title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『メロンソーダ』 概要

メロンソーダ サンプル メロンソーダ サンプル
メロンソーダ サンプル メロンソーダ サンプル
©1987 パスカルⅡ
メロンソーダ (ボンドソフト/パスカルⅡ)

・1987年**月**日 PC-8801用 FD版
・1987年**月**日 FM-7/77用 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、街中や学校を舞台に女の子とのHをこなしていくアドベンチャー。

どんな女の子も思いのままになるという「禁断のジュース」を求め、ある街にたどり着いた主人公は、さっそく喫茶店や薬屋などのお店、通りすがりの子、女子校などで情報を集めつつ、女の子達のHな要望に応えていく。

ロリータ姫の伝説』『ロリータ姫の絵日記』の流れを汲む作品だが、コマンド選択式となったことで操作性が向上している。ちなみに三つを合わせて、俗に「ロリータ三部作」、もしくは制作者の名前から「MAYAエロゲー三部作」と呼ばれたようだ。

移動先に自由がないタイプの一本道の展開で、女の子に会って条件を満たせばHシーンが表示され、次の子へ進む仕組みになっていた。ただし主人公の体力に限界があり、すべての女の子に構っているとゲームオーバーになってしまうようである。また、クリアに必要なアイテム類が分かりづらい場所に隠されており、コマンドミスによる一発ゲームオーバーもあるため難易度は高めである。

登場人物は主人公以外すべて女の子で、手順を踏めば簡単に体を許してくれる緩い世界観となっているのがシナリオの特徴である。女の子の年齢設定は低めで、表現はソフトながら、一部で緊縛やSM、飲尿等のマニアックな描写も含んでいた。

発売から20年を経て、設定原画集のダウンロード販売が開始されている。

個人的な印象としては、チャンピオンソフトの『ポップレモン』(1986)とタイトルや雰囲気が似ていて、理不尽なゲーム性まで受け継いでしまっている。しかし絵のクオリティやボリュームは当時の平均以上で、操作性も良く、嗜好が合えば実用性は高かったであろう。

調査担当

『ロリータ姫の絵日記』 概要

ロリータ姫の絵日記 サンプル ロリータ姫の絵日記 サンプル
ロリータ姫の絵日記 サンプル ロリータ姫の絵日記 サンプル
©1987 パスカルⅡ
ロリータ姫の絵日記 (ボンドソフト/パスカルⅡ)

・1987年02月**日 PC-8801用 FD版
・1987年02月**日 X1用 FD版
・19**年**月**日 FM-7/77用 FD版 カセットテープ版

80年代中頃の作品で、女の子とマニアックなプレイの組み合わせをテーマにしたCG集。ゲーム内のタイトルは『いけないポーズ集』となっている。

ストーリー性のある導入部はない。セーラー服や体操着の女の子3人が1人ずつ登場し、プレイヤーと何気ない会話をしつつ、脱衣や自慰などを披露してくれる流れである。

2人目まではCGにコメントが付いているだけだが、最後に登場するトモコだけは若干ADV風で、会話を進める為にはキーボードの中から隠しコマンドとなるキーを当て、さらに選択肢で正解する必要があり、一度のプレイで終わらせないための障害となっていた。

一人目のユミコが指やバイブを使った自慰、二人目のリカが縛られ好き、三人目のトモコがお漏らしといった具合に女の子毎にテーマが異なる。全部で30枚近いCGを収録しており、局部は無修正である(当時はPCゲームの摘発事例がなく、各社が独自の裁量で規制していた)。中には女の子が自らの股間に繋いだチューブから飲尿する姿もあり、描写は全体的にソフトだが、所々にマニアックな嗜好が垣間見える。

ロリータ姫の伝説』(1986)、『メロンソーダ』(1987)と合わせてロリータ三部作、もしくは制作者の名前からMAYAエロゲー三部作と呼ばれていたようだ。2000年代に入ってから設定原画集がデジタル販売されている。

調査担当

『ロリータ姫の伝説』 概要

lolitahimeds_01 lolitahimeds_24
lolitahimeds_12 lolitahimeds_08
©1986 パスカルⅡ
ロリータ姫の伝説 (ボンドソフト/パスカルⅡ)

・1986年11月**日 PC-8801用 FD版?
・1986年11月**日 FM-7/77用 FD版 カセットテープ版
・****年**月**日 X1用 FD版
・2012年12月10日 ダウンロード販売開始 『ロリータ姫の伝説Classic

80年代中頃の作品で、童話風の世界での冒険を描いたアダルトアドベンチャー。

現代に暮らす主人公の自宅に届けられた本には、城に閉じ込められた美少女「ロリータ姫」の伝説が記されていた。主人公は彼女を助けることを決心し、秘蔵のバービー人形を携え、本の中の世界へと入っていく。そこは魅力的な女の子や妖精、魔物が暮らす不思議な世界だった・・・。

システムはコマンド入力式で、「ハナシ キク」「カギ トル」といった風に、状況に合わせて一字一字をカナ入力でタイピングしていく。頻度の高い動詞コマンドは、ファンクションにショートカットキーが割り当てられているものの、名詞コマンドは類推するのが難しく、フラグは理不尽で、自力攻略は難易度が高い。

移動先の自由やマップは無く、一本道のストーリーとなっている。かろうじて脈絡はあるものの、主人公の行動は行き当たりばったりで、蜘蛛の巣にかかった妖精を助けてHなお礼をしてもらったり、敵の女兵士を犯したりしている内に、ロリータという名前の王女の下へたどり着く、といった緩い展開が印象的である。

当時としては珍しいスカトロ要素を含んでいるのが特徴で、腹痛に悩む女の子を助けるために浣腸をしたり、取り出した大便を調べて重要アイテムを見つけたり、蜂に刺された傷を治療するために、女の子にビールを飲ませ、尿をかけてもらう必要があった。

タイトルの似た作品に『ロリータ姫の絵日記』(1987年)があり、『メロンソーダ』(1987年)と合わせてロリータ三部作、あるいはMAYA三部作と呼ばれているようだ。また、発売から20年を経て設定原画集がデジタルコンテンツとして発売され、2012年に復刻版も配信開始されている。

80年代は現代より表現に制約が少なかった時代で、"ロリータ"と名のついたソフトは他にも存在した。しかしハードな嗜虐性があったりと、異様で風変わりな作品が多かった。本作品も絵柄はアニメ調で可愛いらしいが、コミカルな汚物や主人公の変わった嗜好の方が印象深い。スカトロを扱ったアダルトゲームとしては最古の作品かもしれない。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03