title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『TRIGGER2』 概要

trigger2_00trigger2_01
trigger2_02trigger2_05
©1995 Zyx
TRIGGER2 (ZyX)

・1995年08月25日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・1996年11月22日 PC-9801/FM-TOWNS用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、オムニバス形式のアニメーションアダルトゲーム。『TRIGGER』(1994年)に続くシリーズ2作目。

ストーリーは、地獄の番犬ケルベロスと女の子のコンビが婦女連続暴行事件に挑む『FILE #4 闇の番犬』、現代の普通の女の子が異世界に召還され、Hな儀式で伝説のロボット兵器のエネルギーを充填していく『FILE #5 淫力機神リュード』、西部開拓時代を舞台に、女ガンマンが賞金首に挑む『FILE #6 She's Wild!』の3本となっている。

システムは移動先に自由がないタイプのコマンド選択型で、「見る」「話す」「考える」などのコマンドを総当りすることで進展していく。ゲームオーバーはないが、淫力機神リュード以外は一箇所で分岐があり、それぞれ別のセックスシーンとエンディングが用意されていた。

シナリオは1話完結の読み切り漫画のような雰囲気で、いずれも短く、アダルト重視な作風である。セックスは陵辱系のハードなプレイがほとんどで、魔物による異種姦、触手姦、悪漢たちによる輪姦、鞭やろうそく、三角木馬を使ったSMプレイなどの表現を含んでいた。

前作に続き、アニメ調の大きな動きのあるアニメーションと音声がついているのが売りとなっていて、特にセックスシーンでは、服が破かれる瞬間や愛撫による乳房の変形、ピストン、フェラチオなど、ほとんどのシーンに何らかの動きが施されている。音声があてられているのはごく一部で、主に女の子の悲鳴や嬌声だが、銃声や爆発音、服の破ける音、鞭の当たった音などの効果音も施されているのが印象的だった。


調査担当

『JOKERⅡ』 概要

joker2_01.png joker2_26.png
joker2_32.png joker2_53.png
©1991 BIRDY SOFT
JOKERⅡ (バーディソフト)

・1991年12月06日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『JOKER TOWNS』に収録

90年代序盤の作品で、西部劇風の世界を舞台にしたファンタジー系のアダルトアドベンチャー。『JOKER』(同年9月)の続編。

前作の後、幼馴染「ラウラ」の行方を求め、村を全滅させた二人組の行方を追う主人公「ワイルド」と、公私ともに相棒の「ブランカ」だったが、手がかりが掴めないまま半年が経過していた。その間、西部一帯は謎の白夜で日没がない異常気象が続いていた。怪しい屋敷を突き止め、屋内を探索する二人が見たものとは・・・?

システムは前作と同じくコマンド型で、移動先に自由があるタイプの探索ADVである。今回からは行動範囲が広がり、複数の村や街、郊外の怪しい屋敷を行き来して、主に会話で情報収集していく。

シナリオは前作の伏線を回収する完結編で、復讐と幼馴染の奪還に執念を燃やす主人公と、深い絆で結ばれた女吸血鬼のコンビが、新たな街や女だけの部族で信頼を勝ち取り、情報やアイテムを得て、「JOKER」と呼ばれる謎の存在の復活を目論む敵を追っていく流れである。複数のアクションシーンや流血を含むシリアスな展開となっていた。

セックスシーンは4つほどで、商店の店主やインディアンの娘が相手である。愛撫コマンドによる寄り道プレイがなくなった他、沙織事件の影響からか、露出は主に上半身で、下は必ず下着を着用している。

個人的な印象として、前作に引き続きストーリー性重視の作風なのだが、肝心のストーリーで粗っぽい部分が目立ち、十分なカタルシスを得るのが難しい。特に終盤は急ぎ足で説明不足な印象である。『Ⅰ』が質的には良好だっただけに惜しまれる。一方ビジュアルは高水準を維持していて、緊迫した場面で見せるコマ割り風の演出が珍しい。

調査担当

『JOKER』 概要

joker01.png joker04.png
joker13.png joker34.png
©1991 BIRDY SOFT
JOKER (バーディソフト)

・1991年09月05日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・****年**月**日 MSX2/2+用 FD版
・****年**月**日 X68000用 FD版
・****年**月**日 FM-TOWNS用 CD-ROM 『JOKER TOWNS』に収録

90年代序盤の作品で、アメリカの西部開拓時代を題材にしたアダルトアドベンチャー。単品で完結しておらず、実質二部作の内の前編にあたる。

主人公「ワイルド」はインディアンの村に住むヤンチャで女好きの若者である。彼の幼馴染「ラウラ」の祈祷の結果に不吉な物を感じた村の酋長は、20年前に封印した「大いなる厄」の復活に備えるため、ワイルドに助っ人を探すよう指示する。生まれて初めて街に出たワイルドは、多少の呪術と父親譲りの拳銃の腕前、そして不思議と女達を引きつける魅力を頼りに、殺伐とした西部の街で名を上げていく。

システムは移動先に自由があるタイプのコマンド型で、街に3軒ある酒場や、教会、雑貨屋、娼館などを繰り返し巡り、主に会話で情報を収集していく探索ADVである。

シナリオは西部劇が土台となっているが、魔術やワーウルフ、吸血鬼なども登場するファンタジー風の世界観である。腕のいいガンマンの主人公が、占い師や娼婦、賞金稼ぎなどの助けを借りて賞金首と対決していく中、次第に「JOKER」と呼ばれる謎の存在に迫っていく流れで、アクションシーンを含んだシリアスな展開となっていた。漫画でいう「引き」にあたる箇所で盛り上げたまま終わっており、次回作『JOKERⅡ』(同年12月)に続く事がアナウンスされている。

アダルトシーンは娼婦を買った際などに発生する。CGは一人当たり1~2枚と少ないが、代わりにコマンドの種類が豊富で、扇情的なテキストに比重が高い。

個人的な印象として、ビジュアルは非常に綺麗で丁寧、題材もユニーク、シナリオ重視の作風も好感がもてるが、定価が7800円(税抜き)だったことを考えるとボリューム不足な感が否めない。続編でも質と量の両立に苦しんだようだ。一方で原画ファンを中心に支持は厚く、バーディソフトの黄金期を支えたヒット作だった。

調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03