title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『カスタムメイト3』 概要

custommate3custommate3
custommate3custommate3
©1995 COCKTAIL SOFT/F&C co.,ltd.
カスタムメイト3 (カクテル・ソフト)

・1995年12月08日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年12月12日 Windows3.1用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、自分好みに作成した女性との新婚生活を体験できる育成シミュレーション。『カスタムメイト』シリーズの三作目。

会社員として仕事に励み、孤独なまま迎えた12月に落ち込んでいた主人公(名前は任意)。街中で受け取ったチラシに釣られ、結婚相談所『カスタムメイト』に足を踏み入れた彼は、不思議なオペレーターに導かれるまま、コンピューターに理想の恋人像を入力していく。すると、条件に見合う女性はすぐに見つかり、クリスマスイブには結婚式を挙げ、その日の内に新婚旅行へ旅立ち、翌月から新婚生活が始まるという、夢のような急展開となった。主人公は残業や同僚との付き合いに悩まされつつ、専業主婦の妻と支えあい、会話やセックスを通じて愛情を深めていく。

ゲームシステムは、オムニバスのADV風だった前作と異なり、女の子のメイキングと育成SLGの組み合わせである。

プレイヤーは、ゲーム冒頭で主人公と妻の名前、年齢、性格、セックス経験の多さなどを入力していく。更に、妻は髪型、バストサイズ、ヒップサイズが三種類から選べる仕様である。

ゲームパートは会社員の何気ない日常生活を描いたもので、出社するか否か、仕事はどのくらいの力加減でやるか、残業するか否か、同僚や上司の酒の誘いに応じるか、夕食と風呂と就寝の順番はどうするか、妻の夜の誘いに応じるか、といった選択肢をこなしていく。選択肢によって愛妻のパラメータが少しずつ変化し、一年後に三種類のエンディングを迎える育成SLGである。

1月上旬から12月末まで、およそ350日間のすべてを体験することもできるが、単調で莫大な時間がかかるので、あまり現実的ではない。その代わり、任意の日付まで進められる日付進行プログラム(スキップモード)が用意されていて、その間のコマンドについて細かいオーダーを出せるので、ゲーム性はこちらのスケジュール管理がメインになるか。

アダルト要素は、主に愛妻相手のセックスである。ここにもゲーム要素があり、「愛撫」「キス」「なめる」といったコマンドを駆使して愛妻の興奮度を上げ、絶頂に導いていく。妻を満足させることができれば愛情や機嫌が回復し、淫乱度が進んで、新たな体位やプレイが開放されていく。一方、仕事疲れで精力が不足すると、妻の欲求不満指数が上がり、放置すると浮気へと発展していくことになる(寝取られシーンはない)。

仕事に励んだ分だけ貯金が貯まり、妻にアクセサリーや花などのプレゼントを贈ったり、一緒に遊園地やスキーに出かけたり、Hな下着や制服、SMグッズなどを買ってプレイの幅を広げたりできるので、一般的に仕事と夫婦生活の両立に悩むことになる。また、会社の後輩、先輩、街で夜遊びする娘など、5人の女の子が登場し、イベントを進めれば主人公との不倫Hを見ることができる。

個人的な印象としては、単一ヒロインの調教SLGにメイキング要素を組み合わせた、当時としてはユニークな作風である。カスタムできる要素は少ないが、ビジュアルは前作と比べて遥かにクオリティが高く、実用性はそれなりにあっただろう。

難点は日常に変化が乏しく、コマンドの手数も多く、期間が長いため中だるみを感じる点で、イベント探しでスキップモードを解除すると、特に淫乱度の進んだ妻を満足させるのに時間と手間を取られ、かなり面倒に感じてしまう。リアルな結婚生活に寄せすぎて、倦怠期やマンネリまで再現してしまったといえるかもしれない。


調査担当

『VRカノジョ』 概要

vrkanojo00vrkanojo11
vrkanojo12
vrkanojo13
vrkanojo15
©2017 ILLUSION
VRカノジョ (イリュージョン)

