title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ハーレムブレイド』 概要

ハーレムブレイドハーレムブレイド
ハーレムブレイドharlemblade02
©1996 GIGA
ハーレムブレイド (戯画)

・1996年04月26日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1999年06月11日 Windows95/98用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、中世ファンタジー世界を舞台にしたアダルトRPG。『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』や『STEAM HEART'S』など、ゲーム性重視の作品を手がけていた『戯画』の5作目にあたる。

舞台は中世風の王国メイプリーズ。主人公「カイン」は高名な勇者の息子だが、スケベで不真面目な性格で、ぐうたらな生活を送っていた。一方、弟の「アベル」は世界中で華々しい活躍を果たし、名だたる勇者として故郷に帰ってきた。二人は幼馴染の美少女「ショコラ」をめぐって衝突するが、そんな中、ショコラが謎の光に包まれて消えてしまう。これを魔王ガルガンチュアの仕業とみたアベルは、自ら一ヶ月の期限を定め、魔王の討伐に旅立つ。一方のカインも、夢に現れた女神のお告げや、ショコラの残した言葉に引っ掛かりを覚えつつ、弟の跡を追うように冒険の旅へ出るのだった…。

ゲーム操作は2D見下ろし型で、町の中やダンジョンでは、上下左右にスクロールさせながら探索していく一般的なRPGである。一方、町から町へ、町からダンジョンへ、といったマップ間の移動にはフィールドマップが登場するものの、行き先は固定でフィールド散策は省略されている。戦闘は普通のコマンドバトルで、最大3人パーティ、メンバーの入れ替えは自由である。

本作品の大きな特徴は二つある。一つは主人公たちのLVや金銭、持ち物が、ゲームクリア時の状態のまま、再スタート時に引き継げる周回要素である。当時のアダルトRPGとしてはかなり画期的といえるだろう。

もう一つの特徴は、エルフの『同級生』のように、移動毎に時間を消費していく点、そして野放図に自由度が高く、ヒロイン達の攻略が任意な点である。ヒロインは15人も登場し、それぞれ独立のストーリーをもち、イベントは各地で並行して起こる。複数の同時攻略もある程度は可能だが、日付や時間のバッティングが多く、細かいフラグの検証が必要となる。そのため、各ヒロインの攻略はセーブ・ロードを繰り返しとなり、自力攻略の難易度はかなり高い。

シナリオの基本的な流れは、主人公が実力をつけて国王から認められ、魔王の住むダンジョンへの立ち入り許可をもらい、一ヶ月以内に魔王を討伐するまでのストーリーである。その途中、目の見えない少女の願いを叶えたり、貧しい子供に毎日恵んだり、濡れ衣を着せられた女性の身代わりに逮捕されたりで、女の子達から熱烈に求められるイベントが発生する。ゲームクリア後、Hに至った相手の中から一人を選ぶことにより、個別のエンドを迎える。

ヒロインの名前がお菓子からとられていたり、露骨なパロディが登場するなど世界観は緩く、メインヒロインのシナリオを除き、作風は全体的にコミカルな印象である。

ヒロインは国王の一人娘、王妃、シスター、中華なまりの召使い、盗賊団の元首領、騎士娘、賞金稼ぎ、売れっ子の娼婦、医療魔法の使い手、酒場のマダム、サキュバスなどで、Hシーンは基本的に一人一箇所である。主人公の悪人度にあたる「カルマ」というパラメータがあり、悪人でなければ見られないSMチックなプレイ、陵辱イベントも存在する。

続編に『ハーレムブレイド2』(2000年)がある。関連商品にCG&原画集がある。

個人的には、操作性や画面表示で粗っぽい点が目立ち、RPGとして洗練されているとは言い難く、序盤の印象は悪い。ところがゲーム性は意外に良く、やり込み性やストーリーの奥行きもある。ビジュアルシーンは癖が強いものの、見慣れると味があって面白く、ボリューム感は高い。嗜好が合えばかなり遊べる内容だったといえるだろう。ちなみに、OP映像にはボイス付きの主題歌が流れる仕様で、FM-TOWNSやコンシューマでは見かけるが、PC-98用のゲームとしてはかなり珍しいのではないだろうか。


『マテリアルブレイブ』 概要

materialbrave00
materialbrave07materialbrave03materialbrave04
materialbrave05materialbrave06materialbrave09
©2012 GIGA
マテリアルブレイブ (戯画)

・2012年03月23日 Windows用 DVD-ROM 初回版
・2012年04月13日 Windows用 DVD-ROM 通常版
 
10年代序盤の作品で、近未来の学園を舞台に特殊能力をもつ少年少女達の戦いを描くアダルトアクションゲーム。やり込み系のゲームを数多く手がけている『戯画』内の『TEAM BALDRHEAD』の作品である。

「エニグマタイト」と呼ばれる鉱石の発見で人類の技術が進んだ世界。鉱石と融合した生物は「ネオプラズム」と呼ばれ、退治の難しさから新たな災害となっていた。これに対抗できるのは、同じく鉱石と融合した人間である「アンリーシュト」たち。彼女たちは世界で唯一のエニグマタイト鉱山がある神尾城島(かみおきじま)に集められ、学園生活の中でネオプラズムとの実戦訓練に励んでいた。男としては珍しく能力に目覚めた主人公「遙歩」は、他人の特殊能力を強化する特異なアビリティ「エンゲージ」を見込まれ、熱心に口説かれて学園に転校するが、その発動条件が相手と体液の交換をすることで…?

