koukannikki00.png koukannikki04.png
koukannikki05.png koukannikki02.png
©1994 Fairy Dust
こうかん日記 (フェアリーダスト)

・1994年09月09日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年12月17日 Windows95用 CD-ROM 『こうかん日記DX』に収録

90年代中頃の作品で、少女達との甘い恋愛模様を描いたアダルトアドベンチャー。アニメ制作会社だったフェアリーダストの手がけたPCゲームの3作目。

季節は初夏、三人の女の子が偶然にも同じ男性に恋をした。学校はバラバラ、面識もない三人だったが、名前も分からない男性の正体を追う内に共通の友人を通して知り合い、意気投合して友情を育んでいく。彼女たちの交換日記は想いを綴る寄せ書き帳として、青春の思い出を刻み始めた…。

一方、当の男性である主人公(名前は任意)は平凡な大学生。突然3人の美少女から告白されて面食らうものの、それぞれと友達以上恋人未満として付き合うこととなり、彼女たちの切実な想いに応えていく。だが、彼を待ち受ける恋のきっかけは3つに止まらなかった。身近な女性と次々に関係をもった末に、果たして彼は誰を選ぶのか…。

システムは選択肢型のアドベンチャーである。展開はおおむね一本道で、一度のプレイですべてのヒロインの攻略も可能である。ヒロインとの対話やセックスの中で選択肢が出現し、間違うと最終日にそのヒロインの個別エンドが選択できない仕組みになっていた。移動先を選ぶマップ画面も登場するものの、どれを選んでも展開は変わらないので、おそらくフェイクである。

主人公は困っている人を見過ごせないタイプで、荒事にもわが身を省みない男気にあふれた面がある一方、泥酔状態につけこんで見知らぬ女性を犯すなど、スケベ方面にはだらしない。ヒロインたちは主人公の優しさに触れて恋焦がれ、一夜限りの約束でセックスにいたり、友人たちとの関係を守るため秘密にして別れる、というのがシナリオの基本パターンとなっていた。

ヒロインはメインの3人の学生、その友人たち、隣の女子大生、漫画家志望の女の子など11人で、Hシーンはほぼ1つずつである。Hシーンはマウスカーソルにより弱点を順序良く攻めることで進行するタイプで、全画面に近い大きな画像で描かれ、一部に首振りや縦揺れなどのアニメーションが施されていた。女の子の積極性、派手な乱れ方が特徴的である。

続編として『こうかん日記 第2章 ~聖夜をあなたと~』(1995)が続いている。

個人的な印象としては、女の子を口説き落とすというより、女の子から次々に口説き落とされるゲームで、セックス後の絡みもほとんどなく、甘い展開だけに浸れる作品である。形ばかりのコマンド操作が煩わしく、ゲーム性やドラマ性は散らかっているが、絵のタッチは流行を押さえており、アダルト要素の比重も高いので実用性は高かったことだろう。

調査担当