・2017年02月28日 ダウンロード販売開始 【ILLUSION公式

10年代終盤の作品で、身近な女の子との交流、恋人体験を描く3DCGのアダルトゲーム。プレイには高価なVR機器が必須で、国内のアダルトゲームとしては同人の『なないちゃんとあそぼ!』を除き、初のVR専用ゲームとなった。

登場人物はプレイヤーの近所に住む明るい女の子「夕陽さくら」一人で、舞台は彼女の部屋内のみである。勉強を教えるため部屋に招かれたあなたは、隙だらけな彼女のチラリやラッキースケベ、ポッキーゲームを楽しみ、やがて甘い雰囲気の中で初Hを迎える…といった流れになっている。

ゲームシステムは前半部分がストーリー仕立ての選択肢分岐、後半がセックスシミュレーターといった感じだが、二、三回やれば一通りのシーンが見られる印象で、障害らしい障害もなく、ゲーム性には比重がない。

コンセプトはむしろ、ゲームクリアに一切関係ない部分、彼女の服や下着を変更したり、スカートの中を覗いたり、イタズラをしたり、キスや愛撫に夢中になる彼女を観察したりといった、寄り道の自由さが要で、VR技術のデモンストレーション的な作品ともいえる。プレイヤー自身が這いつくばったり、手を小刻みに動かす辺りはアクションゲームの一種かもしれない。

選択肢などの操作は、自分の顔の正面にあるポインターや、頷いたり首を振ったりといった頭の動きで行う。一方、コントローラーを彼女の胸やお尻に当てれば「おさわり」になる。例としては、本棚の高い所にある本を取ろうと、うっかりパンチラしてしまう彼女に対して、素直に本を取ってあげるか、下からスカートの中を覗くかといった選択肢がアイコンで出る。選択するには見たい方のアイコンに視線を合わせればいい。覗くを選んだ場合、下着を見ながらコントローラーで好きなだけイタズラができるが、ストーリーには全く影響しない。

Hの種類は、発売時点でキス、愛撫、手こき、フェラ、正常位、騎乗位、後背位の7種類である。イリュージョン作品では定番の、スピードを調整して彼女の感じるペースを探り、徐々に早めて絶頂させる演出も備えていた。

価格は¥4,980のミドルプライスで、販売は公式サイトでのダウンロード版に限られている。また、日本語版と同時に英語版もリリースされている。

本作品の個人的な印象としては、うっすらと静脈まで見える肌、繊細で自然に揺れる髪、手の中で柔らかく弾む胸、といった質感がVRと組み合わさったことで、その存在感は従来の作品と比べ物にならない。目が死んでいるように感じるのがやや引っかかるが、見つめ合った時は違和感がない。あとは好みの問題だが、いかにも萌えキャラ然としているというか、不自然な程の無防備さとぶりっ子が目立っていて、人によってはあざとく感じてしまうかもしれない。


公式HP
http://vrkanojo.com/index.php?0228vrk#conthome


 


調査担当

『なないちゃんとあそぼ!』 概要

h_1142np00001plnanaichan00
nanaichan01
nanaichan02
nanaichan03
©2016 VRJCC
なないちゃんとあそぼ! (VRJCC)

・2016年08月14日 コミケ90にて 製品版頒布 
・2016年10月21日 クラウドファンディング開始 【patreon
・2016年10月26日 ダウンロード販売開始 【DLsite
・2016年12月29日 コミケ91にて Ver1.2頒布 【とらのあな

10年代中頃の同人ゲームで、VR専用のセックスシミュレーター。同人ながら国内初のVR専用アダルトゲームであり、抱き枕やエアドールの動きと連動できる臨場感が大きな話題となった。

(以下Ver1.2、HTC Vive版でのレポート)

導入部分やシナリオ性はない。プレイヤーがOculus RiftかHTC Viveのヘッドセットを装着し、ゲームを起動すると、まずは主題歌に合わせてOP映像が流れる。その後タイトル画面から開始すると、そこには女の子の部屋らしき仮想空間が広がっていて、ベッドの上で「なないちゃん」がこちらを見つめている。

