title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ラブアドベンチャー プレイボーイ』 概要

lavplayboy00 lavplayboy01
lavplayboy02 lavplayboy03
©1983 T&E SOFT Inc.
ラブアドベンチャー プレイボーイ (T&Eソフト)

・1983年07月**日 PC-8801用 カセットテープ版
・1983年**月**日 FM-7用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、架空の美女を口説き落とすシミュレーションゲーム。

 ストーリー性のある導入部分はなく、ゲームは自分と彼女の生年月日、現在の日付を入力するところから始まる。入力データにより彼女の好みがランダムに決まるので、デートを繰り返す事でそれを把握し、好感度を高めていく。頃合いをみて(ボディー)タッチやキスを行い、ホテルに誘うことができればクリアとなった。

当時流行していた「バイオリズム」による相性の良し悪しがあり、自分の波形と彼女の波形が似ている日取りを選んでデートに誘う事ができれば、彼女が遅刻しなかったり、ポイントを上げやすかったりするようである。

デートは車内、パーキング、レストラン、ホテルなどの中から場所を選び、彼女からの「好きな食事は?」「年収は?」といった質問に選択肢で答えていく形である。行動ごとに時間が経過し、制限時間内に口説き落とせなければ彼女が帰ってしまう。ただし無制限にコンティニューできるので、彼女の喜ぶ回答を覚え、デートを2回3回と重ねていけば必ずクリアできるようになっていた。

「彼女」の性格は生年月日により様々だが、ビジュアルは同一である。アダルト要素はクリアの際、彼女の首から腰にかけての裸が一枚表示されるのみとなっていた。

個人的な印象として、最初期のアダルトゲームの中ではゲーム性が高い作品である。質問で正解すると彼女がウインク、間違うと舌を出す演出も印象的。恋愛ゲームのはしりともいえるが、サブタイトルに「Simulation OF Play boy with COMPUTER GIRL」とあることからも、恋愛SLGというよりナンパSLG寄りといえるだろう。


『カスタムメイト』 概要

custommate00.png custommate01.png
custommate02.png custommate04.png
©1993 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
カスタムメイト (カクテル・ソフト)

・1993年09月17日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1994年12月16日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『カスタムメイト&電話のベルが…

90年代序盤の作品で、自分好みにカスタマイズした女の子を口説き落とせるアダルトアドベンチャー。『カスタムメイト』シリーズの第1作目にあたる。

ある日、主人公(プレイヤー)は占い師から奇妙な箱をもらった。それは世にも稀な「女人に縁のない相」をもつ主人公にとって、とても役に立つものだという。主人公が部屋に帰って箱を開けてみると、下級悪魔「キュア」が現れ、主人公の願望を叶える理想の女の子を呼び出してくれることに…?

システムは、冒頭で女の子1人の設定を決めるキャラクターメイキングと、コマンドADV風の会話パートの組み合わせである。一対一の会話の中で、相手の心を掴んで服を脱がせ、キスや愛撫で気分を盛り上げ、本番行為に持ち込めばクリアとなる。

設定可能な項目は「年齢」「性格」「おしりのサイズ」「バストサイズ」「髪型」の5つで、それぞれ3種類あるので、作成可能な女の子は243パターンあることになるが、年齢と性格によって展開が共通しており、バストや髪型はCGの部分的な差にとどまるので、シナリオは実質9人分である。

攻略方法は、9人それぞれ全く違っていて、基本は相手の緊張をほぐし、褒めたり愛をささやいて喜ばせ、愛撫でその気にさせていく流れだが、怒って高圧的に迫らなければ脱がない場合もあり、挑発しなければならない場合もあり、拝み倒して脱いでもらうケースもあったりと、数多くのコマンドの中から、それぞれの個性に合わせた突破口を探し出す点がゲーム要素となっていた。ちなみに相手からの質問の受け答えで間違ったり、嫌がる行為を続けるとゲームオーバーで、難易度はヒロインによっては非常に高い。

続編として『カスタムメイト2』(1994年)、『カスタムメイト3』(1995年)が続いている。

過去の例でいえば『Tokyoナンパストリート』(1985年)にも副次的に攻略対象のメイキングはあったが、アダルトゲームで本格的な女の子のカスタマイズが始まるのは本作品からだろう。同ジャンルは数は少ないものの命脈を保ち、2000年代に入ってからは『人工少女』(2004年)や『カスタムメイド3D』(2011年)といった、3DCGゲームの定番として人気を博している。

『きゃんきゃんバニースピリッツ』 概要

141118_152401.png 141119_235752.png
141119_135013.png 141120_151934.png
©1991 COCKTAIL SOFT
きゃんきゃんバニースピリッツ (カクテル・ソフト)

