title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『EVE burst error』 概要

evebe00evebe02
evebe04evebe01
©1995 C’s ware
EVE burst error (C’s ware) 

・1995年11月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 (18禁)
・1997年01月24日 セガサターン用 初回版 通常版 (18歳以上推奨)
・1997年05月30日 Windows95用 CD-ROM 初回版 通常版 (R指定) 
・1997年08月29日 セガサターン用 廉価版 (18歳以上推奨)
・1998年07月02日 セガサターン用 『EVE burst error&EVE The Lost Oneバリューパック
・1999年07月16日 Windows98用 DVD-ROM版 (R指定)
・2003年07月24日 PS2用 『EVE burst error PLUS』 限定版 通常版 (CERO:C(15歳以上))
・2003年11月28日 WindowsXP用 DVD-ROM 『EVE』 (PS2版の18禁リメイク)
・2005年03月24日 PS2用 『EVE burst error PLUS』 廉価版 (CERO:C(15歳以上))
・2006年10月03日 DL販売開始 【DLsite】【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】(R指定版)
・2010年03月25日 PSP用 『burst error EVE the 1st』 (CERO:C(15歳以上))
・2016年04月28日 PS Vita用 『EVE burst error R』 初回版 通常版 (CERO:D(17歳以上))
・2016年04月28日 Windows用 DVD-ROM 『EVE burst error R』 (18歳以上推奨)
・2016年04月28日 DL販売開始 『EVE burst error R』 【DMM】 (18歳以上推奨)
・2016年11月25日 Windows用 DVD-ROM 『EVE burst error A』  (Rの18禁リメイク)
・2016年11月25日 DL販売開始 『EVE burst error A』 【DMM】 (18禁)

90年代中頃のミステリーアドベンチャー。元々はPC向けの18禁ゲームだったが、特に家庭用ゲーム機への移植版が大ヒットを記録し、知名度が非常に高い。続編や派生作品が多く、オリジナル版のリメイクも何度も行われている。

主人公の一人、「天城小次郎」は飄々として人を食った性格ながら、腕は一流の私立探偵である。ある事件がきっかけで羽振りの悪い小次郎は、法外な報酬に釣られ、資産家風の男から怪しい絵画の捜索依頼を引き受ける。同じ頃、もう一人の主人公、大雑把でくだけた性格のエリート捜査官「法条まりな」は、テロリストに狙われているという某国大使の娘の護衛を任命される。面識のない二人の主人公は、別々の事件を追いながらもニアミスを繰り返し、やがて共通の壁にぶつかるお互いの存在を認識し始める…。

ゲームシステムはコマンド選択式で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。怪しい場所を巡回し、「見る・調べる」「考える」等のコマンドを、総当りに近い形で選択することで進展していく。分岐やゲームオーバーはなく、展開は一本道である。攻略はさりげない会話中のヒントが頼りで、難易度はやや高い。

最大の特徴は「マルチサイトシステム」と呼ばれる構造である。『DESIRE』(1994年)の発展系で、男女二人の主人公がそれぞれ独立したシナリオを持ち、いつでも切り替えることができる。一方のプレイのみでは先に進めず、片方で事件を目撃したり、陰ながら協力する事でもう一方のフラグを立てなければならない。二重の視点を何度も切り替えながら殺人事件の謎を追っていくことで、奥行きのあるミステリー表現と推理の楽しさを実現している。

シナリオの核心部分はシリアスだが、主人公達は陽気な性格で、笑い、涙、猟奇、アクションの各要素バランスを取ったサスペンス風ドラマとなっている。

アダルト要素は同社の作品の中では控えめで、小次郎サイドはモテる主人公による据え膳的イベントが中心である。まりなサイドでは、開放的な彼女がレズプレイやラブロマンスに積極的に挑んでいく。 

セックスシーン等をカット、ボイスを追加したセガサターン移植版では、19万本を超えるセールスを記録し、ミステリーとしての完成度を見せつけた。 続編はコンシューマ向けを中心に『THE LOST ONE』(1998年)、『ADAM THE DOUBLE FACTOR』(1999年)、『EVE ZERO』(2000年)、『EVE new generation』(2006年) と続いた他、派生作品として『EVE雀』(2008年)や小説版がある。オリジナル版も20年を経て、当時の原画を担当した田島直氏が一部描き下ろす形でデジタルリマスター化され、話題となった。

