title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『DE・JA』 概要

deja92.png deja114.png
deja35.png deja64.png
©1990 ELF
DE・JA (エルフ)

・1990年06月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 PC-8801用 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・2004年05月28日 Window用 CD-ROM 『DE・JA マルチパック』にてリメイク
・2017年06月20日 ダウンロード販売開始 【DMM
・2017年06月20日 ダウンロード版『DE・JA マルチパック』に収録 【DMM

90年代初頭の作品で、若い考古学者が古代の秘宝の謎に迫っていくアダルトアドベンチャー。

主人公「はつしば りゅうすけ(名前変更可)」は、若い考古学者。奇抜な学説で知られ、テレビにも出演する有名人だが、権威に物怖じしない性格のため、日本の考古学会からは出入り禁止を食らっている異端児である。そんな彼の元に、不思議な骨董品を調査して欲しいという依頼が舞い込む。依頼者の老紳士「斉藤」は、その杖を手に入れてからというもの、金髪の美女が手招きする夢を毎夜見るというのだ。興味をもった主人公は、早速友人の考古学者「がちゃ子」と共に調査に乗り出すが、斉藤は依頼直後に不審な死を遂げていた・・・。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。フェアリーテールの『リップスティックADV』(1988)の流れを汲んでおり、類似点が多い。各移動先で情報を集め、研究所に帰って「考える」ことで謎を解明し、ストーリーを進展させていく一本道の構造となっていた。プレイヤー自身が暗号や謎掛けを解かなければならない謎解き要素も備えている。

シナリオは学者の主人公が、不思議な杖に隠された秘密をめぐり、対立するライバルの様々な妨害を乗り越え、古代文字やメッセージを読み解き、徐々に謎の核心部分へと迫っていく展開である。とぼけた性格の脇役達が繰り広げるシュールな会話が特徴的で、雰囲気は明るい。

アダルトシーンはエンディング付近に集中しており、数はそれなりである。女の子の陰部に修正はないが、無毛無陰唇で太い縦筋一本という当時のエルフ特有の表現になっていた。(当時はアダルトゲームが摘発された例がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

CGアーカイブをおまけディスクに収録するのではなく、スタートメニューから経験済みのHシーンを回想できる先進的な仕組みを備えていた。

続編として『DE・JA2』(1993)が続いた他、2000年代になってDE・JA1・2をまとめてリメイクした『DE・JA マルチパック』(2004)が発売されている。

個人的な印象として、無数の伏線や謎が張り巡らされた本格的なミステリーアドベンチャーで、会話パターンの多さ、小ネタの数々、ビジュアルのクオリティの高さも相まって、一般向け作品にも匹敵する大作となっていた。難点は必要なコマンドが多すぎて手数が膨大になり、特に詰まった時の総当たりが煩わしく感じる点だろうか。また、序盤から中盤にかけてアダルト要素はパンチラ止まりのことが多く、結局脱がない女の子も多いので、アダルトゲームらしさを期待したプレイヤーは焦れてしまったことだろう。

調査担当

『あぶないてんぐ伝説』 概要

abunaitg 001 abunaitg 041
abunaitg 057 abunaitg 056
©1989 ALICESOFT
あぶないてんぐ伝説 (アリスソフト)

・1989年10月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版
・1992年07月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『アリスの館2』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言 (アリスソフトアーカイブスなどからDL可能)

80年代末期の作品で、女子生徒を主人公に、奈良での修学旅行中に起こった怪奇事件の謎に迫っていくアダルトアドベンチャー。

主人公「和美」は普通の女子学生。親友の「早苗」は真性のレズで、和美に熱烈な好意を寄せているが、和美はノンケのため一線を引いている状態である。修学旅行先の旅館の一室で、天狗に襲われたという女生徒を発見した二人は、翌日訪れた寺に天狗伝説があることを聞きつけ、寺に隠された秘密に迫っていくが・・・?

システムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。第1部~第3部に分けられていて、シナリオは一本道だが、寄り道のオマケ要素が非常に多く、和美が襲われて終了するバッドエンドもあった。

第1部は、和美と早苗のコンビが招かれた部屋へ遊びに行くため、宿泊先の旅館内を深夜に歩き回る展開で、各部屋で行われている枕投げ、宴会、テレビゲームに参加したり、レズの絡み合いを目撃したりしていく流れである。第2部は旅行先の寺の境内を巡り、天狗伝説に関する情報を集めていく。第3部は再び旅館で、主人公が幼馴染(男子)との恋愛や、親友との関係に悩みつつ、天狗の謎に辿り着いてしまう、ややシリアスな展開となっていた。

先に述べた通り、寄り道要素が非常に多く、クリアには関係ないが、女の子の自慰や入浴シーン、営みを目撃したり、親友に襲われたりといったミニイベントが至る所に仕掛けてある。また、ミニゲームとして脱衣クイズと脱衣ブラックジャックが楽しめる演出がシナリオ中に登場する。本編中の描写も合わせて、アダルト要素はかなり多い。

ベースはミステリードラマ風だが、怪事件の謎を追う推理物というより、乱れた修学旅行の賑やかな雰囲気を楽しむ方に比重が高いように感じる。主人公達のとぼけた掛け合い、豊富に用意された「謎の行動」コマンドによるシュールな演出など、コミカルな面でも評価が高いようだ。

調査担当

『殺しのドレス2』 概要

殺しのドレス2 殺しのドレス2
殺しのドレス2 殺しのドレス2
©1989 Fairytale
殺しのドレス2 (フェアリーテール)

・1989年09月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1989年09月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版

80年代末期の作品で、探偵の主人公が殺人事件に巻き込まれ、事件の裏に隠された謎に迫っていくサスペンスアドベンチャー。『殺しのドレス』(1987)の続編。

都内に事務所を構える主人公「五郎」は、女たらしの私立探偵。浮気調査などの小さな仕事で生計を立てていたが、ある日、美人OL「恵美」から偽装結婚の新郎役を務めるよう依頼される。翌日に式を挙げるという慌しさを奇妙に思いながらも、報酬と相手の美貌に釣られる五郎。しかし、式の最中に恵美が何者かに射殺されてしまい・・・?

コマンド選択型のADVで、ストーリーは一本道である。行き先に自由はあるが、進行に合わせて常に1~3箇所に制限されており、巡回の手間を省くことで前作よりも難易度を低く抑えている。事件の関係者や事件現場、警察、友人、情報屋などを訪問し、会話や探索コマンドの中から手がかりを見つけ、「考える」ことで情報をまとめ、捜査を進展させていく流れとなっている。

ストーリーの基本は連続殺人や国際的な陰謀をテーマに扱ったシリアスなサスペンスドラマだが、主人公はややトボけた性格で、当時のアイドルのパロディなども登場し、コメディ的なノリも維持していく独特な雰囲気である。手がかりとなる人物が次々と殺されていく中、主人公自身も大きな犠牲を払い、その内面が変化していくドラマチックな展開となっていた。

ビジュアルはリアル路線で、大人向けの本格推理物を志向していたのが感じられる。当時の特徴で、まばたき、口パクなどのアニメーションが細かく施されている。立ち絵を背景と分離して使いまわす手法は前作と共通だが、この時期になってもアダルトADVでは一般化しておらず、目を引く部分である。

前作とは打って変わってアダルト描写は多く、主人公の恋人、依頼人、ソープ嬢、協力者などの女の子達が登場し、それぞれの立場で主人公に抱かれていく。セックスシーンは「さわる」「キスする」などのコマンド進行となっている。

個人的な印象としては、ラスト周辺の展開の安っぽさが気になるものの、純粋な推理物としてそれなりに面白く、特に中盤からの緊迫した雰囲気が小気味良い。システム面も親切で、難易度はサクサクとした進行ながら適度に推理の楽しみがあり、ビジュアルも凝っていて、成熟した大人のADVといった印象になっている。