・1991年08月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+/turboR用 FD版

90年代序盤の作品で、魔法の履歴書と巧みな会話を武器に女の子を口説いていくナンパアドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』(1989)、『きゃんきゃんバニースペリオール』(1990)に続くシリーズの3作目である。

彼女が欲しい、でも自分に自信がなく、女の子に声をかける勇気がない…そんな悩みを夜空の月に相談していた主人公(名前は任意)の元に、月の世界のエージェントを名乗るウサギ耳の少女「亜理子」が現れた。彼女が用意したのは合コンパーティと豪華客船の招待状、そしてなりたい男性像に変身できる「魔法の履歴書」だった。夢のような展開に喜んだ主人公は、念願を叶えるために男1人、女の子多数のイベントに参加して、狙った女の子に声をかけていく。

シリーズ伝統の冒頭でヒロインを選ぶ形式のADVで、特に本作では個別のショートストーリー集の傾向が強い。女の子達は「ねるとん」風の合コンパーティ編で5人、豪華客船による海外旅行編での5人に分けられている。女の子毎に好みの男性タイプが異なるので、身長や年齢、血液型、ファッション、職業、愛車、彼女いない暦などの主人公のプロフィールを何度も編集し、会話の中でLOVEゲージを上げる返答を探っていく。

システムはコマンドと選択肢の混合型で、メニューの一覧がアイコンになっている。基本的に「話す」「聞く」で話しかけ、受け答えを3択のテキストの中から選んでいく選択肢型である。一方「見る」「さわる」「キス」「脱がす」などはマウスカーソルによる画面内の探索で、セックスシーンなどで活躍する。選択肢の難易度が高く、セーブ・ロードを繰り返しながら慎重に進める必要があった。

パーティ編は当時大人気だったお見合いTV番組『ねるとん紅鯨団』のパロディで、司会の亜理子に第一印象で気になる女の子を答え、フリータイムで心を掴み、告白タイムでOKがもらえれば、「ツーショット」となって夜のデートに繰り出す流れである。海外旅行編は豪華客船上での会話で女の子と意気投合できれば、バリ島やオーストラリアなど、それぞれの女の子の目的地でバカンスを楽しめる流れとなっていた。

セックスシーンは女の子の方から誘われたり、騙して脱がせたり、酔わせた隙につけこんだりとパターンは様々である。アダルトシーンに入ってからもゲーム性があるのが特徴で、無理に触ったり脱がせようとしてゲームオーバーになったり、女の子が最後の1枚を守ろうとして進行がストップすることがあるので、相手の心と体を開かせる方法を慎重に探っていく必要があった。ピストン運動を画面全体の上下で表現する手法も珍しい。局部はフィルター状の修正があるが、ほぼ透けて見えてしまう不十分なものだった。

続編として 『きゃんきゃんバニープルミエール』 『きゃんきゃんバニーエクストラ』 『きゃんきゃんバニーリミテッド 5 1/2 』 『きゃんきゃんバニープルミエール2』などが続いている。

個人的な印象として、創意に富み、それぞれのエピソードとセックスまでが丁寧に描かれたボリューム感の高い作品である。一本道が多かった当時のADVの中では比較的、ヒロイン個別ルートを備えた後の恋愛ADVに近いが、大きな違いは主人公のメイキングと肉食性で、例えば金持ちの青年実業家、スポーツ万能のインストラクター、可愛い年下、ノリのいいお調子者といった女の子の理想の男性像を探り当てて演じ、さらに何とか言いくるめてHに持ち込まなければならない。セックスの為なら手段を選ばない「ナンパシミュレーション」の代表格といえるだろう。

『きゃんきゃんバニースペリオール』 概要

きゃんきゃんバニースペリオール サンプル きゃんきゃんバニースペリオール サンプル
きゃんきゃんバニースペリオール サンプル きゃんきゃんバニースペリオール サンプル
©1990 F&C Co.,Ltd.
きゃんきゃんバニースペリオール (カクテル・ソフト)

・1990年04月16日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD 廉価版
・****年**月**日 PC-9801 NOTE専用 3.5インチFD 廉価版
・****年**月**日 X68000用 FD 廉価版

