title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『千の刃濤、桃花染の皇姫』 概要

shtk00shtk01
shtk02
shtk03
shtk04
©2016 AUGUST
千の刃濤、桃花染の皇姫 (オーガスト)

・2016年09月23日 Windows用 DVD-ROM プレミアムパック版 初回限定版 通常版
・2016年12月29日 ダウンロード販売開始 【DMM

10年代中頃の作品で、和風ファンタジー世界を舞台に忠義と愛を描く恋愛アドベンチャー。読み方は『せんのはとう、つきそめのこうき』。オーガストの12作目(ファンディスク含む)である。

パッケージ版の媒体はDVD-ROMだが、Android端末でもプレイできるDLコードが付属している。また、PC版もタブレット端末で快適にプレイできるように、デスクトップモードとタブレットモードの両方を備えており、いつでも切り替えられる仕様になっていた。

およそ二千年の歴史を誇り、神の血を引く皇帝によって治められてきた豊葦原瑞籬内皇国(とよあしはらのみずがきのうちのすめらみことのくに)、通称「皇国」。独特のテクノロジー「呪術」と、超人的な身体能力を持つ「武人」の力により、長く平和が保たれてきた皇国だったが、前触れもなく「共和国」の奇襲を受け、臣下の裏切りで皇帝は謀殺され、首都は陥落してしまう。そこから始まる共和国の横暴は、皇国人にとって耐え難いものだった。抵抗活動に身を投じながらも、守るべき主を失って鬱屈していた武人の主人公は、皇女を名乗る危うげな少女に出会い、協力と衝突の中で主従の絆を深め、本来の力を取り戻していく。

ゲームシステムは『穢翼のユースティア』(2011年)の流れを汲む特殊な分岐型のADVである。メインストーリーの各章がヒロインの個別パートの導入部分を兼ねており、各ヒロインとの個別エンドは本筋からドロップアウトしていく形を取っている。このため、それぞれのヒロインとのハッピーエンドを確保しつつ、核心部分となる物語の謎を最後まで楽しめる、メインシナリオ重視の作風となった。

世界観はファンタジーであり、慣習どおりのコミカルな学園物の要素も備えながら、歴史ドラマのような壮大な設定や、複数の勢力の謀略、騙し合いが入り乱れるスリリングな展開、凄惨で殺伐としたアクション要素を含んでいるのが特徴で、全体の印象はシリアスである。

主人公は真面目で堅物な好青年で、18禁ゲームには珍しくボイスが当てられている。戦争で記憶を失ってしまった彼は、表向きは学生、花屋の店員として暮らし、夜は地下組織の幹部として、女性の会長と共に武装蜂起の準備をしていく。その最中に復讐に燃える皇女や、呪術を司る巫女の長、偽の皇女に祭り上げられてしまった義妹と出会い、共和国軍の中で高位の女性から睨まれつつ、様々な事件に巻きこれていく流れとなっている。

ヒロインは上述の5人である。Hシーンは各ヒロイン1人につき本編中に1つしかないが、クリア後に「余談」としてショートエピソードが開放される仕組みで、その中に3つほどHシーンを含んでいるので、合計は1人あたり4つとなる。他にサブヒロインとして、同級生や協力者など3人とのエピソードが収録されている。

関連商品は、特別仕様のプレミアムパックに原画集、ドラマCD、抱き枕、絵馬が付属した他、各店舗ごとに抱き枕カバー、色紙、マウスパッド、タペストリー、タオル、テレカなどのオリジナル特典が用意されていた。また、本編の発売に先立ち、OP/ED曲のシングルや、校章、Tシャツなどが販売されている。

個人的な印象として、萌えコンテンツにありがちな稚気を感じる設定に目をつぶれば、シナリオが相変わらず充実しており、最期まで緊張感のある展開が嬉しい。和風感にこだわった美しい音楽やインターフェース、爆発や炎、剣戟などの迫力ある演出、詳細でシャープなタッチの背景美術も非常に印象的だった。機能面でも時代に合わせた配慮が行き届いており、まさにオーガストらしい、隙のない作風といえるだろう。

公式ページ
http://august-soft.com/hatou/index.html




調査担当

『恋姫 〜Mystic Princess〜』 概要

koiimemp00koiimemp01
koiimemp09koiimemp02
©1995 SILKY'S
恋姫 〜Mystic Princess〜 (シルキーズ)

・1995年05月26日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 DOS/V用 3.5インチFD版

90年代中頃の作品で、のどかな田舎を舞台に幼馴染の少女達との邂逅を描くアダルトアドベンチャー。

主人公「小十郎(名前変更可)」はスケベでお調子者、優柔不断な学生である。夏休みを利用し、十数年ぶりに故郷の田舎に帰ってきた小十郎は、美しい4人の女の子と出会い、知り合いになろうと積極的に声をかけていくが、どうも様子がおかしい。どうやら彼女たちは小十郎のことをよく知っているようだが、小十郎にはそんな記憶が一切ないのだ。しかも全員が小十郎に恋焦がれており、やがてそれぞれのやり方で誘惑のアプローチをかけてくる。小十郎は疑問を抱えつつ、彼女たちの切実な思いに応えていく。

システムは移動先に自由があるタイプのADVで、操作はコマンド探索と選択肢の混合型である。普段は「見る」「話す」「移動」などのコマンドを総当りすることで場面が進展し、要所では選択肢によりヒロインを抱くか、未遂に終わるかに分かれていく。一見すると、ラスト付近でセックス済みのヒロイン一人を選択して個別エンド、という当時のADVの一般的な作りだが、難しい条件を整えることで隠されたルートが開け、物語の核心に迫っていくという、奥行きのある作りとなっていた。エンディングはグッド、バッド合わせて14種類である。

シナリオはドジで調子のいい性格の主人公が、温泉で背中を流してもらったり、怪我の介抱をしてもらったり、意識不明の相手にイタズラしたりしながらドキドキな体験を重ね、やがて男女の仲へ発展していく流れである。ヒロイン同士の対抗心、嫉妬が顕著なのが特徴的で、主人公はボコボコにされたり、泣かれたり、脅迫されたりしながら、頑なに優柔不断を貫くコミカルな作風となっていた。

和風感が強調されているのも特徴的で、テキストは縦書き、セーブ・ロード番号やエンディング番号も漢数字と徹底している。また、相手のメッセージが吹き出しのように小ウィンドウで表示される点も変わっている。

Hシーンは一人当たり2箇所で、アダルト要素にはさほど比重はない。ヒロインは乱暴で素直になりきれない巫女、主人公を兄と慕うロリっ子、家庭的な商店主、おしとやかで病弱な女の子の4名である。

後にWindowsに移植された際は、ブランドは母体のエルフに変更になり、『恋姫 K・O・I・H・I・M・E』として原画レベルでフルリメイクされた。派生作品にOVA版がある他、90年代のアダルトゲーム出身作品としては珍しく、『CR恋姫』としてパチンコ台が稼動している。

個人的な印象として、ここまで季節感と和風を前面に出した作品は、当時としては珍しいのではないか。2段階のクライマックスで奥行きとドラマ性をもたせた所も印象的だった。難点としては、ビジュアルのタッチやクオリティが安定しないのが気になる。主人公の軽惚な言動も好みが分かれそうだ。


調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03