title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『星の砂物語2』 概要

hoshinosn2_01.png hoshinosn2_02.png
hoshinosn2_28.png hoshinosn2_51.png
©1992 D.O.
星の砂物語2 (D.O.)

・1992年06月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版?
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM 『星の砂物語 バリューコレクション』に収録

90年代序盤の作品で、スキーリゾートで起こった傷害事件の謎を追っていくミステリーアドベンチャー。『星の砂物語』(1991)に続くシリーズ2作目。

前作の後、推理好きの中学生「真美」に誘われた主人公「彦五郎」は、真美たちの保護者としてスキー旅行に参加していた。ゲレンデも近く、周囲にはディスコや温泉もあり、ナンパし放題の楽しい旅行になる筈だったが、一行はペンションの二枚目従業員「エディ」が刺されて倒れている場面に遭遇する。幸い命を取り留めたものの、エディの意識は戻らないまま。真美に捜査を頼まれた彦五郎は、床に書かれた血文字「HO」を手がかりに、周辺人物の聞き込みを開始する。

システムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。ペンション内やゲレンデ、温水プール、ディスコ、喫茶店、ホットドッグ屋、大学内の施設などを巡り、出会った人物から「話す」「聞く」「考える」といったコマンドで情報を集め、真美に報告して捜査を進めていく。結末はラスト付近の選択肢でヒロイン個別エンドに分岐するマルチエンドとなっていた。行き先もコマンドも多く、難易度は高めだが、おまけ要素として作品外にヒントコーナーが用意されていた。

シナリオは「HO」というイニシャルの人物やエディの交友関係を探り、アリバイの有無を調べたり、エディとの怪しい噂の真相を確かめていく一本道の流れとなっていた。作風は前作に続きアダルト重視で、8人の女の子に複数のHシーンが用意されている。また、主人公が行く先々で女の子の方からHに誘われ、激しい乱れ方に困惑しつつ相手をするケースが多い等、セックスに貪欲な女性像が印象的である。

女性器の修正方法が独特で、モザイク等はなく、色を白色~水色に置換し、飛沫と同化させることで溢れ出した愛液によりフィルターされているような表現となった。そのためクリトリスや陰唇の形状はそのままに見えるという、業界に自粛ムード漂う中でのアグレッシブな姿勢である。また、強調されるドギツイ色の乳首や肛門、光沢の多い肌の表現など、けれん味のある女体表現が当時としては珍しい。

続編として『星の砂物語3』(1995)が続いている。

個人的な印象としては、前作より遥かにボリュームアップしている一方、行き先もコマンドも豊富なため、詰まった時の総当りに労力がかかる。作中のヒントによる誘導が全くあてにならないので、その繰り返しでテンポが悪いのが残念である(正解はヒントコーナーで聞けるがリセットが必要)。淫乱な女の子達と濃い肉体表現も好みの別れる所だが、嗜好が合えば実用性は高かったであろう。

調査担当

『星の砂物語』 概要

hoshinosuna04.png hoshinosuna09.png
hoshinosuna20.png hoshinosuna16.png
©1991 D.O.
星の砂物語 (D.O.(ディーオー))

・1991年03月10日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS版
・****年**月**日 Windows95用 CD-ROM 『バリューコレクション

90年代前半の作品で、ペンションで起こった殺人事件を題材にしたアダルトアドベンチャー。

海辺のペンションに勤める主人公「彦五郎(げんごろう)」は女たらしの19歳。ある日、ナンパで朝帰りした主人公を待っていたのは警察の取調べだった。宿泊中の男女6人グループの1人が遺体で発見され、主人公のシャツを握りしめていたというのだ。疑われていることに怒りを覚えた主人公は、真犯人を警察につき出すべく、業務のかたわら周辺人物たちの動機やアリバイを探っていく。

システムはコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。宿泊者の部屋や食堂、風呂場、海岸、警察署などを巡り、会話で情報を引き出したり、留守中に物色して手がかりとなるアイテムを見つけていく一本道の展開となっていた。行き先もコマンドの種類も多く、難易度はやや高めである。

装飾のない全画面表示が特徴的で、メッセージウィンドウ等はその上に重ねる演出となっており、いつでも非表示にできる点など、配置が後々のADVのスタンダードに近い。

シナリオは推理物を土台にしながら、宿泊中の女の子4人と経営者の娘1人に複数のHシーンが用意された、アダルト重視の作風である。女の子達の方から積極的に誘ってきて乱れるので、主人公はたじろぎながらも相手をするケースが多い。登場人物の誰もが何かを隠すような言動を見せる中、セックスと探索を通して彼女達と被害者「英治」との関係が次第に明らかになっていく。

当時としてはアダルト描写が非常に濃厚で、特に女性器を強調する大胆な構図が特徴的である。モザイク状の修正が施されているが、特定のコマンド入力で簡単にはずせる裏技が存在し、当時の規制の緩さを象徴する事例として有名になった。

続編として『星の砂物語2』(1992)、『星の砂物語3』(1995)が続いている。

個人的な印象としては、ビジュアルやストーリー展開に粗さを感じるものの、とにかくアダルトシーンのボリュームとこってり具合が圧巻で、細かい事が気にならなくなってくるレベルである。"淫乱な女の子達"というテーマに絞った、能天気で実用性の高いミステリー物、といった所か。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03