title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『ツーショットDiary』 概要

twoshotdiary00.png twoshotdiary03.png
twoshotdiary02.png twoshotdiary01.png
©1994 Mink
ツーショットDiary (ミンク)

・1994年04月21日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版
・1997年11月01日 Windows95用 CD-ROM 『ツーショットDiary95

90年代中頃の作品で、穴埋めクイズ形式のアダルトストーリー集。『WONPARAウォーズ』、『Gokko』シリーズに続くミンクの5作目。

オムニバスの12個のショートストーリーで構成されていて、それぞれ登場人物が異なる。冒頭で伏せられたカードの中からヒロインを一人選び、鑑賞していく。

ヒロインが自ら、過去のHな体験談を、刺激的な単語や表現を使って読者に語っていく文体となっている。途中の所々が穴埋め問題になっていて、前後の文脈などから意味の通る文章を作っていく。例えば「内股を私の     が流れるのを感じました」という文章では、与えられた候補の中から「エッチな雫」を選べば正解である。また、途中で必ず一箇所に分岐があり、穴埋めの結果でAパターン、Bパターンと呼ばれる別のプレイとCGが楽しめるようになっていた。

どんなに不正解を続けてもゲームオーバーになることがないのが特徴的で、分岐点だけ押さえれば、後は適当に答えてもストーリーは最後まで鑑賞できる。頑張って全問正解した場合は、回想モードでの再生が可能になり、穴埋めのない純粋なショートストーリーとして鑑賞できる仕組みになっていた。

ヒロインは家庭教師や主婦、学生、看護婦、OLなどの様々で、筋書きもバラエティに富んでいる。全体的に襲われるケースが多く、犯されているうちに理性がとび、激しく乱れてしまう結末が多い。男はほぼ全員がケダモノ、卑劣漢として登場するため甘いラブロマンスはなく、サディスティックでハードなエロスが特徴的である。一部に剃毛、飲尿、緊縛、ムチ、ロウソク責めなどアブノーマルな表現を含んでいた。

全画面表示と透過メッセージウィンドウを生かし、画面一杯に描かれた濃い目で迫力あるビジュアルが印象的である。CGの枚数が多く、ボリューム感は高めである。当時の流行で音声の一部が出力できたが、音質は割れて不明瞭だった。

続編として『ツーショットDiary2 memory1/4』『ツーショットDiary2 memory1/4』『ツーショットDiary2 memory3/4』『ツーショットDiary2 memory4/4』が続いている。

穴埋め問題を使ったアダルトゲームは『口説き方教えます』(1986年)の頃からあるが、さほど一般化しなかった。個人的な印象として、本作もゲーム性は今ひとつだったものの、アダルト重視の作品では読み飛ばされがちなテキストにスポットをあて、エッチな単語を自然と意識させて興奮を促す仕組みで、試みとしては面白い。

調査担当

『Telephone Club Story』 概要

Telephone Club StoryTelephone Club Story
Telephone Club StoryTelephone Club Story
©1988 WILDUCK
Telephone Club Story (WILDUCK/コンピューターブレイン)

・1988年12月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版

80年代後半の作品で、テレフォンクラブ、通称「テレクラ」をテーマに扱ったアダルトアドベンチャー。

大阪道頓堀のテレクラを舞台に始まり、テレクラ初体験の主人公が女性からの電話を受け、巧みな話術でデートの約束の取り付け、食事やディスコに誘い、最終的にベッドインを目指していく流れである。冒頭でどの個室を選ぶかによって登場する女性が異なり、それぞれ独立ストーリーとなっていた。

ゲームシステムは、会話の中の空欄に当てはまる単語を答えていく形式である。例えば「でも    かたなので びっくりしました」というセリフの場合は、「うつくしい」という形容詞を選択肢から選べば正解となった。文脈から判断して妥当な物、なるべく相手の気に入りそうな選択肢を選ぶのがポイントで、ライフにあたるBONUSポイントを使いきってしまうとゲームオーバーである。

また、ありえない選択肢の中には女の子のツッコミと共にPowerゲージが貯まっていく物があり、満タンになるとクリア後にご褒美CG付きのスロットゲームに挑戦できるオマケ要素を備えていた。

シナリオは28才人妻を喫茶店で口説き、ホテルに誘う「主婦の話」、18才のお嬢様をディスコに誘い、ジュースと偽って酒を飲ませ、前後不覚になった所でホテルに連れ込む「高校生の話」、16才の制服姿の女の子から高い靴や食事を奢らされる話の3本である。

続編として『Telephone Club Story Special』『Telephone Club Story データ集』が続いている。

テレクラとは、80年代から90年代にかけて流行した固定店舗の出会いサービス業で、男性会員が有料で個室を借り、女性からの電話を待つというものである。女性は無料の場合が多く、広告を見た女性が自宅の電話や公衆電話から、男女の真面目な出会いを求めて電話をする、というのが表向きだが、遊興費目当てだったり、売春に利用されることがあったようだ。

