title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『愛姉妹 ~二人の果実~』 概要

aishimai00aishimai08
aishimai05aishimai12
©1994 Silky's
愛姉妹 ~二人の果実~ (シルキーズ)

・1994年09月30日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 FD版
・****年**月**日 DOS/V用 3.5インチFD版
・1995年11月17日 Window3.1用 CD-ROM版 (CGリニューアル)
・2000年05月26日 Window用 CD-ROM版
・2007年06月01日 ダウンロード販売開始 【DMM

90年代中頃の作品で、卑劣な主人公が美人姉妹を陥れていくアダルトアドベンチャー。

主人公「丈人」は悪名高い不動産会社「野川産業」の社長の一人息子。ある日、事務所に小遣いをたかりにきていた丈人は、父親の車と接触事故を起こした女性ドライバーとの示談を任された。彼女を篭絡できれば仕事を手伝わせてやる、という条件に勇んだ丈人は、当の人妻「幸絵」を騙して借用書を作り、脅迫して体を開かせることに成功する。丈人の謀略はそれで終わらず、幸絵の二人の娘、同じ学園に通う美人姉妹に狙いを定めて…?

操作はコマンドと選択肢の混合型である。基本的に移動先に自由があるタイプで、教室や体育準備室、美術準備室、屋上などを巡り、姉妹のどちらかを見つけ、「話す」「見る」といったコマンドでシナリオを進展させていく。しかし行き先の数は少なく、コマンドも簡素で探索には比重がない。

システムはむしろ同社の『河原崎家の一族』のような選択肢分岐型に近く、その日は姉妹のどちらをターゲットにするか、優しく接するか否か、といった選択肢により複雑に分岐し、その経路により11種類のエンディングを迎える仕組みとなっていた。

シナリオは悪党風の主人公が、父親が帰るまでの5日間を期限に、父親の秘書の由美と協力し、脅迫とセックステクニックで姉妹を手なずけ、従順になるまで調教していく流れである。エンディングは主人公が失敗して鉄格子の中に入るパターン、完全に堕ちたヒロイン達に客を取らせるパターン、ヒロイン達に気に入られて家族として受け入れられるパターンなど様々である。

アダルトシーンは全部で27つもあり、シナリオが短い割にかなり比重が高い。2、3度のプレイで全部見るのは不可能で、セーブ、ロードを繰り返してのやりこみ要素となっていた。セックス描写は主人公による煽り、罵り、鬼畜ゼリフが特徴的だが、ヒロイン達の物理的な抵抗はなく、順応も早い。一部に薬物の使用、緊縛、(男1人女複数での)3P、4Pの表現を含んでいた。

Windowsに移植された際はCGが一新され、ブランドも母体のエルフに変更された。派生作品にOVA版実写AV版、DVD-PG版などがある。続編として『愛姉妹・蕾 …汚してください』(2004)、『愛姉妹 〜どっちにするの!!〜』(2006)、『愛姉妹IV 悔しくて気持ち良かったなんて言えない』(2014)が続き、初代から20年を数える長寿シリーズとなった。

個人的な印象として、主人公が知的で陰険な性格なのが特に目を引く部分である。女性を手篭めにする主人公像はアダルトゲームの黎明期から存在したが、80年代は陵辱系でも知性に乏しく、陽気で行き当たりばったりな性格が普通で、作風もコミカルなのものが多かった。罪のない女性達を巧妙な罠にはめ、弄んでいくタイプのシリアスな作風はこの頃から現れ始め、00年代序盤にかけて流行していく。


調査担当

『Blue Moon Story Part1』 概要

Blue Moon Story Part1 Blue Moon Story Part1
Blue Moon Story Part1 Blue Moon Story Part1
©1989 ソフトシェル/ドット企画
Blue Moon Story Part1 (ソフトシェル/ドット企画)

・1989年11月17日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版

80年代末期の作品で、ある女子学生が不良グループに目をつけられ、陵辱されていく様子を描いたストーリー重視のクイズゲーム。タイトルに『PartⅠ』の表記があり、物語も中途半端な所で終わっているが、続編がリリースされた形跡はない。

ある日、主人公の探偵『真木省吾』は、女教師からの手紙を受け取る。そこには、不運にも不良達に絡まれた女子生徒が、無理矢理に処女を奪われ、スケバン達からは嫌がらせを受け、庇おうとした教師ごと陵辱を受けている、といった内容が詳細に記されていた・・・。

