title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『JOKER』 概要

joker01.png joker04.png
joker13.png joker34.png
©1991 BIRDY SOFT
JOKER (バーディソフト)

・1991年09月05日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『JOKER TOWNS』に収録

90年代序盤の作品で、アメリカの西部開拓時代を題材にしたアダルトアドベンチャー。単品で完結しておらず、実質二部作の内の前編にあたる。

主人公「ワイルド」はインディアンの村に住むヤンチャで女好きの若者である。彼の幼馴染「ラウラ」の祈祷の結果に不吉な物を感じた村の酋長は、20年前に封印した「大いなる厄」の復活に備えるため、ワイルドに助っ人を探すよう指示する。生まれて初めて街に出たワイルドは、多少の呪術と父親譲りの拳銃の腕前、そして不思議と女達を引きつける魅力を頼りに、殺伐とした西部の街で名を上げていく。

システムは移動先に自由があるタイプのコマンド型で、街に3軒ある酒場や、教会、雑貨屋、娼館などを繰り返し巡り、主に会話で情報を収集していく探索ADVである。

シナリオは西部劇が土台となっているが、魔術やワーウルフ、吸血鬼なども登場するファンタジー風の世界観である。腕のいいガンマンの主人公が、占い師や娼婦、賞金稼ぎなどの助けを借りて賞金首と対決していく中、次第に「JOKER」と呼ばれる謎の存在に迫っていく流れで、アクションシーンを含んだシリアスな展開となっていた。漫画でいう「引き」にあたる箇所で盛り上げたまま終わっており、次回作『JOKERⅡ』(同年12月)に続く事がアナウンスされている。

アダルトシーンは娼婦を買った際などに発生する。CGは一人当たり1~2枚と少ないが、代わりにコマンドの種類が豊富で、扇情的なテキストに比重が高い。

個人的な印象として、ビジュアルは非常に綺麗で丁寧、題材もユニーク、シナリオ重視の作風も好感がもてるが、定価が7800円(税抜き)だったことを考えるとボリューム不足な感が否めない。続編でも質と量の両立に苦しんだようだ。一方で原画ファンを中心に支持は厚く、バーディソフトの黄金期を支えたヒット作だった。

『気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編』 概要

気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編 気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編
気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編 kibunpt81
©1989 GREAT
気分は、ぱすてる・たっち!! アブナイ学園編 (GREAT)

・1989年10月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代末期の作品で、現代に生きる吸血鬼を主人公にしたコミカルな学園アドベンチャー。

主人公「ドラキュラ伯爵」は、イギリス旅行中の日本人の女の子「裕美」と恋仲になってプロポーズするが、何故か返事は保留され、時間をおいて日本で昼間の内に迎えに来て欲しいと言われる。三ヶ月後、裕美の通う学園を訪れた伯爵は、男子生徒達からの妨害に遭いながらも、魅惑の魔法を駆使して情報を集め、裕美の居所に迫っていく。

システムはコマンド選択型で、移動先にあまり自由がない一本道の展開である。コマンドは「話す」「考える」「魅惑」「移動」「大魔法(セーブ)」の5種類しかないが、総当りでサクサクと進める訳ではなく、例えば「話す」を5回選んだ後に「考える」を3回、といった具合に進展の為のコマンド回数と順番がガッチリ固定されており、間違えると即ゲームオーバーも珍しくないシビアなゲーム性となっていた。

シナリオは能天気で浮き世離れした性格の主人公が、男子生徒からは不審人物として追いかけられ、怪しい保健医に解剖されそうになりながら、女の子には情報収集の為、あるいはお礼としてHな幻覚を見せていく流れである。全体的に明るいコメディタッチだが、最後には伯爵の悲しい境遇が明かされるドラマチックな演出が用意されていた。

アダルト要素は女の子への「魅惑」に成功した際に見られるCGで、女の子一人に一枚ずつ、テキスト描写やセリフはほとんどない淡白なものになっていた。

80年代のGREATは比較的物静かで怪しげな印象を与える作品が多かったが、本作品は主人公が人外ながら、底抜けに明るくコミカルな印象の学園ドタバタ劇になっている。この時代は『きまぐれ☆オレンジロード』『らんま1/2』といった少年誌出身のラブコメ作品がブームを起こしており、そういった世相を反映しているのかもしれない。

『天使たちの午後IV ~ゆう子~』 概要

天使たちの午後4 ~ゆう子~ サンプル 天使たちの午後4 ~ゆう子~ サンプル
天使たちの午後4 ~ゆう子~ サンプル 天使たちの午後4 ~ゆう子~ サンプル
©1991 JAST
天使たちの午後4 ~ゆう子~ (JAST)

・1991年07月10日 PC-9801用 5インチFD版/3.5インチFD版
・199*年**月**日 X68000用 5インチFD版
・1995年11月17日 PC-9801用 3.5インチFD 『天使たちの午後Collection2』に修正版を収録

90年代序盤の作品で、女子校の怪奇現象を追っていくミステリーアドベンチャー。『天使たちの午後』のシリーズ通算7作目である。無修正画像が仇となり、同年の『沙織事件』の際に摘発され、回収処分となった事で知られる。

一世紀半の伝統を誇る「ソフィア学園」には、いつの頃からか怪奇音や異臭、様子のおかしい生徒などの怪しい噂が頻発していた。校長から調査を依頼された主人公「俺」は、教師として学園内に潜り込み、パートナーの文芸部員「祐子」と共に謎の解明に挑んでいく。

システムはコマンド選択式で、移動先にあまり自由がないタイプのADVである。「調べる 本棚」「愛撫する 胸」といった風に、コマンド総当りで場面を転換させるポイントを探っていく。一本道のシナリオだがバッドエンドが多く、寄り道して女の子と遊んでしまうと、Hシーンが観賞できる代わりに、終盤でハッピーエンドへ辿り着けないようになっていた。

シナリオはこれまでのシリーズと全く雰囲気の違う作品で、探偵物風のミステリー作品である。メインヒロインは学院生のパートナー祐子だが、手を出すとバッドエンドで、主人公とは最後までプラトニックな関係となっている。婚約者との営みや敵への尋問でセックスする必要はあるが、セックス自体が目的だった『Ⅰ~Ⅲ』とは大きく異なり、仕事熱心な主人公である。

続編として『ごめんねエンジェル 〜横浜物語〜』(1992)、『天使たちの午後Ⅴ ~狙われた天使~』(1992)などが続いている。

Hシーンでは大半が局部の描写を含んでおり、扱いは小さいが詳細に描かれているあたり意図的なものを感じる。同年の『沙織事件』に関連して摘発され回収処分となったが、後の『天使たちの午後Collection2』に修正版が収録されている。

記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
パソコンの登場と共に生まれた学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03