title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『魔性の貌』 概要

masyonokao00masyonokao01
masyonokao02masyonokao03
©1996 Mink
魔性の貌 (ミンク)

・1996年11月01日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1997年06月05日 Windows95/98用 CD-ROM 限定版 CDケース仕様
・2010年08月27日 DL販売開始  【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM】【DLsite
・2014年11月21日 DL販売 『ミンクブランドパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2014年12月12日 DL販売 『Minkオールスターボリュームパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-Dark-』に収録 【DMM
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-FULL POWER-』に収録 【DMM
・2016年08月01日 DL販売 『ミンク 定番人気作コンプリートパック』に収録 【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM

90年代中頃の作品で、謎めいた女の手管により平穏な日常が壊されていく模様を描いたサスペンス系のアダルトアドベンチャー。老舗『ミンク』初期のヒット作である。

主人公「圭一」は平凡な学生。義理の母親、妹と3人で暮らしていたが、ある日、従姉と名乗る同級生「麗香」が現れ、4人での奇妙な生活が始まる。学校で、自宅で、圭一に見せつけるように自慰をしたり、幼馴染を巻き込んで淫らな挑発してくる麗香に対し、反感と恐れを深めていく圭一。やがて、母や妹にも魔の手が及び、平和だった圭一の周囲は淫靡で背徳的な空気に支配されていく…。

ゲームシステムはコマンドと選択肢の混合型で、移動先にほとんど自由がないタイプのADVである。普段は「見る」「調べる」「話す」といったコマンドを総当りすることで場面が進展していく。ほぼ一本道の展開だが、後半の3箇所で好意のあるヒロインを選択する場面があり、例えば「母・母・妹」、「麗華・妹・幼馴染」といった具合に、4人のヒロインの組み合わせによって24種類のエンディングに分岐する仕組みになっていた。

シナリオは、妖艶でミステリアスな美女の策略により、主人公の家庭や学園のモラルが崩壊していく様を描いた、シリアスでアダルト重視な展開である。エンディングは主人公死亡や、ヒロインの理性喪失によるバッドエンドがほとんどで、僅かなグッドエンドも、タガが外れた主人公達による変態的で退廃的な幕引きとなっているのが特徴である。

アダルト要素の比重は高めで、オナニーに始まり、手コキ、フェラ、挿入といったノーマルな行為から、道具や野菜を使ったプレイ、女性同士の絡み、3P、拘束プレイ、野外プレイ、寝取らせ等、後半になるほど過激になっていく。女性側が積極的なケースばかりで、陵辱はない。Windows版では一部にボイスが追加された。

関連商品は小説版、OVA版など。

当時一般的だったコマンドと選択肢の併用型、数多くのエンディングを備えたダークな作風である。個人的には、システム面での洗練不足、内向的で意思の弱い主人公の性格と、セックスの描き方に関して、動きを感じさせる難しい構図に挑戦しているのが印象に残った。後味の苦い雰囲気と絵のタッチが好みに合えば、実用性はそれなりにあったことだろう。


公式HP
http://www.mink.co.jp/product/other/masyo/index.html 

調査担当

『星の砂物語2』 概要

hoshinosn2_01.png hoshinosn2_02.png
hoshinosn2_28.png hoshinosn2_51.png
©1992 D.O.
星の砂物語2 (D.O.)

・1992年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版?
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM 『星の砂物語 バリューコレクション』に収録

90年代序盤の作品で、スキーリゾートで起こった傷害事件の謎を追っていくミステリーアドベンチャー。『星の砂物語』(1991)に続くシリーズ2作目。

前作の後、推理好きの中学生「真美」に誘われた主人公「彦五郎」は、真美たちの保護者としてスキー旅行に参加していた。ゲレンデも近く、周囲にはディスコや温泉もあり、ナンパし放題の楽しい旅行になる筈だったが、一行はペンションの二枚目従業員「エディ」が刺されて倒れている場面に遭遇する。幸い命を取り留めたものの、エディの意識は戻らないまま。真美に捜査を頼まれた彦五郎は、床に書かれた血文字「HO」を手がかりに、周辺人物の聞き込みを開始する。

システムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。ペンション内やゲレンデ、温水プール、ディスコ、喫茶店、ホットドッグ屋、大学内の施設などを巡り、出会った人物から「話す」「聞く」「考える」といったコマンドで情報を集め、真美に報告して捜査を進めていく。結末はラスト付近の選択肢でヒロイン個別エンドに分岐するマルチエンドとなっていた。行き先もコマンドも多く、難易度は高めだが、おまけ要素として作品外にヒントコーナーが用意されていた。

