title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『なないちゃんとあそぼ!』 概要

h_1142np00001plnanaichan00
nanaichan01
nanaichan02
nanaichan03
©2016 VRJCC
なないちゃんとあそぼ! (VRJCC)

・2016年08月14日 コミケ90にて 製品版頒布 
・2016年10月21日 クラウドファンディング開始 【patreon
・2016年10月26日 ダウンロード販売開始 【DLsite
・2016年12月29日 コミケ91にて Ver1.2頒布 【とらのあな

10年代中頃の同人ゲームで、VR専用のセックスシミュレーター。同人ながら国内初のVR専用アダルトゲームであり、抱き枕やエアドールの動きと連動できる臨場感が大きな話題となった。

(以下Ver1.2、HTC Vive版でのレポート)

導入部分やシナリオ性はない。プレイヤーがOculus RiftかHTC Viveのヘッドセットを装着し、ゲームを起動すると、まずは主題歌に合わせてOP映像が流れる。その後タイトル画面から開始すると、そこには女の子の部屋らしき仮想空間が広がっていて、ベッドの上で「なないちゃん」がこちらを見つめている。

なないちゃんの体位を正常位、右側位、左側位、後背位、騎乗位の5種類の中から選び、制服と下着の有無を選んだら、後は体を揺らしながら喘ぐ彼女を鑑賞するのみである。体位の変更などの操作は、自分の顔の正面にあるポインターを、空中に浮かぶアイコンに合わせるだけでいいので、全てフリーハンドで済ませることができる。

スマートフォンの動きを「なないちゃん」と連動させることができるのが大きな特徴で、あらかじめスマホに専用アプリをダウンロードしておき、スマホを抱き枕やエアドール、オナホール等に括りつけて上下させれば、手の動きに従ってVR画面のなないちゃんも上下し喘いでくれる。

また、VR機器をもっていない層への配慮として、スマホ用のVRアプリで鑑賞できる動画も製品版に収録しており、単品でのダウンロード販売も行われている。

同人ながらイベントへの出展が盛んで、英語版、中国語版がリリースされるなど海外展開も活発に行われている。関連商品はモバイルブースター、ブックレット、タペストリーなど。

個人的には、肌の質感や部屋の作りなどに同人らしい粗さが目立ち、内容に奥行きがなく、開発途上で実験的な印象が拭えない。しかし着想はユニークで、視線での操作は他のVR作品より慣れが早く、スマホを使った玩具との連動は応用が利いてユーザーの負担も少ない。資金もノウハウも足りない地点から果敢にチャレンジする姿勢には敬意を表したい。


公式HP
http://www.vrjcc.com/ 
クラウドファンディング『Patreon』
https://www.patreon.com/letsplaywithnanai




調査担当

『お嬢様くらぶ』 概要

お嬢様くらぶ サンプル お嬢様くらぶ サンプル
お嬢様くらぶ サンプル お嬢様くらぶ サンプル
©1987 TECHNOPOLIS SOFT
お嬢様くらぶ (DTB software/テクノポリスソフト)

・****年**月**日 PC-8801用 FD 同人版
・1987年07月25日 PC-8801用 FD版
・1988年**月**日 MSX2用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X1/turbo用 FD版

80年代後半の作品で、"大富豪"風の脱衣カードゲーム。

ルールはトランプの大富豪(大貧民)にそっくりで、強さに応じて0~11の番号が設定された9枚の手札を、場に出ているものより強いカードを出す事で消化していき、すべて使い切れば勝ち抜けである。

プレイヤーを含めた5人の参加者は、勝ち抜けた順によって次回の階級が決まる。プレイヤーが現在の階級より上の順位であがれば、画面左の女の子が一枚ずつ薄着になっていき、最終的には全裸になる仕様である。階級が上がるほど手札は有利になるが、ランクダウンする毎にライフが減っていくので、常に高順位を維持しなければならず、次第に勝利条件は厳しくなっていく仕組みとなっていた。

世界観が変わっていて、プレイヤーは「お嬢様くらぶ」という店舗(キャバクラ?)の代表であり、手札は強いカードほど可愛い女の子である。ゲームで他店と可愛い女の子の奪い合いをしていき、勝てば「STAGE QUEEN」と呼ばれる女の子(画面左)がサービス(脱衣)してくれるという、よく分からない設定である。「STAGE QUEEN」は制服姿やテニスウェアの女の子など、様々なタイプの6人となっていた。

運の要素もあって難易度は高めだが、ビジュアルのクオリティは高く、気楽に遊べる手軽なゲーム性が魅力である。当時のテクノポリスソフト(徳間書店)は同人作品の商業化に関わる事が多かったようで、『まじゃべんちゃー・ねぎ麻雀』と同じく、本作も同人版と商業版の二種類が存在する。