システムは3択のクイズゲームで、物語の進行が28つのシーンに区切られており、新しいシーン毎にクイズが一問出題される。不正解だと持ち点が減っていき、10回間違うとゲームオーバーである。クイズのジャンルはストーリー内に出てきた人物や物に関するもので、テキストを丁寧に読み進めていく必要があり、観察力が必要とされる場合もあった。

シナリオは、保健室で休んでいたアイドル似の女子生徒『愛実』が、悪い男子生徒3人に次々と輪姦される場面、愛実が女教師『香先生』に事件を打ち明け、体で慰めてもらう場面、愛実がスケバン2人組に呼び出され、嫌がらせを受ける場面、愛実を人質にされた香先生が、男達から陵辱される場面の4つから成っていて、一本道の展開である。

主人公は冒頭と幕引きに登場するが、手紙を読んで感想を述べるだけで、何の行動にも出ていない。クリア後に続編に続く旨のメッセージが表示されるものの、結局Part2が発売されることはなかったようだ。

80年代のアダルトゲームは、主人公が(ランスのように)軽いノリで女の子をレイプしてまわったり、女主人公があっちこっちでHな悪戯されたり、あるいは男主人公が陵辱されている女の子を助けたり、といった展開の中で強姦自体はよく見かける。しかし、「女の子が悪漢達に輪姦される様子」をメインテーマに陰気なタッチで描いた作品は当調査員の知る限り皆無で、本作品はかなり異質な印象である。90年代に流行する『陵辱モノ』のはしりといっていいかもしれない。

調査担当

『Intruder ~桜屋敷の探索~』 概要

intruder01.png intruder02.png
intruder09.png intruder04.png
©1989 アリスソフト
Intruder ~桜屋敷の探索~ (アリスソフト)

・1989年07月12日 PC-8801用 FD版
・1989年08月**日 MSX2用 FD版
・1991年03月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『アリスの館CD』に収録
・2003年04月11日 配布フリー化宣言 (アリスソフトアーカイブスなどからDL可能)

80年代末期の作品で、美少女を追って広大な屋敷に侵入した男の冒険を描いたアダルトアドベンチャー。チャンピオンソフトの設立したブランド『アリスソフト』のデビュー作である。

ある春の日、主人公「中川 稔」は、桜屋敷と呼ばれる豪邸に住む少女に一目惚れした。落し物のペンダントを届けるという口実を手に入れた稔は、彼女と直接会って話をするため、夜闇に紛れて塀を乗り越え、屋内に忍び込み、各部屋を巡って必要な情報やアイテムを集めていく。

システムはコマンド型で、「入る 部屋」「聞く 話」といった風に、2~3つのコマンドを組み合わせてフラグを捜していく探索ADVである。画面右上に屋敷の全体マップが表示されており、現在地が分かるようになっていた。部屋の数が多く、フラグは分かりにくい箇所に隠されている為、攻略に要するコマンドの手数が膨大な量となり、難易度は極めて高い。

シナリオは屋敷に住む女中の話を盗み聞きしたり、空き部屋をあさって必要になりそうなアイテムを入手したり、時には住人に正体を明かして協力をもちかけたりしながら、屋敷に隠された秘密を暴いていく流れとなっている。

女中、ヒロイン、ヒロインの母親、妹などの女性キャラクターが登場し、ほとんどの相手に「襲う」コマンドで強姦シーンが見られるが、最後まで致してしまった場合はすべてバッドエンドである。セックスが攻略に必要な場面は2箇所ほどで、いずれも和姦となっている。

個人的には、やたら堂々とした不法侵入者の主人公や、それをあっさり見逃したり、信用してしまう登場人物、といった緩い世界観が印象的で、理不尽なゲーム性との組合わせは、『ポップレモン』『幻夢の城』などの、一連のチャンピオンソフトのADVを連想させる。極端な難易度に明るい蛮性といった、80年代らしさを色濃く残した作風といえるだろう。

調査担当

『Telephone Club Story』 概要

Telephone Club StoryTelephone Club Story
Telephone Club StoryTelephone Club Story
©1988 WILDUCK
Telephone Club Story (WILDUCK/コンピューターブレイン)

・1988年12月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、テレフォンクラブ、通称「テレクラ」をテーマに扱ったアダルトアドベンチャー。

大阪道頓堀のテレクラを舞台に始まり、テレクラ初体験の主人公が女性からの電話を受け、巧みな話術でデートの約束の取り付け、食事やディスコに誘い、最終的にベッドインを目指していく流れである。冒頭でどの個室を選ぶかによって登場する女性が異なり、それぞれ独立ストーリーとなっていた。

