title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『人形使い』 概要

ningyotsukai10.png ningyotsukai27.png
ningyotsukai63.png ningyotsukai31.png
©1992 FOREST
人形使い (FOREST)

・1992年05月29日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM版

90年代序盤の作品で、SF風の世界を舞台に、遠隔操作ロボット同士の格闘大会で勝ち抜いていく格闘アクションゲーム。「脱衣格闘アクション」というジャンルを開拓した先駆者だった。

遥かな未来、惑星開発等の過酷な環境での作業の為に開発された遠隔操作のロボット「シルエット」は、人々の生活にも浸透し、シルエット同士の格闘技「デュエリング」が娯楽として世界的な人気を呼んでいた。若いシルエット開発者「リカ」は、開発費がかさんでできた借金を返すため、母親に勧められて怪しげな裏の大会に出場するが…?

システムは1対1の格闘アクションで、2ゲーム先取、多少の横スクロールがある、当時の一般的な作りである。操作法や動きも「ストリートファイターⅡ」(1991年)とほぼ変わらないが、パンチとキックボタンは1つずつしかなく、選べるキャラクターは1種類、背景も1種類と簡素な部分が目立つ。必殺技として飛び道具、カウンターの投げ技、着地時の電撃など4種類の特殊攻撃があった。主人公と同形キャラを使った2人対戦モードも備えている。

戦うのはロボットだが、操縦者はいずれも女性で、主人公のリカも含め、敗者の脱衣CGが用意されているのが特徴である。着衣状態から始まり、1ラウンドを制すると下着姿、2ラウンドを取るとトップレス、ストレート勝ちだった場合は更に全裸の画像が拝めるのが基本パターンとなっていた。CGは大型で質感の高い丁寧な仕上がりとなっており、当時としてはレベルが高い。

続編に『人形使い2』(1996年)がある。

脱衣CGのある格闘アクションとしては、おそらく最古の作品である。同ジャンルは数は少ないものの、『クイーン・オブ・デュエリスト』、『V.G. -ヴァリアブル・ジオ-』といった人気シリーズを生み、90年代前半のアダルトゲームの特色の1つとなった。本作の個人的な印象としては、必殺技が出にくいといった難点があり、格闘ゲームとして楽しいものではないが、脱衣ビジュアルの美しさで多少報われた気分である。

調査担当

『CARAT』 概要

carat02.png carat13.png
carat09.png carat14.png
©1992 CUSTOM
CARAT (CUSTOM)

・1992年05月22日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・1998年05月15日 Windows95用 CD-ROM版

90年代序盤の落ち物パズルゲーム。一部のモードで脱衣CGを備えていた。

ストーリー性はなく、美少女CGで賑やかに装飾された画面の中で、ひたすらブロックを消していくゲーム性重視の作風である。同じ色のブロックが直線状に3つ並ぶと消滅する仕組みで、縦横方向に消滅させるか、斜め方向に消滅させるか、いつでも切り替える事ができるのが大きな特徴である。『コラムス』(1990)や『ぷよぷよ』(1991)に比べると戦略性の幅が広いが、その分難易度も高い。

ひたすらハイスコアを狙う「Normal」、与えられた課題をこなしていく「Task」、2人対戦の「Versus」の3種類のモードがあり、それぞれ難易度などが選べる。タスクモードのレベルEASYにあたる「妖艶天使」には、5面クリアする毎に1枚、計7人の女の子の大型な脱衣CGが用意されていた。

ブロックのデザインを変えることが出来るのも特徴で、シンプルなカラーブロックからボール状のもの、タバコ、フロッピー、缶ジュースのパッケージ、麻雀の牌、デフォルメキャラ、花札など9種類ある。

脱衣CGが初心者向けのモードにしかないのが気になるが、ゲーム性にハマるほど脱衣要素は要らなくなってくるので、まずは脱衣ありの課題で連鎖や同時消しの技術を覚えさせ、ストイックな方面に誘導するのは合理的かもしれない。軟派なパッケージと裏腹に本格派パズルゲームを目指した作品だった。

調査担当

『電脳学園II ハイウェイバスター!!』 概要

dennoug2_07.png dennoug2_27.png
dennoug2_35.png dennoug2_14.png
©1989 GAINAX
電脳学園II ハイウェイバスター!! (ガイナックス)