調査担当

『PRIVATE SCHOOL』 概要

プライベート・スクール プライベート・スクール
プライベート・スクール プライベート・スクール
©1989 ELF
PRIVATE SCHOOL (エルフ)

・1989年03月13日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代末の作品で、美人ばかりの女子寮に隠された謎に迫る探偵物風のアドベンチャー。『ドキドキ!シャッターチャンス!!』とその追加データ集シリーズに続くエルフ最初期の作品である。

主人公「竜次」は、赤ん坊のお守りから工事現場の作業員まで何でもこなす「なんでも屋」である。ある日、竜次の所に奇妙な依頼が一方的に舞い込んできた。依頼者の男子大学生は、性格も見た目もまるで別人になり、音信不通になってしまった恋人の心変わりの理由が知りたいという。竜次はさっそく当の女子大生「菊奈」が住む女子寮に向かうが、なかなか彼女に会うことは出来ず、やがて大学や女子寮に不審な点がいくつも浮かび上がってくるのだった。

コマンド選択型のアドベンチャーで、システムや作風はフェアリーテールの『LIPSTICK. ADV』の流れを汲んでいる。聞き込みを繰り返して事務所で情報を整え、シナリオ進展の端緒を探っていく。行き先はさほど多くないが、必要なフラグが非常に多いため、同じ箇所を何度も巡ってコマンド総当りなど、攻略には地道な作業が必要な長編作品となっていた。

シナリオは掃除人となって女子寮に潜り込んだ主人公が、10人の個性的な女子大生の各部屋を巡って会話を交わしたり、大学の受付嬢や依頼人と会って情報を仕入れていく展開で、一部にプレイヤー自身の謎解き要素が含まれていた。特定のヒロインはなく、主人公は腕っぷしが強いものの三枚目で、全体的にギャグ傾向が強い。

性行為の描写はなく、露出は入浴シーンなどの裸までで、アダルト要素は乏しい。

個人的な印象としては、攻略の手間の多さにストレスを感じたものの、細部で推理する楽しみがあり、最後まで予断を許さない緊張感のある展開が嬉しい。ただ、アダルト要素の不足はどうしてもネックで、本作の評価を下げる主要因となっているようだ。

調査担当

『LIPSTICK. ADV』 概要

LIPSTICK. ADV サンプル LIPSTICK. ADV サンプル
LIPSTICK. ADV サンプル LIPSTICK. ADV サンプル
©1988 F&C
LIPSTICK. ADV (フェアリーテール)

・1988年11月15日 PC-8801用 FD版
・1988年11月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+/TurboR用 FD版

80年代後半の探偵物アドベンチャー。アダルトCG集『リップスティック』シリーズをADV化した物で、女の子のテーマが共通しており、CGの一部が流用されている。ボリューム感やシナリオの完成度から人気が高く、フェアリーテールの出世作となった。

主人公の「五郎」は、やや軽薄な性格ながら有能な私立探偵である。謎の大富豪「嵐山」から盗まれた家宝の捜索を依頼された五郎は、短期間のうちに解決して高額の報酬を得た。ところが、不審な電話で呼び出された隙に事務所は荒らされ、留守番をしていた近所の女子高生「音美」が誘拐されてしまう。嵐山の態度に不可解な物を感じた五郎は、音美を取り戻すべく、周辺人物に聞き込みを開始する。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプのADVである。事務所やホテル、病院、豪邸、学校、公園などを巡り、関係者に「話す」「聞く」「見せる」等のコマンドを試していく流れとなっている。行き先やコマンドが多く、ボリュームがある分だけ攻略は難しく、クリアにかかる手数の多さが特徴的である。

シナリオは本格的なミステリーだが、読者をからかうような主人公の言動や奇妙なコマンド、登場人物のシュールな一言が面白く、全体の印象は明るいギャグ作品である。当時としてはかなりの長編で、最後まで予断を許さないシナリオの完成度の高さも人気の一因となっている。