ゲームシステムは、会話の中の空欄に当てはまる単語を答えていく形式である。例えば「でも    かたなので びっくりしました」というセリフの場合は、「うつくしい」という形容詞を選択肢から選べば正解となった。文脈から判断して妥当な物、なるべく相手の気に入りそうな選択肢を選ぶのがポイントで、ライフにあたるBONUSポイントを使いきってしまうとゲームオーバーである。

また、ありえない選択肢の中には女の子のツッコミと共にPowerゲージが貯まっていく物があり、満タンになるとクリア後にご褒美CG付きのスロットゲームに挑戦できるオマケ要素を備えていた。

シナリオは28才人妻を喫茶店で口説き、ホテルに誘う「主婦の話」、18才のお嬢様をディスコに誘い、ジュースと偽って酒を飲ませ、前後不覚になった所でホテルに連れ込む「高校生の話」、16才の制服姿の女の子から高い靴や食事を奢らされる話の3本である。

続編として『Telephone Club Story Special』『Telephone Club Story データ集』が続いている。

テレクラとは、80年代から90年代にかけて流行した固定店舗の出会いサービス業で、男性会員が有料で個室を借り、女性からの電話を待つというものである。女性は無料の場合が多く、広告を見た女性が自宅の電話や公衆電話から、男女の真面目な出会いを求めて電話をする、というのが表向きだが、遊興費目当てだったり、売春に利用されることがあったようだ。

本作品の当時は「援交」という言葉が登場する前で、90年代よりもイメージはやや明るく、テレクラという言葉に新鮮な響きがあったのかもしれない。時はバブル景気の真っ盛りで、高級志向や金払いの良さが持て囃されていた中、都市部の繁華街に栄えた遊びの陽気でポジティブなイメージが感じられる。

調査担当

『あぶない丁半勝負』 概要

あぶない丁半勝負 サンプル あぶない丁半勝負 サンプル
あぶない丁半勝負 サンプル あぶない丁半勝負 サンプル
©1988 OMEGA SYSTEM
あぶない丁半勝負 (オメガシステム)

1988年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、丁半勝負をテーマにした脱衣ゲーム。

プレイヤーは冒頭で金融会社から1000万円の融資を受け、丁半勝負で勝ち続ける事で融資金を返済していく。返済後、さらに勝ち続けると、ツボ振りの女性が一枚ずつ薄着になっていく脱衣要素を備えていた。

ツボ振りの女性は、極道映画を思わせる和服にサラシ姿である。また、借金が膨らむと刺青男性に追い出される描写があったり、勝ち過ぎても警察に賭博の現行犯で逮捕される等、イリーガルな世界観が特徴的である。

ルールは単純で、2つサイコロの合計が丁(偶数)か半(奇数)かを当てる運任せのゲームであり、テラ銭(親の取り分)などは存在しない。持ち金が5000万円を超えると女性が脱ぎ始め、6000万円、7000万円となる毎に薄着になっていき、8000万円で全裸、9000万円で足を開き、10000万円を超えると主人公がお縄である。

女性は1種類しかなく、ゲーム性は低く、定価6800円を考えると同世代の脱衣ゲームと比べてひどく割高な印象を受ける。何とも怪しいソフトである。

調査担当

『ほっとMILK』 概要

hotmilk01hotmilk02
hotmilk11hotmilk82
©1987 F&C
ほっとMILK (フェアリーテール)

・1987年06月**日 PC-8801用 5インチFD版
・1987年06月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、学校や公園を舞台に少女達をレイプしていくアダルトアドベンチャー。『ふぇありぃてぃる』『麗奈』に続くフェアリーテールの3作目である。

主人公「変人28号」は、ゴーグルにマスクで変装した変質者。これまで994人の女の子を犯してきた彼は、歴史に残るスーパーレイプマンを目指し、自作のランキング1位~6位の女の子を狙って、学校帰りを待ち伏せたり、放課後の校舎を探索していく。果たして彼は、学園No.1アイドル「今日子」にたどり着けるだろうか?

