title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『Softporn Adventure』 概要

softpornadventure01.png softpornadventure07.png
softpornadventure19.png softpornadventure39.png
©1981 BLUE SKY SOFTWARE
©Activision Publishing, Inc.
Softporn Adventure (Sierra On-Line)

・1981年**月**日 AppleⅡ用 テープ
・****年**月**日 Atari 8-bit用 カートリッジROM
・1991年**月**日 DOS用 FD?

アメリカで販売されたパソコンゲーム黎明期の作品で、女性を口説き落とすことを目的にしたテキストアドベンチャー。市販された中では世界最古のアダルトゲームといわれる。

当時としては一般的だった画像の一切ないアドベンチャーで、「W(西へ移動)」「LOOK DESK」「BUY WHISKY」といった具合にコマンドを一文字一文字打ち込み、主人公を操作してアイテムや情報を入手していく探索物である。画面の上部分は現在地や視界内の物品、移動可能な方角が表示される情報画面で、下部分は情景描写とコマンド入力を受け持っている。移動先もアイテムの種類も多く、攻略には高度な類推が必要で難易度は高い。

シナリオはカジノのある歓楽街を舞台に、男性の主人公を操作してバーやディスコ、ホテルなどを繰り返し巡り、ギャンブルで資金を作ったり、落書きから合言葉を知ったり、様々なプレゼントを入手して、途中で出会う3人の女の子とのセックスを目指すストーリーである。不衛生、賭博、売春、麻薬など大人向けの不健全な描写が多いのが特徴的で、主人公は性病をうつされたり、騙されたりと悲惨な目に遭いながら、コミカルに進行していく。

目的の女の子はバーの奥で客をとっている売春婦、ディスコでナンパしたあどけない女の子、ホテルのペントハウスのジャグジーに浸かっている美人の3人で、一度のプレイで全員とセックスに至ればクリアとなった。セックスの細かい描写はなく、主人公がプレイヤーに短い感想を述べるのみである。

後に『Leisure Suit Larry』(1987)として画像付きでリメイクされ、続編も作られて人気シリーズとなった他、日本でも『Las Vegas』(1987/スタークラフト)としてPC-8801やFM-7用にオリジナルCG付きでリメイクされている。

個人的な印象としては、想像以上に長編で仕掛けも凝っていて、自力攻略は遠慮したいが、当時のADVとしてはよく出来ているのではないだろうか。最古のアダルトゲームとは言うものの、『団地妻の誘惑』(1983)と同じで大人向けの猥雑なテーマを扱っているに過ぎず、期待をもたせるパッケージと裏腹に、露骨なエロ描写がないのが印象的である。

調査担当

『Dr.Stop!』 概要

drstop_00drstop_01
drstop_03drstop_04
©1992 ALICESOFT
Dr.Stop! (アリスソフト)

・1992年04月15日 PC-9801用 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版
・1997年12月18日 Windows95用 CD-ROM 『ALICEの館4・5・6』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言

90年代序盤の作品で、総合病院を舞台にしたコミカルなアダルトアドベンチャー。

主人公「たくみ」は二枚目で女好きの若手医師である。大きな総合病院に内科医として勤務しているが、受け持つ入院患者は入院好きの超VIP、悲劇のヒロインごっこの少女、自殺未遂の常習犯、酒癖の悪いホステス、我侭なアイドルなど、変テコな奴ばかりで騒動の連続。さらに医師間の派閥争い、カルテ偽造、死体の損壊などシリアスな事件も絡んできて…?

システムはコマンド型で、当時一般的な移動先に自由があるタイプの探索ADVである。各病室や看護婦詰め所、他科の診察室、売店、屋上などを巡り、情報を聞き込んだり、紛失物を捜索していく流れとなっていた。テキスト主体なのが非常に特徴的で、メッセージウィンドウも文字サイズも非常に大きく、CGは時折出てくるという珍しい形態である。行き先やコマンドの種類が多く、難易度はやや高めである。

シナリオは6章に分かれていて、章ごとに日付は飛ぶようである。基本的には、スケベでお調子者な主人公が爆弾事件や標本の紛失、患者の脱走、暗殺者などの珍騒動に巻き込まれていく明るくコミカルな展開だが、終盤には死体にまつわる陰惨なエピソードが登場し、驚きの結末を迎えるという猟奇的なストーリー性も備えていた。

テキスト主体のゲームということで、同時期の『弟切草』(チュンソフト)を想起させるが、サウンドノベルほど徹底したものではなく、挿絵入りのテキストアドベンチャーといった印象の実験的な作品である。アダルトシーンにさえCGがない箇所があり、その分テキストでの描写に力が入っているのが感じられる。背景として、まだアダルト作品でもゲーム性が大事にされていた時期だが、その上でストーリー性も高い物が話題になり始めた時代だった。

調査担当

『YOBAI』 概要

YOBAI サンプル YOBAI サンプル
YOBAI サンプル YOBAI サンプル
©1983 URA.SOFT
YOBAI (URA.SOFT/ラジオ技術社)

・1983年**月**日 MSX用 FD版
・1983年12月**日 FM-7/8用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、「夜這い」をテーマにした国産のテキストアドベンチャー。

“今夜は月夜だ。君はある豪邸の前にいる。ここには比類ない美少女が住んでいる。君の目的はこの邸宅に忍び込み、彼女を犯すこと。君の冒険は今始まる。幸運を。”