個人的な印象としては、ミステリー自体も凝っており、日常会話は軽妙、ビジュアルのレベルが高くスタイリッシュな点に加え、泣き要素があるのが印象的だった。当時は悲劇的なロマンスがスパイスになっているアダルト作品が流行りだした頃だったが、この作品は美少女ゲームの枠に囚われない野心的なところがあり、その中でも異質に思える。『YU-NO』と共通する、奇抜なアイデアと完成度の高さ、独特の作家性が光る作品だった。


【EVE burst error R】 公式サイト
http://eve.el-dia.net/ 


調査担当

『黒の断章』 概要

knds00knds01
knds05knds07
©1995 AbogadoPowers
黒の断章 (アボガドパワーズ)

・1995年07月14日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 DOS/V用 3.5インチFD版
・1997年08月08日 セガサターン用(18歳以上推奨) 初回限定版 通常版
・2004年01月30日 Windows用 CD-ROM
  『黒の断章 THE LITERARY FRAGMENT / for Win SS改訂版
・2005年03月18日 Windows用 DVD-ROM
  『黒の断章 THE LITERARY FRAGMENT / for Win SS改訂版
・2007年11月29日 ダウンロード販売開始(Win SS改訂版)
  【Gyutto】【DLsite】【DL.Getchu】【DMM

90年代中頃の作品で、二人組の探偵を主人公にしたホラー系のアダルトアドベンチャー。アボガドパワーズの2作目。

事件は主人公たちの暮らす都内のマンションで起こった。一家4人が猟奇的な手口で惨殺されたのだ。小さな探偵事務所の所長、女たらしで不敵な性格の「涼崎」は、好奇心から警察の捜査に首を突っ込み、心理分析のプロ「草薙」、涼崎を慕う助手の「明日香」と協力して、事件の周辺を調べ始める。だが、惨劇はほんの始まりに過ぎなかった。主人公達を嘲笑うかのように起こる第二、第三の事件に謎は深まり、次第に三人の運命は、涼崎の過去にまつわる忌まわしい何かに絡め取られていく…。

システムは移動先に自由があるタイプのADVで、コマンドメニューはなく、操作は『ELLE』(1991年)のようなクリック式である。矢印型のポインターを人物の口の上に持ってきてクリックすれば「話す」、家具や装飾品の上でクリックすれば「調べる」といった具合に、直感的に探索できる仕組みとなっていた。選択肢も所々で登場するが、どちらを選んでも結果は変わらず、おそらくフェイクである。

過去の記憶の欠落や悪夢に苦しむ、女たらしでワイルドな風貌の探偵と、それを横から観察するヤサ男風の元心理分析官、この二人組が主人公なのが特徴的で、主観は自動で切り替わっていく。

シナリオは、序盤が探偵を主人公にしたミステリーとして始まるのに対して、中盤は次第に怪奇色が濃くなっていき、終盤は高名なフィクション群「クトゥルフ神話」を題材にしたホラー作品になるのが特徴的である。行き先の選択順や発見物によって演出が多少変化することがあるが、エンディングは共通で、ほぼ一本道である。

Hシーンはすべて、主人公が女性から誘われる形の穏当な和姦で、ホラー作品には珍しく、SM要素や陵辱、異種姦はない。代わりに流血や内臓露出を含むグロテスクな死体描写が所々に見られる。

続編に『Esの方程式』(1996年)がある。家庭用ゲーム機に移植された際は、声優によるボイスがあてられ、原画家は同じまま、ほぼ書き直しに近い形でCGがリメイクされており、さらにそれがWindows版としてPCに逆移植された。派生作品にOVA版、DVD-PG版、小説版などがある。

フェアリーテール・ハードカバーの『ネクロノミコン』と同じく、クトゥルフ神話を題材にしたシリアスな怪奇ストーリーだが、こちらは序盤で探偵物ミステリーを装い、思わせぶりな伏線が仕掛けられた、くせだま的な作風である。

個人的な印象として、スリリングな展開に音楽もビジュアルもマッチしており、ミステリーとしてもホラーとしてもそこそこ楽しめた。難点は操作の煩わしさで、場面を進展させるため、日常の何気ないシーンでも、画面中の目に付く物を総当りでクリックする必要があり、これが意外に難度が高く、慣れるまでイライラするかもしれない。


