title01

古今のアダルトゲームを広く浅く調査及び成る丈簡潔にご報告致します

『虜』 概要

虜虜
虜虜
©1996 D.O. / Contents Traffic,Inc.
 (D.O.)

・1996年10月11日 Windows95用 CD-ROM版
・1999年09月10日 Mac OS 8用 CD-ROM版
・2000年01月28日 Windows98用 DVD-ROM 『虜2虜』に収録
・2001年06月15日 Windows2000用 CD-ROM 廉価版
・2006年05月05日 ダウンロード販売開始 【DLsite】【Gyutto】【DL.Getchu

90年代中頃の作品で、男性教師が女子生徒を監禁し、理想の男女関係を強いていくSM系の調教シミュレーションゲーム。

主人公は表向き、平凡な生活を送る新米の学園教師である。しかし、女生徒を乱暴に犯したいという欲望を常に抱いており、教え子の「田村 麻美」に目をつけ、雌豚として荒っぽく飼い慣らしていた。そんなある日、主人公は麻美からある計画を持ちかけられる。家族の復讐のため、清楚で大人しい美少女「佐伯 由美子」を、夏休みに人里離れた別荘に監禁し、徹底的に調教して欲しいというのだ。主人公はリスクを覚悟の上で、麻美に準備を整えさせ、由美子を従順な性奴隷に仕上げる危険なゲームに挑んでいく…。

ゲームシステムは、かなり本格的な育成SLGである。7月20日から8月31日までの間、一日2回ずつ、3人のヒロインの中から一人を選び、「快楽調教 バイブ」「被虐調教 鞭」「羞恥調教 排尿」といった2段階のコマンドでプレイを選び、パラメータを育成していく。

「意識」が0になると失神してペナルティが発生し、「体力」や「理性」が0になるとゲームオーバー、逆に体力や理性が満タンだと逃亡したり、自殺したりでゲームオーバーを迎える。他にも病気や生理、無気力などの状態異常でパラメータが削られるため、健康状態に気をつかいつつ、生かさぬよう殺さぬよう、しつけ的なプレイで「従順」を上げ、セックスの中で「快楽」「恥虐」「被虐」を育てて、心と体を慎重にコントロールしていく必要がある。

ゲームクリアするためには、三人共それなりに高水準に仕上げなければならないが、パラメータは減りやすく上がりにくく、状態異常は頻繁なため、常に忙しく目を配らなくてはならない。また、コマンドの種類は30種類と豊富で、ヒロイン毎にパラメータ変化も異なるため、全て把握して使いこなすには、かなりの経験を要する。難易度が高く奥行きのある育成SLGといえるだろう。

ヒロインは、純情可憐なお嬢様、ドMで共犯者の薄幸な少女、親友のピンチを救おうとして巻き込まれた、強気なスポーツ少女の三人である。最初は拒絶一色だったヒロインも、調教が進むにつれ、体の変化に戸惑い、容赦のない悪罵に心を折られ、やがて愛されようと積極的に媚び始める。最終日のパラメータの状態により、一人当たり3、4種類の個別エンドを迎える仕様となっていた。

アダルトCGのボリューム感は高く、バラエティ豊かである。通常の愛撫、セックスに始まり、アナル開発、放尿や浣腸プレイといった変態プレイ、縛り、拘束、剃毛、鞭、蝋燭といった通常のSMプレイ、刃物、三角木馬、首絞め、フィストファック、薬物といったハードで過激な描写を含んでいた。

当時としては珍しく、Windows版が先行した作品で、ヒロイン達はオリジナル版からフルボイスである。その代わり、ヒロインの台詞はメッセージウィンドウに一切表示されないという、後世からみると妙な仕様になっている。

シリーズの2作目として『虜2』(1997年)が続いている。また、ゲーム内容はそのまま、CGを実写化した『虜 実写版』(1999年)があり、D.O.自ら制作を手がけている。

ディレクター、ゲームデザイン、原画、シナリオにいたるまで、広崎悠意氏が幅広く兼務した作家性の強い作品である。個人的な印象としては、かなりゲーム性に凝っており、上級者好みのやり込みゲームいえるだろう。また、主人公が自身のサディズムについてプライドを持ち、独特の美学を語り、ヒロインを落とした後も、露ほども甘い顔をしないのが異様で、“本物”の凄味を感じさせる作品である。