アダルトシーンは後半のクライマックス付近集中していて、CG集『リップスティック』のテーマに沿ってロリータ、女子学生、OL、看護婦、スチュワーデスなどが登場する。CGの流用はごく一部で、ほとんどが新たに描き起こされたものだった。

続編に『LIPSTICK. ADV2』、『リップスティックアドベンチャー3』、『Lipstick Adv.EX』、『Lipstick ADV.4』などがあり、EX以外は主人公五郎とヒロイン音美のコンビが続いてる。

個人的な印象としては、進展させる為のフラグが分かり辛く、同じ箇所を何度も巡ってコマンドを総当りする事になるので、労力の多い厄介なゲームである。しかし物語は面白く、後半になるにつれてエロの期待が高まるので退屈は感じなかった。同社の『殺しのドレス』(1987)と並んで、80年代後半を代表するアダルトミステリー作品といえるだろう。企画・シナリオには、後に『同級生』シリーズで一躍有名になった蛭田昌人氏の名前がクレジットされている。

調査担当

『DERRINGER』 概要

DERRINGER サンプル DERRINGER サンプル
DERRINGER サンプル DERRINGER サンプル
©1988 Clest
DERRINGER (クレスト)

・1988年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、人気美少女モデルの危機をテーマにしたアドベンチャー。JASTが新設したブランド『Clest』のデビュー作となった。

売れない探偵の主人公の元に届いた差出人不明の手紙。それは13才の人気モデル「中藤美希(なかふじみき)」が拘束されており、内密に調査して解決して欲しいという依頼状だった。にわかに信じがたい内容だったが、同封されていたスナップ写真が気になった主人公は、カメラ助手として美希のコマーシャル撮影の現場に潜り込み、隙を見て美希に接触を試みる。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由はなく、シーンごとに決められたフラグを満たすことで次の場面に移る一本道の展開である。ミステリー要素は希薄で、コマンドを丹念に総当りすることにより、クライマックスで必要になるアイテムが回収できるかが攻略要素となっていた。

シナリオは終始シリアスな雰囲気で、撮影スタッフに探りを入れつつ、美希と美人マネージャーに接近していく流れとなっている。ボリュームは少なくヒロインも2人だけだが、一周目の「HARD BOILED MODE」をクリア後には「SPECIAL MODE」と呼ばれる二周目が用意されていて、セックスシーンのCGと演出が異なる他、SM風の縛りプレイが楽しめる趣向になっていた。

局部は『天使たちの午後』シリーズと同じで、扱いは小さいが無修正である。(当時はPCゲームの取り締まり事例がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

続編に『夜の天使たち ~私鉄沿線殺人事件~』があり、さらなる続編の『メイキング・オブ・Miki』も発表されていたが、こちらは未発売のまま立ち消えになったようだ。

主人公がハードボイルドな性格設定になっているのが特徴的で、考えをまとめる度にタバコを吸う必要があり、気に入らないコマンドには唇の端だけで笑って応え、死亡時やクリア時に意味ありげでキザなセリフを残すのだが、世界観に馴染まず何ともユーモラスである。メインヒロインは影が薄く、薄幸で献身的なマネージャーの方が印象に残った。

調査担当

『ちょっと名探偵』 概要

ちょっと名探偵 サンプル ちょっと名探偵 サンプル
ちょっと名探偵 サンプル ちょっと名探偵 サンプル
©1988 CHAMPION SOFT
ちょっと名探偵 (チャンピオンソフト)
【注意】非アダルトゲームです。

・1988年08月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2/MSX2+用 FD版

80年代後半の作品で、17歳の女子高生コンビを主役にした探偵物アドベンチャー。

主人公「美砂」は探偵を父にもつ女の子。2年前に難事件を解決した事がきっかけで、ややこしい事件は父親を差し置き、美砂に直接依頼が舞い込むようになっていた。あるひき逃げ事件での父親の冤罪を証明して欲しい、という依頼人の切実な頼みを断り切れなかった美砂は、相棒の香奈子と共に、目撃者の証言を集めるところから捜査を始める。