本作品の当時は「援交」という言葉が登場する前で、90年代よりもイメージはやや明るく、テレクラという言葉に新鮮な響きがあったのかもしれない。時はバブル景気の真っ盛りで、高級志向や金払いの良さが持て囃されていた中、都市部の繁華街に栄えた遊びの陽気でポジティブなイメージが感じられる。

調査担当

『カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜』 概要

カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 サンプル カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 サンプル
カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 サンプル カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 サンプル
©1987 HARD
カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜 (HARD)

・1987年12月**日? PC-8801用 FD版
・1988年**月**日? PC-9801用 FD版
・1988年**月**日? FM-7用 FD版
・1988年**月**日? MSX2用 FD版
・1988年**月**日? X-1版 FD版
・1988年**月**日? X68000用 5インチFD版
・****年**月**日? ファミコンディスクシステム用 ディスク版

80年代後半の作品で、ナンパをテーマにしたオムニバス形式の穴埋めクイズゲーム。『口説き方教えます』(1986)の続編にあたる。

ナンパ指南書的だった前作とは異なり、物語に重点を置いたショートストーリー集になっていて、それぞれ主人公とヒロインが異なる。ナンパの下手な少年とそれを見かねた姐御肌のOLの出会い、父親的な存在を求める女の子と単身赴任中の中年、ディスコで出会った美人の罠、ナンパした女の子が暴走族だった話、性知識に乏しい女子学生への教育の全5話を収録している。

ゲーム要素は会話中の伏字になっている単語を当てる部分で、例えば「まったく●●●●の女学生は恥じらいを知らんのか」というテキストに対して、「ちかごろ」と入力する事で先に進めるようになっている。正解する毎にヒント用のゲージが貯まっていき、分からない時はこれを消費して部分的に文字を開けられるサポートを備えていた。

ビジュアルは濃いタッチの塗りになり、手の込んだものになっている。部分的に動くアニメーションが非常に多く、特にセックスシーンでは顔全体が旋回したり、手淫する5指が個別に動くなど、複雑な動きをする点が特徴的である。局部はフィルター状の修正が入っているが、色を差し替えただけなので形状は丸分かりである。(当時は規制対象が曖昧で、PCソフトが摘発された事例がなかった。)

PC-9801、X68000、MSX2など互換性のないハード用に多数のパッケージがある他、任天堂の許諾表示がないファミコン・ディスクシステム用の物が存在し、裏ソフトとして密かに流通していたようだ。

操作性にやや難点があるが、読ませるストーリー性を備え、ゲーム難度も適度で、全体的に完成度の高い印象の作品である。

調査担当

『口説き方教えます』 概要

口説き方教えます サンプル 口説き方教えます サンプル
口説き方教えます サンプル 口説き方教えます サンプル
©1986 HARD
口説き方教えます (HARD)

・1986年12月**日? FM-7用 3.5インチFD版
・1987年**月**日? PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2版
・****年**月**日 X1版
・****年**月**日 X68000用 FD版

80年代中頃の作品で、ナンパをテーマにした穴埋め形式のクイズゲーム。

ストーリー性のある導入部分はない。プレイヤーが見知らぬ女の子に声をかける場面から始まり、会話の中の「●●●●●の旨い喫茶店知ってるんだ」といった風に、伏字になっている部分を文脈から推測し、文字入力していく流れである。どうしても解けない場合は、回数制限付きで文字を部分的に埋めることが出来るようになっていた。

女性は女子校生やお嬢様、おばちゃんなど10人がランダムで登場する。最初は堅い態度の女性を会話でなごませ、道端、喫茶店、食事、ディスコ、ホテルへと場所を移し、HなCGを観賞するのがシナリオの基本パターンとなっていた。

タイトル通り、女性と首尾よくベッドインする為の教材を兼ねているのが特徴的で、繰り返しプレイする事で、ナンパ師の手口を学習できるというコンセプトになっていた。幕間には、ナンパの心得を書いたメッセージが表示される仕組みで、合計5つある。

Hシーンは無修正で、局部はアンダーヘアまで豪快に描かれている珍しいタッチである(当時は陰毛が写りこんだ出版物・映像が猥褻物として取り締まられていた)。また、パッケージにはなぜか本物の女性用パンティーが付属していた。

続編に『カインドゥギャルズ 〜口説き方教えます2〜』(1987)がある。

ボリューム感があり、ゲームバランスも良く、着想もユニークな印象である。個人的にだが、現代風にいえばチャラい主人公が「イカしてる」「ギンギン」など流行語を連発し、キザなセリフで落としにかかる様は見ていて楽しい。当時の風俗の一端が窺える作品である。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03