title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『性戦士もっこりまん』 概要

sssmkm00sssmkm02
sssmkm03sssmkm04
©1993 ILLUSION All rights reserved
性戦士もっこりまん (イリュージョン)

・1993年08月27日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版

90年代序盤の作品で、下品な変身ヒーローを主人公にしたコミカルなアダルトアクションゲーム。イリュージョンの2作目。

宇宙からやってきた異星人もっこりまんは僕らのニューヒーロー。正体を隠し、金田豆造として地球に潜伏中の彼は、その特技を生かしてAV男優として活躍していた。今日も敵対するコケ性人の妨害を乗り越え、魅力的なAV女優との撮影に臨み、その絶倫な精力で彼女たちをエクスタシーに導いていく。

システムは横スクロール型アクションの1部と、感じるセックス体位を探っていく連打系アクションの2部で構成されている。冒頭で7つのAV風タイトルのステージの中から一つを選び、1部をクリアすることでセックスに突入し、2部のアクション要素をクリアする度に、AVの内容がワンカットずつ流される仕様となっていた。

1部の横スクロールアクションは、ジャンプや飛び道具を頼りに、ザコを潰したり罠を避けたりしながら、迷宮内の鍵を探し出し、ゴールへの到達を目指す流れである。コースはワープポイントなどが複雑に絡み、非常に入り組んでいる。ゲーム性はクリアに繋がるワープ順序や抜け道を見つけていく、探索要素の強いものになっていた。コンティニューの回数や残り時間に制限がないため、難易度は易しい。

2部は何故か、もっこりまんと女性が草原で結合した場面から始まる。精ゲージが尽きる前にピストン運動で女ゲージをMAXにすればクリアである。体位は正常位、後背位、座位の三種類があり、その中からゲージの上昇する体位を見つけ、キー連打で責めていく。しばらく責めるとゲージが上がらなくなるので、再び感じる体位を探っていく流れである。

選べるAVは7本で、主演はそれぞれ別の女性である。若妻、看護婦、OL、制服姿の学生、女教師、エレベーターガールなどの女性達が、危険な不倫関係や自慰、見ず知らずの男とのセックスに夢中になってしまう筋書きとなっていた。一部に拘束や失禁といった描写もあるが、プレイ自体はほぼノーマルである。

続編として『もっこりまんRPG』(1994年)、『乱交女体釣り ~もっこりまんのナニでヌシ釣り~』(1995年)が続いている。

おバカで混沌とした雰囲気が持ち味のギャグ作品で、ゲームを起動すると演歌調で下品な歌詞のOP曲が字幕付きで流れ始める(音声はない)。『超兄貴』(1992年)のように、良い意味でバカゲーと呼ばれることが多いようだ。個人的な印象としては、動きの硬さや迷宮の構造の荒っぽさで、アクションゲームとして楽しいものではないが、ビジュアルのクオリティの高さ、セックス描写の濃厚さで多少挽回しているイメージである。

 
調査担当

『ばにぃはんたぁ零』 概要

bnhtz00bnhtz01
bnhtz03bnhtz02
©1995 JANIS
ばにぃはんたぁ零 (JANIS/すたじお実験室)

・1995年04月28日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1996年07月12日 Windows3.1/95/Macintosh用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、平凡な会社員が変身ヒーローになって謎の組織と戦う、ギャグタッチのアダルトアドベンチャー。開発は法人化前の「すたじお実験室」、販売はスペースプロジェクト系列の「JANIS」である。

舞台は現代の日本。主人公「零一」は平凡なサラリーマンである。経理部長である父親が会社の金を持ち逃げした件で追求された零一は、父の無実を証明するため捜査を始めるが、突然、謎のバニーガール集団「ネオバニー」に襲われる。公衆の面前で恥辱を受けそうになる寸前、駆け込んだブティックで出会ったのは、伝説の英雄が愛用した黒いマタドールスーツだった。スーツに込められた愛と情熱で変身した零一は、「バニーハンター零」としてネオバニーの刺客たちを返り討ちにし、Hなお仕置きで心を開かせ、事件の手がかりを掴んでいく。

システムはコマンド選択式で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。しかし終盤にはマルチエンド用に多少の選択肢もあり、さらにカードバトル要素とも組み合わされている。基本的には、会社やタバコ屋、自宅、商店街、学校といった移動先を巡回し、「Look」や「Talk」といったコマンドを総当りすることで新しい情報やアイテムを入手し、突発的なバトルに勝利することで、物語を進展させていく一本道の展開である。