調査担当

『まじゃべんちゃー・ねぎ麻雀』 概要

まじゃベんちゃー・ねぎ麻雀 サンプル まじゃベんちゃー・ねぎ麻雀 サンプル
まじゃベんちゃー・ねぎ麻雀 サンプル まじゃベんちゃー・ねぎ麻雀 サンプル
©1986 ONION software
まじゃべんちゃー・ねぎ麻雀 (ONION software/テクノポリス)

・1984年**月**日 PC-6001/PC-8801用 FD版 (同人ゲームとして頒布)
・1986年10月**日 PC-8801用 FD版 (商業版)
・1987年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1988年**月**日 X1用 FD版

同人ゲーム出身の作品で、PC向けとしては初となった脱衣麻雀ゲーム。麻雀ゲームに独自ルールのイカサマ技を持ち込んだゲームとしても名高い。

タイトルは麻雀とアドベンチャーからきた造語で、簡単なストーリー仕立てになっている点が同世代の麻雀ゲームと異なる。ただし、ストーリーがあるだけでADV要素はなく、実際の内容は麻雀ゲームの域をでない。主人公は友人の家、町の雀荘などで麻雀に勝ち続け、ついには江戸時代にタイムスリップして、悪人「ききょうや遠藤」の退治を目指していく。

形式は2人打ちで、1面につき3人の個性的な対戦相手とそれぞれ数回勝負し、点数で上回れば勝ちとなった。ステージは7面まで用意されており、あがる度に、なぜか対戦相手と全く無関係な女の子が、画面端で一枚ずつ脱いでいくという不思議な演出となっていた。女の子達は当時の脱衣麻雀には珍しい、丸っこく頭身の低いアニメ調になっていて、PC-88版、PC-98版、X-1版と機種が変わるごとに新しく描き直されていた。

もう一つ特徴的なのが、対戦ごとに貯まっていくパワーを消費することにより「技」が使えることで、ポイント数に応じて「役満積み込み」「タンヤオ積み込み」といった強力な配牌補助を利用することができるようになっていた。こうした制限付きのイカサマ技は、その後の脱衣麻雀に大きな影響を与えたと思われる。

ファミコン版として同名のゲームも発売されたが、こちらはRPG仕立てで全く別のゲームとなったようだ。続編として『まじゃべんちゃーⅡ 全国おんせん麻雀』があり、シリーズは同人作品『まじゃべんちゃー2001』まで続いた。

調査担当

『魔法使いの妹子』 概要 

魔法使いの妹子 サンプル 魔法使いの妹子 サンプル
魔法使いの妹子 サンプル 魔法使いの妹子 サンプル
©1985 帝国ソフト
魔法使いの妹子 (帝国ソフト/九十九電機)

・1985年**月**日 PC-8801用? コミケにて頒布された同人ソフト版
・1986年04月**日 PC-8801/FM-7兼用 5インチFD版 3.5インチFD版 (市販品)

同人ゲーム出身の作品で、魔法使い見習いの女の子の活躍を描いた童話風のアドベンチャー。タイトルの読み方は「まほうつかいのでし」。

魔法使いに妹子(でし)入りし、小間使いのように働いていた主人公「リア」は、朝寝坊したい師匠によって旅に出されていた。ある日、偶然立ち寄った村で、リアは名のある魔法使いと見込まれ、村人達から近くに住み着いたトロールの退治を強引に依頼されてしまう。しぶしぶ北の岩屋に向かうリアだが・・・?

ゲームシステムはコマンド入力式で、移動先に自由があるタイプのフィールド探索ADVである。ローマ字入力、カナ入力の両方に対応しており、「ハナス」「ミル」といった日本語コマンドで進行していく。

シナリオは、村を悩ませている悪霊を退治するため、主人公の少女リアが数種類の魔法を駆使して冒険を繰り広げる流れである。ボリューム感はないが、謎解きに適度な歯ごたえがあり、マニュアルと作中のヒントだけで正解が導けるよう工夫された、丁寧な作りとなっているのが印象的である。

作風はほんわかとしたギャグタッチで、ビジュアルも頭身の低い可愛らしいものとなっている。色々と隠しコマンドが仕込まれているのも特徴で、本筋とはあまり関わりがないが、サービス要素として段階的な脱衣CGも含まれていた。アダルト要素はその一点で、規制のなかった当時としては、一般ゲームのお色気サービスといった印象である。

開発元の帝国ソフトは同人ゲームの先駆けといわれており、本ソフトも元々は同人作品だったものが、翌年に九十九電機から市販品として販売された経緯を持つ。市販品は一枚のフロッピーディスクでPC-8801とFM-7の両ハードに対応しているという、珍しいハイブリッド仕様だった。

個人的な印象として、基本に忠実、アドベンチャーの王道、といった感じで草創期のアドベンチャーゲームの良さを再認識させられる作品である。尚、タイトルの妹子(でし)は一般的な日本語表記ではなく、弟子に対する造語と思われる。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03