title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『GALZOOアイランド』 概要

galzooisland00galzooisland03
galzooisland02
galzooisland01

©2005 ALICESOFT
GALZOOアイランド (アリスソフト)

・2005年12月09日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon】【駿河屋
・2009年03月19日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon】【駿河屋
・2015年03月20日 DL販売開始 【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【DLsite

00年代中頃の作品で、女の子の姿をしたモンスターを集めていくアダルトRPG。

(あらすじ) 中世ファンタジー風の世界。主人公レオは、女の子モンスターを従属させることの出来るレアな存在、女魔物使いの才能を持った少年である。師匠の元で修行に励んでいたレオは、突然現れたキャプテンバニラに高名な魔物使いと勘違いされ、異世界へと連れてこられた。そこはイカパラダイス…強大な力を持つイカ男爵によって作り出された、彼の嫁選びのための孤島。様々な女の子モンスターが放し飼いにされ、味見と称して時々陵辱を受けていた。彼女たちの窮状を目の当たりにしたレオは、イカ男爵に対抗すべく、弱い女の子モンスターから従属させ、戦力を蓄えていく。

世界観はランスシリーズ、闘神都市といった多くのアリスソフト作品と共通しており、きゃんきゃん、やもりん、メイドさんといった、お馴染みの女の子モンスターが登場する。特に『Rance VI』(2004年)との共通点が多い作品で、ダンジョンは3DCGの立体構造である。一方、主人公の性格は正反対で、ウブで正義感の強い少年のハーレムストーリーとなっている。

ゲームシステムは、3D視点でのダンジョン探索、コマンドバトル、夜の会話パートの組み合せである。

行動毎に時間が経過するタイプのRPGで、日中の敵が弱い内に探索を進め、女の子モンスターを発見し、戦闘で倒して捕縛を目指していく。しかし、女の子によって特殊なアイテムが必要だったり、袋小路に追い詰める必要があったりと、捕縛には様々な条件があり、対話の中でそれを見抜かなければならないという、謎解き要素を備えていた。

また、一定の日数が経過すると、ライバルの魔物使いが先にターゲットを従属させ、次のシナリオに飛んでしまったり、イカ男爵が嫁を選んでゲームオーバーになってしまう等、目標達成までの日数にも厳しい制限がある。

一日の終わりにはADV風の会話パートがあり、仲間になった女の子モンスターの中から1人を選び、鍛えたり、日常風景を鑑賞したりしていく。Mエキスと呼ばれる特殊アイテムを使うことにより、親密度が貯まった相手とのセックスも可能で、更に「中だし」を選ぶと、相手は懐妊、転生して子供状態となり、2日ほどで大人へと成長する。これを繰り返すことで、女の子モンスターは特殊能力を身に付けたり、弱点を克服したりとパワーアップしていく。

この転生によるパワーアップは、ゲームクリア後の周回スタート時にも引き継がれる為、重要なやり込み要素となっている。最初の1周はクリアで手一杯だが、周回を繰り返すことで序盤が楽になり、気に入った相手のイベント制覇を目指したり、探索の効率化を極めたり、寄り道イベントをこなしたりと、遊び方の自由度が広がる仕様である。

シナリオは、純で大人しい少年の主人公が、女の子の姿をした魔物(ヒロイン)と出会い、次々と仲間に加えていく流れである。出会った時点では警戒し反抗的だった子も、主従関係の中で主人公に惹かれ、積極的に誘ってくるハーレムな展開となっている。変人気味の個性豊かなヒロイン・脇役によるシュールな会話劇が特徴で、全体の雰囲気はコミカルなギャグ作品である。

個人的な印象としては、豊富なやり込み要素とアダルト要素、優れたゲーム性を備えた魅力的な作品である。声優陣によるコミカルな演技も愉快で、何度も見たくなるシーンの数々が印象的だった。一方、ヒロインは30人以上もおり、1人1人のイベントとCGが控えめで、個別エンディングも非常に簡素なため、どのヒロインとゴールしても物足りなさが残るかもしれない。


公式ホームページ
http://www.alicesoft.com/galzoo/

PV



調査担当

『新訳闘神都市~Girls Tamer~』 概要

sytojintoshi00sytojintoshi01
sytojintoshi02sytojintoshi04
© DMM GAMES/ALICESOFT
新訳闘神都市~Girls Tamer~ (DMMゲームス)

