title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『早川愛美のスネークキャンプ』 概要

早川愛美のスネークキャンプ サンプル 早川愛美のスネークキャンプ サンプル
早川愛美のスネークキャンプ サンプル 早川愛美のスネークキャンプ サンプル
©1988 宇宙企画
早川愛美のスネークキャンプ (宇宙企画)

・1988年12月23日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、当時の人気AV女優の実写CGと組み合わされたアクションゲーム。

ストーリー性のある導入部分はなく、愛実ちゃんの過ごすテントを夜明けまで蛇から守りきればご褒美が待っている、という簡単な筋書きである。

ステージは全9面で、固定画面のアクションゲームである。プレイヤーはキャンプの見張り役となり、火を絶やさないよう薪を回収し、次々に出現する蛇たちを石を投げて撃退し、制限時間までテントを守り抜けばステージクリアとなった。薪のストックが切れたり、プレイヤーが蛇に触れたり、テントに蛇が侵入するとゲームオーバーである。

ご褒美CGはグラビア風のヌードで、最後までクリアすると簡単なプロフィールが表示される仕様となっていた。女優は祖父がアメリカ人のクォーターで、エキゾチックな顔立ちなのが特徴である。

同様にAV女優の名を冠したシリーズとして『かわいさとみのなかよくしてネ!』『小森愛のどきどきラリー』『麻生澪のセクシーパズル』『牧本千幸のメランコリー』『小野由美のジャンピング・クエスト』がある。

ゲーム性は簡素な作りながら、工夫次第でなんとかクリアできるようになっており、緊迫感があってアダルトゲームの中ではそこそこ遊べるものになっていた。難点はバグの多さか。

調査担当

『小森愛のどきどきラリー』 概要

小森愛のどきどきラリー サンプル 小森愛のどきどきラリー サンプル
小森愛のどきどきラリー サンプル 小森愛のどきどきラリー サンプル
©1988 英知出版/宇宙企画
小森愛のどきどきラリー (英知出版/宇宙企画)

・1988年10月05日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、人気AV女優の実写CGと組み合わされたストーリー仕立てのレースゲーム。

彼女との約束に1時間遅刻してしまった主人公。案の定、待ち合わせ場所に彼女はおらず、連絡も取れず仕舞い。ところがその日の夕刻、誘拐犯らしき男から脅迫電話がかかってくる。彼女の身を案じる主人公は、男の指示するまま、「ジャパンラリー」の出場を決めるのだった。

ステージは月曜日から日曜日までの全7面で、クリアする度に小森愛のポートレートやグラビア風の写真が一枚ずつ観賞できる構成となっていた。

レースゲームはライバルなしのタイムアタック風である。強制縦スクロールのコース上で、アクセルボタンで増速、減速を調整しながら障害物を避けていく。障害物は乗用車やトラック、水溜り、壁などだが、なぜかカーブも階段状に角張っており、反射神経が要求される。燃料が残っている内にゴールに辿り着ければクリアとなった。

同様にAV女優の名前を冠したゲームに『かわいさとみのなかよくしてネ!』があり、『麻生澪のセクシーパズル』『早川愛美のスネークキャンプ』『牧本千幸のメランコリー』『小野由美のジャンピング・クエスト』などが翌年にかけて続いている。

ゲーム性はシンプルすぎて深みがないが、難易度が程よく、アダルトゲームの中ではそこそこ楽しめる方である。何より、それまでのアダルトゲームにレースゲームというジャンルはなく、ユニークな試みだったと思われる。ちなみに小森愛さんは2011年にAV復活を果たしたそうで、この報告書を書いている2013年現在も現役である。

調査担当

『かわいさとみのなかよくしてネ!』 概要

かわいさとみのなかよくしてネ サンプル かわいさとみのなかよくしてネ サンプル
かわいさとみのなかよくしてネ サンプル かわいさとみのなかよくしてネ サンプル
©1988 英知出版/宇宙企画
かわいさとみのなかよくしてネ (英知出版/宇宙企画)

・1988年04月25日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、実写の女の子とポーカーで勝負していく脱衣ゲーム。

当時の人気AV女優「かわいさとみ」と一対一でポーカー勝負をしていき、相手の持ち点が0になればメッセージとご褒美が観賞できる流れとなっていた。ステージは全部で6面である。

ポーカーは一般的なルールで、最初に賭けポイントの初期値を決め、自分の手札の強弱と相手の強気具合を見つつ、レイズするか降りるか決めていく。ポイントはお互いに100ポイントずつで、駆け引きに成功すれば最高25ポイントを一度に奪える設定になっていた。CPUの行動パターンが読みやすいため、難易度は低い。

脱衣CGは全裸を中心としたソフト路線のグラビア風で、無修正画像は含まれていなかった。同じシリーズとして『小森愛のどきどきラリー』『早川愛美のスネークキャンプ』など5作品が続いている。

当時の実写物はパッケージのインパクトや裏要素頼みで内容は粗末なことが多かったが、本作品はボリューム感があり、比較的遊べるゲーム性を備えていた印象である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03