title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『スターヴァージン』 概要

スターヴァージン サンプル スターヴァージン サンプル
スターヴァージン サンプル スターヴァージン サンプル
©1988 PONYCANYON
スターヴァージン (ポニーキャニオン)
【注意】非アダルトゲームです。

・1988年07月21日 MSX2用 カートリッジ版

80年代後半の作品で、露出の高い衣装の美少女が活躍する横スクロールのアクションゲーム。同名の実写ビデオ映画が原作で、発売は同時期である。

主人公の「エイコ」は少女の姿をした宇宙人で、男のよこしまな欲望の検知するとブレスレットが反応し、パワードプロテクター姿になる変身ヒロインである。地球に観光旅行に訪れていた彼女は、昆虫オタクの少年「コオ」と仲良くなるが、マッドサイエンティストの「アラシヤマ大佐」がコオの体に隠された秘密を狙い、彼を南洋の島に連れ去ってしまう。果たしてエイコは大佐の野望を挫き、コオを救い出す事ができるだろうか。

ステージは全4面で、それぞれのステージ毎にデフォルメキャラを使ってアイテムを集めていく横スクロールアクションの前半と、変身して怪獣や戦車、ロボットと一対一で戦うボス戦に分かれている。

街中やジャングルの中の集落、研究所が舞台で、バッタや蝶など様々な虫たちが敵として登場する。単純なアクションゲームではなく、部屋を一軒一軒まわって住人達と会話をかわし、武器となるアイテムや、変身に必要な男の欲求をすべて回収しなければボス戦が始まらないという、探索ADVのようなフラグ要素を持っていた。ゲームの難易度は高めである。

露出的な意味でのアダルト要素はないが、キャバレーの奥に会員制の怪しい部屋があったり、住人達の欲望セリフがストレートだったりと大人向けの演出が多く、雰囲気はお色気アクションといった印象である。

ビキニアーマーの美少女がアクションを繰り広げる展開は当時人気の題材だったが、実写作品というのは珍しく、原作はそれなりに話題作となったようだ。ゲームの方は冴えない印象で、お色気は期待できず、アクション要素は地味すぎて一般ゲームの中で高い評価を受けるのは難しかっただろう。

調査担当

『ペンキ屋ユウちゃん』 概要

ペンキ屋ユウちゃん サンプル ペンキ屋ユウちゃん サンプル
ペンキ屋ユウちゃん サンプル ペンキ屋ユウちゃん サンプル
©1983 PONY INC.
ペンキ屋ユウちゃん (ポニーキャニオン(PONYCA))

・1983年12月**日 PC-8001mkⅡ用 カセットテープ版

パソコン黎明期の作品で、ペンキ屋を主人公にした脱衣アクションゲーム。

ガールフレンドの「キョウコちゃん」に愛想を尽かされてしまった駆け出しペンキ職人「ユウちゃん」が、彼女に見直してもらおうと、一人で看板を仕上げていくストーリー。

当時のアーケードゲームを彷彿とさせる固定画面のアクションで、赤いペンキを流して妨害してくる意地悪な親方や、ペンキ缶を倒そうとする犬を追い払いながら、大きく美女の描かれた看板の余白を白く塗り上げていく。ステージが進むごとに看板女性の露出度は上がっていき、5面で全裸、6面以降は難易度の高い周回プレイとなっていた。

シンプル過ぎて深みはないが、難易度は適度で脱衣物としてはゲーム性が高い方という印象である。野球拳の脱衣要素と、様々なジャンルのゲーム要素を組み合わせる試みが多かった年で、本作はPCの脱衣アクションゲームとしては最古と思われる。(アーケードには『FRYSKY TOM』の例がある。)

タイトルはおそらくTVドラマ『○○屋ケンちゃん』のシリーズのパロディである。ゲーム性はオリジナリティのある作品だが、帽子にオーバーオールという格好は『ドンキーコング』の影響だろうか。

調査担当

『おーい!かぐや姫』 概要

おーい!かぐや姫 サンプル おーい!かぐや姫 サンプル
おーい!かぐや姫 サンプル おーい!かぐや姫 サンプル
©1983 PONYINC.
おーい!かぐや姫 (ポニーキャニオン(PONYCA))

・1983年11月**日 FM-7/8用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、古典『竹取物語』を題材にした脱衣シューティングゲーム。

シナリオは怪しい鳥が飛び交う竹薮の中で、かぐや姫の入った光る竹を見つけ出し、情事を楽しむという筋書きとなっている。

ゲームは男性器(?)型の自機を操作する、固定画面の縦シューティングゲームで、攻撃目標は敵キャラではなく、竹の節間(節と節の間の滑らかな部分)である。鳥のフンを避けながら照準を上下左右に動かし、未攻撃の節間を狙い撃っていく。当たりの節間を引けばステージクリアで、ご褒美CGが表示される。自機にはダメージ数や弾数にあたる精力のパラメータがあり、使いきってしまうとゲームオーバーとなった。

ご褒美CGはかぐや姫一枚きりで、ステージクリアする毎に一枚、また一枚と薄着になっていくが、何重にも重ね着した十二単姿なので変化に乏しい。最終面をクリアすることで、かぐや姫の裸体を拝む事が出来る。ゲーム内の日付によっては姫が妊娠し、お腹の大きな裸体が表示されるバッドエンド(?)も用意されていたようだ。

難易度が極端に高いのが特徴で、特にすぐ弾切れゲームオーバーになる割に、ステージが進んでも残弾回復が用意されていない、コンテニュー不可など理不尽な設定が目立ち、内部データを弄らない限り、天文学的な確率の運が必要に思える。

個人的な印象としては、ゲーム性でもビジュアル面でも酷いクオリティである。『聖子ちゃんSOS』(1983年)と共に「アダルトシューティング」という、妙なジャンルを切り開いた先駆者だった。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03