・2016年03月29日 正式サービス開始 【DMM
・2016年09月07日 サービス終了

10年代中頃にオープンしたPC向けのソーシャルゲーム。アリスソフトの大ヒットRPG『闘神都市』シリーズのスピンオフ作品である。

闘神大会―。かつて屈強な戦士たちが集い、絶大な富と名声を求めて競い合う戦いの祭典だったが、いつしか時は流れ、現在は「女の子モンスター使い」達が強さと華やかさを競い合う場となっていた。駆け出しの女の子モンスター使いの主人公(名前は任意)は、田舎に残してきた恋人との結婚の約束を果たすため、闘神大会で一旗あげようと街へ出てきた折に、訳ありで腹黒な美少女イザベルと出会った。参加条件の美人パートナーのあてがなく困っていた主人公と、借金に追われるイザベルの利害は一致し、契約を結ぶ二人。修行を積んで無事に大会の優勝を果たし、何不自由ない生活を手に入れた筈だったが…?

システムはブラウザ型で、ソーシャルゲームのRPGとしては一般的なカードバトルRPGである。基本プレイは無料で、レアガチャや便利な拡張機能に使えるアイテム「賢者の石」が有料となっている。ガチャで「女の子モンスター」のカードを集め、5枚を選んでデッキを編成し、ダンジョン内のNPCや大会の敵プレイヤーに勝利することで報酬を獲得、それを素材にカードをレベルアップしていく。

カードには火、水、風といった属性やスキルの相性の良し悪しがあるため、複数のデッキを用意して、ダンジョンの特性や対人戦に合った組み合わせを練っていく点が戦略要素となっている。特徴的なのは、主人公自身の体力や探索ポイントの自然回復で時間を取らせるタイプはなく、女の子モンスターの体力をやりくりする点である。探索で受けたダメージは病院で治療する必要があり、レアで高レベルなカードほど治療に時間が掛かる仕様となっている。

ストーリーは主人公が街を代表する闘神となり、他の都市の闘神(他のプレイヤー)と競い合って最強の闘神を目指していく、といった流れである。主人公はスケベで調子のいい性格で、知り合ってパートナーとなった女性達にプレゼントを贈ったり、望みを叶えることで口説き落とし、ハーレムを形成していく。

アダルト要素は戦闘要員である「女の子モンスター」のレベルをMAXにした際、もしくはデッキのサポート役となる人間の「パートナー」の友好度がMAXになった際に発生する。動きのない一枚絵で、台詞のやり取りがボイス付きで再生される1分程度の短い物だが、ゴールデンウィーク中に開催するイベントで『フル悶動画』が実装されることがアナウンスされている(2016/04/29現在)。

個人的な印象としては、ごく普通の18禁ソーシャルゲームといった感じである。お馴染みのモンスターや脇役達が登場し、音楽はShade氏が担当しているので、アリスソフトファンは一見の価値ありだろう。ストーリー性、アダルト要素が貧相だが、これはソシャゲ全般に共通しているので欠点とまではいえない。肝心のゲーム性で目新しさややり込み甲斐のあるコンテンツを用意できるか、今後に期待したい。




調査担当

『闘神都市II』 概要

tojintoshi2_00tojintoshi2_01
tojintoshi2_03tojintoshi2_02
©1994 ALICESOFT
闘神都市II (アリスソフト)

・1994年12月10日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1995年04月28日 PC-9801/FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年06月20日 Windows95用 CD-ROM版
・2003年04月11日 配布フリー化宣言

90年代中頃の作品で、年に一度の武術トーナメントを舞台にしたアダルトRPG。『闘神都市』シリーズの第二弾で、大ヒット作となり、メインヒロインの「葉月」の人気も相まって、非常に知名度が高い。

中世ファンタジー風の世界。主人公「シード」は、瑞原流という剣術道場の門下生で、実力も性格も頼りない若者である。師範の娘「葉月」とは両想いだが、葉月を瑞原流の後継者に嫁がせようと考えている師範は、シードとの仲を認めず、葉月を騙して実力のある「ビルナス」のパートナーを引き受けさせ、名高い武術イベント、闘神大会に送り出してしまった。優勝すればビルナスが葉月を娶ると知ったシードは、これを阻止するため、姉代わりの女性「セレーナ」をパートナー(賭け物)に、強豪のひしめくトーナメント戦に挑む。

