title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』 概要

imstd03_00imstd03_02
imstd03_04imstd03_05
©1995 Scoop
インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ (Scoop)

・1995年10月20日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、スケベな家庭教師を主人公にしたアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの三作目。

主人公「教師一筋」は凄腕ながら、授業にかこつけてイイトコのお嬢様にイタズラをするのが大好きなスケベ家庭教師。今回の依頼は、超有名ファッションデザイナーの一人娘「まなみ」を教育してほしいというもの。内気で人見知りなまなみの身体を開かせるため、いつも通り怪しげな学習法でHに持ち込むが…?

ゲームシステムは前2作と似ているが、1作目の頃よりコマンド型に近くなっている印象である。「見る」「話す」「愛撫する」といった2~3択のコマンドが現れ、それらを総当りしている内に進展していく。分岐やゲームオーバーのない一本道で、ゲーム性はほぼない。

シナリオは、人見知りで幼い印象のお嬢様に嗜虐心をくすぐられた主人公が、授業にかこつけてHなことを教え込もうとしたところ、既に何者かによって調教されている形跡があり、予想外の展開に巻き込まれていく、といったアダルト重視でコミカルな展開である。

アニメーションシーンがシリーズを通しての目玉になっていて、普段は静止画で進行するが、フェラチオ、ピストン運動などの一部のシーンで、複雑な動きをする動きの大きなアニメーションを含んでいた。また、鞭、緊縛、三角木馬、ロウソクによるSMプレイの描写が多いのも特徴的である。

同シリーズとして『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』が、同年に二ヵ月おきにリリースされている。

 
調査担当

『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』 概要

imstd2_00imstd2_01
imstd2_03imstd2_07
©1995 Scoop
インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳 (Scoop)

・1995年09月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、家庭教師の主人公が教え子を騙してHなイタズラをしていくアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの2作目。

主人公「教師一筋」は凄腕の家庭教師ながら、立場を利用してお嬢様を落とすのが好きなスケベ教育者である。今回のターゲットは町工場の娘で、男勝りな性格の美少女「飯嶋由佳」。彼女の態度が粗暴になり、成績が落ちた原因を探ってほしいという依頼を受けた主人公は、ついでに彼女の身体も美味しく頂いてしまうべく、由佳の心に付け入る隙をうかがっていく。

ゲームシステムは選択肢型だが、どれを選んでも分岐しない一本道で、総当りで進めていくコマンド型ADVのような操作である。一箇所ゲームオーバーはあるが、ゲーム性は低い。

シナリオは調子のいい性格の主人公が、反抗的な態度を取る少女の弱みを握り、言葉巧みに騙し、Hな授業に持ち込んでいくアダルト重視な展開である。少女が抵抗したり、工場の従業員が妨害に入ることもあるが、その場の機転と理屈責めで丸め込んでいくコミカルな作風となっていた。

アニメーションシーンが最大のウリとなっていて、普段は静止画を中心に話が進むが、キスシーンやフェラシーンなど、数箇所に動きの大きなアニメーションが施されている。また、一部にバイクのピストンや電動ドリルなどの工具を使った特殊なプレイを含んでいた。

同シリーズとして、『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』、『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』が二ヵ月おきにリリースされている。

アニメーションアダルトゲームというジャンルの常で、シナリオは短く、ゲーム性はほとんどない。個人的な印象として、ビジュアルは比較的良好、アニメーションも前作よりスッキリとした線で洗練された印象だが、相変わらず読み込みに時間がかかるのが難点か。


調査担当

『インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子』 概要

imsd1_00imsd1_01
imsd1_02imsd1_04
©1995 ScooP
インモラルスタディ シナリオ1 白川玲子 (ScooP)

・1995年08月25日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年09月20日 Windows用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、家庭教師となって箱入りのお嬢様にイタズラを仕掛けていくアダルトアドベンチャー。『インモラルスタディ』シリーズの1作目。

主人公「教師一筋」は日本で五本の指に入るといわれる凄腕の家庭教師。大金持ちから引く手あまたの彼は、温室育ちのお嬢様たちを言いくるめ、体を開かせるスリリングな遊びを楽しんでいた。今回の依頼は、家電メーカーの重役の令嬢「白川玲子」の数学嫌いを治して欲しいというもの。主人公は玲子に会って早々、その体をモノにするため、数学にかこつけて様々なイタズラを仕掛けていく。