・1989年12月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 MSX2用 FD版
・2005年03月04日 Windows用 DL販売開始 【ProjectEGG

80年代末の作品で、バイクをテーマしたストーリー仕立ての脱衣クイズゲーム。『電脳学園』(1989)の続編。

近ごろ首都高で連続する交通事故の裏には、謎のライダーの暗躍があった。「ハイウェイバスター」を名乗るそのバイク乗りは、走行中の車にクイズを浴びせ、答えられない者を地獄へ葬るというのだ。電脳学園の校長から依頼を受けた主人公は、さっそく退治のために動き始めるが、いかんせん免許も持っていない状態。まずは学園内を巡って対決に必要なバイクや知識を集めていく。

ストーリーは前作と繋がっており、主人公は共通で、前作のヒロイン達も脇役として登場する。コマンドADV風の探索パートで重要アイテムを見つけ、婦警さん、峠の女王等と出会ってクイズで対戦していく一本道の展開である。

クイズは1ラウンドあたり25問出題され、20問以上正解できれば全画面で脱衣CGが表示される。CGは1人あたり5段階で、最終的に全裸となった。出題ジャンルは交通ルールの他、車やバイクに関する部品、歴史、スポーツ、映画、アニメの話題などで、ほぼ車・バイク関連の話題で統一されている。難易度は常識程度からマニアックなものまで幅のある作りとなっていた。

続編として『電脳学園Ⅲ トップをねらえ!』(1990)、『電脳学園IV エイプハンターJ』(1991)が続いている。

登場する女の子は3人とも画風が違い、キャラクターデザイン・原画に当時人気の漫画家、イラストレーターが参加していた。そのためか、女の子だけでなく背景やメカにも非常に凝った描写が印象的である。

調査担当

『フルーツ・カクテル』 概要

フルーツカクテル フルーツカクテル
フルーツカクテル フルーツカクテル
©1989 カクテル・ソフト
フルーツ・カクテル (カクテル・ソフト)

・1989年11月24日 PC-8801用 FD版

80年代末期の脱衣ポーカーゲーム。対戦相手の女の子を入れ替えることのできる『フルーツ・カクテル 別売りデータ集』も同時に発売されている。

システムは主人公1人、女の子3人の4人勝負ポーカーゲームである。「スタッドポーカー(オープンポーカー)」という、日本では馴染みのないルールを採用しており、相手の手札が最初の1枚以外は見える状態で、手札が1枚増える毎に降りるか否か、掛け金はいくらにするか選択していく。他者が全員降りるか、5枚揃った時点で最も高い役を持っていた者の勝利となった。

10戦終わった時点で最も所持金の少ないプレイヤーのラウンド負けが決定し、女の子の場合は一枚ずつ薄着になっていく。CGはポーズの違う5段階で、最終的に全裸となった。誰か一人でも全裸になったらその時点でゲーム終了の為、狙った相手を最後まで脱がせるのは難しく、やり込み要素となっていた。

同じF&C傘下のフェアリーテールが前年にリリースした脱衣七並べゲーム、『あっぷる・くらぶ』とトランプの絵柄が共通しており、システム面でも似た部分が多い。

個人的には、ポーカー自体が心理戦の占める割合が多い為、CPU相手では今ひとつ盛り上がらず、七並べと比べるとゲーム性は落ちてしまう印象である。

調査担当

『雀ボーグすずめ』 概要

雀ボーグすずめ 雀ボーグすずめ
雀ボーグすずめ 雀ボーグすずめ
©1990 PONYTALE SOFT
雀ボーグすずめ (ポニーテールソフト)

・1990年02月**日 PC9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 PC8801用 FD版

90年代初頭の作品で、ストーリー仕立ての脱衣麻雀。

メインとなる「ファイティング麻雀」は、生き別れの祖父「中(チュン)」により、腕をサイボーグに改造されてしまった主人公「すずめ」が、悪の秘密結社「大黒堂」を倒すため、街中に潜んでいる7人の刺客と対決していく、といった筋書きである。刺客はすべて女の子で、衣装は学生服、バニーガール、チャイナドレスなど様々である。