システムは昔ながらのコマンド入力式だが、ファンクションキーのF1~F10に頻度高い動詞/名詞の呼び出しが割り当てられており、その内容も自由に編集できるという変わった仕様になっていた。キー操作で2、3回前に使用したコマンドもそのまま呼び出せるなど、操作の煩わしさに対する配慮を見せている。

シナリオは二人組の女の子が、とぼけたやり取りを繰り広げつつ、目撃者を探して事故現場付近で聞き込みをしたり、関係者の家を訪ねていく流れで、分岐のない一本道のストーリーである。謎の解明も登場人物まかせで、ゲーム性は様々なコマンドを試し、ストーリーを進展させるフラグを探っていく点となっていた。

情景描写を左右二つに分け、普段は一方を遠景、一方を近景といった風に使い分けている他、クライマックスでは、別々の場所にいる美砂と香奈子を同時に描くことで、緊迫感の演出に用いられているのが特徴的である。

コマンド選択式のADVが主流になっていた中、コマンド入力式の余地を残したことでゲームの自由度、難解さを確保する狙いがあったようだが、操作に習熟する程のボリュームがなく、必要な単語の種類がファンクションキーに比べて多いため、コマンド編集は蛇足気味で、直接入力の方が早く感じる。アダルト要素はなく、謎自体もえらく地味で、テキスト量やビジュアル枚数は多いものの、個人的には印象の薄い作品である。

調査担当

『学園物語』 概要

学園物語 サンプル 学園物語 サンプル
学園物語 サンプル 学園物語 サンプル
©1987 GREAT
学園物語 (GREAT)

・1987年11月**日 PC-8801用 FD版
・1987年11月**日 FM-7/77用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX用 FD版 カードリッジROM版

80年代後半の作品で、学園を舞台にした探索系のアドベンチャー。

主人公タカシは、とある学園の男子寮に住む一年生。いつか憧れのノリコ先生の手で童貞を卒業する日を夢見ていたが、先生は突然に学園を辞めることになってしまう。彼女は誰かに脅迫されている、という噂を耳にしたタカシは、事の真相を確かめるべく、学園内の探索を始める。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由があり、女子寮と男子寮を何度も往復しながらフラグとなる情報やアイテムを見つけ、移動先を増やしていく流れである。攻略は基本的に総当りだが、一発ゲームオーバーの選択肢も多く、仕掛けも凝っていて難易度は高めである。

シナリオはスケベな主人公が、憧れの女教師を悩ませる脅迫事件を解決し、性のプライベートレッスンを受けるまでの学園内を舞台にした冒険物である。ミステリー風の展開を含んでいるが、謎解きは全て登場人物たちが片付けてくれる。捜査のためなら女子寮の窓を叩き割って侵入する主人公のやんちゃぶりと、童貞を優しくリードしてくれる年上キャラがヒロインを務めている点が印象的である。

途中で一箇所分岐があり、主人公に思いを寄せる同級生「アキコ」と結ばれるシナリオがHシーン付きで用意されていた。あくまで事件未解決のバッドエンドだが、時期的には『天使たちの午後Ⅲ』より早く、ヒロイン個別ルートを備えたマルチシナリオ・マルチエンドの起源を考える上で重要かもしれない。

行き先が多くて探索は大変だが、当時としてはそれなりにシナリオ性があり、操作感が軽快なためテンポよく遊べる作品である。

調査担当

『殺しのドレス』 概要

殺しのドレス サンプル 殺しのドレス サンプル
殺しのドレス サンプル 殺しのドレス サンプル
©1987 F&C
殺しのドレス (フェアリーテール)

・1987年10月**日 PC-8801用 FD版
・1987年10月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、殺人事件の謎を追うミステリーアドベンチャー。

