title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『マリコの部屋 それから・・・・』 概要

マリコの部屋 それから・・・・ サンプル マリコの部屋 それから・・・・ サンプル
©1987 パルコム
マリコの部屋 それから・・・・ (パルコム)

・1987年2月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、ジャンケン形式で進行するCG集。『バージン マリコの部屋』の続編で、パルコム最後の作品となった。

ジャンケン勝負で勝てば次のCGが表示され、負ければ前のCGに戻るシンプルな作りで、CGは全6枚である。

すべての画像が実写取り込み風のリアルタッチなのが特徴で、男性器の血管や陰毛まで再現した描写の細かさが特徴的である。男性器の先端や女性器の一部はパソリンカット(映倫カットのパロディ)なる円形の黒塗りで修正してある場合もあるが、端が大きくはみだしていたり、全く修正が無かったりと真面目に修正する気配は感じられない。

当時から無修正の写真集、ビデオの販売はわいせつ物頒布罪にあたり摘発されていた。この作品のようなゲームが比較的堂々と流通していた背景には、PCソフトが新興のマイナージャンルで取締り例が無かった事、ソフ倫などの審査機関がなく、規制は各社が各自の裁量で行っていた事、初期のPCの性能では解像度が低く、取り立てて問題視されるほどの再現性が無かった等の事情が考えられる。

しかし本作品のビジュアルを見る限り、87年初頭の段階でスキャナー等の高性能化により、表現力は既に危険なレベルにまで到達していた事が窺える。

調査担当

『バージン マリコの部屋』 概要

marikonoheya01.png marikonoheya02.png
©1986 パルコム
バージン マリコの部屋 (パルコム)

・1986年**月**日? PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、ジャンケン勝負で進行するCG集。

テンキーに割り当てられたグー、チョキ、パーを選択し、勝てば次のCGが表示され、アイコなら再勝負、負ければ前のCGに戻るシンプルなルールである。勝率は公平ではなく、CPU側がかなり有利な設定になっていて、最後までクリアするにはかなりの運を必要とした。

ステージは全6面で、脱衣式ではなくマリコは最初から全裸である。露骨な無修正路線で、特に女性器の拡大図を劇画タッチで克明に描いているのが印象的である。(当時はPCゲームが摘発された例がなく、各社が独自の裁量で規制していた。)

続編として『マリコの部屋 それから・・・・』が続いている。

チープなゲーム性とボリュームの無さでクオリティは低いが、流通数が少ない点や裏ビデオ的な雰囲気からか、高額のプレミアムがついているアダルト作品の一つである。

調査担当

『卍(まんじ)』 概要

1205381514.png 1213563786.png
1214162389.png 1215320021.png
©1983 CSK
 (CSK/LOVECOM)

・1983年11月**日? FM-7用 カセットテープ版
・1984年01月**日? PC-8801用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、谷崎潤一郎原作の同名映画をゲーム化した作品。

女房と若く美しい女「光子」が愛し合う仲になってしまった。夫として立つ瀬が無くなってしまった主人公は、女房の愛を取り戻すべく、隣で寝入っている光子に密かな悪戯を始める。

原作は愛憎に彩られ、複雑に絡み合った人間模様とその内面に迫った純文学作品だが、ゲームの内容は「片手だけを使って光子をその気にさせろ」というだけのシンプルなコマンドアドベンチャーである。女性同士が絡み合うパッケージが目を引き、谷崎潤一郎らしき肖像が進行役として冒頭とエンディングに登場しているが、原作とは似ても似つかない内容となってしまった。

シナリオは反対隣で寝ている女房を起こさないよう、片手だけで光子の感じるポイントを突いていき、その気にさせればクリアという単純素朴なものである。コマンド入力式で、「どこに手をやりますか?」→「ムネ」→「どうしますか?」→「モム」といった形で、片手だけで行える動作を想像し、キーワードを当てはめていく流れである。

一見、性技を組み立てていく擬似セックスゲームのようだが、フラグとなるキーワードがガッチリ固定されている為に自由度が低く、当時普通だった類推を楽しむアドベンチャーゲームといえる。ビジュアル面も変わっていて、女体は大きく肉感的に描かれており、劇画タッチの成人漫画のようなドロドロとした妖しさを感じさせる。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03