システムは前作と同じく、単一の階層式ダンジョンを探索していく一人パーティのRPGである。地上にある街を拠点に、数日おきにやってくる試合当日に備えてダンジョンに通い、レベルや装備、スキルなどを整えていく。試合で相手を倒す事ができればフラグが立ち、さらに下層に進める流れである。

シナリオは、当初は頼りない性格だった主人公が、様々な出会いや戦いを通してたくましく成長していくサクセスストーリーである。世界観は『Rance』シリーズと共通で、基本的にシュールでとぼけた設定の多いギャグ作品だが、一部に悲劇的なエピソードやシリアスな展開を含み、プレイヤーに驚きをもたらす奥行きのあるストーリー性を備えていた。

物語の所々に選択肢が用意されていて、主人公に「悪行」をさせることが出来るのも特徴的である。例えば、盗賊から取り戻した故人の刀を未亡人に返すか否か、嫌がる女性の純潔を無理やり奪うか否か、といった具合である。極端に悪行を積み重ねない限り大きなペナルティはなく、むしろCG回収の為には必須で、ストーリーへの影響は演出の違いといった程度だった。

アダルト要素は大会の規定による、破った相手のパートナーとのセックスがメインである。女性のタイプは様々で、主人公は挑発されたり、状況に流されたりと成り行きで相手をしていく。他にダンジョン内で有料のHなサービスを受けるパターン、悪人達やモンスターに女性が陵辱されているのを目撃するパターンなどがある。女の子モンスターを捕らえた際や、Hな写真を拾った際などに表示されるCGなどもあり、やり込み要素となっていた。

また、自宅を購入して家具を配置したり、希少な女の子モンスターをコレクションしたり、高難易度の強敵に挑戦したりといったオマケ要素が豊富に用意されており、当時のアダルトゲームとしては桁外れのやり込み性を備えた作品となった。

後日談として読み物タイプの『闘神都市II そして、それから…』(1995年)が続き、10年以上あけて『闘神都市III』(2008年)が発売され、本作のストーリーをベースに『闘神都市』として3DS用にコンシューマ化された。さらにソーシャルゲーム化も予定されている(2016/03時点)。関連商品はOVA版、瑞原葉月フィギュアなど。

個人的には操作感が良く、手間を省く機能も充実していて、ゲームとして洗練されているのが印象的だった。ビジュアルのレベルも高く、謎解きの仕掛けやストーリーも凝っていて、欠点らしい欠点が見当たらない。けなげで頑張り屋のヒロインの個性も光っている。発売から数年にわたって人気を保ち続けた、90年代を代表するアダルトゲームの一つである。


調査担当

『RanceⅣ -教団の遺産-』 概要

rance4_00rance4_02
rance4_05rance4_01
©1993 ALICESOFT
RanceIV -教団の遺産- (ALICESOFT)

・1993年12月11日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年04月04日 Windows3.1用 CD-ROM版
・1997年04月04日 Windows95用 CD-ROM版
・2003年04月11日 配布フリー化宣言

鬼畜な英雄の活躍を描いたダンジョン探索RPGの4作目。アダルトゲーム初となるインストール環境必須の「ハードディスク専用ゲーム」としても名高い。

前作『RanceⅢ -リーザス陥落-』(1991年)で光の神の怒りを買った戦士ランスと奴隷シィルは、天空に浮かぶ大陸イラーピュに飛ばされてしまう。大陸にある唯一の街を拠点に、地上へ降りる方法を求めて古代遺跡の探索を進める二人。同じ頃、遺跡内では敵対的なヘルマン帝国の一団が、遺跡に秘められた闘神都市の力を求めて調査を始め、リーザス王国からはランス救出隊が派遣されようとしていた…。

ゲームシステムは、様々な仕掛けを凝らしたダンジョンの謎を解き、キーアイテムを入手することで物語が進展していくストーリー重視のRPGである。ダンジョン内は前作のスクロールありの2D表示から、再びⅡのような縮小マップでカーソルを移動させていく形式となり、小部屋に入った時だけ拡大2D表示という変わった仕様である。操作感は悪いものの、全体は把握しやすい。

戦闘は前作と同じ、2D俯瞰型でキャラ毎に移動を指示していく、シミュレーションRPG風の集団戦である。雑魚とエンカウントする度にこれをこなさなければならない。しかし、主人公ランスを含めて全自動への切り替えが可能で、自動時のコマンドを編集できるのも特徴的である。味方は最大5人の自由編成となった。