90年代初頭の作品で、スケベな青年が不思議な手帳の力を借り、女の子を口説き落としていくナンパアドベンチャー。『きゃんきゃんバニー』(1989)の続編。

前作で「亜理子」からもらった手帳の力により、意中の女の子と仲良くなった筈の主人公「たけし」だったが、今は恋人もなく、望遠鏡で女性宅の覗きをしていた。そこに亜理子が現れ、たけしの現状を嘆き、再び魔法の手帳を手渡した。今度の手帳はナンパのアドバイスをくれる人格「ボブ」と会話できる奇妙なアイテム。主人公はボブと相談しながら、様々なシチュエーションで女の子の攻略法を探っていく。

システムはナンパシミュレーション風だった前作と大きく異なり、特殊な形態のアドベンチャーである。

合計12人の女の子がテーマ別に3つのグループに分けられていて、「制服むんむんセット」はオムニバスのショートシナリオ4本、「女子大生おかわりセット」は、2人組の女の子をまとめて口説くシナリオ2本分が、1本のシナリオの中で分岐構造となっている。「セーラー服ゆうやけセット」では、遊園地で出会った女の子グループ4人の中から1人を選び、順番に口説いていく。

冒頭で主人公の血液型、性格、職業を入力する必要があり、その設定によって会話の内容や女の子との相性が変化し、組み合わせによっては攻略できないケースもあった。手帳からのヒントや相手の反応を頼りに、会話や行動コマンドの中でトラブルを乗り越え、好感度を上げる方法を見つけ出し、女の子とのHに持ち込めばクリアである。

シナリオはスケベで軽薄な主人公が、相手の性格に合わせて笑いをとったり、趣味で気を引いたり、顔のパーツを褒めたり、悩み事に真面目なアドバイスをして心を掴み、軽いスキンシップから発展してその気にさせていく流れが基本である。攻略対象は受付嬢、看護婦、ファーストフード店員、スチュワーデス、女子大生等である。

続編として『きゃんきゃんバニースピリッツ』 『きゃんきゃんバニープルミエール』 『きゃんきゃんバニーエクストラ』 『きゃんきゃんバニーリミテッド 5 1/2 』 『きゃんきゃんバニープルミエール2』などが続き、家庭用ゲーム機にも活発に進出している。

シリーズ中で最も難易度が高い作品として知られる。その理由は、好感度が非表示になったことでコマンドの有効判定が難しい点、地雷となるコマンドや回数制限のため総当たりが通じにくい点、設定入力の時点で詰んでいても分からない点などがあり、自力攻略となると試行パターンが多すぎて莫大な時間を浪費しただろう。しかし豊富なボリュームとビジュアル、軽快なギャグで人気は高かったようだ。

『せまってみたい』 概要

せまってみたいせまってみたい
せまってみたいせまってみたい
©1989 HARD
せまってみたい (HARD)

・1989年08月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1989年08月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2/MSX2+用 FD版

80年代末期の作品で、憧れの女の子を口説き落とし、愛のあるエッチを目指すアダルトアドベンチャー。

かわいい女子学生(名前は任意)とのデートの約束を取り付けた主人公。アルバイトで55,000ゴールドを稼いた彼は、早速彼女の友達から様々な情報を聞きだした。そして待ちに待ったデート当日。果たして主人公は、好みのうるさい彼女のご機嫌を取り、数々の障害を乗り越えて、無事にベッドインする事ができるだろうか…?

様々なミニゲームが組み合わさったADVで、探索シーンやコマンドはなく、進行役の妖精の案内に従い、選択肢や穴埋め問題、間違い探し、カーソルによる弱点探しなどをこなしていく流れである。失敗続きだと彼女が怒って帰ったり、資金が底をついてゲームオーバーとなった。

ヒロインは制服姿の女の子一人である。シナリオはプレイヤーが彼女の機嫌を損ねないよう、下心は隠し、紳士で気配りのできる優しい男を演じていくナンパゲーム風の展開で、最終的には両思いとなって結ばれるまでが描かれている。

個人的な印象として、ミニゲームを集めたような作りは古めかしく、ビジュアルもパッとしない印象である。しかし、不特定多数の女の子を引っ掛け、時に騙す形でセックスに至る当時のナンパ物とは異なり、単一のヒロインで「愛のあるエッチ」がテーマの一つになっている点は注目していい。恋愛ADVとまで言えるか微妙な段階だが、時代の潮流が感じられる作品である。

『きゃんきゃんバニー』 概要

きゃんきゃんバニー きゃんきゃんバニー
きゃんきゃんバニー きゃんきゃんバニー
©1989 F&C Co.,Ltd.
きゃんきゃんバニー (カクテル・ソフト)

・1989年08月10日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1989年08月10日 PC8801用 FD版
・1989年08月10日 X68000用 FD版
・1997年12月12日 Windows95用 CD-ROM 『きゃんきゃんバニー1・Primo』 初回版/通常版

