title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『Fifteen ~すくうるがあるずデジタル読本~』 概要

fifteen00fifteen01
fifteen04fifteen03
©1998 LIBIDO

Fifteen ~すくうるがあるずデジタル読本~
 (LIBIDO)

・1998年09月11日 Windows95/98用 CD-ROM 【駿河屋】【Amazon


90年代後半の作品で、当時流行語となっていた「ネットサーフィン」をゲーム化した擬似ネットブラウジングゲーム。

ストーリー性のある導入部分はない。ゲームを起動すると架空のブラウザが立ち上がり、あるサイトが表示される。

そのサイトは、とある教師が個人で運営するHPで、表向きは教え子の健全な写真やプロフィール、性格診断チャート等がアップされた場所である。しかし、サイト内に隠された裏キーワードを検索することで雰囲気は一変する。教師は「教育」と称して少女達を乱暴に犯し、その様子を包み隠さずネット上にアップするという裏の顔をもっていたのだった…。という設定である。

ゲーム画面は当時のInternet Explorerそっくりの擬似ブラウザになっていて、サイト上のヒントを頼りに、アドレスの一部を書き換えたり、サイト内を検索したり、文章からキーワードを推理したりで各生徒のパスワードにたどり着き、秘密のページを観賞していく謎解きゲームになっている。

女の子15人はいずれも未成熟に描かれている一方、教師はサディスティックな性格で、アダルトシーンの大半は鬼畜な陵辱シーンとなっている。1人当たり3、4枚程度のCGにセリフを添えたもので、緊縛、放尿、アナル、スカトロ、街中露出、輪姦など、LIBIDO作品ではお馴染みの過激な描写を含んでいた。

続編として、本作品のヒロイン達を更に未発達に描いた『Petit teens』(2001年)、『Mini teens』(2001年)が続き、合わせて『TEENSシリーズ』と呼ばれた。関連商品にビジュアルブック、小説版などがある。

「ネットサーフィン」は特定の目的なしにネット上のリンクを辿っていく娯楽で、当時流行語となりつつあり、題材として新鮮だったことだろう。

個人的な印象として、表向きの部分だけでも、教え子の実名、体操着姿、水着姿をアップしてる時点でアウトな気がするが、インターネットの普及率が低く、取り締まりも甘い時代だったため、ひょっとしたら近いものが確信犯的に存在したのかもしれない。他にも怪しげな隠しページの存在、勝手に再生が始まるMIDI音楽など、90年代のレトロなインターネット文化の雰囲気を伝えてくれる作品である。  


LIBIDO OFFICIAL WEB SITE
http://www.libido.ne.jp/archives/?page=fifteen


調査担当

『放課後マニア倶楽部 -濃いの欲しいの-』 概要

houkagomaniaclub00houkagomaniaclub01
houkagomaniaclub02houkagomaniaclub04
houkagomaniaclub05houkagomaniaclub08
©1997 LIBIDO

放課後マニア倶楽部 -濃いの欲しいの- (LIBIDO)

・1997年06月13日 Windows95用 CD-ROM版 【駿河屋】【Amazon
・1998年12月11日 Windows95/98用 CD-ROM 『放課後 X’masパック』に収録 【駿河屋
・1999年06月04日 Macintosh用 CD-ROM版 【駿河屋
・2006年11月17日 Windows用 CD-ROM 廉価版 【駿河屋】【Amazon


90年代後半の作品で、マニアックなセックスをテーマにしたアダルトADV。前年の『放課後恋愛クラブ』と対をなす作品で、純粋な恋愛物だった放課後恋愛クラブに対し、同じヒロイン達のハードでアブノーマルな体験を描いたことで話題になった。

(あらすじ) 舞台は前作のパラレルワールド、学生たちが出会いを求めるサークル「恋愛クラブ」。主人公の小太郎はヒロインの一人、雛子の弟で、一見大人しい少年である。前作の主人公の錬一とは友人だが、モテる錬一に反発があり、女の子に対しては屈折した劣情を秘めていた。小太郎は狙った相手の隙をうかがい、卑劣な方法で弱みに付け込み、変態行為を強要していく。