新奇な点として、ダンジョン内は時間経過があり、毎日午後8時になると宿へ強制帰還させられ、翌日は同ポイントから進行できる休憩システムが取られている。宿では体力が回復できる他、「魔法ビジョン」にて本編と無関係な告知やドラマを見るオマケ要素、女の子を選んで部屋に連れ込むアダルト要素を備えていた。

シナリオ面では、従来通りの傍若無人な主人公が、美女とのセックスを目当てに冒険を繰り広げるシュールなギャグストーリーである。同時に、聖魔教団や闘神都市の設定が登場し、世界を揺るがす重大な局面がシリアスに描かれ、教団の生き残り、ヘルマン、リーザス、ランス一行の思惑が交錯する壮大な叙事詩に発展していく。レギュラーメンバーでは人工生命体「あてな2号」や騎士娘「サーナキア」が初登場している。

アダルト要素はランスが街の住人やパーティメンバーにHなイタズラをするケース、助けた女の子にお礼してもらうケースなど様々である。他にオマケ要素として、戦闘中に女の子モンスターを弱らせて「襲う」ことで見られる陵辱CG、完成するとHなCGが回収できる鏡の破片などがあり、やり込み要素となっていた。

発売後ほどなく、設定資料やボツ原画、ミニゲーム、BGM集などを収録した『ランス4オプションディスク』が通販されている。続編はミニRPGの『ランス4.1/ランス4.2』(1995年)、番外編のSLG『鬼畜王ランス』(1996年)、再びミニRPGの『ランス5D』(2002年)が続き、大作RPGに戻ったのは10年以上経った後の『ランスⅥ』(2004年)からだった。

個人的な印象としては、まずビジュアルのクオリティが大きく向上したのに好感が持てる。システムで風変わりな所が多く、快適にプレイするには実験的すぎる気がするが、入り口が違う別のダンジョンが内部で繋がり、巨大な複合ダンジョンになっていく点は面白い。シナリオ性、オマケ要素も充実し、アダルトRPGの定番といった風格の大作RPGに成長している。


ランスワールドノート
http://www.alicesoft.com/haniwa/rance/series/post-25.html

調査担当

『TWILIGHT ZONE Ⅱ ~なぎさの館~』 概要

TWILIGHT ZONE 2 サンプル TWILIGHT ZONE 2 サンプル
TWILIGHT ZONE 2 サンプル TWILIGHT ZONE 2 サンプル
©1988 GREAT
TWILIGHT ZONE Ⅱ ~なぎさの館~ (GREAT)

・1988年10月21日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、女の子の姿をした敵キャラたちをセックスで倒していくアダルトRPG。アドベンチャーゲームだった『TWILIGHT ZONE』(1987年)のシリーズ2作目である。

ガールフレンドの陽子と待ち合わせしていた主人公は、時間を過ぎても陽子が現れないことに不審を抱き、怪しい老婆の導きで、巨大な洋館の探索を始める。そこは若い女の子達が暮らし、痴女が徘徊し、恐ろしい化け物の潜む不思議な世界だった。主人公は自分の肉体と精力を頼りにセックスで障害を乗り越え、上階を目指していく。

ゲームシステムはウィザードリィのような3D、階層式のダンジョンを探索するRPGである。用語が風変わりで、戦闘による“体験値”の上昇でレベルアップし、お金にあたる“マタタビ”を稼いで装備を整えていく。コマンドは前作の入力式から選択式になっている。

シナリオは終始シリアスな雰囲気だが、冒頭で主人公が服を脱がなければ人々に相手にされないため、以後はエロ本を武器に、コンドームを防具に、全裸で館内を歩き回るというシュールな展開である。それぞれの階層で女の子達の部屋を訪問し、欲しがるアイテムを調達したり、お願いを叶えていくことで、上階へ行くための条件を整えていく。

敵の雑魚キャラは「テレクラの女」「SM女」「ホテトル嬢」など、痴女や性風俗業の女性がモチーフになっているのが独特で、戦闘は攻撃力の高いセックス体位やアダルトグッズを選び、先に相手をイかせることができれば勝利となった。コンドームは常に装着しているが、「淋病」「エイズ」「梅毒」などの性病に感染することがあり、ステータス回復薬として抗生物質を備えておく必要があった。

