title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『淫獣学園 La☆Blue Girl』 概要

labluegirl00labluegirl12
labluegirl07labluegirl09
©1995 DEZ CLIMAX
淫獣学園 La☆Blue Girl (DEZ CLIMAX)

・1994年03月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、くノ一の主人公が異世界の怪物たちと対決していくアダルトアドベンチャー。前田俊夫の成人向け漫画『La☆BlueGirl』のゲーム化作品。

舞台は現代の学園。主人公「ミコ」は一見普通の女子校生だが、実は弥勒衆と呼ばれる忍者の一派、美童家の正統後継者である。本来なら異世界の怪物達、色魔衆と盟約して彼らを使役する立場のミコだったが、事故により敵となる盟約を交わしてしまい、彼らからつけ狙われることとなった。人間を快楽の虜にすることで破滅させる色魔衆は、人間の中に紛れてミコの瑞々しい体に迫っていく…。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプのADVである。行き先やコマンドは多いが分岐はなく、展開は一本道である。一部に自分視点のガンシューティングのようなミニゲーム要素も取り入れられていた。ゲームオーバーはあるが、その場からすぐにやり直せるので難易度は易しい。

ストーリーはおっちょこちょいのくノ一とお調子者の小忍者のコンビが、学園内や色魔淫界と呼ばれる異世界を舞台に、怪物達と対決していくバトル物の展開である。移動先を巡回する中で女の子を襲っている色魔を見つけ、交戦するもののあっけなく破れ、陵辱されて快楽に飲まれる寸前、様々な要因でピンチを脱する、というのが基本パターンのアダルト重視な作風となっていた。

ビジュアルは陰影が濃く暗めの印象だが、主人公達に悲壮感はなく、絵文字が多用されるなど、作風は全体的にコミカルで明るい。アダルトシーンは怪物たちの触手による陵辱がほとんどだが、一部にレズや人間の男との絡みも含まれていた。

アニメ版が大ヒットしたことで知名度が高い作品だが、本作品のキャラクターデザインやシナリオは漫画版ともアニメ版とも異なり、ゲーム独自の大胆なアレンジが加えられている。

個人的には、ビジュアルのレベルの高さと詳細さが非常に印象的だった。ストーリーも起伏に富んでおり、ボリューム感もあって、触手系が好みに合えば実用性は高かったことだろう。気になるのは必要なコマンドの手数が多い所で、ミステリー作品のように何度も同じメッセージを見ることになる辺り、ややテンポを悪くしているか。

 
調査担当

『うろつき童子』 概要

urotsukidoji00urotsukidoji01
urotsukidoji04urotsukidoji05
©1990 FAIRYTALE
うろつき童子 (フェアリーテール)

・1990年04月21日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版

90年代初頭の作品で、同名の成人漫画『うろつき童子』(1986年)をゲーム化したホラー系ファンタジーのアダルトアドベンチャー。

主人公「天邪鬼」は獣人界、魔界でも名の知られた獣人の実力者である。新世界を創造するといわれる存在「超神」に興味をもつ彼は、超神の力をもった人間を500年も捜し続け、ついに現代日本の「盟神学園」で濃厚な気配を嗅ぎつけたのだった。超神の候補はバスケ部の尾崎、生徒会長の宮沢、テニス部の坂本の3人で、いずれも女性から熱い視線をうける色男たち。主人公は転校生「天野一」として学園に潜り込み、子分の「黒子」と共に一人一人を調査していく。

システムは当時一般的だった移動先に自由があるタイプの探索アドベンチャーである。主に学園内が舞台で、教室や体育館、保健室、宿直室などを巡り、遭遇した人物との会話の中で情報をあつめ、物語を進行させていく。

シナリオは硬派な主人公が"超神"の正体を突き止めるため、当たりをつけた人物の動向を探っていくうちに妖魔達の企みを知り、超神や人間達を守るために対決していく展開である。一部にグロテスクな惨殺シーン、アニメーションやエフェクトを用いたアクションシーンを含み、見所となっていた。

原作漫画は"淫獣"や"触手"を使った異種姦物のアダルトアニメの原点となった作品だが、本作品でのアダルト描写は、主人公が女子の着替えやカップルのセックス、乱交、レイプを目撃するといったケースが多く、妖魔による異種姦はさほど比重がない。主人公自身は直接関わらないのも大きな特徴といえる。

キャラクターデザインは、漫画ともアニメ版とも大きく異なり、ゲーム独自の大胆な改変がなされている。シナリオもゲーム用にアレンジが加えられ、かなりマイルドな印象になってしまったものの、軟派な作風の多かった当時のアダルトADVには珍しい、妖しくシリアスな雰囲気と熱血の入り混じった、異色の作品に仕上がっている。