ゲームシステムは前作とほぼ同じで、12人のヒロインの中からターゲットを絞り、会話とお出かけで仲を進展させ、週末のデートの約束を取り付けていくスケジュール管理型ADVである。ただし、今回はそれぞれのヒロインに「恋クラルート」「マニアルート」があるため、分岐は計24本となる。

「恋クラルート」は普通の恋愛物で、前作と主人公は異なるがストーリーの類似点は多い。前作をインストールしていれば、Hシーンも表示される仕組みになっている。

一方の「マニアルート」では、主人公のストーカー気質が剥き出しになり、態度も豹変するのが大きな特徴である。極端な思い込みでヒロインに執着し、盗撮映像をネタに脅迫したり、嘘で騙したり、威圧的な態度でヒロインに迫り、変態プレイを強いていく。一部に変態プレイに協力的なヒロインもいるが、大抵は脅しでモノにするため、後味の悪い結末になることが多い。

アダルト描写はオナニーに始まり、アナル責め、アナルセックスが多く、縛り、浣腸、放尿、野外露出プレイ、SM、近親相姦、男複数との乱交なども含んでいる。主人公がヒロインの痴態を他人に見せたがるのも特徴的である。

関連商品に小説版OVA版がある。

個人的な印象としては、前作が大人しかっただけで、本来は可愛らしいビジュアルと過激さのギャップを持ち味とするメーカーなので、本領発揮といえるだろう。無論リスクも大きく、前作のハッピーエンドに思い入れのあるプレイヤーにしてみれば、ヒロイン達が不幸に突き落とされ、痴態を雑誌に投稿されるラストは耐え難かったに違いない。その容赦の無さが大きな反響を呼んだ作品だった。


LIBIDO OFFICIAL WEB SITE
http://www.libido.ne.jp/archives/?page=houkago


調査担当

『拘束 ~悦びの淫液~』 概要

kousokuyi00kousokuyi01
kousokuyi04kousokuyi03
©1995 PERSIAN SOFT
拘束 ~悦びの淫液~ (ペルシャソフト)

・1995年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1995年12月08日 PC-9801/9821用 CD-ROM 『拘束 ~悦びの淫声~』(ボイス追加版)
・1996年07月25日 Windows95用 CD-ROM 『拘束 ~悦びの淫声~』(ボイス追加版)

90年代中頃の作品で、美女ぞろいの館での不思議な体験を描いたアダルトADV。『拘束』シリーズの一作目。

雑誌のライターである主人公「けいすけ」は、休暇を取って気ままな旅の途中、トイレのために下車した駅に取り残されてしまう。そこは次の電車もなく、付近に宿泊施設もない寂しい駅だった。途方に暮れる主人公に声をかけてきたのは、夢の中に現れた美女とそっくりの女の子「美幸」。偶然を奇妙に思いながら、誘われるまま美幸の暮らす洋館に泊まることになった主人公は、そこで美しい夫人と娘たち、そしてメイドと知り合い、不思議な夢の中で淫らな体験を重ねていく。

ゲームシステムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプのADVである。屋敷内のゲストルーム(自室)を起点にして、住人たちの部屋や食堂、風呂などを繰り返し巡り、「話す」「見る」といったコマンドを総当りに近い形で選んでいく。何箇所か選択肢もあるが、どれを選んでも展開は変わらないので、おそらく分岐のない一本道である。

シナリオは一般的な館モノで、ややホラーがかったシリアスな雰囲気である。真面目で常識人な主人公が、美女ばかりの暮らす屋敷に滞在する中で、異様で蠱惑的なシチュエーションに遭遇し、理性を失ってセックスに没頭するものの、気がつくと全てが夢の中の出来事。何事もなかったかのように過ごす住人たちと交流していく内に、次第に屋敷に隠された秘密に迫っていく、といった流れである。

