title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『Virtua Call2』 概要

virtuacall2_00virtuacall2_02
virtuacall2_03virtuacall2_04
©1995 FAIRYTALE/F&C co.,ltd.
Virtua Call2 (フェアリーテール)

・1995年12月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 PC-9821用 CD-ROM版
・1996年10月25日 Windows3.1/95用 CD-ROM版
・2004年09月24日 Windows用 DVD-ROM 『バーチャコールクロニクル』に収録
・2010年08月24日 ダウンロード販売開始(クロニクル版) 【DMM】【Gyutto】【DL.Getchu】【DLsite
 
 90年代中頃の作品で、テレビ電話とVR機器を駆使して女性を口説き落としていくアダルトアドベンチャー。『バーチャコール』シリーズの二作目。

VHG(バーチャルヘッドギア)と呼ばれる、相手の声や映像だけでなく、触覚も伝えることのできるコミュニケーション機器が、家庭の電話回線で利用できるようになった近未来。学生の主人公(名前は任意)は、高価なVHGを買ってしまったものの、通話する相手がおらず持て余していた。そこへ隣家の中学生「エミリ」が現れ、近々引っ越してしまうことを告げる。主人公の孤独を心配するエミリは、彼女の引っ越しの日までに恋人を作ることを約束させ、VHG用のRAMカード「バーチャコール」を手渡した。主人公はエミリとの約束を果たすため、バーチャコールで知り合った女の子を次から次に口説き、恋人の選択肢を増やしていく。

システムはほぼ一本道だった前作と異なり、ヒロイン個別エンドが用意されている等、多少の自由度を備えた作りとなった。パーティラインと呼ばれる、3人の女の子と同時に会話するフェイズがあるのも特徴である。操作は選択肢型で、3択の中から相手の好みの回答を推測していく点はそのままである。

基点は自宅のVHGの操作画面で、任意の電話番号を打ち込むことにより物語が展開していく。

シナリオの流れは、最初にバーチャコールに電話し、オペレーターに紹介された面々とパーティラインで会話している内に、3人の女の子の1人に気に入られ、2人っきりの会話に移行、口説いてデートの約束を取り付け、デートで本番行為に至り、電話番号を入手し、後日VHGを使ったテレフォンセックス、といった形が普通である。デートより先にテレフォンセックスがあったり、相手から電話が掛かってきたり、バーチャコール以外の経路で知り合う女の子も居たりで、攻略手順は女の子により様々である。

女の子は古風な武道家の娘、病弱な少女、アイドルの卵、亜宇宙航路のスチュワーデス、奔放なアジア系外国人など10人である。電話中やデート中に機嫌を損ねて逃がしてしまうことが多く、前作のようなやり直しもないため、細かいメモを取りつつ、セーブ・ロードを繰り返していく難易度の高い仕様だったようだ。一通りの女性を口説いた辺りで終了となり、本番とテレフォンセックスまで至った相手を選べば個別エンドを迎える。

続編に『バーチャコール3』(1997)があり、そのセガサターン移植版である『バーチャコールS』(1998)では本作品のヒロインの一部が流用されている。関連商品はOVA版など。

個人的には、前作と比べると自由度が広がり、ストーリーに奥行きができて、ありきたりなナンパ物から一気にトレンドの恋愛物に近づいた印象である。一方で難易度も段違いで、会話のやり取りの中で回答の成否を見分けるのが難しく、軽い気持ちでかかると痛い目をみることになる。人気は高かったようで、最初のPC-9801版は95年末の発売だったにも関わらず、96年の年間ヒットチャートで10位にランクインする健闘をみせている。(Windows版などは合算 ’96/1/1~’96/12/3集計 電撃姫Vol.1)


調査担当

『Virtua Call(0990)』 概要

virtuacall00virtuacall01
virtuacall02virtuacall04
©1995 FAIRYTALE/F&C co.,ltd.
Virtua Call(0990) (フェアリーテール)

・1995年02月24日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 PC-9821用 CD-ROM版
・1996年04月26日 Windows3.1/95用 CD-ROM版
・2004年09月24日 Windows用 DVD-ROM 『バーチャコールクロニクル』に収録
・2010年08月24日 DL販売開始(クロニクル版) 【DMM】【Gyutto】【DL.Getchu】【DLsite

90年代中頃の作品で、テレビ電話で女性をナンパできるサービスを舞台にしたアダルトアドベンチャー。『バーチャコール』シリーズの第一作目。

舞台は音声のみの電話が廃れ、テレビ電話が一般的になった未来の日本。主人公の学生『長谷川健太郎(名前変更可)』は一緒に過ごす恋人もおらず、暇を持て余していた。街でもらったポケットティッシュから、ツーショットダイヤル風の出会いサービス『バーチャコール』のことを知り、さっそく自宅からテレビ電話をかけてみたところ、客が少ないため無料期間中で、幸運にも可愛い子が入れ食い状態。健太郎はオペレーターの『プリシア』のサポートを受けながら、女性達を次々に口説き落としていく。

システムはコマンド類のない、選択肢型のADVである。基本画面は自宅のテレビ電話で、右側にあるプッシュボタンで任意の電話番号を入力し、現れた女の子と会話を進めていく。選択肢は3択の連続で、相手の機嫌を損ねると回線を切られてしまうため、相手の好みの解答を推理していく点がゲーム要素である。ミスしてもプリシアの力でその場からやり直せるため、難易度は易しい。

シナリオの流れは、まずバーチャコールに電話をかけ、プリシアと会話し、Q2回線を選び、初対面の女の子と会話、口説いてデートの約束を取り付け、その場でテレフォンセックスに発展、後日デートで本番に至り、再会を約束して別れるものの、新たな出会いを求めて再びバーチャコールに電話してしまう、というのが基本形である。

女の子の数は合計11人で、甘えたがりの年下、男勝りのスポーツ少女、悩める人妻、オープンな留学生、世間知らずのお嬢様など様々なタイプとなっている。電話先の選択により攻略順は多少前後するが、基本的に一本道で、個別エンドはない。本番後はそれぞれと恋人関係になる訳ではなく、引っ越したり連絡が取れなくなったりで、登場しなくなる点が特徴的である。

セックスシーンは基本的に穏当な和姦だが、流行を反映してか一部に緊縛、鞭打ち、三角木馬などのSM要素を含んでいた。

続編に『Virtua Call2』(1995)、『バーチャコール3』(1996)がある。1~3がセットになった『バーチャコールクロニクル』では一部のCGが差し替えられ、一部に音声が入るなどのリメイクをうけている。派生商品はOVA版、プリシアのフィギュアなど。

個人的には、同じアイデス傘下の『きゃんきゃんバニー エクストラ』(1993)によく似た作風で、よりゲーム性を低く、システムを簡素にした印象である。ゲーム自体に注目すべき点はあまり無いが、テレビ電話が普及した未来のツーショットダイヤルというのが面白い。2016年現在では珍しくない、ライブチャットを利用するアダルトサービスを部分的に予見したといえるし、はずれ具合も時代がかっていて可笑しみがある。


調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03