title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ときめきSECIL』 概要

ときめきSECIL ときめきSECIL
ときめきSECIL ときめきSECIL
©1990 TOKUMA SHOTEN INTERMEDIA INC.
ときめきSECIL (テクノポリスソフト)

・1989年04月21日 PC-8801用 FD版

80年代末頃の作品で、ファンタジー世界を舞台にしたスゴロク風のアダルトRPG。

美しい国、アチョデポパアは3年前の大地震を境に変わってしまった。1つだった大陸は4つに分かれ、女だけの闇の軍団「デスギャルズ」に侵略されてしまったのだ。人々が恐怖に怯える中、「勇気あるものは必ず女神セシルが力を貸す」という伝説を信じ、一人の少女がアチョデポパアを救うために立ち上がった。

RPG風の戦闘とストーリーを備えた冒険物だが、マップはスゴロク風で、進行もすべてサイコロまかせである。展開に沿って主人公はパワーアップしていくようだが、経験値やレベル、装備の入れ替えなどの育成要素はないため、プレイヤーの裁量にかかっている部分は少ない。

画面中央のLIFEゲージが尽きると、主人公の格好がレーシングスーツから下着姿、トップレスへと変化していき、裸にされるとゲームオーバーとなった。イベントマスで服を一段階取り戻したり、LIFEゲージを回復するアイテム「サンドイッチ」をストックするため、サイコロの目に合わせてコースを選択していく辺りがゲーム要素といえる。

シナリオは主人公の少女「レーナ」が、伝説の三種の装備を集め、5つのマップでそれぞれのボスキャラを倒して世界に平和を取り戻すまでの冒険物である。敵はすべて女の子の姿をしており、勝利すると裸のCGが一枚表示される仕様で、主人公の脱衣と合わせてアダルト要素となっていた。

現在も続く人気ジャンル「スゴロクRPG」のはしりだが、残念ながらゲーム性、ビジュアル、ストーリー共に特筆する点がない。テクノポリスソフト(徳間書店)というブランドの特殊性を考えると、元々は同人作品だったのかもしれない。

調査担当

『GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん』 概要

GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん
GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん
©TOKUMASHOTEN INTERMEDIA INC.1988
©XKD LABORATORY 1988
GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん (テクノポリスソフト)

・1988年09月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、美少女と脱衣をテーマにしたウォー・シミュレーションゲーム。

遠い昔のこと、愛の国テェク・ノ王国のフォリス姫が、悪の国ソォークト帝国のマジャ姫によって連れ去られてしまった。テェク・ノ王国を訪れた旅の若者である主人公は、人々から託されたGOLDで兵士達を雇い、「悪魔の性格ブスだけど美少女軍団」と呼ばれる8つの部隊を打ち破っていく。

「歩兵」「騎兵」「工兵」「忍者」など10種類のユニットがあり、所持金をやり繰りして10人の部隊を編成し、敵チームと対戦していく流れである。ターン制ではなくリアルタイム進行で、編成画面で初期配置、進撃方向、行動パターンを入力した後は全てオートで進み、終了まで一切指示できないという独特のシステムになっていた。

ユニットは敵味方共に女の子で、雇用時に「恵子」「幸子」など和風の名前を24種類の中から選ぶ事ができた。また、レベルアップは無いものの、後のシミュレーションRPGでいうクラスチェンジと同じ要素を備えており、戦闘の参加回数に応じて「歩兵 → 重歩兵 → 軍曹」といった具合に性能がアップしていく。

全8ステージで構成されている。アダルト要素はそれぞれのステージの敵大将の女の子が画面左側に常に表示されていて、一回戦、二回戦と勝利する度に露出が上がっていく脱衣ゲーム方式となっていた。CGは1人6枚で、最終段階は全裸である。

「きゃぴるん・シリーズ」第1弾という触れ込みになっており、同シリーズとして全くゲーム性の異なる『ビリヤードきゃぴ☆きゃぴ☆るん』『GOLF きゃぴ☆きゃぴ☆るん』などが続いている。

『大戦略』『ファミコンウォーズ』などのウォー・シミュレーションは既に存在していた時期だが、中世風ファンタジー世界を舞台にした作品は珍しく、特に美少女をテーマにしたウォー・シミュレーションの中ではおそらく元祖だろう。同ジャンルは数は少ないものの、00年代に入ってもヒット作の多いテーマとなっている。

ゲーム性は粗っぽいものの、適度にシビアで試行錯誤の楽しみがあり、「やり込み要素」を備えたことで、それまでの脱衣ゲームとは一線を画す進歩的な作品となった。

調査担当

『お嬢様くらぶ』 概要

お嬢様くらぶ サンプル お嬢様くらぶ サンプル
お嬢様くらぶ サンプル お嬢様くらぶ サンプル
©1987 TECHNOPOLIS SOFT
お嬢様くらぶ (DTB software/テクノポリスソフト)

・****年**月**日 PC-8801用 FD 同人版
・1987年07月25日 PC-8801用 FD版
・1988年**月**日 MSX2用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X1/turbo用 FD版

80年代後半の作品で、"大富豪"風の脱衣カードゲーム。

ルールはトランプの大富豪(大貧民)にそっくりで、強さに応じて0~11の番号が設定された9枚の手札を、場に出ているものより強いカードを出す事で消化していき、すべて使い切れば勝ち抜けである。

プレイヤーを含めた5人の参加者は、勝ち抜けた順によって次回の階級が決まる。プレイヤーが現在の階級より上の順位であがれば、画面左の女の子が一枚ずつ薄着になっていき、最終的には全裸になる仕様である。階級が上がるほど手札は有利になるが、ランクダウンする毎にライフが減っていくので、常に高順位を維持しなければならず、次第に勝利条件は厳しくなっていく仕組みとなっていた。

世界観が変わっていて、プレイヤーは「お嬢様くらぶ」という店舗(キャバクラ?)の代表であり、手札は強いカードほど可愛い女の子である。ゲームで他店と可愛い女の子の奪い合いをしていき、勝てば「STAGE QUEEN」と呼ばれる女の子(画面左)がサービス(脱衣)してくれるという、よく分からない設定である。「STAGE QUEEN」は制服姿やテニスウェアの女の子など、様々なタイプの6人となっていた。

運の要素もあって難易度は高めだが、ビジュアルのクオリティは高く、気楽に遊べる手軽なゲーム性が魅力である。当時のテクノポリスソフト(徳間書店)は同人作品の商業化に関わる事が多かったようで、『まじゃべんちゃー・ねぎ麻雀』と同じく、本作も同人版と商業版の二種類が存在する。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03