システムはコマンド選択式で、移動先に自由がないタイプのADVである。テンキーに割り当てられた「話す」「取る」といったコマンドを、状況に合わせて選択し、場面を転換させていく。コマンドは種類が多いが、重要アイテムやゲームオーバーが少ないため、難易度は低めである。

シナリオは変質者の主人公が、目当ての女の子を草むらに連れ込んだり、失神させたり、拘束したりして無理矢理犯した後、その場で次の女の子の攻略に繋がる情報やアイテムを手に入れて、次のシーンへ移るのが基本パターンである。

局部は無修正だが、クッキリと描かれている訳ではなく、着色で輪郭をボヤかす表現がとられていた。

作風はコミカルで、特に主人公のキャラクターが強烈である。目立ち過ぎる変質者ルックと、「うひょひょ!」「いいとおもってまぁーすっと!!」等の軽薄さをアピールする口調、そして女の子を殴ったり怒鳴ったりといった凶暴さを見せつつ、飄々とした明るい態度で一貫しており、ノリでその場を切り抜ける計画性の無さもインパクトが大きい。女の子達はあっさり騙されたり、快楽に流されてしまうといった描かれ方で、全体的におバカな雰囲気である。

本作は極端な例になるが、高名なRPG「ランス」シリーズを見ても分かる通り、80年代のアダルトゲームの主人公は、多かれ少なかれ強引で粗暴、モラルに乏しく楽天的な性格をしていて、陵辱系ゲームも能天気に明るい場合が多い。草食系の主人公や、暗く陰湿な陵辱モノが一般的になるのは90年代の中盤以降である。

テキスト中に「へへへへっ >(^o^)< おらおらっ」という表現があり、国産ゲームで初めて顔文字が使用された例である可能性を提起しておく。

調査担当

『ふぇありぃてぃる』 概要

ふぇありぃてぃる サンプル ふぇありぃてぃる サンプル
ふぇありぃてぃる サンプル ふぇありぃてぃる サンプル
©1987 F&C
ふぇありぃてぃる (フェアリーテール)

・1987年05月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1987年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 3.5インチFD版

80年代中頃の作品で、一人留守番をする女の子にHな悪戯をしていくアダルトアドベンチャー。JASTから独立したキララ(後のF&C)系列のブランド『フェアリーテール』のデビュー作となった。

可愛い女の子「由美子ちゃん」に目をつけていた主人公は、ガス会社の人間に成りすまし、由美子ちゃんが留守番する家に上がりこむことに成功した。定期点検を装って台所を物色し、必要になりそうなアイテムを集めた後は、いよいよ由美子ちゃんのパンティを手に入れるべく、あの手この手で由美子ちゃんに迫っていく。

システムはコマンド選択型で、状況に合わせて「話す・聞く」「開ける」等のコマンドを選んでいく。難易度は高めだが操作感は良く、こまめにセーブポイントがあり、漢字・ひらがな混じりの読みやすい文体となっているなど、当時の先進的な機能を一通り備えていた。一箇所分岐があり、マルチシナリオといえなくもないが、エンディングはほぼ共通である。

シナリオは独特で、登場人物は幼い少女「由美子」と、由美子から「おじさん」と呼ばれる主人公の二人だけという珍しい展開である。見知らぬおじさんを警戒して追い出そうとする由美子に対して、主人公は催眠術を使ったり、プレゼントをあげて機嫌を取ったり、時には乱暴な方法で由美子の穿いているパンティを狙っていく。

主人公が由美子の胸や陰部に直接ペッティングすることもあるが、目的はあくまでパンティであって、本番行為は一切無いのが特徴的である。

局部はすべて無修正で、シンプルな縦すじ一本で表現されている。(当時は規制が曖昧で、PCソフトの取り締まり事例がなかった)

パンティ、胸、局部の拡大画面が多用されており、独特のフェチズムを感じさせる。やっている事は悪質な変質者だが、由美子の性格が明るくおおらか、若干抜けていて、コミカルな印象にまとめられている作品である。

調査担当

『ポップレモン』 概要

ポップレモン サンプル ポップレモン サンプル
ポップレモン サンプル ポップレモン サンプル
©1986 CHAMPION SOFT
ポップレモン (チャンピオンソフト)

・1986年12月**日 FM-7/77用 カセットテープ版 5インチFD版 3.5インチFD版
・1986年12月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版

80年代中頃の作品で、ロリコン主人公の冒険を描いたギャグタッチのアドベンチャー。

前作『フェアリーズレジデンス』(1984)で妖精たちと過ごした思い出が忘れられない主人公は、ロリコンの源である「エロス」を手に入れるため、様々な情報やアイテムを集めて禁断のパラダイス、白薔薇学園を目指していく、という筋書きになっている。序文では「フェアリーズレジデンス、パート2として開発されたスーパーロリコンソフト」という説明がなされている。

システムは移動先に自由がないタイプのADVで、操作はコマンド入力式である。ワンキー・コマンドと自称する、「オンナノコ」「ドア」「ススム」など、1単語の入力だけで進行できるシンプルな操作性が特徴である。