アダルト要素の比重は高めである。ノーマルな和姦が中心だが、緊縛や宙吊り、ろうそくやピアス等を使ったSM要素も多く、浣腸からのスカトロ、放尿、飲尿などの変態的なプレイも含んでいる。

続編として『拘束 ~淫乱授業~ 解かれたリボン』(1996年)、『拘束 ~淫爛授業~ メイド達の仕事』(1996年)が続いている。関連商品に『拘束 ~濃縮版~』『拘束 ~画廊~』『拘束 ~淫曲壁紙集~』などがある。

洋館、メイド、美人姉妹、SMチックな描写など、当時の流行を押さえたアダルト重視の館モノである。ゲーム性はなく、ストーリーも短めだが、総当りに近い探索が要求されるのでプレイ時間はそれなりだろう。飲尿やアニメーションで流れ落ちるスカトロなど、濃い目の描写が印象的だった。

 
調査担当

『SEEK ~地下室の牝奴隷達~』 概要

seek002seek005
seek006seek008
©1995 PIL
©1995 STONE HEADS Inc.
SEEK ~地下室の牝奴隷達~ (PIL)

・1995年03月31日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年08月30日 Windows95用 CD-ROM版
・2009年12月08日 ダウンロード販売開始 【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【DLsite

90年代中頃の作品で、調教師となって3人の女を従順なマゾヒストに育てあげていくSM系の育成シミュレーションゲーム。ストーンヘッズ傘下のブランド、PILのデビュー作である。

主人公「貴之」(名前変更可)は、著名な画家だった父親の葬儀で、妖艶な美女「沙貴」と出会い、意外なことを知らされる。父親の本当の仕事は、依頼を受けて金持ちの愛人達を預かり、一流のマゾ奴隷に仕上げる調教師だったというのだ。その遺産10億円を相続する条件として、調教師の仕事を引き継ぐことを受け入れた貴之は、適正をみる試験として、沙貴と共に3人の女を一ヶ月間にわたって教育していく。

ゲームシステムは育成シミュレーションで、ターン制のコマンド選択式である。6月1日から30日まで、週末を除いてほぼ毎日、女の子の繋がれている鉄格子の部屋を一つ一つ巡り、「褒める」「奉仕」「責め苦」「恥辱」といった22種類のコマンドを選んでパラメータを育成していく。

序盤は生意気だったり、痛がったりでパラメータの伸びが悪いが、ソフトなプレイから始めて徐々に気位をくじき、快楽を与え、従わせていけば、次第に忠誠や肉欲が上がっていき、技術も身について、コメントが従順で献身的なものに変化していく。体力や理性が尽きてしまうと壊れてしまうので、最低限を維持しつつ、女の子それぞれの特性を把握してコマンドを使いこなしていく点にゲーム性がある。

3人共にパラメータをパーフェクトな状態に仕上げ、沙貴に認められて一流調教師になるのが一般的なゲーム目標だが、途中の選択肢や育成具合によってマルチエンディングになっており、特定の女と結ばれるハッピーエンドやハーレムエンド、お約束の館炎上エンドなどを備えていた。難易度は全体的に高めで、条件付きの特殊イベントも多く、やり込み要素となっている。

主人公は元々ガラの悪い性格をしていて、SMや変態的なプレイにも抵抗感がなく、素の高圧的な態度で調教に臨んでいく。女性は反抗的で擦れた性格の遙、素直で大人しく、ウブな性格の真梨乃、明るく楽天的、やや頭の足りない桃美の3人となっている。他にナビゲート役の沙貴も、調教はできないがイベントが用意されており、攻略対象となっている。

ほぼ全てのイベントがHシーンで占められており、アダルト要素の比重は非常に高い。フェラ、オナニー、バイブレーターによる調教、縛り、鞭、蝋燭、洗濯バサミ、水責め等のSMプレイ、尻舐めや放尿、浣腸からのスカトロ、アナルセックスなどの変態的なプレイの他、特殊イベントとして普通の和姦プレイも用意されていた。

