damamuko00damamuko01
damamuko02
damamuko04
©2011 WillPlus/ensemble
黙って私のムコになれ! (ensemble)

・2011年01月28日 Windows用 DVD-ROM 初回版
・2011年02月12日 Windows用 DVD-ROM 通常版
・2013年04月26日 Windows用 DVD-ROM 『乙女達の恋物語 ensemble3本+1セット』に収録
・2014年07月11日 Windows用 DVD-ROM 復刻版
・2015年12月25日 ダウンロード版 配信開始 【DMM
・2017年04月17日 PC/スマホ向け オンライン版 サービス開始 【にじよめ

6人のヒロイン達による主人公争奪戦をテーマにしたギャグタッチの学園恋愛アドベンチャー。ウィルプラス傘下のブランド『ensemble(アンサンブル)』の2作目。

主人公「八坂 直樹」は真面目で天文好きな学生。生徒会長の「白川 玲央奈」とは親同士の決めた許婚だが、本人達は納得しておらず、何かと突っ掛かってくる玲央奈に手を焼きながら、付かず離れずの日々を送っていた。そんなある日、誘拐されそうになっていた資産家の女の子「龍堂寺 凛」を助けた事から、彼女の婿候補と見込まれ、強引に恋人ごっこを強要される毎日が始まってしまう。これに反発する玲央奈との争いが激化する中、仲裁に入った友人の提案により、何故か直樹の花嫁を学生投票によって決める「嫁投票」が開催されることに。直樹を慕う天文部の面々も加わり、騒動は学園全体を巻き込んだ学園祭の一大イベントに発展していく。

システムは選択肢分岐型で、選択肢は多め、攻略難度も比較的高めである。ヒロインはツンケンした許婚、サバサバした性格の友人、謎の多いお姉さん風の先輩、高慢なお嬢様、けなげな後輩、極端に人見知りな同級生の6人となっていた。

シナリオは学園祭での人気獲得を狙って、ヒロイン達が奇抜な出し物を準備していく中、それを主人公が手伝う事で仲が深まっていく展開が中心となっている。ヒロイン達は生徒会である「星人会」と、主人公が部長を務める「天文部」に3人ずつ分かれており、どちらを手伝うかによって大筋が異なるのが特徴的である。

基本的に日常風景はギャグ傾向が強く、序盤はメインヒロイン2人による主人公をめぐる衝突など、古典的なラブコメ展開が楽しめる。一方、後半の恋愛描写はシリアスな修羅場の連続や、一見大人しい女の子が強引に迫ってくる変則的なHシーンなどが見所となっていた。Hシーンは1ヒロインあたり2~4つと控えめ。

関連グッズは初回特典としてテレカ、サントラ、抱き枕カバーなどが付属した他、ドラマCDや学園制服なども販売された。「にじよめ」にてPC/スマホ向けのチケット制ADVのサービスも開始されている。

個人的な印象としては、かなり王道的な学園ラブコメで、時期を考えると保守的な作風といえる。期待を裏切らないが、特にオリジナリティも感じられず、インパクトは薄かった。


公式HP
http://www.ensemble-game.com/03.damamuko/top.html
 

調査担当