ゲームシステムは非常に変わっていて、立ち絵を使った通常のADVモードと、横スクロールで学園内や街を歩き回り、人々と会話を交わし、ヒロインの好感度を上げ、クエストをこなしていく探索モード、そしてアクションRPGの組み合わせである。探索モードで郊外に出たり、戦闘ありのクエストを受けると場面はフィールドマップに移る。

フィールドマップの未踏破の部分を探索してマップを完成させていく中、敵と接触すると戦闘ステージに移行する。戦闘ステージは横スクロールありのアクションで、通常攻撃と数種類のコマンド技を駆使して敵の殲滅を目指していく。コンボが非常に繋がり易いのが特徴で、自分なりの連続技を工夫し、改良と練習を重ねていく格ゲーのようなゲーム性が印象的である。扱えるキャラは主人公とヒロイン5人で、動きやリーチはそれぞれ全く異なる。

さらに、レベルアップや装備品による補正に加え、「エンゲージシステム」と呼ばれるパワーアップ要素がある。エンゲージにより特定のキャラを集中的に強化したり、特定のパラメータだけを伸ばしたりできるので、育成の自由度はかなり高い。

シナリオは真面目で向こう見ずな主人公が、その能力の特異性で学園中の女の子から注目を浴びつつ、問題を抱えるヒロイン達とめぐり合い、戦いの中で信頼を勝ち取り、仲間を増やしていく流れとなっている。雰囲気はおおむねコミカルな学園モノだが、後半は次第にシリアスさを増していく。ストーリーはほぼ分岐のない一本道で、エンディングのみ個別エンドを備えている。

アダルトイベントは、フィールド探索時にサポート役として意中の相手を選び、コンビネーション攻撃を発生させることで「リビドー」を貯め、それをMAXにすることで発生する。1人3段階あり、主人公が手マンやクンニでヒロインを慰めたり、あるいは足コキやフェラで責められて性的欲求を解消していく。リビドーシステムには本番行為がないが、物語のクライマックスで好感度がMAXのヒロインのみ、本番シーンが鑑賞できる仕組みである。

続編としてファンディスク『マテリアルブレイブ イグニッション』(2013年)が続いている。

個人的な印象としては、操作性もテンポもよく、アクションが苦手な人でも適当な操作で爽快感のあるコンボを楽しめるユニークな作品である。育成も奥行きがあり、同じキャラでも全く違う戦略で育てられる自由度を備えている。難点は自由度の野放図さ、ゲームバランスの荒っぽさで、Wikiなどで育成方針を掴まないと何度も壁にぶつかるかもしれない。アダルト要素が薄めなのもネックか。


公式HP
http://products.web-giga.com/materialbrave/index.html 

 

『STEAM HEART'S』 概要

steamhearts00.png steamhearts05.png
steamhearts04.png steamhearts03.png
©1994 GIGA
STEAM HEART'S (戯画)

・1994年03月15日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版 
・1996年03月22日 PCエンジン用 CD-ROM版
・1998年09月23日 セガサターン版

90年代中頃の作品で、ストーリー仕立てのアダルトシューティングゲーム。『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』に続く戯画の二作目。『スチームハーツ』とカナ表記されることもある。

エンブリオと呼ばれる人型の人工生命体の暮らす惑星、ウェスティナ。この星はクァン型浸透性ウィルスにより危機を迎えていた。惑星の管理をつかさどる7人の女性型エンブリオ、「主管理有機ユニット」がこのウィルスに感染し、暴走して平和が乱されたのだ。惑星のシステムにとって規格外の者たち、「アウトロー」のファラとブロゥは、この星を救うため、主管理有機ユニットの操るマシンを撃破し、彼女らに自分達の先天的な抗体をセックス(?)を通じて移植していく。

ゲームは縦スクロールのシューティングゲームで、敵からのアイテムドロップでメインウェポン、サブウェポンを選択、強化をしていく一般的な作りである。自機の当たり判定は大きく、敵の弾は速くて数は少なめである。残機のようなものはなく、ダメージを受けるとエネルギーゲージが減っていく仕様となっていた。二人同時プレイも可能である。