夏のある日、深夜の公園で全裸の女性の遺体が発見された。被害者「かおり」は結婚を間近に控えており、婚約指輪は何故か小指ごと切り取られるという無残な姿となっていた。かおりの友人である主人公「あきら」は、周囲から事情を聞く内に不自然な証言があるのに気付き、次第に事件の謎に迫っていく。

コマンド選択式のアドベンチャーで、「話す さとる」「移動する 公園」といった風にコマンドの組み合わせで進行していく。ストーリーは一本道だが、移動先に自由があり、友人宅など10箇所以上を巡りながら関係者に聞き込みを繰り返し、フラグとなる情報を引き出していく流れとなっていた。

ストーリーは身近な人間関係の中、奇妙な噂や行動の謎を一つ一つ解明していくシリアスなサスペンスドラマである。プレイヤー自身が謎解きに関わる部分は少ないが、展開に沿って犯人を推理していく楽しみがあった。

アダルト要素として恋人とのセックスシーンがあり、隠し要素で若干のお色気はあるものの、主題はあくまで殺人事件であって、エロ自体が目的のアダルトADVとは一線を画したストーリー性重視の作風である。

続編として『殺しのドレス2』(1989)、『殺しのドレス3』(1993)が続いている。

背景に実写取り込みの画像を使い、同じ「立ち絵」を使いまわす手法はこれ以前の時代では見かけず、90年代を思わせるスタイリッシュさである。筋書きは後世から見ると素朴だが、ボリューム感があり、ビジュアルのクオリティーも高く、会話も軽妙で、本格ミステリー+アダルトの分野を切り開いた一流作品だった。

調査担当

『ルナシティ殺人事件』 概要

ルナシティ殺人事件 サンプル ルナシティ殺人事件 サンプル
lunacity38 ルナシティ殺人事件 サンプル
©1986 パスカルII/BOND SOFT
ルナシティ殺人事件 (パスカルII/BOND SOFT)

・1986年11月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、月面都市を舞台にしたSF風のミステリーアドベンチャー。

西暦2216年、月面都市ルナ・シティの市長が変死体で発見されるという事件が起こった。捜査にあたる刑事、通称「G・G」は、一つの人格で男女二つの肉体を持ち、自由に性別を転換できるデュアル・ボディの持ち主。プレイヤーはG・Gを操作し、その特殊能力を生かして事件の謎に迫っていく。

システムは基本的にコマンド入力式で、「ハナス」「アケル ドア」といった風に、簡単な単語の組み合わせで進行していき、細かい質問では選択肢が出るようになっていた。「ミル」と打つことでカーソル移動による探索もできるが、コマンドによって代用可能なのであまり活躍の場面がない。

シナリオは主人公が殺人現場や関係者の職場、自宅などを訪問し、聞き込みをしたり、手がかりとなるアイテムを見つけていく正統派のミステリーとなっていた。男性体では通れない箇所があるため、性別を切り替えて突破する点がユニークな部分である。

女性職員等に対して「オカス」と入力すれば、ボディの男女に関わらずHシーンを見ることができるが、シナリオの本筋には関係なく、大抵は寄り道のオマケ要素である。

局部は一応、ハートマークをタイル状に配置して修正してあるが、隙間から半分見えてしまっている。また、秘密のコマンドを打ち込むことで完全に無修正にできる隠し要素が仕込まれていた。(当時はソフ倫などの審査団体がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

テキストは大きめ、ひらがな混じりで読みやすい。また、当時のアダルトゲームの中でシリアスな探偵物、ミステリー作品というのは珍しく、先駆者といってよいかもしれない。性転換が攻略の鍵となるのも、後の『EVE burst error』(1995年)を彷彿とさせる面白い試みである。しかしSF物の長大な設定や、主人公の性転換要素が十分に生かせているとは思えず、細かなバグも多いため、個人的には完成度が高いとは言い辛い印象である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03