title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『季刊 ディスミックス 年末号』 概要

季刊 ディスミックス 年末号 季刊 ディスミックス 年末号
季刊 ディスミックス 年末号 季刊 ディスミックス 年末号
©1990 M-project/SOFTPAL Inc.
季刊 ディスミックス 年末号 (M-project/ソフパル)

・1990年12月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

美少女CGをメインテーマにしたデジタルマガジン『ディスミックス』の3作目。実質的にシリーズ最終号となった。

内容はプロのCGクリエーターと一般投稿によるCG集『CG MIX』、連載小説『ユニコーン・コントラクト』の第2話、ちょっぴりHなミニAVG『SILKY』、CG作成講座『あそうみるくのCG塗ろうゼ!』、同人ソフトなどを紹介する『電脳刑事コクチバン』、プレゼント情報やスタッフコメントを掲載する『ディスミックス通信』の6つとなっていた。

連載小説は緒に就いたばかりで、アンケートやイラストの募集告知もあり、休刊となる気配は感じられないが、この号を最後に発行は途絶えた。定価は4200円と前作より割増しで、反対に内容は若干ボリュームが落ちている印象である。

個人的に、『SILKY』は唐突なシナリオ、ゲーム性の無さ、アダルト要素の少なさで残念なクオリティーだが、後に設立されるソフパル傘下の人気ブランド『天津堂』を感じさせる塗りが印象的である。季刊誌として成功しなかった『ディスミックス』だが、90年代を支える若いクリエイター達が多数関わり、経験を積むのにそれなりの役割を果たしたのではないだろうか。

調査担当

『季刊 ディスミックス 創刊号』 概要

季刊 ディスミックス 創刊号 季刊 ディスミックス 創刊号
季刊 ディスミックス 創刊号 季刊 ディスミックス 創刊号
©1989-1990 M-project/SOFTPAL Inc.
季刊 ディスミックス 創刊号 (M-project/ソフパル)

・1990年04月**日 PC-9801用 3.5インチFD版/5インチFD版

前年の『創刊準備号』に続くデジタルマガジンの2作目。正式名称は『電脳アクセス ディスクマガジン 季刊ディスミックス』の創刊号である。

内容はプロの作家陣と一般からの投稿による美少女をテーマにしたCG集「CGMIX」、連載小説「ユニコーンコントラクト」の第1話、ミニゲーム「15パズりんぐ」、ギャグタッチのミニAVG「MJ-12の謎」、漫画家あらきあきらによるHな紙芝居「ふにふにシアター」、求人情報やパソコン通信のホスト局を紹介する情報コーナー「電脳刑事 コクチバン」、CG作りの基本的なテクニックを紹介する「あそうみるくのCG塗ろうゼ!」、編集後記やプレゼント情報を掲載した「ディスミックス通信」の8本となっていた。

定価は3500円で、当時の標準的なPCゲームの定価7000~8000円に対して半分程度の価格設定だった。内容を占めるCGの比重が高く、レベルの高い物から低いものまで自由で雑多な雰囲気を楽しめる。

同年に『年末号』が続いている。

創刊準備号の健全な一般向け美少女CG誌の路線を受け継ぎながらも、アダルト向けのショートストーリーを含んでいるのが大きな変更点である。もっとも、当時の一般向けパソコン雑誌にも18禁ソフトの紹介コーナーがあるのが普通で、それらの刊行物の購入に年齢制限がなかったこともあって、境界があやふやな時代だった。PCソフトで明確な住み分けがなされるのは『電脳学園』(1989)の訴訟などを経ての事だった。

調査担当

『季刊 ディスミックス 創刊準備号』 概要

季刊 ディスミックス 創刊準備号季刊 ディスミックス 創刊準備号
季刊 ディスミックス 創刊準備号季刊 ディスミックス 創刊準備号
©1989 M-project/SOFTPAL Inc.
季刊 ディスミックス 創刊準備号 (ソフパル)
【注意】非アダルト一般ソフトです。

・1989年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版/5インチFD版

1989年から1990年にかけて刊行されたデジタルマガジン『ディスミックス』の0号となるバラエティソフト。

似たようなコンセプトだったチャンピオンソフトの『ZETA』等のシリーズが、紙媒体の誌面とフロッピーディスクとの連動だったのに対して、こちらはコンテンツのほとんどがディスク内に収められている。定価は2000円で、機種はPC-9801用のみだった。

内容は美少女をテーマにしたCG集『CGMIX』、連載予定の小説『ユニコーンコントラクト』の登場人物プロフィール、15枚のパネルをスライドさせて絵柄を完成する『15パズル』、CG募集やプレゼント企画、次回予告等の情報コーナー、制作スタッフのコメント集となっていた。

定期的な刊行を予定していたようだが、翌年の4月に『創刊号』、12月に『年末号』が出た後は発行が途絶えている。

印象としては作家陣、及び一般からの投稿CG集がメインコンテンツの読者参加型マガジンといった感じである。連載小説のイラストを担当していたのは、後にライトノベル等の挿絵で人気となるイラストレーターの『弘司』氏だった。当初からグラフィック能力に優れたPC-9801の専用ソフトとして企画されていた点は、時代の潮目を感じさせる。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03