調査担当

『少女探偵RINNちゃんの事件簿 電脳少女伝説』 概要

少女探偵RINNちゃんの事件簿 電脳少女伝説 少女探偵RINNちゃんの事件簿 電脳少女伝説
少女探偵RINNちゃんの事件簿 電脳少女伝説 少女探偵RINNちゃんの事件簿 電脳少女伝説
©1989 AGUMIX
少女探偵RINNちゃんの事件簿 電脳少女伝説 (AGUMIX)

・1989年05月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版

80年代末期の作品で、ダンジョンを舞台にレズの美少女が活躍するギャグタッチのRPG。森林りんご(Woody-Rinn)の成人漫画、『RINNちゃんの事件簿』のゲーム化オリジナルストーリーである。

中世ファンタジー風の世界。主人公「RINNちゃん」の妹の「ノリコ」は、偶然に魔妖星の七宝石という呪いのアイテムを手に入れてしまい、邪悪な魔女と化してしまった。妹を助けるために、謎の中国人から性の秘術を学び、中欧の錬金術師から男根の剣を授かったRINNちゃんは、ノリコの支配する魔巣窟に挑む。

ゲームシステムは、3Dダンジョンを探索していくRPGだが、1人パーティで装備品の入れ替えはない。敵はすべて固定配置で、主人公のレベルも階層ごとに決まっており、レベル上げの必要もない。各部屋をどの順で巡ればクリアできるかを探っていく点が攻略要素で、育成要素がないので、ゲーム性は探索アドベンチャーに近い。

敵はすべて女の子である。各階層ごとに雑魚キャラの「ソルジャー」、重要アイテムや情報を持っている「コマンダー」、中ボスの3種類がいて、いずれも戦闘後に陵辱シーンを楽しむことができた。

陵辱シーンは、主人公がレズでSっけがあるのが特徴的で、男根の形をした剣の柄やバイブ、鞭、ロウソク、羽根などで敵をいじめ、情報やアイテムを引き出していくのが基本パターンである。女の子は計16人で、一人当たりCGは3~4枚と、当時としてはかなり丁寧である。露骨な無修正路線で、女性器は大きく詳細に描かれており、修正を施した気配が全くない(当時は規制対象が曖昧で、PCソフトが検挙された例がなかった)。 流通は通販のみで、おそらく生産数が少なかったこともあり、2013年現在も高額ソフトに名を連ねている。

ダンジョンは狭く、シナリオは短い一方、アダルト要素の比重が非常に高く、サクサクと進める手軽さが魅力のギャグ作品である。ビジュアルには過渡期的な点描が用いられており、ザラザラした質感ながら、最大8色で深い色彩と自然なグラデーションを実現しているのが印象的である。

調査担当

『とらわれペンギン』 概要

とらわれペンギン とらわれペンギン
とらわれペンギン とらわれペンギン
©1989 辰巳出版
とらわれペンギン (辰巳出版)

・1988年12月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、同名の成人漫画をゲーム化したアダルトRPG。

舞台は断崖の丘にそびえる「研究所」。そこでは囚われた人間達がクローン技術と快楽により実験材料にされ、恐ろしいモンスターへと改造されていた。囚われた実験体の1人であるプレイヤーは、複数のクローンを作ってモルモットルームから送り出し、卑猥な姿をした怪物達を倒しながら脱出方法を探していく。

ゲームシステムはウィザードリィ風の、3D視点のダンジョン探索型RPGである。1人パーティだが、複数の主人公を作成する事ができ、アイテム倉庫の共有などで互いにサポートし合える仕組みである。男女で装備品が異なり、「女子高生」「忍者」「ヤクザ」などのクラスチェンジも男女によって制限があった。

シナリオは、プレイヤーが作成したクローンが実験室から抜け出す所から始まり、「スクール水着」「ブラジャー」「コンドーム」などの装備品を集め、各階層のボスを倒すことで次の階の暗証番号を入手していくのが基本パターンである。ステータスやアイテムはアダルト用語にちなむ場合が多く、HPにあたる精力(HORMON)が尽きると、捕まって快楽の虜にされてしまうバッドエンドが待ち受けていた。

原作となった森山塔(山本直樹)の『とらわれペンギン』は、成人漫画ながらシュールな世界観と文学性、難解さを含んだオムニバス形式の作品で、当時カルト的な人気を誇ったようだ。ゲームの方はテンポやゲームバランス等で今ひとつの仕上がりだが、シリアスでグロテスクな描写とギャグタッチの設定が入り混じった、不思議な作風が印象的である。

調査担当

『ドッキン美奈子先生』 概要

ドッキン美奈子先生 サンプル ドッキン美奈子先生 サンプル
ドッキン美奈子先生 サンプル ドッキン美奈子先生 サンプル
©1988 テクトハウス
ドッキン美奈子先生 (テクトハウス)