続編に『SEEK2 -SADISTIC BABYLON-』(1999年)がある他、本作品を実写化した『SEEK 実写版』がコアマガジンから発売された。また、オムニバスの『PILcaSEX』(1996年)の中の一本に本作品のアフターストーリーが収録されている。関連商品にビジュアルブック、小説版、OVAなどがある。

SM系の調教SLGとしては『禁忌 ~TABOO~』(1995年)がやや先行したが、イベントの作りこみの充実、ゲームバランスや操作の洗練度など、こちらの方がはるかに出来が良く、より影響力があったことだろう。SMと育成SLGはよほど相性が良かったのか、90年代後半にかけてちょっとしたブームが起きている。


調査担当

『Libido7 IMPACT』 概要

libido7impact00libido7impact01
libido7impact003libido7impact005
(過激画像につき一部を加工しています) ©1995 LIBIDO
Libido7 IMPACT (LIBIDO)

・1995年09月21日 PC-9801用 3.5インチFD版 
・1996年05月01日 Windows95用 CD-ROM版
・****年**月**日 Macintosh用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、8人の女の子のアブノーマルな性模様を描くショートシナリオ集。『Libido7』(1994年)の続編で、LIBIDOの4作目。

前作の後、麻雀ゲームを作る計画になっていた奈留たちだったが、作曲もプログラムも全く進んでいなかった。心配する奈留をよそに、のんびり遊んで過ごす千鶴たち。そこへいつもの面々が集まってきて、麻雀ゲームはどこへやら、新たな企画の話で盛り上がってしまう。それは、一人一人のHな体験談を持ち寄り、シナリオにしてアドベンチャーゲームを作る計画だった…。

ゲームシステムはショートシナリオ集だが、形式が変わっていて、部屋の中でくつろいでいる女の子の中から、任意の2人を選ぶことでシナリオが始まる。女の子は8人なので、組み合わせは28パターンとなる。プロローグ、エピローグを含めるとエピソードの合計は30個となる。選択肢やコマンドはなく、純粋な読み物である。時期的に珍しく、AUTOモードとメッセージ速度を変えられる先進的な機能を備えていた。

シナリオは、いきなり性器を露出した状態から始まる極端にアダルト重視な作風である。男性は一切登場せず、当時の通例で設定年齢は低い。冒頭で選択した女の子のうち、ネコ役を担当する方が自らの変態的な性癖を語り、恥部をさらし、愛撫されてレズプレイに発展していくのが基本的な流れとなっていた。

前作に続き、スカトロ要素の比重が高いのが大きな特徴で、どのエピソードにも放尿か脱糞シーンを含んでおり、飲尿や肛門への愛撫といった描写も多い。ディルドーや果物、縄、浣腸注射器といった道具類も好んで用いられる。性器や排泄物は画像処理でぼかされているが、拡散状で目が極端に細かい、アグレッシブで独特な修正方法になっていた。(Win版、Mac版では普通のモザイク)

「オカズウェア」を自称し、突き抜けた発想力で実用性の高さを目指したユニークな作風だが、それ以上に話題にされやすいのが変態的な嗜好である。ファンシーで可愛らしいフォントやデフォルメキャラによる演出、ピンクを多用する明るいタッチのビジュアルに反し、大胆不敵な過激さと汚物が満載の作品だった。

 
公式サイト
http://www.libido.ne.jp/archives/?page=libido7

 
調査担当

『花の記憶』 概要

hnnkok00hnnkok02
hnnkok03hnnkok01
©1995 FOSTER JAPAN
花の記憶 (Foster)

・1995年06月09日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM版
・2000年11月24日 Windows95/98用 DVD-ROM 『花の記憶 わん・つう・すり~』に収録

90年代中頃の作品で、5人の女性達の過激な性体験を描いたオムニバスのアダルトアドベンチャー。Fosterの三作目。

システムはオムニバスと選択肢分岐ADVの組み合わせである。冒頭で5人の女の子の中から一人を選び、ショートエピソードを鑑賞していくことになるが、それぞれ途中の選択肢分岐により展開が全く異なるため、1人当たり2、3種類のストーリーを楽しめる印象である。1種類でもクリアすれば、再スタート時には分岐を図示したチャートが表示され、好きなシーンから始められるのが特徴的である。