なないちゃんの体位を正常位、右側位、左側位、後背位、騎乗位の5種類の中から選び、制服と下着の有無を選んだら、後は体を揺らしながら喘ぐ彼女を鑑賞するのみである。体位の変更などの操作は、自分の顔の正面にあるポインターを、空中に浮かぶアイコンに合わせるだけでいいので、全てフリーハンドで済ませることができる。

スマートフォンの動きを「なないちゃん」と連動させることができるのが大きな特徴で、あらかじめスマホに専用アプリをダウンロードしておき、スマホを抱き枕やエアドール、オナホール等に括りつけて上下させれば、手の動きに従ってVR画面のなないちゃんも上下し喘いでくれる。

また、VR機器をもっていない層への配慮として、スマホ用のVRアプリで鑑賞できる動画も製品版に収録しており、単品でのダウンロード販売も行われている。

同人ながらイベントへの出展が盛んで、英語版、中国語版がリリースされるなど海外展開も活発に行われている。関連商品はモバイルブースター、ブックレット、タペストリーなど。

個人的には、肌の質感や部屋の作りなどに同人らしい粗さが目立ち、内容に奥行きがなく、開発途上で実験的な印象が拭えない。しかし着想はユニークで、視線での操作は他のVR作品より慣れが早く、スマホを使った玩具との連動は応用が利いてユーザーの負担も少ない。資金もノウハウも足りない地点から果敢にチャレンジする姿勢には敬意を表したい。


公式HP
http://www.vrjcc.com/ 
クラウドファンディング『Patreon』
https://www.patreon.com/letsplaywithnanai




調査担当

『しゃぶり姫 ~陰の章~』 概要

syaburihimeis00syaburihimeis01
syaburihimeis05syaburihimeis03
©1997 Mink
しゃぶり姫 ~陰の章~ (ミンク)

・1997年04月05日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 
・1997年09月05日 Windows95用 CD-ROM版
・2005年02月25日 Windows用 CD-ROM 『陰の章 ~しゃぶり姫~』としてリメイク
・2008年04月11日 DL販売開始  【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM】【DLsite
・2014年11月21日 DL販売 『ミンクブランドパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2014年12月12日 DL販売 『Minkオールスターボリュームパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-Dark-』に収録 【DMM
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-FULL POWER-』に収録 【DMM

90年代後半の作品で、美少女一人を相手に嗜虐的な”躾”を施していく調教シミュレーション。前年の『ぺろぺろCandy ~陽の章~』(1996年)と対をなす、陰惨な雰囲気の作品である。

主人公「拓也(名前変更可)」は若い写真家。冬山の撮影に来ていた拓也は、怪我を負って山奥の洋館にたどり着き、そこに住む二人の人物、老紳士「黒岩」と美少女「姫乃(名前変更可)」の厚遇を受けた。拓也を気に入ったという黒岩老人は、彼に奇妙な依頼をする。それは、姫乃に女の色艶や悦びを身につけさせ、女として完成させて欲しいというものだった…。

ゲームシステムは『ぺろぺろCandy ~陽の章~』と似ており、ヒロイン一人に対して「場所は?」「衣装は?」「道具は?」といった7つの項目を選択し、プレイを組み立てていくセックスシミュレーターである。大きな違いは姫乃に「従順度」「奉仕テクニック」「性感度」「色気」といったパラメータがある点で、全体の印象としては簡素な調教SLGになっている。

プレイの組み立て、会話や突発イベントでの選択肢によりパラメータは増減し、その総量によって「完成度」が高まっていく。 完成度の上昇に伴ってメインシナリオが進行していき、諸条件によりグッドエンド、バッドエンドなど様々なマルチエンディングを迎える仕組みとなっていた。

シナリオは単一ヒロインもので、従順で清楚な美少女に対し、「躾」と称して過酷な調教を施していくサディスティックな展開である。主人公は一見、温和な常識人だが、躾が絡むと途端にスイッチが入り、姫乃に理不尽な怒りをぶつけたり、姫乃の痴態を他人に見せびらかしたりと、高圧的で狂人的な面を見せるのが特徴的である。