マップ上のキャラを操作して攻略場所を選び、刺客を倒すことで行ける場所を増やしていく流れで、ゲームを有利にするアイテムが購入できるショップも存在する。

麻雀は二人打ちで、相手より先に3回あがる、もしくは相手の点数を0にすればクリアである。敵も味方も「積み込み」による補助が標準となっていて、手牌は最初からある程度揃っている。主人公の場合は、腕がアイテムのソケットの役目を持っており、勝負前に「ピンフパーツ」「タンヤオパーツ」といった物の中から好きな物を選ぶことにより、あらかじめ役の狙いを定められる。点数の高い役ほどパワーの消費が激しく、戦略要素となっている。フリテンや役なしでもあがれてしまうが、その場合は「チョンボ」として負けになってしまうシビアな面もあった。

主人公も含めて1回あがられる毎に女の子の衣装が薄くなり、最終的に全裸に近い格好になるが、肝心な部分は手で隠している場合が多く、アダルト描写はソフトである。

オマケとしてひたすら麻雀を楽しむ「フリー麻雀」、ブランドのデビュー作『ポッキー』(1989)のキャラクター達が登場するポンジャン風の脱衣ゲーム「ポッキー麻雀」も収録している。

個人的な印象として、操作やシステムに慣れが必要だったりと、色々と難点があるものの、コンティニューがあるため気楽に楽しむ事ができ、スピーディで緊張感もある仕上がりとなっている。PC-88が主流だった時代の末期にあたり、200ライン最大8色の限界に迫った美麗なビジュアルを誇った。

調査担当

『美少女ベースボール学園』 概要

美少女ベースボール学園 美少女ベースボール学園
美少女ベースボール学園 美少女ベースボール学園
©1989 PASOKET
美少女ベースボール学園 (パソケット)

・1989年10月**日 PC-8801用 FD版

80年代末期の同人作品で、野球をテーマにした脱衣ゲーム。

プレイヤーは打者となり、美少女ピッチャーの投げる球を予測していく。コースを9種類の中から選び、ストレート、カーブ、シュートの中から球種を選択、100km/h、120km/h、140km/hの中から速度を選ぶと、「ピッチャーフライ」「ツーベースヒット」といった具合に結果が反映されていく。

回は一回表の攻撃のみで、3アウトになるとゲームーオーバーである。得点が1点、3点、5点・・・と入る毎に投手の女の子が一枚ずつ衣服を脱いでいき、15点を超えると全裸となって次のステージである。女の子は1人しかいないが、ステージ毎にポーズが違うので、合計3種類×7枚のCGが用意されていた。

コマンドの選択肢は9×3×3パターンと膨大だが、アウトになる確率は低いので難易度は見た目ほどではない。結果は完全にランダムなので、コースや球種を真剣に悩む必要はなく、適当に選んでも運次第でクリアできる野球拳のようなシステムになっていた。言葉遊びだが、野球を題材にしたお座敷の遊戯「野球拳」をモチーフにした野球と全く関係ないPCゲームの古典「野球拳」の流れを汲む、野球をテーマにした、ただの脱衣ゲームということになる。

調査担当

『電脳学園』 概要

電脳学園 電脳学園
電脳学園 電脳学園
©1989 GAINAX
電脳学園 (GAINAX)

・1989年07月15日 PC-8801用 FD版
・1989年07月15日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1989年07月15日 MSX2/MSX2+用 FD版
・1990年11月10日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 『Ver.2』
・2000年**月**日 Windows/Macintosh用 CD-ROM 『電脳学園ミレニアム』 (イベント・通販のみ)
・2005年03月04日 ダウンロード販売開始 【Project EGG

80年代末期の作品で、学園を舞台に3人の女の子と対決していく脱衣クイズゲーム。アニメ制作会社として既に有名だったガイナックスのゲームデビュー作である。また、翌年にリメイクされた『Ver.2』では、宮崎県から有害図書指定を受け、裁判にもつれこんだことから非常に知名度が高い。

三千年の歴史を誇る「電脳学園」の特別受講生に選ばれたあなたは、生徒の中から選りすぐられた3人の女講師により、特別授業を受けることになった。果たしてあなたはすべての授業を合格し、電脳博士号の称号と彼女たちの祝福を受けることができるだろうか・・・?