公式ページ
http://www.scarecrow.co.jp/abp/kuro/index.html


調査担当

『野々村病院の人々』 概要

nonomura01.png nonomura06.png
nonomura02.png nonomura05.png
©1994 Silky's
野々村病院の人々 (シルキーズ)

・1994年06月30日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 DOS/V用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 Windows3.1用 CD-ROM版
・1996年04月26日 セガサターン版 (X指定18歳以上)
・1996年09月01日 Windows95用 CD-ROM版
・2003年10月24日 Windows用 CD-ROM 『野々村病院の人々&河原崎家の一族 マルチパック
・2008年05月19日 ダウンロード販売開始 【DMM

90年代中頃の作品で、破天荒な探偵が病院内で起こった殺人事件の謎に迫る、ミステリー物のアダルトアドベンチャー。

主人公「海原 琢麻呂」は自称天才の私立探偵。たびたび珍事件を引き起こし、週刊誌を賑わせる有名人である。バイク事故で足を骨折した海原は、たまたま入院した野々村病院で、妖艶な院長夫人から事件の捜査を依頼される。一週間前に起こった院長「野々村 作治」の死亡が、自殺ではなく他殺だったことを証明して欲しいというのだ。興味を引かれた海原は、知人の雑誌記者の力を借りつつ、院内の人々の隠す秘密に迫っていく…。

ゲームシステムは『河原崎家の一族』 (1993)の流れを汲んだ選択肢型である。複雑に分岐と合流を繰り返すのが特徴で、例えば「屋上を調べる」「看護婦から事情を聞く」といった移動先の選択、「院長が注射したのはシアン化合物だ」「濃硫酸だ」といったクイズ形式の推理、「(ヒロインの)身体をいただいてしまう」「そんな事をしている場合ではない」といった行動の分岐など、数多くの選択肢が出現し、辿った経路により10種類以上のエンディングを迎える。

エンディングのほとんどはバッドエンドで、中にはヒロインが陵辱されるシーンや、主人公が妖婦に犯されながら死んでいくパターンなど、特殊なアダルト描写を含む場合があった。バッドエンド後には登場人物の一人が登場し、舞台裏のヒントコーナーとして、バッドエンドを迎えた理由をほのめかしてくれる仕組みになっていた。このため、分岐は膨大で複雑だが、難易度は控えめである。

シナリオは主人公が看護婦や入院患者、院長夫人に探りを入れ、病院内施設の探索の中で手がかりを見つけていく流れである。プロローグやタイトルイメージは『河原崎家の一族』と同じくおどろおどろしいが、とぼけた言動を繰り返す主人公のおかげで日常風景はコミカルである。ヒロインは看護婦達とライバルの探偵の計3人で、ラスト付近でそれぞれとのグッドエンドに分岐する仕様となっていた。

アダルト要素は1ヒロインに1箇所ずつ和姦シーンがある他は、上記の陵辱シーン、過去の回想などが少し描かれるのみで、比重は控えめである。

派生商品にアダルトOVA版実写AV版、DVD-PG版、小説版などがある。家庭用ゲーム機では性描写が薄められたものの、X指定(成人向)として発売された。また、『エルフオールスターズ脱衣雀 2』(2001)に本作のヒロイン達が登場している。

個人的な印象として、ストーリー自体は非常に短いが、数多くの分岐のおかげで毎回違った展開を楽しめる仕組みで、難易度も推理要素も適度にあって楽しい。Ctrlキーの長押しで選択肢までスキップできる操作性も親切である。また、バッドエンド後のヒントコーナーは画期的で、後世でも難易度の高いADVでは見かける仕様である。自信は無いがひょっとしたら元祖かもしれない。

調査担当

『DE・JA2』 概要

deja2_018.png deja2_037.png
deja2_021.png deja2_082.png
©1992 ELF
DE・JA2 (エルフ)

・1992年06月25日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD 全年齢版
・2004年05月28日 Window用 CD-ROM 『DE・JA マルチパック』にてリメイク
・2017年06月20日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2017年06月20日 ダウンロード版『DE・JA マルチパック』に収録 【DMM

