想はユニークだったが、決め手となるコンテンツに欠け、安定した人気を得ることは出来なかったようだ。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03