labluegirl00labluegirl12
labluegirl07labluegirl09
©1995 DEZ CLIMAX
淫獣学園 La☆Blue Girl (DEZ CLIMAX)

・1994年03月22日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、くノ一の主人公が異世界の怪物たちと対決していくアダルトアドベンチャー。前田俊夫の成人向け漫画『La☆BlueGirl』のゲーム化作品。

舞台は現代の学園。主人公「ミコ」は一見普通の女子校生だが、実は弥勒衆と呼ばれる忍者の一派、美童家の正統後継者である。本来なら異世界の怪物達、色魔衆と盟約して彼らを使役する立場のミコだったが、事故により敵となる盟約を交わしてしまい、彼らからつけ狙われることとなった。人間を快楽の虜にすることで破滅させる色魔衆は、人間の中に紛れてミコの瑞々しい体に迫っていく…。

システムはコマンド選択型で、移動先に自由があるタイプのADVである。行き先やコマンドは多いが分岐はなく、展開は一本道である。一部に自分視点のガンシューティングのようなミニゲーム要素も取り入れられていた。ゲームオーバーはあるが、その場からすぐにやり直せるので難易度は易しい。

ストーリーはおっちょこちょいのくノ一とお調子者の小忍者のコンビが、学園内や色魔淫界と呼ばれる異世界を舞台に、怪物達と対決していくバトル物の展開である。移動先を巡回する中で女の子を襲っている色魔を見つけ、交戦するもののあっけなく破れ、陵辱されて快楽に飲まれる寸前、様々な要因でピンチを脱する、というのが基本パターンのアダルト重視な作風となっていた。

ビジュアルは陰影が濃く暗めの印象だが、主人公達に悲壮感はなく、絵文字が多用されるなど、作風は全体的にコミカルで明るい。アダルトシーンは怪物たちの触手による陵辱がほとんどだが、一部にレズや人間の男との絡みも含まれていた。

アニメ版が大ヒットしたことで知名度が高い作品だが、本作品のキャラクターデザインやシナリオは漫画版ともアニメ版とも異なり、ゲーム独自の大胆なアレンジが加えられている。

個人的には、ビジュアルのレベルの高さと詳細さが非常に印象的だった。ストーリーも起伏に富んでおり、ボリューム感もあって、触手系が好みに合えば実用性は高かったことだろう。気になるのは必要なコマンドの手数が多い所で、ミステリー作品のように何度も同じメッセージを見ることになる辺り、ややテンポを悪くしているか。

 
調査担当