シナリオは、電車内で痴漢を目撃した女子校生が襲われたり、オタクな女の子が突然現れた触手に陵辱されたり、オナニーが見つかってレズプレイに発展したり、OLが雌犬として調教される妄想にふけったりと、女性を主人公にしたアダルト重視でアブノーマルなセックスが持ち味の作風である。それぞれ独立したストーリーだが、ヒロインが別のヒロインのエピソードで登場したり、共通の知り合いがいたりで、軽い繋がりを感じさせる演出となっている。

また、どの女の子も極端に淫乱に描かれているのが特徴で、些細なきっかけで興奮し、一旦スイッチが入ってしまえば、痴漢だろうが触手だろうが、悦んで積極的に応じてしまう変態的な描写になっている。一部の強姦や露出プレイなどの陰惨なシーンも、結末は夢オチだったり、ヒロインがドMな適性の高さで貪欲に受け入れてしまったりと、楽天的なオチになるのがお約束となっていた。

続編は『花の記憶 第二章』(1996年)、『第三章』(1997年)…と続き、2002年の『第七章』まで、ほぼ一年に一本ペースの多作なシリーズとなった。

同社の『ここは楽園荘』(1994年)と同じく、実用性に特化したシリーズで、ゲーム性やシナリオ性はあまりなく、後の言葉でいう抜きゲーに近い作風である。個人的には女体にも関わらず、筋肉や腱の陰影が細かく、隆起が美しく描かれているのが印象的だった。ビジュアルや痴女っぽさが好みに合えば、実用性は高かったことだろう。


調査担当

『Libido7』 概要

libido7_00.png libido7_07.png
libido7_08.png libido7_03.png
©1994 LIBIDO
Libido7 (LIBIDO)

・1994年06月09日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 Macintosh用 CD-ROM版
・****年**月**日 Windows用 CD-ROM版
・2003年02月28日 Windows用 DVD-ROM 『Libido7 DVD』(リメイク)
・2006年11月17日 Windows用 DVD-ROM 『Libido7 DVD』 廉価版

90年代中頃の作品で、女の子同士の濃厚な絡みを集めたショートストーリー集。「オカズウェア」を標榜した『LIBIDO』の2作目で、大ヒットとなり同社の知名度を飛躍的に高めた。

主人公「奈留」は、イラストが得意で女の子が大好きな女子学生。ある日、ゲームの制作に誘われた奈留は、はじめは乗り気でなかったものの、友人の「千鶴」と姉の「愛美」に嬲られる中で参加が決まってしまう。プログラマーや作曲担当、モデルの女の子との打ち合わせの中で愛を育み、後輩にはオナニーのやり方を実践で教えていく内に、やがて奈留は全員から深く愛されていく。

ゲームシステムは、冒頭で9つのタイトルの中から任意の物を選び、鑑賞していく形式である。選択肢やコマンドのない、純粋な読み物となっている。プロローグとエピローグがあるため、全体で一つの物語になっているが、各話は1話1ヒロインで独立性が高く、鑑賞する順番が前後しても問題はない。

シナリオは、女の子とのHに目がない奈留が、様々なアプローチでそれぞれの女の子の衣服を脱がせ、レズプレイに発展していく流れである。プロローグとエピローグでは攻められる一方の奈留だが、各話ではおおむねタチで、巧みな舌と指使い、時にディルドーやロウソク、縄、浣腸注射器を使って絶頂に導いていく。

性行為はソフトだが、ほぼすべてのエピソードに放尿、脱糞などのスカトロ要素があるのが大きな特徴となっている。特に脱糞シーンはエンドカードなどにも採用されており、インパクトが大きい。ただし、大小とも排泄物にはモザイクがかけられていた。登場人物の年齢は明示されており、かなり低年齢のキャラも登場する。

本作の女の子8人による脱衣麻雀の『なる麻雀』(1995年)が続き、続編の『Libido7 IMPACT』(1995年)も大ヒットとなった他、後のLIBIDO作品にも本作のキャラクターがゲスト出演しているようである。