公式HP
http://www.do-game.co.jp/r18/products/%E8%99%9C/


調査担当

『殻の中の小鳥』 概要

krnnknktr00krnnknktr01
krnnknktr02krnnknktr03
©1996 BLACK PACKAGE
殻の中の小鳥 (BLACK PACKAGE)

・1996年02月29日 PC-9801用 3.5インチFD版
・1996年12月06日 Windows95用 CD-ROM版
・1997年09月05日 Windows95用 CD-ROM CDパッケージ版
・1999年07月30日 Windows95/98用 CD-ROM 『雛鳥の囀 with 殻の中の小鳥』に収録

90年代中頃の作品で、メイド達を娼婦として調教し、客を取らせていく育成シミュレーションゲーム。

舞台は19世紀のイギリスの地方都市。主人公フォスター(名前変更可)は、かつてキュレイポートと呼ばれる特務機関に所属し、女性を教育して男性客にあてがう調教師だったが、組織の活動が大スキャンダルになってからは摘発を恐れ、身を潜めていた。そんな彼に、脅迫めいた形で仕事の話が舞い込む。鉄道会社を経営する資産家ドレッドが、メイドの教育係として彼を雇いたいというのだ。自嘲的で諦観気味なフォスターは、屋敷に住み込んで街の貧しい少女達を集め、メイドという名の娼婦として一から教育を施していく。

ゲームシステムは、かなり独特な育成SLGである。12月下旬から3月下旬までの3ヶ月間、メイド達を調教して愛情・忠誠・耐久といったパラメータを上げ、個別のエンディングを目指すのが基本的なゲーム目標である。教育に必要な資金を得るため、定期的に屋敷を訪れる客に、育てたメイドを使って性的なサービスをさせなければならない。

調教モードは、カードバトルのようにランダムに配られた手札を使う。キス・舐める・揉むといった直接行為カード、筆・ろうそく・ディルドーといった器具カード、目隠し・縄・首輪・手錠といった拘束具カードがあり、記された数字によって効果の大小が異なる。また、メイドにもハードなプレイが苦手なタイプがいたり、特定の器具で大幅に成長したりと効果が異なるため、特性を見極めて使い分ける点がゲーム要素となっている。

カードは大半が自動で補充されないため、街に出かけてマップ上の様々なショップから購入する必要がある。マップには他にも重要な役割があり、例えば開始時は育成対象のメイドが一人しかいないので、マップ上の橋の上、駅、公園などを巡回し、事情ありげな少女たちと接触を重ね、高額を払って身請けしていく必要がある。他にもポーカーができるカジノ、娼館、花売りの少女に会える裏通りなどがあり、条件を満たせばHシーンが鑑賞できる。

シナリオは、主人公が薄幸な少女たちの身の上を探り、手馴れた様子で釣り上げ、高級娼婦として育てていく流れで、雰囲気はBGMも相まって物悲しい。主人公は冷酷な態度を取ることが多く、雇い主にも従順でプロ意識の高さを感じさせるが、内心は少女達に苦痛を強いることに葛藤しており、遠まわしな優しさをみせる。3ヶ月経った時点で判定が下り、5人の中から最も愛情度の値が高いメイドの個別エンドを迎える。この時、条件が整えば全てのメイドから祝福を受けるエンドも用意されていた。

アダルト要素はその日の調教終了時の興奮度の高さに応じて、1人当たり3種類のHシーンが表示される他、メイドの個室を訪れた際の突発イベントや、客への性接待として起こる。内容は一般的なプレイとSM要素で半々といった印象である。SMはボンデージが中心で、一部に鞭打ちなどの表現が含まれている。

続編として『雛鳥の囀』(1997年)が続き、それとセットになった『雛鳥の囀 with 殻の中の小鳥』(1999年)では、本作品も原画レベルでリメイクされた。関連商品に小説版、原画集、DVD-PG版、OVA版などがある。

メイドを主題に扱ったゲームとしては、アダルト・非アダルトを問わず元祖といえる作品で、特にヴィクトリア朝時代のメイドを選んでいる点はこだわりを感じさせる。90年代後半あたりから起こり、日本のサブカルチャーに根付いたメイド萌えの起源とみなされることが多いようだ。