基本画面は探索アドベンチャー風になっており、コマンドで学園内を歩き回って情報を集め、対戦相手の女の子を見つけて勝負を挑むという演出が取られているが、実際はさほど自由がなく、内容は一本道のシンプルなクイズゲームである。

クイズはすべて○×クイズで、25問ごとに出題が区切られており、20問以上正解であればご褒美CGが全画面で表示される。CGは5段階あり、ステージが進むにつれて露出度が上がる仕組みで、最終的に全裸となった。女の子は優等生風の眼鏡の女の子、活発なスポーツ少女、巨乳のお嬢様の3人である。

出題ジャンルはアニメ、ゲーム、特撮、映画、文学、パソコン用語、動物、宇宙科学などの中からランダムだが、特にアニメ関係の比重が非常に高く、ゲーム中でもオタク向けのクイズである事が語られている。難易度は易しいものからマニアックなものまで様々だった。

アダルト要素は脱衣まででセックス描写はなく、他より特に過激ということはないが、当時わいせつ物として取締りの対象になっていた陰毛の表現があり、特にリメイク版の『Ver.2』からは露骨に描かれているのが特徴的である。(ただし、1991年頃からヘアヌード写真集は黙認の形で解禁され、ブームになっている。)

1992年7月、宮崎県が「宮崎県における青少年の健全な育成に関する条例」に基づいて、PCソフト数作品を有害図書に指定した。この中に『Ver.2』も含まれており、ガイナックス側は取り消しを求めて宮崎県を提訴したが、指定が覆されることはなかった。発端はメーカーが成人指定の独特の解釈により、18禁の明示をしていなかった点にあったと思われる。

この事件はアダルト、非アダルトの境界や、無修正の定義を曖昧にしてきた業界全体に危機感を与え、自主規制団体『ソフ倫』の発足を促すこととなり、規制が各社独自の裁量に任されていた時代は終わりを告げた。

調査担当

『魔浄理子 インビゾーン』 概要

魔浄理子 インビゾーン 魔浄理子 インビゾーン
魔浄理子 インビゾーン 魔浄理子 インビゾーン
©1989 ナツメ株式会社
©1989 ダイナミック企画/槙村ただし
魔浄理子 インビゾーン (ナツメ)

・1989年03月24日 PC-8801用 FD版
・****年**月**日 PC-9801用 5インチFD版

80年代末頃の作品で、魔法少女を主人公にした横スクロールアクションゲーム。原画・デザインに『マリちゃん危機一髪』『エルドラド伝奇』等、国産PCゲームを黎明期から支えた槙村ただし氏が携わっている。

魔浄理子(マジョリコ)と早湾沙(サワンサ)は、魔女のマジョリータ先生の下で魔法修行中の女の子コンビ。ある日、二人は好奇心で大きな鏡の封印を解き、邪悪な魔法使いイヤラシーザーを復活させてしまう。彼はマジョリータへの復讐のため、サワンサを「インビゾーン」と呼ばれる世界に連れ去ってしまった。友人を助けるため鏡の中に飛び込んだマジョリコは、魔法の力で数々の仕掛けを突破し、イヤラシーザーの配下を倒していく。

システムは横スクロール型のアクションゲームで、攻撃は水平に飛ぶ遠距離魔法である。ライフゲージや残機のようなものはなく、ダメージを受けると着衣状態からキャミソール、下着姿、裸へとマジョリコの姿が変化し、裸状態で敵に触れるとゲームオーバーとなった。ただしコンテニューには回数制限がない。時間制限もなく、逆走も可能で、セーブ機能もあるため難易度は平均的である。

お金やストックできるマジックアイテムの概念があるのが特徴で、ステージ途中のホテルで回復したり、情報屋で攻略のヒントを聞いたり、ショップで必要なアイテムを買い足すことができた。

セックスシーンは一切無いが、主人公が事ある毎に全裸になる点がアダルト要素となっている。

アクションゲームとしてユニークな部分も見受けられるが、肝心のアクションで動きが固く、ステージは単調で、時期を考えると洗練されているとは言い難い。ただ、自機がダメージを受けると段階的に薄着になっていく演出を、お色気サービスとして生かす発想は時代を先取りしていたかもしれない。