個人的な印象になるが、パッケージから作品内まで徹底したピンク色のイメージ、可愛らしいビジュアルと濃厚で下品なエロスとのギャップ、そしてオール百合、スカトロ、ほのぼのとした緩い世界と、当時としては独特な点の多い作風である。

「オカズウェア」というキャッチコピーについてだが、実用性に特化したいわゆる「抜きゲー」は当時から既にあったものの、通常の作品と明確には区別されておらず、それを言い表す用語も定まっておらず、低質で安っぽい作品というイメージだけがあった。そのため、この謳い文句はオカズ特化型ゲームにプライドをもった珍しいメーカーとして、注目を集める効果が狙えたのかもしれない。用語は移ろったが、抜きゲーが1ジャンルとして意識されるきっかけとなった作品だった。

調査担当

『亜紀子 プレミアム・バージョン』 概要

akikop001.png akikop003.png
akikop008.png akikop022.png
©1993 FAIRYTALE/F&C co.,ltd.
亜紀子 プレミアム・バージョン (フェアリーテール RED-ZONE)

・1993年01月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・****年**月**日 Windows3.1用 CD-ROM版
・****年**月**日 Macintosh用 CD-ROM版
・2001年03月30日 Windows用 CD-ROM 『亜紀子&香奈子 絶叫ダブルパッケージ』にてリメイク
・2009年08月14日 ダウンロード販売開始 【Gyutto】【DL.Getchu】【DLsite】【DMM

90年代序盤の作品で、若い女教師が名高い学園に隠された淫靡な実態に巻き込まれていくアダルトアドベンチャー。フェアリーテール内のブランド「RED-ZONE」のデビュー作である。

ここ数年で有名になった新設校、「ノーブル学園」は規律を重んじる校風で知られている。ところが、新任の教師「亜紀子」は、初日の朝から身体検査と称し、女教頭から淫らなイタズラをされる。異常はそれに止まらず、トイレでは男子生徒から強姦され、部活中の女子生徒たちにも絡まれ、心の奥底にあった願望を引きずり出される、ハードな日常が繰り返される。身も心もボロボロにされた亜紀子が取った行動とは…?

システムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプのADVである。ほぼコマンド総当りで進行する一本道なので、ゲーム性は低く、難易度も低い。

ストーリーは若く豊満な肉体をもった美人教師が、様々なシチュエーションで無理やり犯されていく内に、少しずつ反撃の糸口を掴んでいくシリアスでアダルト重視の作風で、「予感」「戦慄」「目覚め」「逆襲」「完了」の5つの章に分けられている。

アダルトシーンは16箇所もあり、物語の比重のほとんどを占めている。陵辱側のサディスティックな雰囲気や同性愛、放尿、拘束などのアブノーマルなプレイが特徴的だが、直接的な暴力やSM要素は薄い。陵辱される側は嫌がりながらも、快楽の中で我を忘れ、恥ずかしいおねだりをしてしまい、遂には自ら積極的に行為を求めてしまうのがお約束のパターンとなっていた。局部はモザイク風、ぼかし、透明な男性器など多種類の修正方法が併用されている。

直系の続編に『亜紀子 GOLD』(1994)、『AKIKO HARD』(1997)がある他、『奈緒美 〜美少女たちの館〜』(1993)、『稚恵美』(1993)、『美穂』(1994)、『沙也香 〜義母〜』(1994)と似たような作風のタイトルが続き、後に名前シリーズと呼ばれたようだ。派生商品としてOVA版がある。

個人的な印象としては、別ブランドながら『沙織 (美少女たちの館)』(1991)の流れを汲む作品で、コマンドの扱い、セックス描写などで類似点を感じる。沙織と同様にアダルト重視でストーリーは粗っぽいものの、官能小説風のネットリとした描写の連続で、好みに合えば実用性は高かったであろう。