90年代序盤の作品で、考古学者の主人公が古代遺跡にまつわるミステリーを追っていくアダルトアドベンチャー。『DE・JA』(1990)の続編。

前作での事件がセンセーションを巻き起こし、時の人となった考古学者「はつしば りゅうすけ(名前変更可)」は、テレビ出演に論文の執筆に忙しい日々を送っていた。そんなある日、彼の元に20年前に失踪した老学者「神宮寺博士」が現れ、水晶のドクロにまつわる研究を託そうとするが、伝えきれないまま突然死してしまう。人類の未来に関わる、という言葉に興味を引かれたりゅうすけは、博士の娘「ひみこ」と協力して、古代の遺跡に秘められた謎に迫っていく。

システムは当時一般的だったコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。日本考古学学会、美術館、占い師の店などを巡回し、情報を集め、自宅となる研究室で考えたり、相棒のがちゃ子と相談することで進展していく一本道の展開である。

ELLE』(1991)に似た、マウスを活用したアイコンクリックも一部に使われているのが特徴で、背景の怪しい部分の調査に活躍する他、セックスシーンでは「キスする」「なめる」といったアイコンを選んで好きな部位を攻められる仕様になっており、臨場感を高めている。

シナリオの核心は、プレイヤー自身の謎解きを含む本格的なミステリーである。殺人事件やグロテスクな描写もまじえたサスペンス要素があるものの、当時のエルフ特有のとぼけた性格の主人公や、シュールな登場人物達の掛け合いで暗さはなく、雰囲気はおおむね明るいギャグ作品である。

アダルトシーンは未遂やラッキースケベ、セクハラなどの軽いものを含めると10箇所以上あるが、全体の中で比重はさほどなく、エロさも控えめである。女性器は無毛、モザイクなしで、伝統の縦筋一本も無くなり、細かい描写のない肌色の谷間となった。

個人的な印象として、コマンドに対するレスポンスの作りこみが凄く、本題と全く関係ない部分に仕込まれたシュールな仕掛け、コメントの数々に感心させられてしまう。アダルト要素がやや寂しいものの、長大なボリューム、ミステリー作品としての完成度、ギャグがバランスよく融合した見事な作品である。

調査担当

『星の砂物語2』 概要

hoshinosn2_01.png hoshinosn2_02.png
hoshinosn2_28.png hoshinosn2_51.png
©1992 D.O.
星の砂物語2 (D.O.)

・1992年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版?
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM 『星の砂物語 バリューコレクション』に収録

90年代序盤の作品で、スキーリゾートで起こった傷害事件の謎を追っていくミステリーアドベンチャー。『星の砂物語』(1991)に続くシリーズ2作目。

前作の後、推理好きの中学生「真美」に誘われた主人公「彦五郎」は、真美たちの保護者としてスキー旅行に参加していた。ゲレンデも近く、周囲にはディスコや温泉もあり、ナンパし放題の楽しい旅行になる筈だったが、一行はペンションの二枚目従業員「エディ」が刺されて倒れている場面に遭遇する。幸い命を取り留めたものの、エディの意識は戻らないまま。真美に捜査を頼まれた彦五郎は、床に書かれた血文字「HO」を手がかりに、周辺人物の聞き込みを開始する。

システムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。ペンション内やゲレンデ、温水プール、ディスコ、喫茶店、ホットドッグ屋、大学内の施設などを巡り、出会った人物から「話す」「聞く」「考える」といったコマンドで情報を集め、真美に報告して捜査を進めていく。結末はラスト付近の選択肢でヒロイン個別エンドに分岐するマルチエンドとなっていた。行き先もコマンドも多く、難易度は高めだが、おまけ要素として作品外にヒントコーナーが用意されていた。

シナリオは「HO」というイニシャルの人物やエディの交友関係を探り、アリバイの有無を調べたり、エディとの怪しい噂の真相を確かめていく一本道の流れとなっていた。作風は前作に続きアダルト重視で、8人の女の子に複数のHシーンが用意されている。また、主人公が行く先々で女の子の方からHに誘われ、激しい乱れ方に困惑しつつ相手をするケースが多い等、セックスに貪欲な女性像が印象的である。