80年代末頃の作品で、モテない主人公が不思議な女の子から力を借り、女の子達を口説き落としていくナンパアドベンチャー。JASTとキララ(後のF&C)の共同出資による新ブランド、『カルテル・ソフト』のデビュー作となった。

夜景を見ながら彼女ができない事に悲嘆していた主人公は、『亜理子』と名乗るウサギ耳の少女に出会い、一冊の不思議な手帳を渡される。その手帳に意中の相手の名前を書けば、その相手とはもう友達だという。喜んだ主人公は、早速名前を書いた5人の女の子との恋人関係を目指し、それぞれの家を訪問して相手の心を掴むポイントを探っていく。

システムはコマンド選択型で、マップや探索はなく、自宅とヒロイン達の家、アイテムショップの三箇所を行き来して、主に会話の話題を選択するだけの簡素なシステムである。ショップで購入したプレゼントを渡したり、趣味や好きな音楽など様々な話題を広く浅くこなしている内に、女の子の好感度にあたる「LOVE」が上昇するので、頃合いをみて服を一枚一枚脱がし、体力が尽きる前にセックスに至ればクリアとなった。

攻略には必要ないが、セックスシーンでは「キスする」「さわる」等のコマンドの他、筆やコケシ等のアイコンを使った愛撫が脱衣CG一枚一枚に用意されており、臨場感を盛り上げる演出となっている。

これといったストーリー性はなく、ゲームオーバーもなく、訪問する女の子の順序は自由で、口説き終えた後も続けて他の女の子を攻略したり、同じ女の子を何度も攻略できたりと、束縛の緩いゲーム性が特徴的である。ヒロインは明るい制服姿の女の子、バイクの好きな学生、情熱的な女子大生、家庭的な家事手伝い、優しいOLの5名となっていた。

デビュー作にしてヒットを記録した本作は、『きゃんきゃんバニー スペリオール』 『スピリッツ』『プルミエール』『エクストラ』 ・・・と続編が大ヒットを続け、家庭用ゲーム機にも移植される等、90年代には非常に知名度が高いシリーズとなった。

個人的には、シナリオもゲーム性も適当な作品だが、ビジュアルのレベルとHシーンのボリューム感が高いのが印象的である。攻略は多少手間がかかるものの、難解さはないので簡単にHシーンに辿り着けてしまうという手軽さも特徴的といっていい。当時は苦労に苦労を重ねた謎解きの結果、ご褒美がテキストなしのCG1枚という作品も多い時代だった。

『ギャルッぽクラブ』 概要

ギャルッぽクラブ サンプル ギャルッぽクラブ サンプル
ギャルッぽクラブ サンプル ギャルッぽクラブ サンプル
©1986 microcabin
ギャルッぽクラブ (マイクロキャビン)

・1986年04月**日 PC-8801用 FD版
・1987年02月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版
・2005年10月21日 Windows用 DL販売開始 【プロジェクトEGG

80年代中頃の作品で、軟派な大学生活をテーマにしたナンパシミュレーション。

主人公は「ギャルッぽ大学」に入学した1年生となり、4年以内に卒業に必要な単位を集める事がゲーム目的である。単位を取るには出来るだけたくさんの女の子と仲良くなり、プロポーズに成功しなければならない。

システムはRPGのような俯瞰式の2Dフィールドを歩き回り、遭遇する女の子を選択式コマンドで口説いていく流れだが、初期状態では女の子が相手にしてくれず、その彼氏にボコられる可能性が高いため、体力や知性、魅力といったステータスを伸ばして相手を振り向かせる必要がある。同時に、アルバイトでプレゼント代やデート代を稼がなければならない。

女の子は63人にそれぞれCGと名前が用意されており、それぞれ好みの男性やプレゼントが異なる。ただし、口説き落としても大学の単位が一つもらえるのみで、ご褒美シーンはない。アダルト要素は卒業時に、本編と無関係の脱衣CGが一枚表示されるのみである。

Tokyoナンパストリート』(1985)のヒットで流行したナンパゲームの一種だが、こちらはステータス上げやお金稼ぎに比重が高く、育成シミュレーションやRPGに近い印象である。一日毎に減っていく体力の維持や金策などでゲームバランスは悪く、ゲーム性も単調なため、あまり高い評価を受けることはできなかったようだ。

『イエローレモン』 概要

yellowlemon01.png yellowlemon02.png
yellowlemon13.png yellowlemon25.png
©1985 PSK
イエローレモン (PSK)

・1985年05月**日? PC-8801用 FD版
・****年**月**日 FM-7 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、少女との会話をテーマにしたアドベンチャー。