アダルト要素の比重は高く、パターンも豊富である。はじめは数種類しかプレイが選べないが、回数をこなす内に行き先や衣装が増え、最終的に400以上の組み合わせになる。ノーマルなプレイでも言葉による煽り、罵りが基本で、ムチやロープ、ローソクを使ったSM要素、水責めなどの拷問要素、鶏や犬、ウナギを使った獣姦要素、浮浪者を使った寝取らせ要素など、暴力的で過激な表現を含んでいる。

後に『陰の章 ~しゃぶり姫~』(2005年)としてリメイクされた。関連商品に小説版、実写AV版、DVD-PG版などがある。

個人的な印象としては、主人公達の目的のあやふやさ、性格のブレが気になり、どうにも作品世界に馴染めなかった。やり込み要素はあるものの、単調でSLGとしての深みは感じない。冒険度の高いプレイと合わせ、人を選ぶ作風といえるだろう。


公式HP
http://www.mink.co.jp/product/other/shaburi/index.html
 
調査担当

『ぺろぺろCandy ~陽の章~』 概要

prprcandy00prprcandy02
prprcandy03prprcandy05
©1996 Mink
ぺろぺろCandy ~陽の章~ (ミンク)

・1996年07月27日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1996年12月20日 Windows95/98用 CD-ROM版
・2005年02月25日 Windows用 CD-ROM 『陽の章 ~ぺろぺろCandy~』としてリメイク
・2008年04月09日 DL販売開始 【Gyutto】【DLsite】【DL.Getchu】【DMM】 
・2014年11月21日 DL販売 『ミンクブランドパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2014年12月12日 DL販売 『Minkオールスターボリュームパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-Sweet-』に収録 【DMM
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-FULL POWER-』に収録 【DMM

90年代中頃の作品で、イメクラをテーマにしたセックスシミュレーションゲーム。陽気でポジティブな作風で、対となる姉妹作『しゃぶり姫 ~陰の章~』(1997年)が続いている。

主人公「純平(名前変更可)」は、女にデートの約束をすっぽかされてイラついていた時、イメージクラブ「Mink」と出会い、明るくテクニシャンな女の子「Candy(名前変更可)」とのひと時を楽しんだ。Candyをすっかり気に入った純平は、その後も店に通うようになり、様々な役になりきってプレイを楽しんでいく。一方、街中で出会うCandyそっくりの女の子「友佳」も気になる存在で…?

ゲームシステムはセックスのプレイ内容を編集するシミュレーターと、ADVの組み合わせである。公式のジャンル呼称は「マルチシチュエーション秘め事シミュレーター」となっている。最初に病院、学校、電車内など中から場所を選び、白衣、セーラー服などの服装を指定し、道具を使うか否か、前戯はフェラか69か、挿入はどの体位か、フィニッシュはどこに発射するか、といった項目を指定していく。

入力後は選択肢もコマンドもない読み物で、オートによる手放しプレイも可能である。場所と服装によって展開が全く異なり、合計12パターンのショートストーリーが楽しめる。また、膨大な項目の中から特定の条件を揃えないと見られないレアなCGもあるため、CGを自力でコンプリートするのは労力がかかりそうだ。

そして単純なイメクラシミュレーターでは終わらず、「好感度」のパラメータがあるのが特徴である。入店時の何気ない会話、イメージプレイの組み合わせ、突発イベントの選択肢によって上下する仕組みで、上昇につれて特殊イベントが進行し、最終的にハッピーエンドを迎えられるようになっていた。

シチュエーションは女医と患者、車掌と女子学生、新婚夫婦など様々で、受け責めも設定ごとに異なり、二人は完全に役になりきってシーンを演じていく。一方が強引にセックスに持ち込むケースが多いが、プレイ自体はノーマルで、SM要素もほとんどない。