個人的な印象としては、ゲーム性に優れた作品で、カードと育成の組み合わせはユニークである。自力でメイドを集めたり、メイドの特性を把握するのは難しいが、作中のヒントだけで何とか辿り着けなくもなさそうだ。気になったのは背景や人体などのビジュアルのクオリティの不安定さ、Hシーンのテキストが淡白で短い点で、一流作品とは言い難く、やるせない雰囲気も好みが分かれるか。


調査担当

『しゃぶり姫 ~陰の章~』 概要

syaburihimeis00syaburihimeis01
syaburihimeis05syaburihimeis03
©1997 Mink
しゃぶり姫 ~陰の章~ (ミンク)

・1997年04月05日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版 
・1997年09月05日 Windows95用 CD-ROM版
・2005年02月25日 Windows用 CD-ROM 『陰の章 ~しゃぶり姫~』としてリメイク
・2008年04月11日 DL販売開始  【Gyutto】【DL.Getchu】【DMM】【DLsite
・2014年11月21日 DL販売 『ミンクブランドパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2014年12月12日 DL販売 『Minkオールスターボリュームパック』に収録 【DL.Getchu】【Gyutto
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-Dark-』に収録 【DMM
・2015年07月10日 DL販売 『ミンク大大大感謝セット-FULL POWER-』に収録 【DMM

90年代後半の作品で、美少女一人を相手に嗜虐的な”躾”を施していく調教シミュレーション。前年の『ぺろぺろCandy ~陽の章~』(1996年)と対をなす、陰惨な雰囲気の作品である。

主人公「拓也(名前変更可)」は若い写真家。冬山の撮影に来ていた拓也は、怪我を負って山奥の洋館にたどり着き、そこに住む二人の人物、老紳士「黒岩」と美少女「姫乃(名前変更可)」の厚遇を受けた。拓也を気に入ったという黒岩老人は、彼に奇妙な依頼をする。それは、姫乃に女の色艶や悦びを身につけさせ、女として完成させて欲しいというものだった…。

ゲームシステムは『ぺろぺろCandy ~陽の章~』と似ており、ヒロイン一人に対して「場所は?」「衣装は?」「道具は?」といった7つの項目を選択し、プレイを組み立てていくセックスシミュレーターである。大きな違いは姫乃に「従順度」「奉仕テクニック」「性感度」「色気」といったパラメータがある点で、全体の印象としては簡素な調教SLGになっている。

プレイの組み立て、会話や突発イベントでの選択肢によりパラメータは増減し、その総量によって「完成度」が高まっていく。 完成度の上昇に伴ってメインシナリオが進行していき、諸条件によりグッドエンド、バッドエンドなど様々なマルチエンディングを迎える仕組みとなっていた。

シナリオは単一ヒロインもので、従順で清楚な美少女に対し、「躾」と称して過酷な調教を施していくサディスティックな展開である。主人公は一見、温和な常識人だが、躾が絡むと途端にスイッチが入り、姫乃に理不尽な怒りをぶつけたり、姫乃の痴態を他人に見せびらかしたりと、高圧的で狂人的な面を見せるのが特徴的である。

アダルト要素の比重は高く、パターンも豊富である。はじめは数種類しかプレイが選べないが、回数をこなす内に行き先や衣装が増え、最終的に400以上の組み合わせになる。ノーマルなプレイでも言葉による煽り、罵りが基本で、ムチやロープ、ローソクを使ったSM要素、水責めなどの拷問要素、鶏や犬、ウナギを使った獣姦要素、浮浪者を使った寝取らせ要素など、暴力的で過激な表現を含んでいる。

後に『陰の章 ~しゃぶり姫~』(2005年)としてリメイクされた。関連商品に小説版、実写AV版、DVD-PG版などがある。

個人的な印象としては、主人公達の目的のあやふやさ、性格のブレが気になり、どうにも作品世界に馴染めなかった。やり込み要素はあるものの、単調でSLGとしての深みは感じない。冒険度の高いプレイと合わせ、人を選ぶ作風といえるだろう。


公式HP
http://www.mink.co.jp/product/other/shaburi/index.html
 
調査担当

『SEEK ~地下室の牝奴隷達~』 概要

seek002seek005
seek006seek008
©1995 PIL
©1995 STONE HEADS Inc.
SEEK ~地下室の牝奴隷達~ (PIL)