システムはグラフィックが一切無いテキストアドベンチャーで、テキストもコマンドもすべて英語である。(これは草創期の国産アドベンチャーに見られる特徴。) プレイヤーは「open door」「look mailbox」といった感じで日常レベルの簡単な英単語を組み合わせ、屋内外を探索していく。

シナリオは父母と娘の3人が暮らす邸宅の敷地に侵入し、バケツや戸棚、郵便受けなどの何気ない日用品を一つ一つ調べ、警報を解除して鍵などの重要アイテムを入手していく流れである。無事に美少女の寝室にたどり着き、彼女をrapeすることができればクリアとなった。当時のアイドルネタや「熊ん子」などのアダルトグッズ、生理用品などが実名そのままで見つかることが多く、お遊び要素となっている。

発売は分かっている限りでは1983年の末頃と遅めで、国産アダルトゲームの起源には関わらないと思われるが、その古典的なスタイルは『Softporn Adventure』を想起させて興味深い。翌年の情報誌にプログラムが掲載されたことがあったようだ。

調査担当

『弟切草』 概要



弟切草 (チュンソフト)
【注意】非アダルトゲームです。

・1992年03月07日 スーパーファミコン版
・1999年03月25日 プレイステーション用 『弟切草 蘇生編
・2001年04月12日 プレイステーション用 『弟切草 蘇生編』 廉価版
・2004年07月09日 携帯電話用アプリ配信開始 (iモード EZweb Yahoo!ケータイ)
・2007年08月28日 Wii バーチャルコンソール版 配信開始

「サウンドノベル」というジャンルを切り開いたスーパーファミコン全盛期の作品で、怪しい館に迷い込んだ男女が様々な恐怖を体験していくサスペンスホラー。

主人公(名前は任意)と大学の同級生「奈美」は、人気のない山道で自動車のトラブルにより遭難する。雷雨の中、たどり着いた無人の洋館で一夜を明かす事を決めた二人だったが・・・。

システムはテキスト全画面表示のノベル形式で、恐怖を煽る効果音やBGMがふんだんに盛り込まれ、想像を刺激するためか人物等はビジュアルで一切登場せず、映像は風景や暗示的なものに限られているという非常に珍しい演出となっていた。

一方で選択肢が多く、その経路によって物語が複雑に分岐していく事から、テキスト主体のアドベンチャーゲームの一種とみなす事もできる。周回プレイを前提としているのが特徴的で、END後に新しい選択肢が出現し、最終的に10種類以上のマルチエンディングとなっていた。この形態は後のビジュアルノベルやADVに多大な影響を与えていると思われる。

10種類のエンディングを見た後、ロード画面の本の栞の色がピンク色に変化し、若干のお色気シーンを含んだおまけシナリオが楽しめる仕様となっていたが、出現させるまでの道のりが非常な労力を要する事から話題となり、「ピンクのしおり」として有名になった。内容は緊迫した場面にも関わらず、妙にエロ方面に偏った選択肢が出現したり、他ルートとの違いに憤ったりと笑いを取る方向性になっており、キスや抱擁以上のアダルト描写はぼかした表現となっている。

売り上げは30万本を超え、何度かプレイステーション用や携帯用アプリとしてリメイクされている。また、後継のサウンドノベルとして『かまいたちの夜』シリーズが4作続いた他、映画版小説版コミック版サントラなども製作されている。

調査担当

『ロリータ2 (下校チェイス)』 概要

ロリータ2 下校チェイス サンプル ロリータ2 下校チェイス サンプル
ロリータ2 下校チェイス サンプル ロリータ2 下校チェイス サンプル
©1983 PSK
ロリータ2 (下校チェイス)  (PSK)

・1983年**月**日? FM-8用 FD版
・1983年04月**日? FM-7用 FD版
・1983年04月**日? PC-8801用 FD版?

パソコンゲーム黎明期の作品で、PSK(パソコンショップ高知)による『ロリータ』シリーズの2作目。アドベンチャー形式のアダルトゲームとしては、おそらく国内最古である。

原始的なテキストアドベンチャーなので、操作画面はプログラミング画面のように、真っ黒な背景に文字だけが表示されている。この画面で「TAKE ROPE」「W(西へ行く)」等、簡単な英単語を組み合わせて入力し、主人公を操作していく。少女をRAPEすることに成功した時だけ、グラフィックが全画面で一枚表示される仕様である。

ゲームシステムは、東西南北に移動可能なフィールド探索型のADVである。マップやキャラ配置は固定だが、画面には表示されないので、手書きで方眼紙にマッピングしていく事がゲーム要素の一つとなっていた。

シナリオは、プレイヤーが街中を徘徊し、未成熟な女の子を捕まえ、警察官を避けながら袋小路に連れ込み、拾っておいたロープで縛るかハンマーで殴って気絶させ、大人しくなった所をレイプしていく流れである。ただし、レイプシーンは具体的にテキストで描写があるわけではなく、グラフィックが一枚表示されるのみで、CG集にゲーム性を付加したような構造である。

警察に捕まらずに8人全員を犯し、ボーナスキャラ2人にたどり着ければクリアとなった。

同年は一般ゲームの中で、本格的なグラフィックアドベンチャーの時代を印象付けた推理ゲーム、『ポートピア連続殺人事件』(1983年8月)がヒットした年で、アダルトゲームの分野でも、『女子寮パニック』(エニックス)、『団地妻の誘惑』(光栄)などが発売されている。アダルトADVの長い歴史の始まりであり、中でもこの作品は、後に繁栄を極める美少女アドベンチャーの祖先と言えるだろう。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03