対となる作品に『しゃぶり姫 ~陰の章~』(1997年)がある。また、続編に『Lovely Angels ぺろぺろCandy2』(2000年)があり、本作品のヒロイン「キャンディ」が新設定で再登場している。関連商品は実写AV版、小説版、DVD-PG版など。

電撃姫の’96人気ランキングで18位と、当時それなりにヒット作となったようだ。個人的には、『カスタムメイト』(1993年)のようなシミュレーターのヒロインを一人に絞り、メインストーリーで完結させたような印象である。シナリオ的にやや物足りないが、アダルト要素やビジュアルが充実しているので実用性は高かったことだろう。


公式HP
http://www.mink.co.jp/product/other/candy/index.html

調査担当

『あゆみちゃん物語』 概要

ayumicmgr00ayumicmgr01
ayumicmgr02ayumicmgr04
©1993 ALICESOFT
あゆみちゃん物語 (アリスソフト)

・1993年09月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1993年10月15日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1993年12月**日 PC-9801用 CD-ROM 256色版 (ユーザークラブ限定)
・1994年**月**日 X68000用 FD版
・1996年06月07日 Windows3.1/95用 CD-ROM版
・2003年04月11日 配布フリー化宣言

90年代序盤の作品で、セックスを重ねることでプレイのバリエーションを増やしていく、単一ヒロインのセックス調教シミュレーションゲーム。

「あゆみちゃん」は学年で恋人にしたい女の子No.1の美少女。そんな彼女と順調に交際していた主人公は、6ヶ月目にして彼女を放課後の体育倉庫に呼び出し、説き伏せて処女を奪うことに成功する。それからの二人は、体育倉庫でセックスをするのが日課となった。貪欲な主人公は、刺激を求めて新たな体位や道具を試し、あゆみちゃんは嫌々ながらけなげに付き合い、いつの間にか順応して、痴態は次第にエスカレートしていく。

ヒロインは「あゆみちゃん」ただ一人で、ゲーム内容は彼女とひたすらセックスするだけという、当時としては非常にユニークな作品である。ゲームクリアやエンディングはなく、ノーマルなプレイだけで楽しむか、鬼畜なSMプレイで調教するか、CGコンプリートを目指してフラグを探っていくか等、遊び方は自由である。

システムは育成SLGに近く、あゆみの気絶回数、やった回数、僕の悪行数値、あゆみの淫乱回数などの累積によって、新しい前戯や体位が開放されていく仕組みである。プレイヤーは「愛撫する」「後ろから入れる」といったコマンドを操り、(あゆみの)興奮度、(あゆみの)耐久度、僕の精力といったパラメータをやりくりして、上記の累積回数を稼いでいく。

他に所持金のパラメータがあり、毎日500円ずつ貯まるので、帰宅後に本屋や大人のおもちゃ屋でパラメータの補助アイテムやアダルトグッズなどを購入することができた。プレイのバリエーションはノーマルな行為からアナル、ハードSMにいたるまで30種類以上のコマンドがあり、特殊イベントHも豊富で、総CG数は146枚という膨大な量を誇った。

幕間には休日デートや病気の看病、バイト、習い事、体育の授業、昼食などのイベントが起こるが、主人公がヤンチャで強引、あゆみちゃんが流されやすい性格なのがシナリオ上の特徴で、このとき任意で青姦やスリルセックスに突入する。主人公がふざけてその場にある物を挿入する事が多く、SMプレイを選択しなくても全体的にサディスティックで鬼畜寄りな作風といえるだろう。

関連商品として、あゆみちゃんのサイドストーリーなども収録した『ヒントディスク』が公式で通信販売されていた。続編はないが、ゲームはそのまま、CGを実写化した『あゆみちゃん物語 実写版』(1995)が続いている。

調教ゲームの先駆者といえる作品で、育成SLGとセックスの組み合わせは、他社にも広く踏襲され、『SEEK』(1995年)など、後のSM調教ゲームのヒットに繋がっている。また、女の子が次第に淫乱になっていく描写は、SMジャンルや育成SLGに限らず、1ヒロイン1発が普通だった当時のアダルトゲームに、広く緩やかに影響を与えたのではないか。

