title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『DERRINGER』 概要

DERRINGER サンプル DERRINGER サンプル
DERRINGER サンプル DERRINGER サンプル
©1988 Clest
DERRINGER (クレスト)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、人気美少女モデルの危機をテーマにしたアドベンチャー。JASTが新設したブランド『Clest』のデビュー作となった。

売れない探偵の主人公の元に届いた差出人不明の手紙。それは13才の人気モデル「中藤美希(なかふじみき)」が拘束されており、内密に調査して解決して欲しいという依頼状だった。にわかに信じがたい内容だったが、同封されていたスナップ写真が気になった主人公は、カメラ助手として美希のコマーシャル撮影の現場に潜り込み、隙を見て美希に接触を試みる。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由はなく、シーンごとに決められたフラグを満たすことで次の場面に移る一本道の展開である。ミステリー要素は希薄で、コマンドを丹念に総当りすることにより、クライマックスで必要になるアイテムが回収できるかが攻略要素となっていた。

シナリオは終始シリアスな雰囲気で、撮影スタッフに探りを入れつつ、美希と美人マネージャーに接近していく流れとなっている。ボリュームは少なくヒロインも2人だけだが、一周目の「HARD BOILED MODE」をクリア後には「SPECIAL MODE」と呼ばれる二周目が用意されていて、セックスシーンのCGと演出が異なる他、SM風の縛りプレイが楽しめる趣向になっていた。

局部は『天使たちの午後』シリーズと同じで、扱いは小さいが無修正である。(当時はPCゲームの取り締まり事例がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

続編に『夜の天使たち ~私鉄沿線殺人事件~』があり、さらなる続編の『メイキング・オブ・Miki』も発表されていたが、こちらは未発売のまま立ち消えになったようだ。

主人公がハードボイルドな性格設定になっているのが特徴的で、考えをまとめる度にタバコを吸う必要があり、気に入らないコマンドには唇の端だけで笑って応え、死亡時やクリア時に意味ありげでキザなセリフを残すのだが、世界観に馴染まず何ともユーモラスである。メインヒロインは影が薄く、薄幸で献身的なマネージャーの方が印象に残った。

調査担当

『学園物語』 概要

学園物語 サンプル 学園物語 サンプル
学園物語 サンプル 学園物語 サンプル
©1987 GREAT
学園物語 (GREAT)

・1987年11月**日 PC-8801用 FD版
・1987年11月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX用 FD版 カードリッジROM版

80年代後半の作品で、学園を舞台にした探索系のアドベンチャー。

主人公タカシは、とある学園の男子寮に住む一年生。いつか憧れのノリコ先生の手で童貞を卒業する日を夢見ていたが、先生は突然に学園を辞めることになってしまう。彼女は誰かに脅迫されている、という噂を耳にしたタカシは、事の真相を確かめるべく、学園内の探索を始める。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由があり、女子寮と男子寮を何度も往復しながらフラグとなる情報やアイテムを見つけ、移動先を増やしていく流れである。攻略は基本的に総当りだが、一発ゲームオーバーの選択肢も多く、仕掛けも凝っていて難易度は高めである。

シナリオはスケベな主人公が、憧れの女教師を悩ませる脅迫事件を解決し、性のプライベートレッスンを受けるまでの学園内を舞台にした冒険物である。ミステリー風の展開を含んでいるが、謎解きは全て登場人物たちが片付けてくれる。捜査のためなら女子寮の窓を叩き割って侵入する主人公のやんちゃぶりと、童貞を優しくリードしてくれる年上キャラがヒロインを務めている点が印象的である。

途中で一箇所分岐があり、主人公に思いを寄せる同級生「アキコ」と結ばれるシナリオがHシーン付きで用意されていた。あくまで事件未解決のバッドエンドだが、時期的には『天使たちの午後Ⅲ』より早く、ヒロイン個別ルートを備えたマルチシナリオ・マルチエンドの起源を考える上で重要かもしれない。

行き先が多くて探索は大変だが、当時としてはそれなりにシナリオ性があり、操作感が軽快なためテンポよく遊べる作品である。

調査担当

『シンデレラペルデュー』 概要

CINDERELLA PERUDUE サンプル CINDERELLA PERUDUE サンプル
CINDERELLA PERUDUE サンプル CINDERELLA PERUDUE サンプル
©1986 studio ANGEL
シンデレラペルデュー (studio ANGEL/全流通)

・1986年09月**日 PC-8801用 FD版
・1986年**月**日 FM-7用 3.5インチFD版
・1987年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代半ばの作品で、謎の暗号解読をテーマにしたアダルトアドベンチャー。選択肢によるストーリー分岐を備えたアダルトゲームとしては最初期のものと思われる。