ゲームシステムは選択肢型のADVだが、どの選択肢を選んでも展開は変わらず、ゲームオーバーもなく、おそらく選択肢はフェイクである。セックスシーンでは「指でかき回す」「引っ張る」といったコマンドが出て、総当りすることで進展していくコマンドADVのような操作となっている。

登場人物は主人公と屋敷に仕える家政婦、お嬢様の3人だけである。シナリオはモラルの低い主人公が、詭弁と屁理屈で世間知らずのお嬢様を強引に説き伏せ、家政婦にバレそうになるピンチを乗り越えながら、衣服を一枚一枚脱がせ、本番行為を目指していくコミカルな展開である。

本作品の最大の目玉となっているのがアニメーションで、通常は静止画中心に話が進むが、胸を揉みしだくシーン、フェラチオ、ピストン運動の3箇所に、大きく複雑な動きのアニメーションが施されていた。

続編として、同年に『インモラルスタディ シナリオ2 飯嶋由佳』、『インモラルスタディ シナリオ3 朝倉まなみ』が続いている。

個人的な印象としては、当時流行のアニメーションアダルトゲームの一つで、シナリオ性もゲーム性も極端に低いものの、動きのインパクトが大きい。アニメ塗りにしては丁寧で繊細なタッチで、そのまま複雑に動かすという凝った試みに挑戦している。途中読み込みにかなり時間がかかり、テンポが悪いのが難点か。


調査担当

『花の記憶』 概要

hnnkok00hnnkok02
hnnkok03hnnkok01
©1995 FOSTER JAPAN
花の記憶 (Foster)

・1995年06月09日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版
・2000年11月24日 Windows95/98用 DVD-ROM 『花の記憶 わん・つう・すり~』に収録

90年代中頃の作品で、5人の女性達の過激な性体験を描いたオムニバスのアダルトアドベンチャー。Fosterの三作目。

システムはオムニバスと選択肢分岐ADVの組み合わせである。冒頭で5人の女の子の中から一人を選び、ショートエピソードを鑑賞していくことになるが、それぞれ途中の選択肢分岐により展開が全く異なるため、1人当たり2、3種類のストーリーを楽しめる印象である。1種類でもクリアすれば、再スタート時には分岐を図示したチャートが表示され、好きなシーンから始められるのが特徴的である。

シナリオは、電車内で痴漢を目撃した女子校生が襲われたり、オタクな女の子が突然現れた触手に陵辱されたり、オナニーが見つかってレズプレイに発展したり、OLが雌犬として調教される妄想にふけったりと、女性を主人公にしたアダルト重視でアブノーマルなセックスが持ち味の作風である。それぞれ独立したストーリーだが、ヒロインが別のヒロインのエピソードで登場したり、共通の知り合いがいたりで、軽い繋がりを感じさせる演出となっている。

また、どの女の子も極端に淫乱に描かれているのが特徴で、些細なきっかけで興奮し、一旦スイッチが入ってしまえば、痴漢だろうが触手だろうが、悦んで積極的に応じてしまう変態的な描写になっている。一部の強姦や露出プレイなどの陰惨なシーンも、結末は夢オチだったり、ヒロインがドMな適性の高さで貪欲に受け入れてしまったりと、楽天的なオチになるのがお約束となっていた。

続編は『花の記憶 第二章』(1996年)、『第三章』(1997年)…と続き、2002年の『第七章』まで、ほぼ一年に一本ペースの多作なシリーズとなった。

同社の『ここは楽園荘』(1994年)と同じく、実用性に特化したシリーズで、ゲーム性やシナリオ性はあまりなく、後の言葉でいう抜きゲーに近い作風である。個人的には女体にも関わらず、筋肉や腱の陰影が細かく、隆起が美しく描かれているのが印象的だった。ビジュアルや痴女っぽさが好みに合えば、実用性は高かったことだろう。


調査担当

『僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち!』 概要

bkpase00
bkpase01bkpase02
bkpase03bkpase04
© CLEARRAVE / SMILE ALL RIGHTS RESERVED.
僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち! (スミレ)

