title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ポッキー2』 概要

NP2_0013.png NP2_0034.png
NP2_0220.png NP2_0104.png
©1991 Ponytail Soft
ポッキー2 (ポニーテールソフト)

・1991年06月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・1994年06月15日 FM-TOWNS用 『ポッキーポッキー2ポニオン』に収録

90年代序盤の作品で、学園を舞台に女の子三人組が活躍するミステリーアドベンチャー。『ポッキー』(1989)の続編。

前作の後、男女共学となったポッキー学園では新たな問題が起こっていた。学園七不思議の一つだった「怪人赤マント」が実際に現れ、女の子を失神させた上、Hなイタズラをして去っていくのだ。この事件を許せない新聞部部長「美紀」は、部員の一年生コンビ、気の強い「久美子」、のんびりした性格の「ともこ」と協力し、手分けをして調査を進めていく。

システムはコマンド型で、行き先に多少の自由がある探索ADVである。基本は学園内の校庭や音楽室、体育館などを巡り、事件の被害者や目撃者の証言をあつめ、「考える」を繰り返して推理を進めていく。主人公は主に一年生の「久美子」だが、他二人の女の子も手分けをして単独行動を取ることが多く、主観は自動で切り替わっていく。

シナリオは学園を騒がす怪人の正体を追っていく中で、次々に容疑者が浮かび上がってくると同時に、教師達や不良による強引な調査の実態も明らかになり、謎が深まっていく展開となっていた。ナレーター(作者)がくだけた口調で解説とツッコミを入れていくという珍しい文体で、全体的にコミカルで賑やかな印象である。前作の主人公も脇役として登場している。

アダルト要素はパンチラシーンが非常に多い他、怪人や変態教師によって女の子が服を脱がされる描写がメインで、主人公達が体を張って相手を陥れる場合もあった。ただし、本番行為は一切描かれていない。男達がいずれもスケベで醜い存在として、女性と対比的になっているのも特徴である。

個人的な印象としては、かなりボリューム感のある作品で、特にミステリー要素に比重を感じるものの、展開が強引過ぎて推理物としての完成度は高くない。一方、アダルト要素は少ないがビジュアル面は比較的良好である。「ちょっぴりHな学園ドタバタ劇」という形容がしっくりきそうだ。

調査担当

『気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編』 概要

気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編 気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編
気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編 kibunpt81
©1989 GREAT
気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編 (GREAT)

・1989年10月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代末期の作品で、現代に生きる吸血鬼を主人公にしたコミカルな学園アドベンチャー。

主人公「ドラキュラ伯爵」は、イギリス旅行中の日本人の女の子「裕美」と恋仲になってプロポーズするが、何故か返事は保留され、時間をおいて日本で昼間の内に迎えに来て欲しいと言われる。三ヶ月後、裕美の通う学園を訪れた伯爵は、男子生徒達からの妨害に遭いながらも、魅惑の魔法を駆使して情報を集め、裕美の居所に迫っていく。

システムはコマンド選択型で、移動先にあまり自由がない一本道の展開である。コマンドは「話す」「考える」「魅惑」「移動」「大魔法(セーブ)」の5種類しかないが、総当りでサクサクと進める訳ではなく、例えば「話す」を5回選んだ後に「考える」を3回、といった具合に、進展の為のコマンド回数と順番がガッチリ固定されており、間違えると即ゲームオーバーも珍しくない、シビアなゲーム性となっていた。

シナリオは、能天気で浮き世離れした性格の主人公が、男子生徒からは不審人物として追いかけられ、怪しい保健医に解剖されそうになりながら、女の子には情報収集の為、あるいはお礼としてHな幻覚を見せていく流れである。全体的に明るいコメディタッチだが、最後には伯爵の悲しい境遇が明かされる、ドラマチックな演出が用意されていた。

アダルト要素は女の子への「魅惑」に成功した際に見られるCGで、女の子一人に一枚ずつ、テキスト描写やセリフはほとんどない、淡白なものになっていた。

80年代のGREATは物静かで怪しげな印象を与える作品が多かったが、本作品は主人公が人外ながら、底抜けに明るくコミカルな印象の学園ドタバタ劇になっている。80年代は『きまぐれ☆オレンジロード』『らんま1/2』といった少年誌出身のラブコメ作品がブームを起こしており、アダルトゲームへの影響が感じられる。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03