女性器の修正方法が独特で、モザイク等はなく、色を白色~水色に置換し、飛沫と同化させることで溢れ出した愛液によりフィルターされているような表現となった。そのためクリトリスや陰唇の形状はそのままに見えるという、業界に自粛ムード漂う中でのアグレッシブな姿勢である。また、強調されるドギツイ色の乳首や肛門、光沢の多い肌の表現など、けれん味のある女体表現が当時としては珍しい。

続編として『星の砂物語3』(1995)が続いている。

個人的な印象としては、前作より遥かにボリュームアップしている一方、行き先もコマンドも豊富なため、詰まった時の総当りに労力がかかる。作中のヒントによる誘導が全くあてにならないので、その繰り返しでテンポが悪いのが残念である(正解はヒントコーナーで聞けるがリセットが必要)。淫乱な女の子達と濃い肉体表現も好みの別れる所だが、嗜好が合えば実用性は高かったであろう。

調査担当

『狂った果実』 概要

kuruttakjt18.png kuruttakjt15.png
kuruttakjt64.png kuruttakjt56.png
©1992 FAIRYTALE
狂った果実 (フェアリーテール)

・1992年05月01日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版

90年代序盤の作品で、二枚目の美大生を主人公に、周囲で次々に起こる殺人事件の謎を追っていくサスペンス風のアダルトアドベンチャー。

主人公「哲」は美術大学に通う不真面目な学生。「月島教授」の豪邸で開かれたパーティに参加した哲は、10才の不思議な少女「美夏」に出会い、懐かれてしまう。心を閉ざしていた三女美夏の笑顔に驚いた月島教授は、哲を家庭教師として受け入れるが、同じ日に次女の「秋美」が不自然な転落死を遂げ、その場にいた哲は警察に拘束される。証拠不十分で釈放され、一旦は日常を取り戻した哲だったが…?

システムはコマンド型で、移動先にあまり自由がないタイプの探索ADVである。「話す」「見る」といったコマンドの中で新たな情報を仕入れ、場面を転換させていく一本道の構造である。コマンドの種類は少なく、難易度は易しい。

シナリオは女泣かせな主人公が、美少女とのデートや屋敷のメイドとの火遊びを楽しむ中、親友の失踪、教授の錯乱、第二第三の殺人事件に直面し、恋人の成子と共に事件の謎に迫っていくミステリー風の展開である。サイコホラー要素が特徴的で、一部にインパクトのある惨殺描写を含んでいた。

アダルトシーンは3箇所ほどあるが、テキストもCGもさほどボリュームがなく、テーマの似た『殺しのドレス2』(1989)に比べるとかなり控えめになった。

00年代を経た今となっては珍しくないが、当時は美少女ゲームとプレイヤーを暗然とさせる結末の組み合わせは衝撃的で、話題作となったようだ。個人的な印象としては、セックス描写の淡白さでアダルトゲームとしては物足りないものの、最後まで緊張感のある展開でサスペンスADVとしては楽しめる。難点はボリューム感に乏しい所か。

調査担当

『ELLE』 概要

141113_205723.png 141113_205902.png
141114_175922.png 141114_170803.png
©1991 ELF
ELLE (エルフ)

・1991年06月13日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+ FD版
・****年**月**日 X680000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS版

90年代序盤の作品で、未来都市を舞台に犯罪と戦うサスペンスアドベンチャー。マウスを活用する斬新なアイコンクリック方式で名高い。

西暦2010年、世紀末から起こった戦争とクーデターにより、地球は汚染され、人類は数千万人まで数を減らしていた。「スウェイクラス」と呼ばれる特権階級の指導者達は、人類を滅亡から救う「メガロアース計画」を推し進めるが、これに反対する組織「ブラックウィドウ」のゲリラ活動が続いていた。彼らを排除するために結成された武装組織が「スナイパー」である。超Aクラスという凄腕のスナイパーである主人公は、身分を隠して新米スナイパーとして報道施設に駐在する支部に潜り込み、ブラックウィドウの首魁「ギミック」の手がかりを探っていく。

システムはコマンド型の探索ADVだが、操作方法がユニークで、コマンドメニューがない。操作はすべて、当時一般的になりつつあったマウスで行う。矢印型のポインターが人物の口の上に来れば「話す」の顔型アイコン、気になる絵柄の上に来れば「見る・調べる」の虫眼鏡型アイコン、といった具合に形が変化するので、直感的にコマンド探索できるGUIのような仕組みになっていた。