・2016年05月27日 Windows用 DVD-ROM版 【Amazon 】【駿河屋
・2016年05月27日 ダウンロード版 配信開始 【DMM

2015年発売のアドベンチャー『僕と恋するポンコツアクマ。』のファンディスク。スミレの通算4作目。 

構造はファンディスクとして一般的なショートストーリー集である。各ヒロインと結ばれた後のアフターストーリーで構成されていて、5人のメインヒロイン、3人のサブヒロインにそれぞれ一本づつ、そして新たに、全員と結ばれてしまったハーレムルートが描かれる。

シナリオは甘々な恋人生活の中、些細なトラブルや脱ポンコツ、体質改善、花嫁修行、花婿修行などがコミカルに描かれ、それらを通してヒロインとの仲を更に深めていく流れである。

前作から既にアダルト重視な作風だったが、よりセックス中心で、濃厚なプレイになっているのが特色である。Hシーンはメインヒロイン一人につき4~5箇所、サブヒロイン一人につき2箇所だが、一つ一つにボリュームがあり、オートモードでの再生時間(デフォルト時)が50分を越える、非常に長丁場のものも存在する。

前作に続き、一枚絵を動かすタイプのアニメーションも一部に導入されている他、挿入中の失禁、失神、拘束、アナル、大人の玩具、孕ませ、1対複数、人目をはばかってのスリルセックスなど、特殊なプレイを一部に含んでいた。飛沫や差分の多さ、主人公の人間離れした絶倫ぶりも印象的である。

関連商品は、予約特典として各店舗ごとにタペストリーやドラマCD、マイクロファイバータオル、テレカ、ブロマイドなどが付属した他、『綾崎優等身大おっぱいマウスパッド』の発売が予定されている。


 公式ページ
http://s-mi-le.com/ponkotsuse/ 




調査担当

『僕と恋するポンコツアクマ。』 概要

bkpa000
bkpa002bkpa003
bkpa004bkpa005
© CLEARRAVE / SMILE ALL RIGHTS RESERVED.
僕と恋するポンコツアクマ。 (スミレ)

・2015年09月25日 Windows用 DVD-ROM 初回版 【Amazon
・2016年05月27日 Windows用 DVD-ROM 通常版 【駿河屋】【DMM
・2016年05月27日 ダウンロード版 配信開始 【DMM
・2016年06月23日 Android用 スマートフォンアプリ版 【Gyutto

10年代中頃の作品で、ポンコツなマ族たちとの同居生活を描いた学園モノのアダルトアドベンチャー。スミレの三作目。萌えゲーアワード2015において、エロス系作品賞PINKを受賞している。

舞台は南国風のリゾート開発が進んだ海辺の街。主人公「蓮」は女子力高めの健全な男子学生である。下ネタ連発のブラコン妹、ねんねちゃんの幼馴染、裸族の後輩など、可愛いながらどこかポンコツな女の子たちとドタバタな日常を送っていたが、ある事件がきっかけで、全員まとめてポンコツなマ族を更正させるコテージ「ポンコツ寮」に入れられてしまう。さらに、人間だと思っていた義妹や幼馴染、先輩後輩はサキュバス、天使、マミー、雪女、魔女の落ちこぼれだったことが発覚。エッチに興味津々な彼女達によって、蓮は貞操の危機を迎えることに…?

システムはヒロイン選択型のADVである。選択場面は共通パート後の一回きりで、他の選択肢はHシーンの中出し外出しを選ぶだけのシンプルな構造となっている。クリア後には後日談や設定資料、声優コメントなどが解放される仕組みである。

シナリオは、純粋な人間の男の子である主人公が、寮監の仕事を手伝うアシスタントとして入寮し、ポンコツなマ族の女の子たちの世話を焼いている内に、特定の女の子に惹かれ、恋人関係となってイチャイチャなセックスをこなしていく流れである。雰囲気は終始おバカで明るいギャグ作品で、共通パートで既に手コキ、素股、パイズリ、手マンが発生するなど、序盤から飛ばし気味のエロ重視な作風が特徴的である。

Hシーンはヒロイン一人あたり6~8つで、その内の2つに、同社としては初めて、一枚絵を動かすタイプのアニメーションを導入している。ヒロインのあけっぴろげな積極性、肉体描写の丸っこくプニプニした質感と汁気の多さ、主人公発射までのカウントダウン、CG枚数や差分の多さなどが特徴的である。