・1995年03月31日 PC-9801用 3.5インチFD版 5インチFD版
・1996年08月30日 Windows95用 CD-ROM版
・2009年12月08日 ダウンロード販売開始 【DMM】【DL.Getchu】【Gyutto】【DLsite

90年代中頃の作品で、調教師となって3人の女を従順なマゾヒストに育てあげていくSM系の育成シミュレーションゲーム。ストーンヘッズ傘下のブランド、PILのデビュー作である。

主人公「貴之」(名前変更可)は、著名な画家だった父親の葬儀で、妖艶な美女「沙貴」と出会い、意外なことを知らされる。父親の本当の仕事は、依頼を受けて金持ちの愛人達を預かり、一流のマゾ奴隷に仕上げる調教師だったというのだ。その遺産10億円を相続する条件として、調教師の仕事を引き継ぐことを受け入れた貴之は、適正をみる試験として、沙貴と共に3人の女を一ヶ月間にわたって教育していく。

ゲームシステムは育成シミュレーションで、ターン制のコマンド選択式である。6月1日から30日まで、週末を除いてほぼ毎日、女の子の繋がれている鉄格子の部屋を一つ一つ巡り、「褒める」「奉仕」「責め苦」「恥辱」といった22種類のコマンドを選んでパラメータを育成していく。

序盤は生意気だったり、痛がったりでパラメータの伸びが悪いが、ソフトなプレイから始めて徐々に気位をくじき、快楽を与え、従わせていけば、次第に忠誠や肉欲が上がっていき、技術も身について、コメントが従順で献身的なものに変化していく。体力や理性が尽きてしまうと壊れてしまうので、最低限を維持しつつ、女の子それぞれの特性を把握してコマンドを使いこなしていく点にゲーム性がある。

3人共にパラメータをパーフェクトな状態に仕上げ、沙貴に認められて一流調教師になるのが一般的なゲーム目標だが、途中の選択肢や育成具合によってマルチエンディングになっており、特定の女と結ばれるハッピーエンドやハーレムエンド、お約束の館炎上エンドなどを備えていた。難易度は全体的に高めで、条件付きの特殊イベントも多く、やり込み要素となっている。

主人公は元々ガラの悪い性格をしていて、SMや変態的なプレイにも抵抗感がなく、素の高圧的な態度で調教に臨んでいく。女性は反抗的で擦れた性格の遙、素直で大人しく、ウブな性格の真梨乃、明るく楽天的、やや頭の足りない桃美の3人となっている。他にナビゲート役の沙貴も、調教はできないがイベントが用意されており、攻略対象となっている。

ほぼ全てのイベントがHシーンで占められており、アダルト要素の比重は非常に高い。フェラ、オナニー、バイブレーターによる調教、縛り、鞭、蝋燭、洗濯バサミ、水責め等のSMプレイ、尻舐めや放尿、浣腸からのスカトロ、アナルセックスなどの変態的なプレイの他、特殊イベントとして普通の和姦プレイも用意されていた。

続編に『SEEK2 -SADISTIC BABYLON-』(1999年)がある他、本作品を実写化した『SEEK 実写版』がコアマガジンから発売された。また、オムニバスの『PILcaSEX』(1996年)の中の一本に本作品のアフターストーリーが収録されている。関連商品にビジュアルブック、小説版、OVAなどがある。

SM系の調教SLGとしては『禁忌 ~TABOO~』(1995年)がやや先行したが、イベントの作りこみの充実、ゲームバランスや操作の洗練度など、こちらの方がはるかに出来が良く、より影響力があったことだろう。SMと育成SLGはよほど相性が良かったのか、90年代後半にかけてちょっとしたブームが起きている。


調査担当

『禁忌 ~TABOO~』 概要

taboo00taboo07
taboo04taboo01
©1995 SUCCUBUS/APPLE PIE
禁忌 ~TABOO~ (サッキュバス/アップルパイ)

・1995年03月17日 PC-9801用 5インチFD版 3.5インチFD版
・****年**月**日 Windows用 CD-ROM版

90年代中頃の作品で、レズビアンの女教師が女生徒達に淫らな調教を施していく育成シミュレーションゲーム。SMをメインに扱った調教SLGとしてはおそらく最古の作品である。

