title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ごめんねエンジェル 〜横浜物語〜』 概要

gomenneeg05.png gomenneeg10.png
gomenneeg47.png gomenneeg32.png
©1992 JAST
ごめんねエンジェル 〜横浜物語〜 (JAST)

・1992年02月**日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版

90年代序盤の作品で、横浜を舞台にプロの捜し屋が活躍するアダルトアドベンチャー。『天使たちの午後』シリーズの8作目にあたる。

主人公「俺」はプロの捜し屋である。非常に手のはやい女たらしで、「早苗」という美術教師の婚約者がいるが、彼女に隠れて浮気な日々を送っていた。そんなある日、偶然拾った学生手帳の持ち主「秋江」の写真が美少女だったため、本人に直接届けようと思っていた所、さらに偶然で早苗から紹介され、人探しの相談を持ちかけられる。彼女の姉が三日前から行方不明だと言うが・・・。

システムはコマンド型で、シリーズ伝統の移動先に自由が無いタイプのアドベンチャーである。「聞く」「考える」などのコマンドの中で、その場を切り抜ける入力順を見つける点がゲーム要素となっていた。コマンドの順番に正誤があり、間違うと会話の流れがリセットされてしまう箇所があるため、普通の総当たりが通用せず、難易度が非常に高い。

シナリオはニ枚目風で女泣かせな主人公が、多発する失踪事件をきっかけに、ヤクザや学園も絡んだ巨大な犯罪に迫っていくシリアスな展開となっていた。失踪事件の関係者や警察官、情報提供者として多数の美女が登場し、関係を迫られたり、逆に主人公が強引に押し倒してテクニックでモノにしていく。基本的に一本道だが、伝統の陵辱BAD ENDが3つある他、メインヒロインとサブヒロインに1つずつHAPPY ENDが存在し、ラスト付近で分岐する。

アダルト描写は伝統の無修正がなくなり、男性器はマイクや棒アイスに置き換えられ、女性器はデフォルメキャラが覆い隠すというシュールな演出となった。

元々『天使たちの午後』シリーズの8作目、『天使たちの午後 Special』として開発されていた物だが、前年の『沙織事件』の影響で改題された。シリーズは『天使たちの午後 SpecialⅡ』(1993年)が続き、『Ⅰ』は欠番となった。

個人的な印象としては、コマンドに正解順序があるのが何とも厄介で、例えば何気ない会話シーンやHシーンでもすぐに手詰まりになり、十回も二十回も同じメッセージを見ることになる。ストーリーはそれなりにヤマ場に向かって盛り上がり、アダルトシーンも丁寧で数も標準的だが、難易度の凶悪さでテンポが極端に悪くなってしまった印象である。

調査担当

『沙織 (美少女たちの館)』 概要

saoriby08.png saoriby23.png
saoriby16.png saoriby27.png
©1991 X指定ブランド
沙織 (美少女たちの館) (X指定/フェアリーテール)

・1991年10月18日 PC9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版

90年代序盤の作品で、インモラルな関係やアブノーマルなセックスをテーマにしたアダルトアドベンチャー。「沙織事件」の影響で摘発され、回収処分になったことで非常に知名度が高い。

主人公の学生「沙織」は、夜の公園で目撃したカップルの野外プレイが頭から離れず、自室でオナニーにふけっていた。そこへ、何処からともなく仮面の男達が現れ、沙織を拉致して、怪しい洋館に監禁してしまう。館の女主人から緊縛の辱めを受けた沙織は、なんとか脱出しようと館内を探索するものの、個室の扉を開ける度に意識が別世界に飛び、異常なセックスの中で悶える女達の快楽を追体験していく。

システムは特殊な形のコマンド型で、一見行き先に自由がある探索ADVだが、実態はオムニバス形式のショートストーリー集に近い。起点は屋敷の広間で、たくさんの扉の中から鍵を入手した部屋を訪問し、一風変わったシチュエーションで繰り広げられるセックスを観賞していく。陵辱側の男目線で1~3択のコマンドをこなしていくことになるが、当たり外れはなく、総当たりすることで進展していくので、ゲーム性はあまりない。

シナリオは兄と妹、父と娘、姉と妹、女教師と男子生徒といった禁断の肉体関係を描いた4本と、縛られ好きの女子大生、オナニー中毒の婦警、バイブ好きのOLといった、アブノーマルなプレイをテーマにした3本に加え、主人公自身のメインストーリーで構成されている。全体的に暗く怪しく、シリアスな雰囲気である。部屋ごとにテーマと登場人物が決まっていて、攻略上何度も訪問することになるが、その度にセリフやCGが変化する仕様となっていた。

陵辱側(主に男)の言動がサディスティックなのが特徴で、官能小説風の乱暴な言葉での罵りや、焦らし、言わせプレイ、緊縛などを好む点が印象的である。ただし、行為自体はソフトで直接的な暴力や強引なレイプはない。女性側は表面上は嫌がりながらも、身体が淫らに反応してしまい、ついには恥ずかしいおねだりをしてしまう、というのが基本パターンとなっている。一部に飲尿や剃毛といった変態プレイを含んでいた。

局部は無修正で、一切の配慮をした形跡がない。ただし男性器が大きく描かれている一方、女性器の扱いは小さく、当時の過激な無修正作品と比べ、とりたてて強調されていた訳ではない。

発売から程なく、ある中学生が万引きした事で証拠品となり、にわかに世間の注目を浴びた。PCソフトはそれまで内容の審査を受けず、放任されていたが、本作品は刑法上の「わいせつ物」にあたると判断され、ブランドを所有する「キララ」、その親会社「JAST」が家宅捜索を受け、業界として初の逮捕者を出している。同時に本作品と『ドラゴンシティX指定』、『天使たちの午後III 番外編』、『天使たちの午後IV ~ゆう子~』が摘発され、回収処分となった。

摘発理由は無修正画像が含まれる事だったが、本作品の倒錯した性と中学生の組み合わせは世間を驚かせ、購入者の年齢に制限が無かったアダルトゲーム全体に逆風が及んだ。これに『電脳学園』の訴訟が重なり、コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)の発足を促す事となる。

個人的な印象として、近親相姦や緊縛、調教をメインテーマに扱ったアダルトゲームはそれまでなく、事件がなくてもそれなりに特異な存在だったのではないだろうか。陰気な陵辱物が普通になるのは90年代の中頃から、近親相姦が珍しくなくなるのはソフ倫の規制が緩まった2004年以降で、当時は十分に過激な内容だったことだろう。一方でAVのシチュエーション物のようにストーリー性は浅く、絵もリアル寄りで人を選ぶ作風である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03