デフォルトでの難度は高めだが、設定で難易度を3段階から選ぶことができ、ゲームスピードも調整できる上、コンテニューも無制限なので、エンディングの鑑賞はさほど困難ではない。

ストーリーはSF風の設定で、パッケージには導入部分を描いたコミック冊子が付属した。男女二人の主人公が中ボスにあたる女の子達と賑やかに会話しながら進行し、各ステージの最後で巨大兵器を撃破、ビジュアルシーンへと移行、敵の女の子と交わることで「治療」を行い、新たな情報を入手していく流れである。

アダルト要素はゲームメインの作品には珍しく、セックスシーンが丁寧に描かれている。ただし、作中ではセックスとは明言されていない。享楽的でサドっけのあるファラ(女性型)と、真面目で誠実なブロゥ(男性型)のいずれかが相手をすることになるが、ファラにも男根らしきものが生えているため、どちらも挿入からのぶっかけCGが基本である。一部に激しく動くアニメーションも導入されている他、『V.G.』から受け継ぐ透過メッセージウィンドウも目を引く。

家庭用ゲーム機に18歳以上推奨として移植された際は、ボイスが入った代わりに直接的なセックス描写が無くなり、下腹部に抗体を注射するという間接的な表現となったようだ。シューティング自体もPC98版とは異なる点が多いようである。

個人的な感想として、シューティングゲームとして驚くほどよく出来ており、一般ゲームと比べるとさすがに遜色があるが、かなり遊べる印象である。メカ類やビジュアルシーンも凝っていて、全体的に高級感がある。難点は世界観が分かりづらい点、ビジュアルのタッチにやや癖がある辺りか。また、想像だが当時としてはPCスペックの要求が高めだったかもしれない。

『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』 概要

variablegeo01.png variablegeo06.png
variablegeo55.pngvariablegeo27.png
©1993 GIGA
V.G. -ヴァリアブル・ジオ- (戯画)

・1993年07月09日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

90年代序盤の作品で、外食チェーン店のウェイトレスによる格闘大会をテーマにした脱衣格闘アクション。TGL傘下のブランド『戯画』のデビュー作である。

不況に苦しんでいた日本の外食産業に突如、多国籍企業「謝華グループ」から挑戦状が届いた。各外食チェーンから代表を出して闘わせ、最強のウェイトレスを決定しようというのだ。優勝したチェーン店に与えられるのは、必ず莫大な収益を生むという伝説の一等地。さらに個人には10億円の優勝賞金が支払われるという。これに参加しないチェーン店は1つもなかったが、大会は謝華グループの総帥「レイミ・謝華」が3年連続で制したまま4年目を迎える。人はいつしかこの大会を「VG(ヴァリアブル・ジオ)」と呼ぶようになっていた…。

操作やルールは当時の一般的な格闘アクションとほぼ同じだが、攻撃ボタンはパンチとキックの2つだけという簡素な仕様になっている。プレイヤーは6人の女の子の中から操作するキャラを選び、2ラウンド先取で他の5人に勝ち抜けば、個別のエンディングを鑑賞できる。ウェイトレスという設定は衣装や背景に反映されているが、戦闘スタイルは空手、忍術、レスリング、テコンドーなど普通の格闘技である。

対戦相手から1ラウンドを取ると胸などの軽い露出CGが全画面で表示され、2ラウンド先取で倒すと喘ぎや愛液の描写を含んだ脱衣CGが1枚表示されるという、先行した『人形使い』や『クイーン・オブ・デュエリスト』に比べると過激なエロスが特徴的である。また、透過するメッセージウィンドウは時代を先取りしていた。

18禁格闘アクションの流れを受け継いだ続編として『V.G.II -姫神舞闘譚-』(1994)、『V.G.CUSTOM』(1999)、『V.G.MAX』(1999)などがある一方、シリーズで最も好評を得たのは家庭用ゲーム機向けに独自の進化を遂げた『ADVANCED V.G.2』(1998)だった。00年代に入るとアダルトADVに路線変更し、『V.G.Adventure』(2000)、『V.G.Re-birth』(2001)、『V.G.NEO』(2003)などが続いている。関連商品はOVAなど。

個人的な印象として、本職のアニメーターが参加しただけあって、勇壮なOPやビジュアルパートのレベルが高く、特に印象深い。格闘ゲームとしてみても必殺技は出しやすく、動きの硬さも我慢できる程度、ストーリーモードでは6人から選べるので、上述の先行した2作品に比べるとかなり遊べる印象である。90年代前半らしさを代表する作品の一つといえるだろう。

記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代から生きながらえている学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。2016年秋に好き嫌いしないことを誓ったが、グロと鬱はやっぱり苦手。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を
各ガイドラインに従い引用しています。
このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CIRCUS公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03