ストーリー性のある導入部分はない。プレイヤーは女の子いる部屋を訪れた男性となり、一対一で対話していく。会話の中で好感度を上げ、100ポイントに到達すれば男性と絡み合うHなCGが、一人当たり5枚ほど表示される流れとなっていた。

会話は「バイクとクルマ、どっちが好き?」といった相手からの質問に、コマンドを一文字一文字入力して答え、「ネンレイハ?」「シュミハ?」といった質問をプレイヤーがコマンド入力で投げかけ、これを交互に繰り返していく。質問が登録されていない単語だと、「そんなこと知らないわ」と片っ端からあしらわれてしまうので、好感度ポイントの高いキーワードを探していく事がゲーム要素となっていた。

4人の女の子達は、かなり低年齢に設定されている。更に、ご褒美CGはボサボサ髪の男性が黒い影で表示され、剃毛からフェラチオ、クンニ等を含み、性器は露骨に描かれるという過激さになっていた。(当時はPCゲームが摘発された例がなく、各ソフトメーカーが独自の基準で自主規制していた)

コマンド入力で相手の好感度を上げていく形式は『Emmy』(1984/工画堂)を思わせるが、こちらは正解となるキーワード群以外は取り合ってくれないので判別はシンプルになり、おバカさはあまり感じない。

PSKといえばロリータシリーズが有名だが、こちらは『コスモエンジェル』(1986)、『クリスチーヌ』(1986)を手がけた宮田彰氏のデビュー作だったようだ。

なお、アダルトアニメの先駆け『くりいむレモン』(1984)の影響からか、80年代中頃のアダルトゲームは「レモン」を使ったタイトルが流行している。

『Tokyoナンパストリート』 概要

Tokyoナンパストリート サンプル Tokyoナンパストリート サンプル
Tokyoナンパストリート サンプル Tokyoナンパストリート サンプル
©1985 S.Hikaru/ENIX
Tokyoナンパストリート (エニックス)

・1985年04月**日 PC-8801用 カセットテープ版 FD版
・1985年**月**日 FM-7用 カセットテープ版
・1985年**月**日 X1用 カセットテープ版 FD版
・1985年**月**日 MSX用 カセットテープ版

80年代中頃の作品で、首都圏の繁華な場所を舞台に、道行く女性を口説いていく"ナンパ"を再現したシミュレーションゲーム。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由あるタイプのADVに近い。時間経過や金銭、経験値のパラメータがあり、それらをやりくりしてナンパをこなしていく。

ストーリー性のある導入部分はなく、プレイヤーはいきなり東京で一人暮らしをする男性となり、街に繰り出して通行中の見知らぬ女性に声をかけていく。喫茶店等に連れ出し、何気ない会話で好感度を上げ、ボディータッチで雰囲気を盛り上げたらナンパ成功で、後は自宅かホテルに連れ込み、服を脱がせていく。

ゲームクリアはなく、目的が恋人探しかナンパかも自由で、セックスの後で女性を追い返したり、宿泊せずにホテルを出ればそのままナンパ続行が可能である。

最大の特徴は会話の内容やボディータッチにより相手の好感度が上下し、態度が変化していく点で、好感度は非表示のため、相手の反応を探りながらコマンドを絞っていく、というシミュレート要素を備えていた。

女性は55人(顔は5タイプ)それぞれに名前や年齢、趣味、好みの話題などが細かく設定されていて、中には補導員の囮捜査やオカマも紛れ込んでいた。好みの女性をメイキングできるデートモードも起動時に選択できる。

当時としては珍しいひらがな混じりの文体は読みやすく、ほとんどテンキーだけで進められるという操作性の良さも魅力である。また、起動時にパスワードでロードすることが可能となっていた。

エルドラド伝奇』(1985)と同じく、エニックス主催の第三回ゲームプログラムコンテストで入賞している。

個人的な印象として、一般に「恋愛シミュレーションの元祖」とされることがあるが、男女交際を目指す後の恋愛ゲームと同じ意味での恋愛要素は薄く、テーマの似た『ラブアドベンチャー プレイボーイ』(1983)も先行しているため、「画期的なナンパゲーム」とするのが妥当に思える。

かといって作品の歴史的な価値が低い訳ではなく、この後に類似のSLGやナンパをテーマにしたゲームがいくつか続き、ちょっとしたナンパブームが起きていることからも影響力が窺える。また、『同級生』(1992)へと繋がる恋愛シミュレーションの登場にも深く関わっているのは間違いない。

記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
パソコンの登場と共に生まれた学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03