シナリオはシュールなギャグストーリーで、工事現場や郵便局、交番で働くハイティーンの女の子と会話を交わし、プレゼントで気を引いたり、襲い掛かって脅したり、愛撫で満足させてアイテムや情報を引き出していく流れとなっている。アイテムにはライフルや手榴弾などもあり、それらを使っても問題が生じない緩い世界観、マイペースな主人公、快楽にあっさり屈する女の子達が印象的である。

最大の特徴は、当時のアダルトADVとしてはボリュームが飛び抜けている事と、極端な難易度である。登場する女の子は20人以上、必須となるキーアイテムは50種類以上、パスワードは13個で、それらを回収するポイントは素通りしやすい理不尽な箇所に隠されているケースが多く、場面によっては運も必要で、自力攻略はかなりの時間と労力を要したと思われる。

番外編の『フェアリーズレジデンス スペシャル』シリーズは無修正が顕著となっていたが、本作では局部の描写は省かれており、アダルト要素も控えめである。

ゲーム性には問題が多いが、CGの枚数やフラグの作りこみ等、時代的にここまで凝ったアダルトゲームというのは珍しく、大作といえる仕上がりである。

「ロリコンゲーム」という言葉については、現在ではソフ倫によって使用が規制されており、俗称として使われる場合は「幼さ」を強調する作品を表すため、当時の標準的な年齢設定のこの作品では若干の違和感があるが、この頃はまだ言葉のイメージが固まっておらず、「美少女ゲーム」と同義で広範囲を表すことがあったようだ。

調査担当

『ザ・ピーピング』 概要

The Peeping サンプル The Peeping サンプル
The Peeping サンプル The Peeping サンプル
©1986 全流通
ザ・ピーピング (全流通)

・1986年11月**日 PC-8801用 FD版

80年代中頃の作品で、「覗き」をテーマにした脱衣ゲーム。

ストーリー性のある導入部はない。スタートするとアパートの外観が表示され、窓に明かりが点いている部屋を選んでCGを観賞していく流れである。女の子は4人で、それぞれにCGが3段階ずつ用意されているが、途中で明かりが消える事が多いため、3枚目まで表示される確率は低く抑えられている。

女の子の部屋の配置は毎回ランダムで変わり、管理人らしき中年男性の妨害も入るので、すべてのCGを見るには若干手間がかかるという仕組みだった。

ゲーム内容は野球拳以下で極端に粗末だが、「覗き」という行為を専門に扱った最初のアダルトゲームといえるだろう。覗きとは多少ニュアンスが異なるが、盗撮をテーマにしたゲームとしては『ドキドキ!シャッターチャンス!!』(1988)があり、『鬼作』(2001)といったヒット作も生まれている。

調査担当

『YOBAI』 概要

YOBAI サンプル YOBAI サンプル
YOBAI サンプル YOBAI サンプル
©1983 URA.SOFT
YOBAI (URA.SOFT/ラジオ技術社)

・1983年**月**日 MSX用 FD版
・1983年12月**日 FM-7/8用 カセットテープ版

パソコンゲーム黎明期の作品で、「夜這い」をテーマにした国産のテキストアドベンチャー。

“今夜は月夜だ。君はある豪邸の前にいる。ここには比類ない美少女が住んでいる。君の目的はこの邸宅に忍び込み、彼女を犯すこと。君の冒険は今始まる。幸運を。”

システムはグラフィックが一切無いテキストアドベンチャーで、テキストもコマンドもすべて英語である。(これは草創期の国産アドベンチャーに見られる特徴。) プレイヤーは「open door」「look mailbox」といった感じで日常レベルの簡単な英単語を組み合わせ、屋内外を探索していく。

シナリオは父母と娘の3人が暮らす邸宅の敷地に侵入し、バケツや戸棚、郵便受けなどの何気ない日用品を一つ一つ調べ、警報を解除して鍵などの重要アイテムを入手していく流れである。無事に美少女の寝室にたどり着き、彼女をrapeすることができればクリアとなった。当時のアイドルネタや「熊ん子」などのアダルトグッズ、生理用品などが実名そのままで見つかることが多く、お遊び要素となっている。

発売は分かっている限りでは1983年の末頃と遅めで、国産アダルトゲームの起源には関わらないと思われるが、その古典的なスタイルは『Softporn Adventure』を想起させて興味深い。翌年の情報誌にプログラムが掲載されたことがあったようだ。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03