メインヒロインはむっつりスケベなサキュバス、重度のブラコン天使、服嫌いのミイラっ子、寒がりな雪女、危険な薬ばかりを作ってしまう魔女の5人で、クリア後にはサブヒロイン3人にもHシーン付きのショートストーリーが用意されていた。

続編として『僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち!』が続いている。関連商品は予約特典としてドラマCD、タペストリー、テレカ等が各店舗ごとに用意された他、抱き枕カバー、ゴメTシャツなど。

個人的な印象としては、エロ方面の実用性に特化した思い切りのいい作風である。エロの比重に押されてシナリオ性は浅めだが、ギャグが冴えていて楽しい。顔芸、パロディ、可愛らしいデフォルメキャラの動き、声優陣のコミカルな熱演など、何度も見たくなるシーンの数々が印象的だった。


公式ページ
 http://s-mi-le.com/ponkotsu/index.html



調査担当

『Libido7』 概要

libido7_00.png libido7_07.png
libido7_08.png libido7_03.png
©1994 LIBIDO
Libido7 (LIBIDO)

・1994年06月09日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 Macintosh用 CD-ROM版
・****年**月**日 Windows用 CD-ROM版
・2003年02月28日 Windows用 DVD-ROM 『Libido7 DVD』(リメイク)
・2006年11月17日 Windows用 DVD-ROM 『Libido7 DVD』 廉価版

90年代中頃の作品で、女の子同士の濃厚な絡みを集めたショートストーリー集。「オカズウェア」を標榜した『LIBIDO』の2作目で、大ヒットとなり同社の知名度を飛躍的に高めた。

主人公「奈留」は、イラストが得意で女の子が大好きな女子学生。ある日、ゲームの制作に誘われた奈留は、はじめは乗り気でなかったものの、友人の「千鶴」と姉の「愛美」に嬲られる中で参加が決まってしまう。プログラマーや作曲担当、モデルの女の子との打ち合わせの中で愛を育み、後輩にはオナニーのやり方を実践で教えていく内に、やがて奈留は全員から深く愛されていく。

ゲームシステムは、冒頭で9つのタイトルの中から任意の物を選び、鑑賞していく形式である。選択肢やコマンドのない、純粋な読み物となっている。プロローグとエピローグがあるため、全体で一つの物語になっているが、各話は1話1ヒロインで独立性が高く、鑑賞する順番が前後しても問題はない。

シナリオは、女の子とのHに目がない奈留が、様々なアプローチでそれぞれの女の子の衣服を脱がせ、レズプレイに発展していく流れである。プロローグとエピローグでは攻められる一方の奈留だが、各話ではおおむねタチで、巧みな舌と指使い、時にディルドーやロウソク、縄、浣腸注射器を使って絶頂に導いていく。

性行為はソフトだが、ほぼすべてのエピソードに放尿、脱糞などのスカトロ要素があるのが大きな特徴となっている。特に脱糞シーンはエンドカードなどにも採用されており、インパクトが大きい。ただし、大小とも排泄物にはモザイクがかけられていた。登場人物の年齢は明示されており、かなり低年齢のキャラも登場する。

本作の女の子8人による脱衣麻雀の『なる麻雀』(1995年)が続き、続編の『Libido7 IMPACT』(1995年)も大ヒットとなった他、後のLIBIDO作品にも本作のキャラクターがゲスト出演しているようである。

個人的な印象になるが、パッケージから作品内まで徹底したピンク色のイメージ、可愛らしいビジュアルと濃厚で下品なエロスとのギャップ、そしてオール百合、スカトロ、ほのぼのとした緩い世界と、当時としては独特な点の多い作風である。

「オカズウェア」というキャッチコピーについてだが、実用性に特化したいわゆる「抜きゲー」は当時から既にあったものの、通常の作品と明確には区別されておらず、それを言い表す用語も定まっておらず、低質で安っぽい作品というイメージだけがあった。そのため、この謳い文句はオカズ特化型ゲームにプライドをもった珍しいメーカーとして、注目を集める効果が狙えたのかもしれない。用語は移ろったが、抜きゲーが1ジャンルとして意識されるきっかけとなった作品だった。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03