カードバトルは「バトルスキンパニック」(1988年)のように、手札の数字の大小を競うシンプルなものである。運頼みな面もあり、ゲーム性はさほどない。負けてもその場からやり直せるので、難易度は易しい。

シナリオは、平凡で冴えない青年の主人公が、服の力を借りてキザで情熱的なヒーローに変身し、セーラー服や体操着、コマンドー風、下着姿、ナース服の女の子達を撃退していくバトル物である。とぼけた設定や勢いまかせの超展開が多く、作風は非常にコミカルである。

ヒロインは毎回どこからともなく現れ、主人公のピンチを救っていく「プリンセスバニー」の他、ラスト付近の選択肢の選び方によっては、敵のバニーや会社の先輩、銭湯の未亡人&娘と結ばれる個別エンドが用意されていた。アダルトシーンは同意を得ないまま押し倒したり、拘束するケースもあるが、おおむね和姦で行為はソフトである。

関連商品は小説版、フォトCD、マウスパッドなどがある。

個人的な印象としては、ストーリーは短く、ゲーム性もあまりないが、軽快なテンポとおバカなノリ、高クオリティなビジュアルが揃った魅力的な作品である。銭湯の母娘のHシーンは親子丼となっていて、後に一般的な題材となるが、時期的にかなり珍しいのではないだろうか。


調査担当

『聖少女戦隊レイカーズⅡ』 概要

lakers2_00lakers2_02
lakers2_05lakers2_03
©1994 APPLE PIE
聖少女戦隊レイカーズⅡ (アップルパイ)

・1994年12月18日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1996年10月18日 Windows95用 CD-ROM 『聖少女戦隊レイカーズⅠ・Ⅱ for Win』に収録

90年代中頃の作品で、変身ヒーローの主人公と変身ヒロイン達の活躍を描いたシミュレーションRPG。『聖少女戦隊レイカーズ』の続編。

前作で宇宙からの侵略者ガドラム帝国を退け、再び平和な日常を送っている筈のレイカーズだったが、鷲ノ羽学園に正義の少年「洸」の姿は無かった。彼は半年もの間、レイカーズの面々に何も告げず、行方をくらましていたのだ。そこへ、レイカークリスタルを狙う新たな敵、宇宙犯罪組織ギルドールの魔の手が迫る。変身能力を失ったレイカーズの前に颯爽と現れたのは…?

システムはADV風のストーリーパートとシミュレーションRPGの組み合わせである。ストーリーパートは分岐のない一本道で、コマンドもセックスシーンのみとなっている。各章の会話の中で戦闘に突入し、SLGパートで1~2つのMAPの敵を殲滅すれば、シナリオが進行して次の章へ移る仕組みである。

戦闘部分のシステムは前作とほぼ同じで、クォータービュー、固定配置、レベルアップありの戦術級SLGである。攻撃がなかなか当たらないのも同じで、敵の向きや高低差などを利用して命中率を高め、数に勝る敵に背後を取られないよう工夫する点が戦術要素となっている。違いはそれぞれ体の各部の4種類のパーツを変更できる点で、それに応じて回復技、長射程の技、広範囲の技などを選べる仕様となった。

シナリオは使命感に燃える変身ヒーローの主人公が、親しい少女達を戦いに巻き込むまいと奔走するものの、敵の罠にはまったり、強敵と出会う中でヒロイン達に助けられ、最後はチームワークで敵を撃退するのが基本的な流れである。変身ヒロイン物に分類される作品だが、熱血、悲壮感、メカといった男の子向けの要素が多く、ナレーションにも特撮ヒーロー物の影響が強く感じられる。

アダルトシーンは各章に1、2箇所で、5人のヒロイン達の他、敵の女幹部にも用意されている。レイカーズの中心「玲子」と主人公は前作で恋人同士となったため、他のヒロインとは妄想上のセックスだったり、あるいはライバルの男キャラに口説き落とされたりといった描写になったが、中には主人公が敵の誘惑に負けたり、玲子との仲違いで捨て鉢になり、激情に身を任せて他の子と…といった場面もあった。

続編として『聖少女戦隊レイカーズⅢ』(1997)が続いている。

個人的な印象として、シナリオは相変わらず超展開の連続で、非ギャグストーリーにしては説得力が頼りない。ツッコミ所は満載なので、ネタとしては楽しめた。シミュレーションRPGとしても操作性やゲーム性が改善されたとは言えず、残念な印象である。全画面表示となり、ビジュアルは大きく向上している。


調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03