title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ここは楽園荘2』 概要

kres2_00kres2_01
kres2_02kres2_05
©1995 FOSTER
ここは楽園荘2 (FOSTER)

・1995年10月20日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1995年10月20日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、美女達の暮らすマンションを舞台にしたアダルトアドベンチャー。『ここは楽園荘』(1994年)の続編。

前作で騒動の末、従妹の「美紗」と結ばれた主人公「圭吾」だったが、美紗は留学してから音信不通になってしまった。楽園荘は普通のマンションになり、入居者は半数が新しい顔ぶれとなっていた。あれからおもちゃ会社に就職した圭吾は、開発部のエースとしてバリバリと仕事をこなし、楽園荘のセフレや会社の女の子から熱烈に求められる充実した日々を送っていていたが、手がけている企画の情報がライバル会社に漏れているという噂が立ち、不審な出来事が相次いで…?

ゲームシステムは選択肢型のADVだが、分岐やゲームオーバーのない一本道である。2~3択の選択肢や移動先が選べることがあるものの、正解以外は主人公がほとんど拒否するので、見かけより自由のないシンプルな構造となっている。

シナリオはモテモテの主人公が、女性達から誘惑されておいしい目に合いつつ、情報漏えいの妨害を乗り越えて、企画を完遂を目指す流れとなっている。ギャグ作品ではないが、雰囲気は楽天的で明るい。前作に続き、セックスに貪欲な女性像が特徴的で、女性の方から直接的に迫ってくるケースが多い。

女の子は前作からの学園生、水商売のお姉さんの他、会社の同僚の3人、会社の上司、喫茶店のアルバイトの7人である。Hシーンは一人あたり1~2箇所で、一部に屋外や社内でのスリルセックス、女王様による調教プレイ、放尿などの特殊なプレイを含んでいた。

さらなる続編として『ここは楽園荘3』(1998年)が続いている。

個人的な印象としては、エロと手軽さに特化したシリーズで、ゲーム性はほとんどない。シナリオも短めでアダルト重視だが、ミステリー風の筋立てがそれなりに楽しい。レベルの高い流行のビジュアル、積極的な女の子による大胆なプレイが好みに合えば、実用性は高かったことだろう。

 
調査担当

『ここは楽園荘』 概要

rakuensou00.png rakuensou01.png
rakuensou02.png rakuensou03.png
©1994 FOSTER
ここは楽園荘 (FOSTER)

・1994年04月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年03月01日 Windows95用 CD-ROM版
・1997年11月20日 Windows95/PC-9801/FM-TOWNS用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、女の子だらけのマンションの甘い誘惑を描いたアダルトアドベンチャー。Forest内のブランド『FOSTER』のデビュー作である。

主人公『圭吾』は25歳のフリーター。叔父の経営する高級マンションの管理人として雇われた圭吾は、叔父の海外出張の間、6人の美女たちの暮らす『楽園荘』に住み込みで働くことになった。ところが着任早々から何故かモテモテの圭吾は、次から次に住人から誘惑され、おいしい目にあっていく。それもその筈、楽園荘には隠された秘密があった…。

システムはコマンド型で、一見すると移動先に自由があるタイプの探索ADVだが、実際はほとんど自由度のない一本道の展開である。分岐やゲームオーバーもないため、難易度もゲーム性も極めて低い。

シナリオはマンションの管理人となった主人公が、水商売のお姉さん、OL、学園生、従妹等と会話を交わしたり、Hな場面を目撃したり、マンション内の雑用をこなしていく中、誘われてセックスに応じていく。その一方で怪しい訪問客や不審火、脅迫状などのトラブルも相次ぎ、調べる内にマンションの謎が明かされていくミステリー風の展開となっていた。

アダルトシーンは住人一人あたり2~3つで、シナリオが短い割に比重は高めである。女性側から積極的に誘ってくるのが特徴で、主人公はコトが発覚して管理人をクビになることを恐れつつ、流されるままに相手をしていく。一部に緊縛、飲尿、浣腸などのアブノーマルな描写を含んでいた。

続編として『ここは楽園荘2』(1995)、『ここは楽園荘3』(1998)が続いた。

個人的な印象として、タイトル通りの居心地の良い作風で、面倒な操作も口説く手間もない代わり、シナリオのインパクトも薄い。ビジュアル面では肉体の筋肉質な陰影、存在感のある陰毛、局部の目の細かいモザイク、そして流行の濃いまつ毛が印象的である。

調査担当

『慶子ちゃんの秘密』 概要

慶子ちゃんの秘密 サンプル 慶子ちゃんの秘密 サンプル
慶子ちゃんの秘密 サンプル 慶子ちゃんの秘密 サンプル
©1983 CHAMPION SOFT
慶子ちゃんの秘密 (チャンピオンソフト)

・1984年04月**日 PC-8801用 5インチFD版
・1984年**月**日 FM-7用 カセットテープ版 5インチFD版 3.5インチFD版

パソコンゲーム黎明期の作品で、年上お姉さんのラブレッスンを目指す探索アドベンチャー。『アタックひろ子ちゃん』(1983年)に続く、チャンピオンソフトのアダルトゲームの第二弾である。

受験生の主人公は、家庭教師の女子大生「慶子ちゃん」の事で頭がいっぱい。ある日、慶子ちゃんに電話で招かれた主人公は、彼女のマンションに向かう途中、双眼鏡で彼女の部屋を覗いてみた。すると、慶子ちゃんの背後に怪しい人影が…。慌てた主人公は、慶子ちゃんを探してマンション中の部屋の探索を開始する。

コマンド選択、コマンド入力、ポインターの移動による部屋の物色など、多彩なコマンド形式を組み合わせた探索ゲームで、三部に分かれている。第一部は行動ごとに減っていく体力をやり繰りしながら、マンション内の部屋を一つ一つ訪問し、慶子ちゃんの部屋へのヒントを得ていくマップ探索型、第二部は怪しいカメラマンの家にたどり着き、仕掛けを解いていく謎解き型、第三部はお礼として、慶子ちゃんから「ラブレッスン」を受けるコマンド入力型となっている。

作風はギャグタッチで、前作の「ひろ子ちゃん」や特撮物のパロディも住人として登場している。

最大の特徴は、かなりの長編となっている点である。第一部では100近い部屋があり、配置はリスタートごとにランダムで、攻略を難しくしている。第二部、第三部の謎解きもそれなりに難しく、セーブ不可にも関わらず、当時のアダルトゲームでいえば2、3本分に相当するボリュームがあった。

続編に『その後の慶子ちゃん』シリーズがあり、『パート1 看護婦編』(1986)、『パート2 OL編』(1986)、『パート3 新妻編』(1986)の三つがリリースされている。

個人的な印象としては、ENIXの『女子寮パニック』(1983年)を彷彿とさせるテーマで、比べるとボリューム感のある大作である。しかしゲーム性やギャグは単調で、操作面でも見劣りがする。ビジュアル面も含めて、もう少し洗練されていたら存在感も違っていたことだろう。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03