調査担当

『せまってみたい』 概要

せまってみたいせまってみたい
せまってみたいせまってみたい
©1989 HARD
せまってみたい (HARD)

・1989年08月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1989年08月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2/MSX2+用 FD版

80年代末期の作品で、憧れの女の子を口説き落とし、愛のあるエッチを目指すアダルトアドベンチャー。

かわいい女子学生(名前は任意)とのデートの約束を取り付けた主人公。アルバイトで55,000ゴールドを稼いた彼は、早速彼女の友達から様々な情報を聞きだした。そして待ちに待ったデート当日。果たして主人公は、好みのうるさい彼女のご機嫌を取り、数々の障害を乗り越えて、無事にベッドインする事ができるだろうか…?

様々なミニゲームが組み合わさったADVで、探索シーンやコマンドはなく、進行役の妖精の案内に従い、選択肢や穴埋め問題、間違い探し、カーソルによる弱点探しなどをこなしていく流れである。失敗続きだと彼女が怒って帰ったり、資金が底をついてゲームオーバーとなった。

ヒロインは制服姿の女の子一人である。シナリオはプレイヤーが彼女の機嫌を損ねないよう、下心は隠し、紳士で気配りのできる優しい男を演じていくナンパゲーム風の展開で、最終的には両思いとなって結ばれるまでが描かれている。

個人的な印象として、ミニゲームを集めたような作りは古めかしく、ビジュアルもパッとしない印象である。しかし、不特定多数の女の子を引っ掛け、時に騙す形でセックスに至る当時のナンパ物とは異なり、単一のヒロインで「愛のあるエッチ」がテーマの一つになっている点は注目していい。恋愛ADVとまで言えるか微妙な段階だが、時代の潮流が感じられる作品である。

調査担当

『ふぇありぃてぃる』 概要

ふぇありぃてぃる サンプル ふぇありぃてぃる サンプル
ふぇありぃてぃる サンプル ふぇありぃてぃる サンプル
©1987 F&C
ふぇありぃてぃる (フェアリーテール)

・1987年05月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1987年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、一人留守番をする女の子にHな悪戯をしていくアダルトアドベンチャー。JASTから独立したキララ(後のF&C)系列のブランド『フェアリーテール』のデビュー作となった。

可愛い女の子「由美子ちゃん」に目をつけていた主人公は、ガス会社の人間に成りすまし、由美子ちゃんが留守番する家に上がりこむことに成功した。定期点検を装って台所を物色し、必要になりそうなアイテムを集めた後は、いよいよ由美子ちゃんのパンティを手に入れるべく、あの手この手で由美子ちゃんに迫っていく。

システムはコマンド選択型で、状況に合わせて「話す・聞く」「開ける」等のコマンドを選んでいく。難易度は高めだが操作感は良く、こまめにセーブポイントがあり、漢字・ひらがな混じりの読みやすい文体となっているなど、当時の先進的な機能を一通り備えていた。一箇所分岐があり、マルチシナリオといえなくもないが、エンディングはほぼ共通である。

シナリオは独特で、登場人物は幼い少女「由美子」と、由美子から「おじさん」と呼ばれる主人公の二人だけという珍しい展開である。見知らぬおじさんを警戒して追い出そうとする由美子に対して、主人公は催眠術を使ったり、プレゼントをあげて機嫌を取ったり、時には乱暴な方法で由美子の穿いているパンティを狙っていく。

主人公が由美子の胸や陰部に直接ペッティングすることもあるが、目的はあくまでパンティであって、本番行為は一切無いのが特徴的である。

局部はすべて無修正で、シンプルな縦すじ一本で表現されている。(当時は規制が曖昧で、PCソフトの取り締まり事例がなかった)

パンティ、胸、局部の拡大画面が多用されており、独特のフェチズムを感じさせる。やっている事は悪質な変質者だが、由美子の性格が明るくおおらか、若干抜けていて、コミカルな印象にまとめられている作品である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03