移動先に自由があり、同僚達の控室や上司の部屋、TV局、バー、病院、自宅など、街中の施設を巡って情報を集め、捜査を進めていく一本道の構造である。移動先、必要なコマンド数は多く、難易度は高めである。

ストーリーは不真面目で女たらしの主人公が、暴漢に襲われている女性を助けたり、惨殺された同僚の死について調べる中で手がかりを見つけ、犯人を追い詰めていくという、一見するとサスペンス風の推理物ADVだが、終盤には大きく方向転換するサプライズ展開が用意されていた。グロテスクな惨殺描写が多く、全体の印象はシリアスだったものの、緊迫した場面でもシュールな会話で笑いを誘うので、雰囲気はさほど暗くない。

アダルト要素は暴漢に襲われている女の子にアイコンで色々とイタズラができる他、女性を口説き落としてのセックス、一方的に好意を寄せられて迫られるケースなど様々である。「なめる」「もむ」「XXXする」などのアイコンも大活躍で、臨場感を盛り上げている。局部は無修正で、当時のエルフ作品に特有の縦筋一本で表現されていた。

後に『él』(2000年)として完全リメイクされ、さらにそれがアダルトOVA化している。

個人的な印象としては、アイコンがミステリーの謎解き用のツールとして上手く生かされており、遊び心やエロさの充実にも役立っていて、かなり意欲的な作品である。シナリオの重厚さと緊迫感、ビジュアルのクオリティも同世代では際立っている。ただ、マウスで小さなヒントを探すのは意外と手間がかかり、制作側の負担も大きかった為か、この方式が一般的になることはなかった。同社の『DE・JAⅡ』(1992)や『同級生』(1992)でも一部に使われるに止まっている。

調査担当

『ポッキー2』 概要

NP2_0013.png NP2_0034.png
NP2_0220.png NP2_0104.png
©1991 Ponytail Soft
ポッキー2 (ポニーテールソフト)

・1991年06月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・1994年06月15日 FM-TOWNS用 『ポッキーポッキー2ポニオン』に収録

90年代序盤の作品で、学園を舞台に女の子三人組が活躍するミステリーアドベンチャー。『ポッキー』(1989)の続編。

前作の後、男女共学となったポッキー学園では新たな問題が起こっていた。学園七不思議の一つだった「怪人赤マント」が実際に現れ、女の子を失神させた上、Hなイタズラをして去っていくのだ。この事件を許せない新聞部部長「美紀」は、部員の一年生コンビ、気の強い「久美子」、のんびりした性格の「ともこ」と協力し、手分けをして調査を進めていく。

システムはコマンド型で、行き先に多少の自由がある探索ADVである。基本は学園内の校庭や音楽室、体育館などを巡り、事件の被害者や目撃者の証言をあつめ、「考える」を繰り返して推理を進めていく。主人公は主に一年生の「久美子」だが、他二人の女の子も手分けをして単独行動を取ることが多く、主観は自動で切り替わっていく。

シナリオは学園を騒がす怪人の正体を追っていく中で、次々に容疑者が浮かび上がってくると同時に、教師達や不良による強引な調査の実態も明らかになり、謎が深まっていく展開となっていた。ナレーター(作者)がくだけた口調で解説とツッコミを入れていくという珍しい文体で、全体的にコミカルで賑やかな印象である。前作の主人公も脇役として登場している。

アダルト要素はパンチラシーンが非常に多い他、怪人や変態教師によって女の子が服を脱がされる描写がメインで、主人公達が体を張って相手を陥れる場合もあった。ただし、本番行為は一切描かれていない。男達がいずれもスケベで醜い存在として、女性と対比的になっているのも特徴である。

個人的な印象としては、かなりボリューム感のある作品で、特にミステリー要素に比重を感じるものの、展開が強引過ぎて推理物としての完成度は高くない。一方、アダルト要素は少ないがビジュアル面は比較的良好である。「ちょっぴりHな学園ドタバタ劇」という形容がしっくりきそうだ。

調査担当

『星の砂物語』 概要

hoshinosuna04.png hoshinosuna09.png
hoshinosuna20.png hoshinosuna16.png
©1991 D.O.
星の砂物語 (D.O.(ディーオー))