シリーズ続編として『TWILIGHT ZONE Ⅲ』(1989年)、『TWILIGHT ZONE Vol.4』(1990年)が続いている。

操作性に深刻な難点があり、扉を通過するとなぜか一歩多く進んでしまう、マップの整合性がおかしい、東西南北が分からない等の仕様で、迷子が頻繁に発生する欠点を抱えていた。しかしゲーム性やボリュームは高い方で、シナリオもユニークな作品である。発売時期は『カオスエンジェルズ』(1988年7月)よりやや後だが、ダンジョン探索物のアダルトRPGとしては最古の部類である。

調査担当

『ドラゴンナイトⅡ』 概要

dragonknight2_06.png dragonknight2_18.png
dragonknight2_09.png dragonknight2_20.png
©1990 ELF
ドラゴンナイトⅡ (エルフ)

・1990年11月30日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・1992年09月04日 PCエンジン用 CD-ROM版

90年代初頭の作品で、ファンタジー系のRPGシリーズの第二弾。『ドラゴンナイト』の続編。

前作でストロベリーフィールズを救った主人公「タケル」は、再び放浪する中で、年寄りと若い女の子ばかりの街「フェニックス」にたどり着き、すべての女の子達が邪悪な魔女によって誘拐される場面に居合わせる。魔女はドラゴンナイトとの争いから男に逆恨みを抱いており、街から若い男を追い出したばかりか、自分を封印しようと企んだ住人達への報復に出たのだという。手厚い「お礼」を約束された主人公は、渋々ながら魔女の立てこもる塔への探索を開始する。

前作のシステムを受け継ぐ3D視点、階層式ダンジョンのRPGで、各階でレベルを整え、キーアイテムを探し出すことで上階への道が開けていく流れである。今回からパーティは最大3人で、シナリオ面もアダルト要素も大幅にボリュームアップしている。

本作品では、モンスターが全員女の子の姿をしているという、『カオスエンジェルズ』(1988)を彷彿とさせる設定となっているのが特徴的である。撃破する度に胸チラなどの艶姿を拝める他、解呪のキーアイテムを集めることで、一匹ずつ元の街の住人の姿に戻すことが出来、街での宿泊時に、それぞれが「お礼」として個性豊かな誘惑のアプローチを掛けてくる流れが待っている。モンスターは全部で28種類で、これが主なやり込み要素である。

演出面ではダンジョンの階層ごと、モンスターごとに違うBGMが設定されているという凝った仕様になっている。また、経験したHシーンを順に丸ごと回想するという先進的な機能を、同社の『DE・JA』から受け継いでいる。

続編として『ドラゴンナイトⅢ』(1991)、『ドラゴンナイト4』(1994)が続いた他、関連商品としてサントラ、PCエンジン版サントラなどがある。

調査担当

『カオスエンジェルズ』 概要

カオスエンジェルズ サンプル カオスエンジェルズ サンプル
カオスエンジェルズ サンプル カオスエンジェルズ サンプル
©1988 H.Komatsu/ACCII
カオスエンジェルズ (ASCII)

・1988年07月**日 PC-8801用 FD版
・1989年05月19日 MSX2/MSX2+用 3.5インチFD
・1989年12月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代終盤の作品で、3D視点のダンジョン探索RPG。ゲームとしての完成度が高く、やり込み系アダルトゲームというジャンルを開拓した作品の一つだった。

冒険者の主人公は、酒場で出会った老人から不思議な物を託された。それは、月が真上にある時だけ砂漠の中に現れるという、伝説の「ウロボロスの搭」の鍵だった。幸運にも搭へたどり着いた彼は、塔内の各所にある謎の落書きを頼りに、女の子の姿をした魔物ばかりの不思議なダンジョンの探索を始める。

パーティは主人公一人で、搭の外に張ったキャンプを拠点に、各階でレベルアップや装備、キーアイテムを整えながら上階を目指していく流れである。パラメータは少なく、RPGとしては簡素な作りだが、宝石(MPにあたる)を消費することで使える魔法と、モンスターから覚えられる特殊能力を駆使する点が独特で、戦略性を生み出している。