医大3回生の主人公はパソコン通信「Bridge Club」を使い、ガールフレンドを探していた。そこに届いた謎のメッセージ「3*9<24, qnd(10^9),f」。興味を持った主人公は、行く先々で女の子と出会い、口説き落としながらも偶然からヒントを得て、次第に暗号の謎に迫っていく。

システムは「はなす」等のコマンド類が一切ない、選択肢のみのアドベンチャーで、後に一般化するが当時としては珍しい。時間と所持金の概念があり、それらの制限以内に暗号を解いて、出題者の元にたどり着くのがゲーム目的である。

選択肢は基本的に「電車に乗る or 車で行く」「女の子に触る or 我慢する」といった感じの2択の連続である。選択を間違うと即ゲームオーバーを迎えたり、暗号のヒントをスルーしてしまったり、タイムオーバーで終了してしまうが、はずれルートにもそれなりに別の展開とCG(アダルト含む)が用意されているのが特徴である。

ストーリーは大学でレポートを提出し、コンサートへ行く間に女子学生や看護婦、アイドル歌手等と出会って意気投合し、セックスをこなしていく流れである。お題の暗号は理不尽なほど難解だが、女の子や主人公が解決してくれるので謎解き要素はない。ゲーム性はヒントを全回収して時間内にたどり着くルートを探すため、選択肢を絞っていく点となっていた。

当時流行していたゲームブックを発展させたような作りで、構造は90年代中頃のマルチシナリオADVに近く、おそらく先駆者といえる作品である。CGの枚数は豊富でアダルトシーンも多めだったが、テキスト面が貧弱だったのと、当時としては簡単すぎて短く感じてしまうためか、知名度は今ひとつのようだ。

調査担当

『天使たちの午後III ~リボン~』 概要

天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル 天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル
天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル 天使たちの午後3 ~リボン~ サンプル
©1989 JAST
天使たちの午後3 ~リボン~ (JAST)

・1989年11月**日 PC-8801用 5インチFD?
・1989年11月**日 PC-9801用 5インチFD版/3.5インチFD版
・19**年**月**日 PC-8801用 5インチFD? 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 PC-9801用 5インチFD/3.5インチFD 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 X68000用 5インチFD 廉価版(SELON販売)
・19**年**月**日 MSX2用 5インチFD/3.5インチFD 廉価版(SELON販売)
・1995年02月22日 PC-9801用 3.5インチFD『天使たちの午後 Collection』にリメイク版収録
・19**年**月**日 FM-TOWNS用 3.5インチFD 『天使たちの午後 Collection』にリメイク版収録

90年代末期の作品で、男性教師が憧れの女子生徒とのゴールインを目指す学園アドベンチャー。『天使たちの午後』シリーズの5作目。

主人公「先生」は女生徒に人気の男性教師。お気に入りの生徒「遙」に密かに思いを寄せているが、彼女に接近するためのきっかけを掴めずにいた。プレイヤーは彼を操作して授業中の校内を物色し、先生達の秘密を暴きつつ、遙の悩みに迫っていく。

システムは前作と同じコマンド選択式で、移動先にあまり自由がないタイプのADVである。

前半のシナリオは「遥」とはあまり関係がなく、主人公が校長室にある盗撮用モニターで遊んだり、教頭の弱みを握って脅したり、同僚の机の中を勝手に物色する内、たまたま遙の情報にたどり着くという、わらしべ長者のような展開の一本道となっていた。

一方、後半は恋愛ドラマ風の展開で、一緒に下校中の遙と結ばれる為にコマンドを絞っていく流れとなっており、複数の分岐を備えていた。遙とのハッピーエンドは一つだけで、他は大部分がHシーン付きのバッドエンドだが、中には同僚の藍沢先生とめでたく結ばれるハッピーエンドも用意されていた。

分岐はあくまで正ヒロインの遙に対するオマケシナリオだが、藍沢先生にも個別ルートにあたる部分がセックスシーン付きで用意されており、祝福を受ける姿から、複数ヒロインによるマルチシナリオ・マルチエンディングとしては最古といえるかもしれない。ただし、これ以降この形式が一般的になる訳ではなく、影響力はさほどなかったと思われる。

なお、マルチシナリオを備えたADVとしては、これ以前にも『シンデレラペルデュー』『ふぇありぃてぃる』『学園物語』等が存在する。シリーズは『天使たちの午後Ⅲ 番外編』(1990)、『天使たちの午後IV ~ゆう子~』(1991)が続いた。

個人的な印象としては、主人公が校内を徘徊する理由が不明で、「僕はどうしてしまったんだろう」と呟きながら他人のプライバシーを侵害していく姿がなんとも滑稽である。当時のアドベンチャーでは手の込んだ仕掛けを解いていく探索要素に比重があり、主人公の内面が考慮されなかったため、不審者的な行動が珍しくなかったようだ。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03