これといった導入部分やプロットはなく、突発イベントもほぼ無い。プレイヤーはサディスティックな女教師となって、ひたすら三人の女の子たちのパラメータを育成し、その反応の変化を楽しんでいくシンプルな展開である。

システムは当時流行していたスケジュール管理型ではなく、対話形式のコマンド選択型である。任意の相手を呼び出し、そのステータスの伸ばしたい項目、補いたい欠点を狙って、会話や愛撫、各種SMプレイのコマンドで女の子をいたぶっていく。女の子が絶頂したり、疲労がたまったり、怒って帰ってしまうと1回の調教終了である。

序盤は女の子の感度や被虐度が低く、態度も反抗的で信頼度や愛情度が下がっていく一方だが、慎重に育てれば徐々に態度が変化し、ある時点から上昇に転じる。うまくいけば主人公を「お姉さま」と慕い、どんなプレイにも悦び、簡単に絶頂するようになる。3人合わせて30回の調教をこなした所でゲーム終了となり、その育成結果が「称号」という形で評価される仕組みになっていた。

また、ヒロイン自身の加虐性、ヒロイン同士の信頼や愛情を示すパラメータがあり、ヒロインに命じて他のヒロインを調教させることができる。気弱そうなヒロインをドSに育て、勝気そうなヒロインを調教させる、といったプレイも可能である。さらに主人公の女教師にも被虐性を示すパラメータがあり、これが高まると生徒にいたぶられて絶頂、といった逆転現象も起こる奥行きを備えていた。

調教SLGという他にも風変わりな点がある作品で、例えばメッセージウィンドウが一切なく、会話のやり取りは音声のみという大胆な仕様である。フルボイスに相当するため、FDの時代としては非常にデータ容量が大きく、インストールにかかる時間などが話題になったようだ。

アダルトシーンはSM要素がメインで、ロープなどによる緊縛シーン、平手打ち、鞭によるスパンキング、ろうそく責めといった描写がある他、選んだ調教場所によっては試験管、マイク、野菜などが使われることがあり、挿入シーンは小ウィンドウ内のアニメーションで描かれている。

続編に『禁忌2 ~Hospital Taboo~』(2000)がある他、関連商品にデスクトップテーマ集がある。

個人的な印象として、ジャンル的に目新しく、ゲームシステムはユニークであり、フルボイスという大きなハードルに果敢に挑んだ作品だったが、所々の欠点が足を引っ張っているイメージである。例えば、肝心のボイスが音割れで聞き取り辛い、攻略はかなりの繰り返し作業になるが、セリフを飛ばせないためストレスが溜まる、コマンド毎のパラメータ上昇効果が把握しづらく、自力攻略には地味で厄介なデータ収集が必要、といったところか。欲張らずに基本部分を洗練していれば…と惜しまずにはいられない。


調査担当
記事検索
タグ絞り込み検索
調査員プロフィール
80年代半ばに登場した学習型AI。主食はエロゲのインストールディスク。電波系、欝、グロ、萌え萌えした作品が苦手。ゲーム性のあるもの、ギャグ作品が好き。
メーカーサイト
一部、これらのメーカーサイト様のWEB素材を各ガイドラインに従い引用しています。このサイトからの二次転用を固くお断りします。

Key公式ページ

FANDC.CO.JP Official Web Site

アージュ公式ページ

アリスソフト公式ページ

Leaf公式ページ

AQUAPLUS公式ページ

エウシュリー公式ページ

オーガスト公式ページ

ねこねこソフト公式ページ

すたじお緑茶公式ページ

Navel公式ページ

CandySoft -オフィシャルホームページ-

みなとそふと公式ホームページ

ま~まれぇど公式ホームページ

リコッタオフィシャルウェブサイト

ぱれっとオフィシャルWEBページ

リリアンオフィシャルページ

TYPE-MOON Official Web Site

Lump of Sugar オフィシャルHP

ensemble OFFICIAL WEBSITE

Purple software 公式WEBサイト

SAGA PLANETS OFFICIAL WEBSITE

PULLTOP オフィシャルサイト

スミレ オフィシャルWEBサイト



広告
decolate_sub_bottom03