シナリオは「HO」というイニシャルの人物やエディの交友関係を探り、アリバイの有無を調べたり、エディとの怪しい噂の真相を確かめていく一本道の流れとなっていた。作風は前作に続きアダルト重視で、8人の女の子に複数のHシーンが用意されている。また、主人公が行く先々で女の子の方からHに誘われ、激しい乱れ方に困惑しつつ相手をするケースが多い等、セックスに貪欲な女性像が印象的である。

女性器の修正方法が独特で、モザイク等はなく、色を白色~水色に置換し、飛沫と同化させることで溢れ出した愛液によりフィルターされているような表現となった。そのためクリトリスや陰唇の形状はそのままに見えるという、業界に自粛ムード漂う中でのアグレッシブな姿勢である。また、強調されるドギツイ色の乳首や肛門、光沢の多い肌の表現など、けれん味のある女体表現が当時としては珍しい。

続編として『星の砂物語3』(1995)が続いている。

個人的な印象としては、前作より遥かにボリュームアップしている一方、行き先もコマンドも豊富なため、詰まった時の総当りに労力がかかる。作中のヒントによる誘導が全くあてにならないので、その繰り返しでテンポが悪いのが残念である(正解はヒントコーナーで聞けるがリセットが必要)。淫乱な女の子達と濃い肉体表現も好みの別れる所だが、嗜好が合えば実用性は高かったであろう。

調査担当

『天使たちの午後III ~リボン~』 概要

天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル 天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル
天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル 天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル
©1989 JAST
天使たちの午後3 ~リボン~ (JAST)

・1989年11月**日 PC-8801用 5インチFD?
・1989年11月**日 PC-9801用 5インチFD版/3.5インチFD版
・19**年**月**日 PC-8801用 5インチFD? 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 PC-9801用 5インチFD/3.5インチFD 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 X68000用 5インチFD 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 MSX2用 5インチFD/3.5インチFD 廉価版(SELON販売)
・1995年02月22日 PC-9801用 3.5インチFD『天使たちの午後 Collection』にリメイク版収録
・19**年**月**日 FM-TOWNS用 3.5インチFD 『天使たちの午後 Collection』にリメイク版収録

90年代末期の作品で、男性教師が憧れの女子生徒とのゴールインを目指す学園アドベンチャー。『天使たちの午後』シリーズの5作目。

主人公「先生」は女生徒に人気の男性教師。お気に入りの生徒「遙」に密かに思いを寄せているが、彼女に接近するためのきっかけを掴めずにいた。プレイヤーは彼を操作して授業中の校内を物色し、先生達の秘密を暴きつつ、遙の悩みに迫っていく。

システムは前作と同じコマンド選択式で、移動先にあまり自由がないタイプのADVである。

前半のシナリオは「遥」とはあまり関係がなく、主人公が校長室にある盗撮用モニターで遊んだり、教頭の弱みを握って脅したり、同僚の机の中を勝手に物色する内、たまたま遙の情報にたどり着くという、わらしべ長者のような展開の一本道となっていた。

一方、後半は恋愛ドラマ風の展開で、一緒に下校中の遙と結ばれる為にコマンドを絞っていく流れとなっており、複数の分岐を備えていた。遙とのハッピーエンドは一つだけで、他は大部分がHシーン付きのバッドエンドだが、中には同僚の藍沢先生とめでたく結ばれるハッピーエンドも用意されていた。

分岐はあくまで正ヒロインの遙に対するオマケシナリオだが、藍沢先生にも個別ルートにあたる部分がセックスシーン付きで用意されており、祝福を受ける姿から、複数ヒロインによるマルチシナリオ・マルチエンディングとしては最古といえるかもしれない。ただし、これ以降この形式が一般的になる訳ではなく、影響力はさほどなかったと思われる。

なお、マルチシナリオを備えたADVとしては、これ以前にも『シンデレラペルデュー』『ふぇありぃてぃる』『学園物語』等が存在する。シリーズは『天使たちの午後Ⅲ 番外編』(1990)、『天使たちの午後IV ~ゆう子~』(1991)が続いた。

個人的な印象としては、主人公が校内を徘徊する理由が不明で、「僕はどうしてしまったんだろう」と呟きながら他人のプライバシーを侵害していく姿がなんとも滑稽である。当時のアドベンチャーでは手の込んだ仕掛けを解いていく探索要素に比重があり、主人公の内面が考慮されなかったため、不審者的な行動が珍しくなかったようだ。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03