title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ポッキー2』 概要

NP2_0013.png NP2_0034.png
NP2_0220.png NP2_0104.png
©1991 Ponytail Soft
ポッキー2 (ポニーテールソフト)

・1991年06月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・1994年06月15日 FM-TOWNS用 『ポッキーポッキー2ポニオン』に収録

90年代序盤の作品で、学園を舞台に女の子三人組が活躍するミステリーアドベンチャー。『ポッキー』(1989)の続編。

前作の後、男女共学となったポッキー学園では新たな問題が起こっていた。学園七不思議の一つだった「怪人赤マント」が実際に現れ、女の子を失神させた上、Hなイタズラをして去っていくのだ。この事件を許せない新聞部部長「美紀」は、部員の一年生コンビ、気の強い「久美子」、のんびりした性格の「ともこ」と協力し、手分けをして調査を進めていく。

システムはコマンド型で、行き先に多少の自由がある探索ADVである。基本は学園内の校庭や音楽室、体育館などを巡り、事件の被害者や目撃者の証言をあつめ、「考える」を繰り返して推理を進めていく。主人公は主に一年生の「久美子」だが、他二人の女の子も手分けをして単独行動を取ることが多く、主観は自動で切り替わっていく。

シナリオは学園を騒がす怪人の正体を追っていく中で、次々に容疑者が浮かび上がってくると同時に、教師達や不良による強引な調査の実態も明らかになり、謎が深まっていく展開となっていた。ナレーター(作者)がくだけた口調で解説とツッコミを入れていくという珍しい文体で、全体的にコミカルで賑やかな印象である。前作の主人公も脇役として登場している。

アダルト要素はパンチラシーンが非常に多い他、怪人や変態教師によって女の子が服を脱がされる描写がメインで、主人公達が体を張って相手を陥れる場合もあった。ただし、本番行為は一切描かれていない。男達がいずれもスケベで醜い存在として、女性と対比的になっているのも特徴である。

個人的な印象としては、かなりボリューム感のある作品で、特にミステリー要素に比重を感じるものの、展開が強引過ぎて推理物としての完成度は高くない。一方、アダルト要素は少ないがビジュアル面は比較的良好である。「ちょっぴりHな学園ドタバタ劇」という形容がしっくりきそうだ。

調査担当

『雀ボーグすずめ』 概要

雀ボーグすずめ 雀ボーグすずめ
雀ボーグすずめ 雀ボーグすずめ
©1990 PONYTALE SOFT
雀ボーグすずめ (ポニーテールソフト)

・1990年02月**日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 PC8801用 FD版

90年代初頭の作品で、ストーリー仕立ての脱衣麻雀。

メインとなる「ファイティング麻雀」は、生き別れの祖父「中(チュン)」により、腕をサイボーグに改造されてしまった主人公「すずめ」が、悪の秘密結社「大黒堂」を倒すため、街中に潜んでいる7人の刺客と対決していく、といった筋書きである。刺客はすべて女の子で、衣装は学生服、バニーガール、チャイナドレスなど様々である。

マップ上のキャラを操作して攻略場所を選び、刺客を倒すことで行ける場所を増やしていく流れで、ゲームを有利にするアイテムが購入できるショップも存在する。

麻雀は二人打ちで、相手より先に3回あがる、もしくは相手の点数を0にすればクリアである。敵も味方も「積み込み」による補助が標準となっていて、手牌は最初からある程度揃っている。主人公の場合は、腕がアイテムのソケットの役目を持っており、勝負前に「ピンフパーツ」「タンヤオパーツ」といった物の中から好きな物を選ぶことにより、あらかじめ役の狙いを定められる。点数の高い役ほどパワーの消費が激しく、戦略要素となっている。フリテンや役なしでもあがれてしまうが、その場合は「チョンボ」として負けになってしまうシビアな面もあった。

主人公も含めて1回あがられる毎に女の子の衣装が薄くなり、最終的に全裸に近い格好になるが、肝心な部分は手で隠している場合が多く、アダルト描写はソフトである。

オマケとしてひたすら麻雀を楽しむ「フリー麻雀」、ブランドのデビュー作『ポッキー』(1989)のキャラクター達が登場するポンジャン風の脱衣ゲーム「ポッキー麻雀」も収録している。

個人的な印象として、操作やシステムに慣れが必要だったりと、色々と難点があるものの、コンティニューがあるため気楽に楽しむ事ができ、スピーディで緊張感もある仕上がりとなっている。PC-88が主流だった時代の末期にあたり、200ライン最大8色の限界に迫った美麗なビジュアルを誇った。

調査担当

『ポッキー』 概要

ポッキー ポッキー
ポッキー ポッキー
©1989 PONYTAIL SOFT
ポッキー (ポニーテールソフト)

・1989年01月**日 PC-8801用 FD版
・1989年03月**日 PC-9801用 5インチFD版
・1989年03月**日 MSX2/MSX2+用 FD版
・1994年06月15日 FM-TOWNS用 『ポッキーポッキー2ポニオン』に収録

80年代末期の作品で、学園を舞台に女の子達の下着を集める探索アドベンチャー。ポニーテールソフトのデビュー作である。

とある学校「ポッキー学園」では、男子校舎と女子校舎が壁で隔てられている為、男子は覗きや下着ドロに、女子は百合に走る生徒が横行していた。これを憂えた校長は、健全な男女交際を奨励するべく、奇妙な大会を思いつく。それは、選ばれた3人の男子生徒が女子部の敷地を駆け回り、校長印の入ったブラとパンティーのセットを身につけた女の子3人を探し出し、脱がせていくというものだった。参加者の1人に選ばれた主人公は、優勝者特典の今後一切の宿題免除と、保健のさゆり先生とのムフフ付きデートを目指して探索を開始する。

システムはコマンド選択型で、「話す 女の子」「移動 本館横」といった具合に2段階の選択で進行していく。移動先に自由があり、教室や職員室、体育館など好きな場所から探索できるが、女の子を脱がせるには、重要アイテムを入手するなどの手順を踏まなくてはならない為、クリアに繋がる一本道を探っていく点がゲーム要素となっている。移動先が多く、フラグは分かりにくく、ゲーム難度は高めである。

シナリオはコミカルな学園ドタバタ物で、スケベな主人公が時に女の子を助け、時に脅し、時に襲ったりしながら女の子の下着を確認し、奪っていく展開である。アダルトCGは多いが、主人公の目的はあくまで下着を集めることであり、裸で喜ぶのみで、性行為に至らないケースが多いのが特徴的である。

ビジュアル面での人気が高く、「CG最大8色の美少女ゲームでは最高峰」と当時讃えられたようだ。後世から見ると、後に同社から発売された『雀ボーグすずめ』には及ばないが、確かに原画のレベル、衣装や背景美術の詳細さなど、同時期の作品の中では高いクオリティなのが感じられる。

続編に『ポッキー2』(1991)がある。

「学園モノ」というテーマは、後にアダルトゲームの主流を占めるほど定番化するが、この時期はまだ数が少なく、特に男子生徒が主人公、学校内が舞台というのは驚くほど僅かである。一般アニメやコミックの学園モノの流行が最も関係するのだろうが、アダルトゲームに限って言えば、この作品のヒットもそれなりに影響力をもったことだろう。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03