・1988年08月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、夏の海辺を舞台にスケベな男子学生が冒険を繰り広げるアドベンチャー。漫画家わたなべわたる氏の代表作『ドッキン美奈子先生』シリーズのゲーム化作品である。

男2女4で大白浜海岸に遊びにきた主人公一行。スケベ小僧の主人公「けんた」は、スタイル抜群の「美奈子先生」との一発を狙って隙を窺っていたが、先生は突然行方をくらませてしまう。ホテルや浜辺で聞き込みをしていく中、けんたは波打ち際で物憂げな表情を浮かべる不思議な女の子に出会うのだった…。

システムは移動先に自由があるタイプのADVである。コマンド選択型だが、コマンドは一つ一つが長めで、選択肢に近い短文となっている。不正解のコマンドを選んでも同じ場面に戻ってくる事が多いのが特徴で、正解のコマンドを選ばない限り延々とループするので、難易度は易しく、Hシーンを無かった事にして何度も繰り返したりと、妙な遊び方ができた。画面の上の方にゲージがあり、全体の中の進捗状況が常に確認できる。

シナリオはやんちゃな性格の主人公が、Hな遊びに夢中になっている女の子達に混ざったり、一人一人を口説いたりしていく流れで、最終的な目標は担任の美奈子先生である。コミック調の幼い顔立ちと、巨大な胸を強調する構図、肉付きの良い身体の組み合わせが印象的である。

原作のタイトルは当時、少年誌に連載されていた人気お色気漫画『いけない!ルナ先生』の影響を受けたものだったようだ。ただし、ルナ先生は豊満な肉体を駆使して中学生の苦手科目を克服する内容で、本番行為は一切無かったのに対して、こちらはセックス中心の成人向け漫画である。連載終了後も『大好き美奈子先生!』『がんばれ美奈子先生!』とシリーズは続き、20作品以上の単行本がリリースされたようだ。

調査担当

『千之ナイフの魔少女館』 概要

千之ナイフの魔少女館 サンプル 千之ナイフの魔少女館 サンプル
千之ナイフの魔少女館 サンプル 千之ナイフの魔少女館 サンプル
©1988 アイセル
千之ナイフの魔少女館 (ファンシーソフト(アイセル))

・1988年08月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、洋館に住む怪物少女たちをテーマにしたCG集。漫画家『千之ナイフ』氏が原画、脚本を手がけている。

ゲーム性はなく、16枚のCGを順番に観賞していくシンプルな作りである。多少ストーリー仕立てになっていて、冒頭で案内役の骸骨男が登場し、セクハラをしようとして返り討ちにあったりしながら、各部屋の住人達を紹介していく流れとなっている。女の子は吸血鬼、透明少女、人造人間などで、ホラーを題材にしている物が多いが、作風はコミカルである。


調査担当

『サッちゃんの大冒険』 概要

サッちゃんの大冒険 サンプル サッちゃんの大冒険 サンプル
サッちゃんの大冒険 サンプル サッちゃんの大冒険 サンプル
©1988 AGUMIX
サッちゃんの大冒険 (AGUMIX)

・1988年06月**日 PC-8801用 FD版
・1988年06月**日 PC-9801用 5インチFD版

80年代後半の作品で、学園を舞台にレズビアンの少女が活躍するアドベンチャー。緑川みゆきの漫画『燃える女さっちゃん』を原作とするゲーム版オリジナルストーリーである。

主人公「サチ」は500円玉と可愛い女の子が大好きな女子学生。ある日、同じ学校の生徒が珍しい500円玉を持っているという噂を聞き、可愛い女の子達に聞き込みをしていく。ついでについつい悪い癖で・・・?

コマンド選択式で、セーブ機能や漢字混じりのテキストなど、当時の先進的な装備を備えていた。移動先に自由があり、教室や食堂、体育館、放送室などの学校施設を巡って、コマンド総当りでフラグとなるアイテムや情報を引き出していくのが基本的な流れである。

シナリオはギャグタッチで、ヤンチャな性格の主人公が女の子を押し倒したり、各所で目撃する百合現場に混ざったりしている内に、500円玉に繋がる次の情報を手に入れていく流れである。登場人物は女の子ばかりで、Hシーンが物語の大半を占めている。

セックスパートは「なめる 首すじ」「さわる 太もも」といった風に、合計49種類にのぼるコマンドの組み合わせの中から、相手の弱い所を探っていく攻略要素を持っていた。

当時の漫画では時々見かける表現だが、主人公だけが極端に黒目勝ち、というか目全体が黒目で宇宙人のような風貌になっているのが妙に印象的である。コミック出身だけあって性格に味があり、寡黙な主人公が多かった当時のADVの中では会話のやりとりが軽妙で、賑やかな雰囲気の作品である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03