調査担当

『GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん』 概要

GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん
GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん
©TOKUMASHOTEN INTERMEDIA INC.1988
©XKD LABORATORY 1988
GAL WARS きゃぴ☆きゃぴ☆るん (テクノポリスソフト)

・1988年09月**日 PC-8801用 FD版

80年代後半の作品で、美少女と脱衣をテーマにしたウォー・シミュレーションゲーム。

遠い昔のこと、愛の国テェク・ノ王国のフォリス姫が、悪の国ソォークト帝国のマジャ姫によって連れ去られてしまった。テェク・ノ王国を訪れた旅の若者である主人公は、人々から託されたGOLDで兵士達を雇い、「悪魔の性格ブスだけど美少女軍団」と呼ばれる8つの部隊を打ち破っていく。

「歩兵」「騎兵」「工兵」「忍者」など10種類のユニットがあり、所持金をやり繰りして10人の部隊を編成し、敵チームと対戦していく流れである。ターン制ではなくリアルタイム進行で、編成画面で初期配置、進撃方向、行動パターンを入力した後は全てオートで進み、終了まで一切指示できないという独特のシステムになっていた。

ユニットは敵味方共に女の子で、雇用時に「恵子」「幸子」など和風の名前を24種類の中から選ぶ事ができた。また、レベルアップは無いものの、後のシミュレーションRPGでいうクラスチェンジと同じ要素を備えており、戦闘の参加回数に応じて「歩兵 → 重歩兵 → 軍曹」といった具合に性能がアップしていく。

全8ステージで構成されている。アダルト要素はそれぞれのステージの敵大将の女の子が画面左側に常に表示されていて、一回戦、二回戦と勝利する度に露出が上がっていく脱衣ゲーム方式となっていた。CGは1人6枚で、最終段階は全裸である。

「きゃぴるん・シリーズ」第1弾という触れ込みになっており、同シリーズとして全くゲーム性の異なる『ビリヤードきゃぴ☆きゃぴ☆るん』『GOLF きゃぴ☆きゃぴ☆るん』などが続いている。

『大戦略』『ファミコンウォーズ』などのウォー・シミュレーションは既に存在していた時期だが、中世風ファンタジー世界を舞台にした作品は珍しく、特に美少女をテーマにしたウォー・シミュレーションの中ではおそらく元祖だろう。同ジャンルは数は少ないものの、00年代に入ってもヒット作の多いテーマとなっている。

ゲーム性は粗っぽいものの、適度にシビアで試行錯誤の楽しみがあり、「やり込み要素」を備えたことで、それまでの脱衣ゲームとは一線を画す進歩的な作品となった。

調査担当

『あぶない丁半勝負』 概要

あぶない丁半勝負 サンプル あぶない丁半勝負 サンプル
あぶない丁半勝負 サンプル あぶない丁半勝負 サンプル
©1988 OMEGA SYSTEM
あぶない丁半勝負 (オメガシステム)

1988年**月**日 MSX2用 FD版

80年代後半の作品で、丁半勝負をテーマにした脱衣ゲーム。

プレイヤーは冒頭で金融会社から1000万円の融資を受け、丁半勝負で勝ち続ける事で融資金を返済していく。返済後、さらに勝ち続けると、ツボ振りの女性が一枚ずつ薄着になっていく脱衣要素を備えていた。

ツボ振りの女性は、極道映画を思わせる和服にサラシ姿である。また、借金が膨らむと刺青男性に追い出される描写があったり、勝ち過ぎても警察に賭博の現行犯で逮捕される等、イリーガルな世界観が特徴的である。

ルールは単純で、2つサイコロの合計が丁(偶数)か半(奇数)かを当てる運任せのゲームであり、テラ銭(親の取り分)などは存在しない。持ち金が5000万円を超えると女性が脱ぎ始め、6000万円、7000万円となる毎に薄着になっていき、8000万円で全裸、9000万円で足を開き、10000万円を超えると主人公がお縄である。

女性は1種類しかなく、ゲーム性は低く、定価6800円を考えると同世代の脱衣ゲームと比べてひどく割高な印象を受ける。何とも怪しいソフトである。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03