title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『雀ボーグすずめ』 概要

雀ボーグすずめ 雀ボーグすずめ
雀ボーグすずめ 雀ボーグすずめ
©1990 PONYTALE SOFT
雀ボーグすずめ (ポニーテールソフト)

・1990年02月**日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 PC8801用 FD版

90年代初頭の作品で、ストーリー仕立ての脱衣麻雀。

メインとなる「ファイティング麻雀」は、生き別れの祖父「中(チュン)」により、腕をサイボーグに改造されてしまった主人公「すずめ」が、悪の秘密結社「大黒堂」を倒すため、街中に潜んでいる7人の刺客と対決していく、といった筋書きである。刺客はすべて女の子で、衣装は学生服、バニーガール、チャイナドレスなど様々である。

マップ上のキャラを操作して攻略場所を選び、刺客を倒すことで行ける場所を増やしていく流れで、ゲームを有利にするアイテムが購入できるショップも存在する。

麻雀は二人打ちで、相手より先に3回あがる、もしくは相手の点数を0にすればクリアである。敵も味方も「積み込み」による補助が標準となっていて、手牌は最初からある程度揃っている。主人公の場合は、腕がアイテムのソケットの役目を持っており、勝負前に「ピンフパーツ」「タンヤオパーツ」といった物の中から好きな物を選ぶことにより、あらかじめ役の狙いを定められる。点数の高い役ほどパワーの消費が激しく、戦略要素となっている。フリテンや役なしでもあがれてしまうが、その場合は「チョンボ」として負けになってしまうシビアな面もあった。

主人公も含めて1回あがられる毎に女の子の衣装が薄くなり、最終的に全裸に近い格好になるが、肝心な部分は手で隠している場合が多く、アダルト描写はソフトである。

オマケとしてひたすら麻雀を楽しむ「フリー麻雀」、ブランドのデビュー作『ポッキー』(1989)のキャラクター達が登場するポンジャン風の脱衣ゲーム「ポッキー麻雀」も収録している。

個人的な印象として、操作やシステムに慣れが必要だったりと、色々と難点があるものの、コンティニューがあるため気楽に楽しむ事ができ、スピーディで緊張感もある仕上がりとなっている。PC-88が主流だった時代の末期にあたり、200ライン最大8色の限界に迫った美麗なビジュアルを誇った。

調査担当

『今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2』 概要

今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 サンプル 今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 サンプル
今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 サンプル 今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 サンプル
©1988 dB-SOFT
今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 (デービーソフト)

・1988年12月01日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/MSX2+用 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 5インチFD版
・****年**月**日 X1turbo用 FD版

80年代後半の作品で、麻雀を題材にした4種類のゲームが楽しめるミニゲーム集。

形式は前作『今夜も朝までPowerfulまぁじゃん』と似ていて、男達を相手に脱衣無しでひたすら4人打ち麻雀を続けていく『ノーマルまあじゃん』、8人の女の子の中から1人を選び、あがるたびに露出が上がっていく『エキサイトまあじゃん』、ストーリー仕立てでスゴロク風のマップを移動しながらライバル達と対戦していく『さすらいまあじゃん』、ポンジャン風のゲームでトーナメント戦を勝ち上がっていく『ぽこまあじゃん』の4本である。

前作と大きく違うのは『ノーマル』と『エキサイト』の配牌操作で、他のゲームのようにイカサマ技がある訳ではないが、スタート時の手牌が敵味方ともに異様に揃っていて、役満が飛び交う派手な応酬を特徴としている。一手目からアがれる天和(テンホー)すらさほど珍しくない。

エキサイト麻雀は普通に服を脱いでいく物から、虫食い状態が直っていく物まで様々な脱衣演出が用意されている。最後まで脱がせる毎に秘密のパスワードが一文字ずつ明かされていき、全部揃えると隠しキャラと対戦できる仕組みとなっていた。