・1991年03月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM 『バリューコレクション

90年代前半の作品で、ペンションで起こった殺人事件を題材にしたアダルトアドベンチャー。

海辺のペンションに勤める主人公「彦五郎(げんごろう)」は女たらしの19歳。ある日、ナンパで朝帰りした主人公を待っていたのは警察の取調べだった。宿泊中の男女6人グループの1人が遺体で発見され、主人公のシャツを握りしめていたというのだ。疑われていることに怒りを覚えた主人公は、真犯人を警察につき出すべく、業務のかたわら周辺人物たちの動機やアリバイを探っていく。

システムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。宿泊者の部屋や食堂、風呂場、海岸、警察署などを巡り、会話で情報を引き出したり、留守中に物色して手がかりとなるアイテムを見つけていく一本道の展開となっていた。行き先もコマンドの種類も多く、難易度はやや高めである。

装飾のない全画面表示が特徴的で、メッセージウィンドウ等はその上に重ねる演出となっており、いつでも非表示にできる点など、配置が後々のADVのスタンダードに近い。

シナリオは推理物を土台にしながら、宿泊中の女の子4人と経営者の娘1人に複数のHシーンが用意された、アダルト重視の作風である。女の子達の方から積極的に誘ってきて乱れるので、主人公はたじろぎながらも相手をするケースが多い。登場人物の誰もが何かを隠すような言動を見せる中、セックスと探索を通して彼女達と被害者「英治」との関係が次第に明らかになっていく。

当時としてはアダルト描写が非常に濃厚で、特に女性器を強調する大胆な構図が特徴的である。モザイク状の修正が施されているが、特定のコマンド入力で簡単にはずせる裏技が存在し、当時の規制の緩さを象徴する事例として有名になった。

続編として『星の砂物語2』(1992)、『星の砂物語3』(1995)が続いている。

個人的な印象としては、ビジュアルやストーリー展開に粗さを感じるものの、とにかくアダルトシーンのボリュームとこってり具合が圧巻で、細かい事が気にならなくなってくるレベルである。"淫乱な女の子達"というテーマに絞った、能天気で実用性の高いミステリー物、といった所か。

調査担当

『LIPSTICK. ADV2』 概要

141026_134100.png 141026_161351.png
141026_160605.png 141027_011149.png
©1990 FAIRYTALE
LIPSTICK. ADV2 (フェアリーテール)

・1990年12月14日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 98NOTE専用 FD版

90年代初頭の作品で、女たらしの探偵が殺人未遂に巻き込まれ、事件の裏に隠された謎を追っていくアダルトアドベンチャー。『LIPSTICK. ADV』(1988)の続編。

主人公「浅見五郎」は都内に事務所を構える私立探偵。近所の女の子「清里音美」は、前作の事件でいよいよ五郎に懐き、仕事のアシスタントから家事まで世話を焼くが、五郎からは子供扱いされる日々が続いていた。そんなある日、運び屋の仕事で新幹線に乗っていた五郎は、偶然にも依頼品が爆発寸前の時限爆弾だった事に気付き・・・?

システムは、前作と同じくコマンド選択式で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。ソープランドや喫茶店、関係者の会社などを巡回し、事務所に戻って情報を整理し、推理して捜査を進展させていく一本道の構造となっていた。

シナリオは、殺人未遂事件に巻き込まれた主人公が、自分への疑いを晴らすため、真犯人「坂本」を追う内に、やがてヤクザや有名企業も絡んだ事件の真相に興味を持ち、深入りしていく探偵物となっていた。

アダルト要素は、風俗店の女の子や口説き落としたOLとのセックスで、数は少なめである。メインヒロインの「音美」と主人公が、互いに好意を寄せつつプラトニックな関係なのが、シリーズを通しての特徴となっている。

続編として『リップスティックアドベンチャー3』『Lipstick Adv.EX』『Lipstick ADV.4』が続いている。

個人的な感想としては、サクサクと進めるテンポの良さは魅力だが、主人公の動機づけが弱いため腑に落ちない面があり、奇跡のような偶然や協力者に救われるばかりの展開は、推理物として何ともチープである。ビジュアル面でも作風が安定せず、今ひとつの印象である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03