本作の最大の特徴は、モンスターが全員女の子として描かれている点である。体力と別にバイタリティというパラメータがあり、余力を残したまま倒すことが出来れば、自動的に陵辱シーンが表示され、そのモンスター固有の特殊能力を一時的に覚えられる仕様となっている。この「女の子モンスター」の登場は画期的で、後の『RanceⅡ -反逆の少女たち-』(1990年)や『ドラゴンナイトⅡ』(1990年)など、アダルトRPGを代表する他社作品に受け継がれ、その後のスタンダードになった。

陵辱シーンは一匹あたりCGが二枚のみで、テキストでの描写もなく、アダルト要素には比重がない。

女の子達のポップな絵が非常に可愛らしく、本作の大きな魅力になっている。難点はレベルを上げてから雑魚を倒すと問答無用で陵辱が始まってしまい、せっかく覚えた特殊能力が上書きされてしまう辺りか。個人的には主人公の境遇や性格が語られることがなく、最後まで謎の人物なのが印象的だった。

調査担当

『RanceⅢ -リーザス陥落-』 概要

rance3_00rance3_03
rance3_01rance3_02
©1991 ALICESOFT
RanceⅢ -リーザス陥落- (アリスソフト)

・1991年11月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年12月18日 Windows95用 CD-ROM 『ALICEの館4・5・6』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言

90年代序盤の作品で、鬼畜な戦士と健気な奴隷のコンビが冒険を繰り広げるRPG。『Rance -光をもとめて-』(1989年)、『RanceⅡ -反逆の少女たち-』(1990年)に続くシリーズの三作目。

前作『RanceⅡ』からしばらく経ったある日、リア王女が治めるリーザス王国は、突如現れた隣国へルマンの大軍に占領されてしまう。その背後には魔人たちの協力が見え隠れしていた。彼らの狙いが城に封印された魔剣カオスであることに気付いたリア王女は、城が陥落する直前、直属の忍者かなみを使者として派遣する。王女が最後の望みを託したのは、女を犯ることで頭が一杯のいい加減な英雄、ランスだった…。

ゲームシステムは前作とも前々作とも異なる独特の形態である。マップ移動画面は選択型、ダンジョン画面は上下左右にスクロールする2D俯瞰型で、戦闘画面はまるでシミュレーションRPGのように各ユニットが移動しながら進行する。操作できるユニットはランスのみで、ランスも全自動にできるため、操作上の手間は軽減されているが、雑魚と遭遇する度にこの戦闘シーンをこなさなければならないため、通常のRPGより時間が掛かる仕様である。

装備品やレベルアップ要素はあるものの、レベル上げや戦略が必要な本格RPGといった感じではなく、パーティも最大7人編成だが編成の自由はない。ダンジョンに様々な仕掛けが施されており、キーとなるアイテムや人物を類推したり、プレイヤー自身が謎を解いて突破していく点に比重があり、シナリオ性も高いため、ADV寄りの作風といえるかもしれない。

シナリオの序盤はシリーズの流れを受け継ぎ、鬼畜な戦士ランスが女の子(とのセックス)を目当てにダンジョンに挑んでいくコミカルな展開である。一方、中盤からは国家間の戦争や謀略も絡み、ランスを中心に歴史が動くスケールの大きなストーリーに発展していく。それに伴って複数の王国や魔人、魔剣などの設定が登場しており、後々まで引き継がれる世界観の骨組みとなっている。

本作から弱らせた女の子モンスターを捕獲してHなCGを鑑賞するオマケ要素が登場しており、AV風のタイトルのCGが鑑賞できるラレラレ石、ショップ店員などに悪戯できる特殊アイテムの収集と合わせてやり込み要素となっていた。また、CGアーカイブが実装され、鑑賞済みのHCGが閲覧できるようになった。

翌年から本作のヒント集や音楽CDを収録した『オプションSET』が通信販売されていた。続編に『Rance Ⅳ -教団の遺産-』(1993年)があり、シリーズは長く続いた末に、本作も24年を経て『ランス03 リーザス陥落』としてフルリメイクされている。

個人的な印象としては、難易度が控えめでテンポの良い進行感が快い。なかなかの長編だが仕掛けはユニークでシナリオも面白く、同年の『ドラゴンナイトⅢ』(エルフ)といい勝負になっている。難点は戦闘システムの煩わしさ、戦略性の無さ、そしてビジュアルの野暮ったさか。


ランスワールドノート
http://www.alicesoft.com/haniwa/rance/series/03.html

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03