ソフト自販機『TAKERU』にて、女の子のデータを入れ替える事ができる拡張ソフト『今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2 データ集 雅子ちゃん組』がリリースされていた。

調査担当

『あっぷる・くらぶ2 禁じられた遊びシリーズ』 概要

あっぷる・くらぶ2 禁じられた遊びシリーズ サンプル あっぷる・くらぶ2 禁じられた遊びシリーズ サンプル
あっぷる・くらぶ2 禁じられた遊びシリーズ サンプル あっぷる・くらぶ2 禁じられた遊びシリーズ サンプル
©1988 Fairytale
あっぷる・くらぶ2 禁じられた遊びシリーズ (フェアリーテール)

・1988年09月08日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1988年09月08日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、脱衣要素を備えたポンジャン風のテーブルゲーム。

4人対戦のトランプの七並べだった『あっぷる・くらぶ1』に対して、本作品は対戦相手が選べる1対1の勝負で、オリジナルの牌と麻雀に似たルールを使った全く違うゲームである。しかし、同年に発売された『あっぷる・くらぶ データ集』は共用可能で、3人の対戦相手の女の子を入れ替える事ができた。

手牌の中で同じ絵柄の牌を3枚ずつ揃えたらアガリ、という簡素なルールで、牌は童話『かぐや姫』『桃太郎』『浦島太郎』『花咲かじいさん』にちなむ絵柄となっており、その組み合わせによって『月とスッポン』『快楽的行為』など特別なボーナス得点が設定されていた。対戦数は東風戦(4戦以上)で、相手の得点を上回れば女の子が1枚ずつ脱衣、下回れば泣き叫ぶプレイヤー(男)が無理矢理服を破かれていく仕様である。

女の子はかぐや、ももこ、おとひめの三人で、いずれも日本の童話がモチーフとなっている。CGはプレイヤー以外1人につき1枚で、差分をつかって薄着になっていき、全裸にすればゲームクリアとなった。

役なしでもアガる事が出来、フリテンもないため慣れてくれば難易度は易しい。麻雀が苦手な人でも入っていける敷居の低さが魅力の作品である。

調査担当

『今夜も朝までPowerfulまぁじゃん』 概要

今夜も朝までPowerful麻雀 サンプル 今夜も朝までPowerful麻雀 サンプル
今夜も朝までPowerful麻雀 サンプル 今夜も朝までPowerful麻雀 サンプル
©1988 dB-SOFT
今夜も朝までPowerfulまぁじゃん (デービーソフト)

・1988年01月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版
・****年**月**日 X1/turbo用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の麻雀ゲーム。脱衣麻雀あり、ポンジャン風のミニゲームありの麻雀バラエティソフトである。

ゲームモードは4種類で、中年男性と二人打ち麻雀をひたすら続けていく脱衣要素なしの「ノーマル麻雀」、7人の女の子から1人を選び、あがる度に一枚ずつ脱がせていく「エキサイト麻雀」、旅雀士の主人公が全国を巡り、強敵を打ち破っていくストーリー仕立ての「さすらい麻雀」、いわゆるポンジャンのように牌の絵柄を揃えていく「ポコ麻雀」の中から1つを冒頭で選択する。

対戦形式はすべて二人打ちで、エキサイト麻雀では条件を満たせば配牌を操作できるイカサマ技が用意されており、さすらい麻雀でもオリジナル役など特殊ルールが存在する。

続編に『今夜も朝までPowerfulまぁじゃん2』がある他、後にソフト自販機TAKERUにて『今夜も朝までPOWERFUL まぁじゃん データ集』が発売されている。

続編と違って理不尽な配牌調整が行われている印象はないが、CPUは弱いので上級者は簡単すぎると感じるかもしれない。当時はアーケードでの脱衣麻雀が流行していて、表現力で圧倒的に差のあるパソコンソフトでは数が少ないものの、オリジナルタイトルの脱衣物がいくつか発売されていたようだ。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03