調査担当

『ワルキューレロマンツェ Re:tell II』 概要


wqrtrt2_00
wqrtrt2_01wqrtrt2_04wqrtrt2_02
wqrtrt2_05wqrtrt2_03wqrtrt2_06

©2015 Ricotta
ワルキューレロマンツェ Re:tell II (Ricotta)

・2015年04月24日 ダウンロード販売開始 【DMM

10年代半ばの作品で、『ワルキューレロマンツェ [少女騎士物語]』(2011)のスピンアウト『Re:tell』シリーズの第二弾となるストーリー集。

システムはADV形式だが、選択肢のないショートストーリーである。今回は第一作で生徒会長スィーリアと結ばれた後日談、及び二作目の『ワルキューレロマンツェ More&More』で和風騎士の茜と結ばれた後日談の二本を収録している。

スィーリア編は、騎士としての実力を急激にのばし、スィーリアと互角の勝負をするまでに成長した副会長の玲奈との対決に備えるため、貴弘とスィーリアが二人きりのキャンプ合宿に挑戦するストーリーで、ジョストの特訓や食事の準備、混浴、星空の下の語らいなどを通して仲を深めていく。

茜編は、念願のジョスト大会での優勝を果たした茜・貴弘ペアが、休暇を取って再び茜の実家に帰省するストーリーで、のんびりした性格の母親早苗、好奇心旺盛な姉の五月と騒動を起こしながら、4人での賑やかな日々が展開する。

アダルトシーンはそれぞれ4つで、巨乳、大胆なポーズ、アヘ顔、放尿、潮吹き等、濃厚な描写がシリーズを通しての特徴となっている。

本編の雰囲気をそのままに、より親密でスケベになったヒロイン達の姿を堪能できるシリーズで、続編にも期待したい。


ワルキューレロマンツェ Re:tell II オフィシャルホームページ
http://www.ricotta-soft.jp/products/retell2/

調査担当

『ワルキューレロマンツェ Re:tell』 概要


wrretail001
wrretail005wrretail002wrretail006
wrretail003wrretail007wrretail004

©2014 Ricotta
ワルキューレロマンツェ Re:tell (Ricotta)

・2014年09月26日 ダウンロード販売開始 【DMM

ワルキューレロマンツェ [少女騎士物語]』(2011)でそれぞれのヒロインと結ばれた後の日々を描いたストーリー集の第一弾。『萌えゲーアワード2014』にてロープライス賞を受賞している。

ファンディスクとして2013年に発売された『ワルキューレロマンツェ More&More』では、脇役だった三人が新たなヒロインとしてスポットを浴び、メインヒロイン4人とのアフターストーリーは短めとなっていたが、それを補う形となっている。

シリーズ物で、第一弾となる本作ではノエル、綾子とそれぞれ恋仲になった後日談がそれぞれ一本ずつ収録されている。また、第二弾としてスィーリア、茜の二人を題材にした『ワルキューレロマンツェ Re:tellⅡ』のダウンロード販売が2015年4月24日に予定されている。

システムは選択肢のない純粋なストーリー集である。シナリオは穏やかな日常劇で、ノエル編では妹のミレイユとの交流を中心に、おなじみの面々とハロウィンの準備に取り組んだりしながら、二人の仲がより深まっていく。綾子編は騎士への復帰を果たした主人公が、学園対抗のジョスト大会の選考会での優勝を目指すストーリーで、前作ではチョイ役だった主人公に恋する女の子、エリミヤも物語に華を添えている。

アダルトシーンはそれぞれ4つで、迫力の巨乳、大胆なポーズ、アヘ顔、放尿等にこだわった濃い目な描写は健在であり、清楚なヒロイン達とやや下品な表現のギャップが見所となっている。

個人的な印象としては、ファンディスクらしい当たり障りのない展開で、期待していたサブキャラ達のHシーンは含まれておらず、少し安心したような残念な気持ちである。本編のラブラブな日々の続きを楽しみたい人にお勧めしたい。


ワルキューレロマンツェ Re:tell オフィシャルホームページ
http://www.ricotta-soft.jp/products/retell/

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03